◆次回予告◆
12月14日(土)農業を支える農業融資に注目
農業をお金で支える
農業融資に注目。
空知を注目のワイン産地に
したのは農業融資・・。
やる気がある農業者を支援する方法とは?
アーカイブ
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
ページ内検索

   表示:2017年11月(28件)
<< [1] [2] [3] >>

2017年11月18日(土) |  全然刈れない森アナウンサー
2017年11月16日18時33分53秒更新

ザクッザクッ

内田さん「音がいいですよね」

難なく稲刈りを進める、内田さん。
続いて、稲刈りに相当な自信を持つ、
森アナも挑戦!



ジョキジョキ…

森「ちょ…ちょっと待って」

ぐいぐいぐい…(稲を引っ張る)


リーダー
「ねえ〜
 すっごい、できないね!
 あの…(刃を)当てて手前に引いて刈る」

森「その通りにやった…」

リーダー「やってない!!」

リーダーの説明を受け、リベンジを試みますが…


ギコギコギコギコ…

全然刈れません!!

リーダー
「歴代でもできませんね…
 一生懸命やる気持ちはあるんです」

「体重の乗せ方なんですか?」

リーダー
「そんな細かい所じゃないです」

森「悔しい〜」


ここで、改めてリーダーがお手本を!
すると…

リーダー
当てて刈る (ザクッ)
 当てて刈る (ザクッ)
 まとめると…
  (ザザザザザ)
 このように刈れるんです」


「えっすごいすごい!
 きゃああああああ(絶叫)」


「すごい!」

リーダー「オレの名前を呼んでみろ!」

「ミスターコンバイン!」

リーダー「シャキーン」


リーダーのお手本を見て、
森アナもやっとコツを掴めた様子。
自分たちが田植えをした稲の成長を感しながら、
全員で稲刈りを進めること30分。

リーダー「ラスト!」

ザクッ

内田さん「できました〜!!」

リーダー「お疲れ様でした」


森「ありがとうございました」

リーダー「では行きましょう」

森「はい…」

グチョ…

リーダー「あれ?森さん?森さん?」

永井さん「大丈夫ですか?」

森「大丈夫大丈夫…」


リーダー
稲刈りで埋まる人いないから!
 うわっフラワーロック!
 北竜町のフラワーロック。
 これが秋のひまわりです」

(永井さん大爆笑)


2017年11月18日(土) |  コンバイン収穫!いよいよ旅立ち…
2017年11月16日18時35分17秒更新

手刈り体験を終え、生産者が行う機械での
収穫作業を見学させていただくことに!

リーダー
「スピードが違うもんね」

森「全部刈っていってるんですかあ」

リーダー
「丸ごと刈って、籾(もみ)だけ取って
 あとは後ろに落としているんですよね」



6列の稲を一気に刈り取っていく、
スピーディなコンバイン作業。
どれだけの速さで収穫されるのか、
体験させてもらえるということで、
内田さんが挑戦してみることに!

田植え機では、初めてとは思えない、
スムーズな運転を披露した内田さんですが、
果たして、今回は?

内田さん
「田植え機よりコンバインの方が
 操作が難しいですよね」

田植え機のようなスムーズな運転…
とはいきませんでしたが、
永井さんのサポートのもと、
なんとか80メートルの収穫を終えた内田さん。
初めてコンバインに乗った感想とは?


内田さん「戻って参りました」

リーダー「どうでした?」

内田さん
「田植えより相当難しかったです。
 こういう風に稲が刈られているとは
 予想もしていなかったです」

リーダー「結構迫力ありましたでしょ」

内田さん
「手前に入り込んでくるのとか!」


このあと一行は、田んぼの近くに停められた
トラックのそばに移動。すると…

ガガガガ〜

リーダー「出た〜〜!」

コンバインから一気に籾が排出されます。

永井さん「一台で1トン弱ですね」

リーダー
「トラック行きましたよ。じゃあ〜ね〜
 田植えからずっと見守ってきた稲なんです。
 旅立っていきました。
 どんな気持ちですか?親方」


内田さん
「思わず手を合わせちゃいました!
 ありがとうございました!」

永井さんの田んぼがある
北竜町の美葉牛(びばうし)地区では、
コンバインで収穫したモミを乾燥させるために、
美葉牛地区のライスセンターと呼ばれる施設に
運びます。

運ばれたモミは、出荷に適した
水分量になるまで乾燥!
そして籾摺り機で玄米の状態にしてから
異物などを取り除いて、
厳しい品質検査を受けたあと、
精米して出荷します。

しかも、北竜町では、
3つの生産ルールをしっかり守ったお米だけが
「北竜ひまわりライス」という
ブランド米として出荷できるのです!

