今月
2018年05月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
       
アーカイブ
2021年04月
2021年03月
2021年02月
2021年01月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年09月
2020年08月
2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   表示:2011年01月(27件)
<< [1] [2] [3] >>

2011年01月31日(月) |  久しぶりに手にしたものは・・・
 
近藤 肇

ボンドでした。

2歳の娘が、それこそ”ヘビーローテーション”で毎日のようにめくりまくっている、動物図鑑のページがバラバラになりかけていたので、補修を思い立ったのです。この図鑑、昭和44年発行と、裏表紙に書いてありましたので、製本されてから40年は経っています。

私が幼い頃に買ってもらった図鑑たち。

小さい頃から、こうした図鑑や百科事典をめくるのが好きな方で、どちらかというと文学的な物語などは敬遠する傾向にありまして・・・大人になったいま、小説よりもマニュアルや解説書を好んで読むというのも、”三つ子の魂 百まで”に近いものがあるのでしょう。
娘のいまのお気に入りはチーターで、チーターの絵を見つけては指差してチータ、チータと叫びます。チーターの時はそれでいいのですが、チーターにそっくりのひょうを指差してチータとくることも多く、「これはひょう!」と言っても「チ・イ・タ!」と言い張って譲りません。2歳の娘にはひょうとチーターを区別させるのは無理だということを学びました。


お父さんと一緒で、いつか飽きられる日が来るんだろうな、と思いながらも、わが子が図鑑のページをめくる様子を眺める今日この頃です。

2011年01月30日(日) |  美味しいコーヒーに円錐ドリッパー…でも高い??
 
関 博紀
以前、絵日記に、「円錐型のドリッパーを使うとエグ味のない美味しいコーヒーが淹れられる」なんてことを書いたかと思いますが、何人かの人から「円錐フィルターが売っていない」、「円錐フィルターは割高だ」との指摘を受けました。そうなんですよ。まだあまり一般的じゃないせいか、円錐ドリッパーも手に入りにくいんですが、フィルターも売っているところが限られているんですよね。売っていたとしても、確かに円錐フィルターは、普通の台形フィルターと比べると少々高いのは事実です。
でも“奥の手”があるんですよ。台形フィルターでも円錐ドリッパーに使える方法があるんです。
真ん中から2つに折ります。
折り目がついたらまた開きます。真ん中の折り目に向かって、台形の片側の角を折り曲げます。
そのままフィルターをひっくり返して、今度は反対側の台形の角を中央の折り目に向かって折り曲げます。ほら!あっという間に円錐フィルターの形になりました!
このまま円錐ドリッパーに装着して使えばOKなんです。
僕も最近はこの方法で代用しているので、円錐フィルターは買っていません。経済的ですよ。前にも書きましたが、円錐ドリッパーでコーヒーを淹れる場合は、お湯は中央部分にゆっくり注ぐといいみたいです。通常のドリッパーのように「のの字」を書いて全体にお湯をかけてしまうと、まわりから一気にお湯が落ちてしまって、コーヒーが薄まってしまうんですね。
いつものフィルターを使って、円錐ドリッパーでおいしいコーヒー、ホントに風味が違いますよ!

2011年01月29日(土) |  働く動物たち
 
河原多恵子
R「多恵子の今夜もふたり言」の
河原です。

札幌中心部で見つけた働く動物たちを紹介します!
まず”サル”。
おどけた表情とスタイルで仕事中。
ポーズを真似たくなります(笑)!

働く動物たち
河原多恵子

”蛙”がいました!
がっちり持ち上げ、しっかり仕事をしています!

実は、「今夜もふたり言」で、
昨年から話題になっているのが”働く動物たち”。
サル・蛙・ペンギン・うさぎ・かもしか・たぬきetc,と、
あちこちから目撃情報が寄せられています。
この動物たちが働いているのは、
主に道路工事の現場。
歩行者通路のための仕切り、
防護柵を支える「支柱」の役割をしているのです。

働く動物たち
河原多恵子
そして、”ペンギン”です。

雪道とツルツル路面。
足元を見すえ、おっかなびっくり歩く毎日です。
そんな時、顔を上げたら”働く動物たち”がいて、
気持ちが一瞬、ほぐれました!