JAきたそらち 高木真樹さん
「今年は近年にないくらい
 おいしい米がたくさんとれています。
 特に低ければ低いほど美味しいと言われる
 タンパク質の低いお米が
 たくさん収穫されているので
 自信を持ってお客様にお届けできます」

JAきたそらち 高木真樹さん
「今後も北竜町全体で行う
 農薬を減らした米作りや
 安心を伝える生産情報公表JAS規格
 継続的に実施するなど
 消費者のことを第一優先に考えた米作りを
 生産者・JA一丸となって取り組みたい」

産地一丸となった取り組みのもと生産される
安全安心なブランド米「北竜ひまわりライス」。
その確かな品質を、新米で感じてみてください。


2017年11月18日(土) |  江戸前寿司を握る…
2017年11月16日18時35分30秒更新

「弁天山 美家古寿司の五代目親方内田さんに
 江戸前寿司を披露してもらいましょう」


ということで、
北竜ひまわりライス・ななつぼしの新米で、
江戸前寿司を握っていただきます!

森「お店からネタを持ってきて頂きました」

内田さん
「うちの穴子は色が白いのが特色で
 爽やかな煮方で爽煮(さわに)”という
 名前がついております。
 こちらが苫小牧産のホッキ貝です。
 軽く湯引きして、砂糖とお酢を合わせた酢に
 軽くくぐらせるのが、うちのやり方です」


そして、ネタに合わせる
新米・ななつぼしが…

リーダー「うわあ〜」

内田さん「香りがいいですね」

リーダー「ツヤツヤ!立ってる〜♪」

内田さん
「このまま一口ずつ食べてみましょう」


酢飯を作る前に、新米の美味しさをチェック!
果たして、ブランド米の実力とは?

内田さん「(ぷるぷるぷる)」

リーダー
震えていますけど大丈夫ですか?」

内田さん「あまい!!」


リーダー「本当だ!」


「おいしい〜。口に入れた瞬間に
 いい香りが鼻を抜けていきます!」 

リーダー
「おかずにこのエビちょっとください…」

内田さん
「はははは(笑)なんてことをっ(怒)」


新米の美味しさを確かめたところで、
お店から持参していただいた合わせ酢をかけ、
酢飯を作ります。

そしていよいよ、創業151年の歴史を受け継ぐ、
老舗の江戸前寿司を披露していただくことに!

内田さん
「まずはホッキから握らせて頂きます。
 ホッキは洗い酢に浸します。
 そして水分をとります。
 右手ですし玉をとって乗せて…」

軽くグイッグイッグイッグイッ

内田さん
「これで出来ました…」


内田さん
「次はコハダを握ります。
 全く同じなんですけど…
 酢飯が入りまして
 1・2・3・4回で握れる」

リーダー「色が良いですねえ〜」


永井さん
食品サンプルみたいですね…」

森「わははははは」


熟練の技で次々に寿司を握っていく内田さん。
丁寧に仕事をした江戸前寿司ならではのネタと、
北竜ひまわりライスの新米を使った
シャリの組み合わせは、
いったい、どのような味わいに
仕上がっているのでしょうか?