2011年01月28日(金) |  映画の半券
 
赤城敏正
 先日、「おぢさんツインカム」のトークテーマが「アイドル」ということで、「そういえば昔の明星とか平凡があったかも・・・」とクローゼットを探索。
 目的のものは見つからなかったものの、何やら袋に入った数枚の紙を発見!
 中のものを出してみると、映画の前売り券の半券。しかも、すごく昔のもの。半券をコレクションをしていた憶えはなく(コレクションだったら、もっときれいに整理してますよね)、何故、こういうのが残っていたんだろうと感じながらも、学生時代のことを思い出したりしました。
 クラスに映画が大好きな友人がいて、彼の家でよく「スクリーン」とか「ロードショー」という雑誌を見せてもらったりしたものです。また劇場に行くときも、早朝割引で1本観て、午後は封切り・・・とか、映画のはしごをすることもありました。しばらく連絡を取り合っていないけれども、彼は今も、映画を観続けているのだろうか・・・。

2011年01月27日(木) |  通り抜けできません
 
田村 英一

2月 7日から”さっぽろ雪まつり”が始まる。
今年が62回目、私も今年62歳。

30年以上、大通り公園の4丁目5丁目を通り通勤しているが、
「雪まつり」を前にそこを通ることが出来なくなる。
大雪像を造るために足場が立てられ、作業の車などが停められるからだ。
こんな状態が3〜4週間続く。

足場がとれ、大雪像が姿を現す雪まつり期間中は、
朝から大勢の観光客が行き交う札幌大通公園。

最終日13日が終わると、雪像は崩され雪の山に姿を変え、春を運ぶ風に融かされ
消えてゆく・・・
そして、また通り抜けることが出来るようになる。


2011年01月26日(水) |  今、夢中!
 
小川和幸

わたし、今、夢中になっているものがあるんです。
それは、海外ドラマ…って韓流ではないですよ!
アメリカのドラマ「glee  踊る♪合唱部!?」!
去年、CS等で放送されたものなんですが、
今年に入って、たまたま耳にして感動したのが、
このドラマのサウンドトラック。
私の大好きなアメリカンバンド“Journey ”の“ Don't stop believin' ”が、
アレンジを変え、テーマ曲として使われているんです。
オリジナル・ファンとしては、「勝手に変えおって…プンプン」となるところが、
歌声、アレンジに Journey と同じメッセージを感じ取ることが出来ました!感動!
これをきっかけにドラマを見るようになり、その世界にずっぽりはまってしまいました。
こんなのジャンルは違いますが、「ツインピークス」以来かも…って、
古いですねぇ…覚えてます?
このドラマ、 Journey だけではなく80年代洋楽ロックが、
よく合唱曲等で使われます。かつての洋楽ファンは、私のようにはまっちゃいますよ!


2011年01月24日(月) |  「あめかじ」卒業を目指して
 
加藤雅章

 2011年、僕は39歳になる。1年を通して30代として活動できる最後の年だ。「この節目の年、やはり何かひとつ、今まで出来なかったことに挑戦したい」と、始めたこと…。

 「あめかじ」からの卒業。

 「ほ〜ぅ、これからは大人のスタイルを目指していくのか!?」と思われた皆さん…残念!ここでいう「あめかじ」とは、ファッションとしてのものではないのです。あれは「アメカジ」です。カタカナでアメカジ。

 僕が今年中に卒業しようと考えている「あめかじ」は…

 「飴齧」=飴を齧(かじ)ってしまうことです。

 これまで僕は、飴を口に入れてもすぐに噛んでしまい、最後までなめ続けたことがありません。普通の飴玉はもちろん、ミント味の小さなタブレットですらすぐに噛み砕いてしまう始末…。「このせっかちな性格を変え、おおらかな気持ちで人生の後半を歩いていきたい!」そんな思いから立てた今年の目標です。

 「ミント味のタブレット以上に小さな目標…」ですか!?

 いかにも。自分でも「今年の目標はわりとすぐに達成できるのでは」と高をくくっていたのですが、実際には、「ナメんなよ!」とか「そんなに甘くはないぞ!」などと、飴の話らしからぬ言葉が出てくるこの3週間余り…。

 飴玉を1つ、口の中にポ〜ン。入れた途端に噛んでしまうこと幾度。我慢に我慢を重ね、徐々に小さくなっていく様を舌で感じながらも最後の最後でついついガリッとやってしまったこと数回。現時点での目標達成回数は「0」です。

 はたして、いつになったら「その時」が“COME(来る)”のか!?