2017年11月18日(土) |  美味しいっ!東京行きたい!
2017年11月16日18時35分06秒更新

「いただきま〜す」

永井さん
「う〜〜ん…
 洗う酢がホッキのあま味とマッチしてます。
 うわ〜!東京行きたい!」



奥様の美保子さん
「きちんとした丁寧な仕事の味もするし
 新米のあま味も感じて
 すごくおいしいです!」

美保子さん
「とうぎょう(東京)行くかっ!」

大爆笑

リーダー
「どうしました?
 かなりなイニシアティブ取ってましたね。
 奥様!亭主関白ですねえ〜」


リーダー
「もう噛めば噛むほど、シャリと一体化して
 うま味があがっていきます。
 うまいっ!あまいっ!」


「う〜ん♪
 エビのプリプリッとした食感が勝つけれど
 どんどんシャリと一体になっていく感じ。
 しかも新米と一緒に食べられるっていう
 ぜいたくな組み合わせですね」


そして最後は、
田植えから米作りを学んできた、
内田さん自らが味わいます。
北竜ひまわりライスの新米で握るシャリに、
老舗寿司職人の反応は?

内田さん
「心配していたことが
 全て消えましたね!
(新米との相性が心配だったが)
 まさか、うちの合わせ酢で
 こんなにおいしく感じられるとは
 思ってもみませんでいた」


リーダー
「おすみつき出ましたよ〜」

「私達の方が嬉しいですね」

リーダー
「なんか嬉しかったな。それと…
 寿司職人さんが寿司食べてるところ
 初めて見ました!」


北竜ひまわりライスの米作りを、
「春の田植え」から「夏の水田管理」、
そして「秋の収穫」までふれ、
米を扱う寿司職人として、
内田さんが感じたこととは…

内田さん
「お米がなかったら寿司はできない。
 そのお米っていうのを、
 なぜ今まで自分でもって経験したり
 体験できなかったんだろうと…」


内田さん
「永井さんとご縁をいただいて
 初めて色々な経験ができたことは
 自分の財産になったし、
 これを踏まえて
 生産者さんの気持ちを感じられる
 寿司職人になれるんじゃないか…」

リーダー
「本場の寿司職人と一緒に米作りができたのは
 どんな体験でしたか?」

永井さん
「こちらも頑張って、
 もっとより一層おいしいお米を作りたい!」


リーダー「最後握手などして頂いて…」

内田さん
「どうもありがとうございました!」

永井さん「ありがとうございました」


みなさんこんばんは。今日は森結有花が
「週刊あぐりニュース」をお伝えします。
十勝・芽室町のおいしいものが大集合する
「収穫祭」のお知らせです。

実行委員長 堀江貴博さん

「あぐり王国をご覧のみなさんこんにちは!
 11月23日午前9時40分から
 収穫祭をJAめむろで行います」

副実行委員長 小林真弓さん 
「豚汁1000食、無料配布。
 バレイショ・マチルダの詰め放題」

副実行委員長 武藤駿輔さん
「おいしい屋台や楽しいアトラクション、 
 大抽選会と盛りだくさん!」

全員で…
「11月23日(木)みなさまのお越しを
 お待ちしておりま〜す」

おいしいものやアトラクションもあって
子どもたちが楽しめるイベント目白押しです。
家族で出かけてみてはいかがでしょうか?
以上、「週刊あぐりニュース」でした。

≪第36回 めむろ収穫感謝祭≫
日時:11月23日(木・祝)9:40〜14:00
場所:JAめむろ本部事務所 東側特設会場
   芽室町西4条南1丁目1-9

----------------------------------
11月11日のクイズ
「酪農家に代わって、牛のお世話をする
 職業は何だったかな?」

正解は「酪農ヘルパー」でした。


2017年11月11日(土) |  ♯451 札幌の高校生が酪農ヘルパーを体験編
2017年11月13日10時06分11秒更新
酪農の作業は、1年365日を通じて、
休みなく続きます。
相手は、生き物。
毎日、情を持って向き合い、育て、
健康を管理して、生乳を搾る。
酪農家の気を抜けない毎日があって、
私たちの食卓に、
美味しい牛乳や乳製品が届くのです。
そう毎日。
今回のあぐり王国ネクストは、
そんな酪農にまつわるお話です。


札幌市南区にある、
札幌新陽(しんよう)高校。

そしてこちらは、
何やら怪しい動きを見せている、
我らが森崎博之さん。

ん?今回、酪農の話のはずなんですけど…
リーダーは一体何を?

森崎「あ、こんにちは〜」

生徒「こんにちは〜」


リーダー
「あぐり王国です!
 みなさんは“アグリクラブ”?
 似てるな」

アグリクラブとは新陽高校の部活動の一つ。
農作物の栽培から、その加工や販売、
はたまた、農業を通じて、
食や環境について学ぶなど、
とてもユニークかつ、
有意義な活動を行っています。
そんなアグリクラブで、
ある特別な体験をしてきた生徒がいるそうで…


リーダー「特別な体験してきたのは?」

1年 関陽菜(ハルナ)さん「はい!」

1年 湊陽愛(ヒア)さん「はい!」

リーダー「何してきたの?」

ハルナさん
「酪農ヘルパーの仕事を体験させて
 もらいました」


酪農ヘルパーとは、
毎日の作業で休みが取れない酪農家に代わって
牛の世話をする、酪農家の大切なパートナー。
酪農家が定期的に休みを取り、
肉体的・精神的にゆとりをもてるようにと、
酪農業界にとって欠かせない存在なのです。

酪農家
「(酪農家は)基本的に休みがないので
 家族旅行や様々な行事の時に
 酪農ヘルパーさんに来てもらうが
 いないと困る存在です」


関さん
「二泊三日の酪農ヘルパーのインターンシップで
 私たちが学んだことを発表します」

パチパチパチ…

この日アグリクラブでは、
酪農ヘルパーを体験してきた2人による、
報告会が行われています。
新陽高校としては、
どのようなことを学んでほしくて、
今回の研修を実施したのでしょうか。
校長先生にお話しを伺いました。


札幌新陽高等学校 校長 荒井優(ゆたか)さん
「アグリクラブで普段は農業をしている生徒達に
 今回は酪農ヘルパーを体験。
 農業も酪農も一次産業として命がある。
 それを直接触りながら
 人がいただいていく所までを考えてほしい。
 農業も酪農も同じく生産者の方がいることに
 ふれて学んでほしいと思いました」

「札幌の都会の女の子たちなので
 どこまで頑張れるか不安はありましたが…
 でも帰ってきたら目が輝いていたので
 すごく良い体験だったのかと思います。
 今後も学校として応援していきたいです」

森崎
「二人は素晴らしい体験をしたと思う。
 こうしたことをアグリクラブのみんなに
 そして他の高校のみんな、家族にも
 伝えてあげてください。
 素晴らしい報告でした」

都会に暮らす10代の女子高生たち。
酪農家を支える酪農ヘルパーの仕事を通して
彼女たちは何を学び、何を感じたのか?
酪農ヘルパーとして過ごした
二泊三日の貴重な体験に密着しました。


2017年11月11日(土) |  年々高まる酪農ヘルパーの需要
2017年11月13日10時06分28秒更新
北海道東部にある酪農が盛んな町、中標津町。


ここに、日本で最大の酪農ヘルパー団体が
あります。有限会社ファム・エイ。

ファム・エイでは、
およそ500戸の酪農家を対象にヘルパーを派遣。
酪農王国北海道の中でも、
屈指の酪農地帯である道東において、
縁の下の力持ちとして、
生乳の安定生産を支えています。