 今はまだ、目標が達成できず、悔しくて唇を“噛む”毎日です…。


2011年01月23日(日) |  しずおかフェア
 
山内要一
静岡県の魅力をもっと知って頂くイベント「しずおかフェア」が、イオン札幌発寒ショッピングセンターで行なわれ、私山内も参加させて頂いた。
私が参加したのは、「北海道vs静岡・お国自慢トークバトル」だ!
ステージ上で、私が北海道の魅力を、そして静岡のFM放送局K−MIXパーソナリティーの神谷幸恵さんが、静岡の魅力をそれぞれ紹介してバトルを演じるというもの・・・。
しずおかフェア
山内要一
バトルとはいうものの、どこか私自身が、静岡の魅力をたらふく体感した感じであった。
静岡といえば、富士山、浜名湖のウナギはもちろんのこと、B級グルメの富士宮やきそば、静岡おでんなる物があり、私と同い年でもある戦場カメラマンの渡部陽一氏が、静岡出身である事も、初めて知った。
富士宮やきそばは、実演販売もされていた。
麺は太めでモチモチ感があり、あっさりしたソースの味が良かった!
しずおかフェア
山内要一
神谷さんや、司会の梶山美佐さんには、北海道の魅力も実感して頂けたようで、寒さと、粉雪が積もっている情景に感嘆の声を上げていた。
そして、神谷さんは、帰りにバター飴を買っていた。
静岡県には、富士山静岡空港もでき、大変行きやすくなった。
魅力満載の静岡に、あなたも行ってみては、いかがであろうか。

2011年01月22日(土) |  わたしは、コレで・・・
 
桜井宏

ラジオ「朝刊さくらい」の桜井宏です。
話題としては少々古くなってしまいましたが、一枚の写真をどうぞご覧下さい。

年末の「カーナビ紅白歌合戦」のひとコマ。
私とDONさんで嵐の「ONE LOVE」を歌わせていただきました。
なぜ、嵐なのか。理由は簡単です。
私の名前は桜井宏、嵐には桜井翔さんがいる。
ただそれだけの縁です。

練習しました。徹底的に練習しました。
しかし、難しかった。
2人の歌唱能力の問題もあります。
実は、難しいのは唄だけではないのです。
「ONE LOVE]はハンドモーションが付くんです。
歌詞の内容を手話でも表現しなければいけないのです。
一度に二つのことをするのはおじさんには至難のことです。

写真では2人とも右手の小指を立てています。
このときの歌詞は『百年先も 愛を誓うよ』でした。
『愛を誓う』で小指を立てるのです。
嵐のメンバーはみんな綺麗に小指を立てていました。

私たちも気持ちは嵐でした。しかし、肉体は嵐ではありませんでした。
現実は厳しい。
写真をしっかりご覧下さい。
小指が真っ直ぐ立っていないのです。
特に、DONさんの小指はひどい。
これでは『愛を誓う』ではありませんね。
『私はコレで会社を辞めました。』の小指です。
これが、おじさん嵐の正体です。


2011年01月21日(金) |  いざ中国へ!
 
渕上紘行
休みを利用して中国・北京へ行ってきました〜

完全に観光シーズンオフ、「雪はないが風が強く気温は北海道並み」という極寒の中、急成長する大国を肌で感じてきました

天安門広場には計算上100万人が集まれるんですよ。1ヶ所に100万人って・・。
旭川市・函館市・帯広市のみなさんが全員集まっても、まだ余裕があるほどのスペースです。

万里の長城は2000年かけて今の形になりました。
秦の始皇帝が最初に作り始めた頃、日本はまだ弥生時代。稲が伝わってきた頃です。
(写真のレンガ作りは明代、日本では室町〜江戸時代初期頃までのもの)

天安門に万里の長城、やはりスケールが違います・・。
こちらは天壇公園

明代の皇帝が天地を祀るために建てたもの
来月行われる‘さっぽろ雪祭り’のHBCの会場では、この雪像が作られます。
釘を一切使用していないそうです・・。
こちらは盧溝橋

日本史の教科書には必ず出てくるこの橋。
そう、日中戦争が始まるきっかけとなった場所です。
写真の奥の方(北京方向)に向かって、日本軍は進軍したそうです・・。


中国に実際行くと『成長途中の国の鼓動』と『日本とのつながり』を強く感じます。
近くて大きい国、中国。想像以上に色んな魅力が詰まった国でした!

<< [1] [2] [3] >>

TOP(全件表示)