現在、酪農家の高齢化や後継者不足に伴い、
酪農ヘルパーの需要は増すばかり…。
同時に酪農ヘルパーの担い手も
不足してきています。


フェム・エイ 代表取締役 廣木聖隆さん
「酪農ヘルパーの認知度がまだ足りないので
 インターンシップを通して、
 酪農ヘルパーをしっていただこうと」

そのインターンシップ制度を利用して、
新陽高校の2人が研修を受けます。

今回、彼女たちの指導をしてくれるのは、
その道15年のベテラン酪農ヘルパー、
猪俣勇(いのまた・いさむ)さん。

猪俣さん
酪農ってこういうものなんだと知って欲しいし
 酪農ヘルパーという職業があることも
 知ってもらいたいし…

 そういう意味でインターンに来た子たちが
 発信源になってくれたらと思います」


9月16日、午後1時。中標津空港。
札幌から関さんと湊さんがやってきます。

迎えるのは猪俣さんと、
猪俣さんの先輩、剱持(けんもつ)康一さん。

釼持さん
「関さんと湊さん?
 はじめましてファム・エイです。 
 宜しくお願いします。では早速移動します」


釼持さん
「中標津に来たらやってみたいことは
 考えてた?」

湊さん
ソフトクリームが食べたいなあって(笑)
 おいしそう♪」


釼持さん「ソフトクリームは食べましょう!」

湊さん
やったー!うれしい!!」

2017年11月11日(土) |  酪農ヘルパーって何だろう?
2017年11月13日10時06分47秒更新

ファム・エイに到着しました。

釼持さん「今日からインターンで来ました」

関さん 湊さん「宜しくお願いします」

釼持さん
「今日は一緒に入る2人を紹介します」

藤本健佑さん 鈴木佑香さん
「宜しくお願いします」



釼持さん
「2人には普段の仕事についていってもらいます」

猪俣さん
「佑香!ソフトクリームはどこがおススメ?」

鈴木さん
「一番おいしいのは(札幌の)八紘学園!
 今までで一番おいしかった!」


湊さん
「家に近くて毎週のように行ってます。
 めっちゃ美味しいです」

猪俣さん
「彼女は八紘学園を卒業して
 この会社に就職したんです」

湊さん「へええ〜かっこいい!」


この日は酪農現場へは行かず、
翌日から行う作業や酪農ヘルパーについての、
説明が行われます。

釼持さん
「(酪農家も)休みをとって出かけたいけど
 仕事があるので抜けられないですよね。
 そういう時にどうするのかって時に
 必要になるのが酪農ヘルパーという仕事です」

釼持さん「朝早いよ大丈夫?」

湊さん「がんばります…」

釼持さん
「もし起きてこなかったら置いて行くからね

湊さん 関さん「えええ〜」


釼持さん
「厳しく聞こえるかもしれないど
 お客さん(酪農家)が待っているので
 そこはしっかり時間を厳守してほしいです」

(リーダー)
さすがにちょっと緊張しているみたいだね…
ひとまずは、この研修の序の口、
オリエンテーションが終わりました。


まだ始まったばかりだけど、
今どんな気持ちかな?

関さん「緊張します…」

いや〜そうだよね。
何もかもが初めてだもんね。

湊さん
「ちょっと緊張するけど、すごい楽しみです

わかるなあ〜その気持ち。
ワクワクドキドキな感じがするよね。
ほかにも何か思ったかな?


関さん
「陽愛ソフトクリーム食べたかったの?」

湊さん
「うん!めっちゃソフトクリーム好きだもん。
 絶対おいしいじゃん!
中中標津のソフトクリーム」

そ、ソフトクリームかぁ〜!
緊張しながらも、ある意味頼もしいね。


2017年11月11日(土) |  ありがとう…この一言につきる
2017年11月13日10時07分06秒更新

そんな2人を、先輩酪農ヘルパーたちが、
ある場所に連れて行ってくれました。
中標津の人気観光スポット、
開陽台(かいようだい)展望館です。

関さん「めっちゃキレイ!すごい」



そこから望むのは、見渡す限りの大パノラマ。
気持ちがいいね〜!

湊さん「いただきま〜す」

でたあ!
ここのソフトクリームが絶品なんだって!


〜ずっと食べたかった中標津のソフトクリーム!
 とっても甘くておいしかった!〜湊陽愛

夜、剱持さんと猪俣さんが、
2人に酪農ヘルパーの魅力を語ってくれました。

猪俣さん
「酪農ヘルパーとして出向いていって
 酪農家の代わりに仕事をして
 終った時にすごく感謝されるの。
 『ありがとう』って。
 その言葉が一番やる気に繋がる」


よし!研修を終える時には、
酪農家さんに「ありがとう!」って
言ってもらえるよう、
是非がんばろうではないか!

(森アナウンサー)
9月17日、朝5時。
2人の酪農体験が始まりました。

湊さん「陽菜〜!5時だよ〜」

関さん「う〜〜ん」

湊さん「5時だよおお!起きろっ!」


「おはようございます…」

5時半に猪俣さんが迎えに来て、
農場へと向かいます。


猪俣さん「よく眠れた?」

湊さん
「寝れました…
 でもめっちゃ眠いです!」


2017年11月11日(土) |  命と向き合う!
2017年11月13日10時07分17秒更新

着いて早速、酪農家、そして牛との対面です!

「うわ〜でかいっ!」「おはようございます」



「宜しくお願いします」

酪農家 藤田晋さん
「初めまして。宜しくお願いします。
 どこから来たんですか?」

「札幌から来ました」


この農場のオーナー、藤田晋(しん)さん。
両親と妻との4人で、子牛まで含めて、
およそ290頭の牛を飼育しています。

藤田さん
「今回は両親が旅行でいないので
 酪農ヘルパーの2人に入ってもらって
 空いてるところで僕が仕事をする感じです」

年間で、延べ30日ほど、
酪農ヘルパーを利用しているという藤田さん。
今回は実際にヘルパーとして農場に入っている、
藤本さんと鈴木さんの仕事場にお邪魔する形で、
研修が行われます。

湊さん「でかい…めちゃ怖い!」

酪農ヘルパーの仕事は、大まかに言うと、
牛舎の掃除、搾乳、餌やミルクの世話、
これを午前と午後、2回に分けて行います。

関さんと湊さんの、酪農体験が始まりました。

■牛舎清掃■

〜臭いがとてもキツイし、牛も怖くて
 想像以上に大変でした〜湊陽愛

■搾乳■

〜あまりにも牛が大きすぎて放心状態になった。
 牛さんも緊張したよね…〜関陽菜


■哺育・育成■

鈴木さん
「こっち側に指を入れて…」

〜子牛が小さくてめちゃくちゃ癒された!〜
関陽菜

 
指をチュパチュパ吸われて…
湊さん「うわ〜あったかい♪」


こちらは子牛に与えるミルクを配合中の鈴木さん。
何やら、壁に貼ってある紙を気にしながら
作業しています。一体何が書いてあるのでしょう。

鈴木さん
「上からみた牛舎の絵になっていて
 どの子牛にどのミルクをあげるのか、
 育成だったらどの牛に
 どの(エサの)配合だったりだとか
 サイレージはあげるのか?
 細かいところまで書いてあります」

酪農ヘルパーの仕事は、
単に作業を行うだけではありません。
藤田さんの農場では、藤田さんのやり方で、
ほかの酪農家の農場では、そこのやり方で…
というように、酪農家それぞれの作業手順を
守ることが大切です。


そのために、酪農ヘルパーにとっては
お客さんにあたる酪農家と、
蜜にコミュニケーションをとりながら、
仕事を進めていきます。

牛と向き合う前に人と向き合う、
酪農ヘルパーとはそんな仕事なのです。

〜先輩ヘルパーさんは動きがテキパキしていて
 かっこよく、とても憧れた〜関陽菜


2017年11月11日(土) |  テキパキ先輩を見習って…
2017年11月13日10時07分29秒更新
(リーダー)
さて午前の作業を終えた関さんと湊さん。
下宿先に戻って、ちょっと遅め…というか、
かなり遅い朝ごはんです。


「いただきま〜す」

たっぷり働いた後の朝ごはん。
感想を一言!

「すごい美味しい」「めっちゃ美味しい!」

午後もまだまだ仕事があるからね。
心置きなくがっついちゃってください!


午後4時30分。
夕方から夜にかけて再び作業が始まります。

午後5時

〜昼寝をたくさんしたのに
 ねむくなってしまった。
 とてもおなかがすいた〜湊陽愛


午後6時
子牛にミルクをあげ…

午後7時
牛のエサやり…

午後7時15分作業終了


午後10時30分

湊さん
「朝から搾乳体験とか色々な作業があって
 すごい疲れて…明日も朝早いので…
もう寝るか!」


翌日、天気はあいにくの雨。

朝5時に起きた関さんと湊さんは、
牛舎の掃除など、前日同様の作業を行います。

〜本来は子牛が飲む牛乳を飲むために 
 搾乳している。命をいただいてると感じた〜湊


この研修は3日目の午前の作業をもって
終了となります。

先輩ヘルパーの指導のもと、
2人は眠気と疲れと闘いつつ、
なんとか研修の全行程を終えました。

猪俣さん
「これで完全に終了です!」

<< [1] [2] [3] >>

TOP(全件表示)