今月
2019年07月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
       
アーカイブ
2021年03月
2021年02月
2021年01月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年09月
2020年08月
2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   表示:全て(2698件)
<< [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [+10] >>

2019年04月20日(土) | 
 
管野暢昭
今年は雪解けが早く、冬囲いも例年以上に早く外すことができました。我が家の庭が息を吹き返したように元気に見えます。早速、クロッカスが顔を出しました。これからチューリップも咲き始めることでしょう。札幌の桜の開花予想は今月26日。街が様々な色に染まります。庭の雑草を何とかしないといけないな。

2019年04月19日(金) |  この時期の湖
 
佐藤 彩
思い込んでいた・・・

というか、まさか見られないだなんて考えていなかった・・・


私は、青い池や神の子池といった青い湖沼が好きです。
何度でも見たくなります。
(下の写真は、昨年9月の神の子池)
そして、足寄町のオンネトーも大好き!
オンネトーは五色沼と言われ、「北海道三大秘湖」のひとつにもなっている湖ですが、今まで2回行ったときは、快晴ではありませんでした。

しかし今回は、天気予報もバッチリ!
ドライブ中も、快晴!
道道も開通していることを確認済み!
これは青く輝く湖が見られるぞ〜と期待して先週末行ってみたら・・・
オンネトーが、青くない!
というか・・・白い。


なんと、まだ凍っていました・・・。

おまけに、雪の上を歩いていたら滑って、危うく湖に落ちるかと家族に心配されたくらい、ギリギリのところで持ちこたえた、なんていうドキドキ体験まで・・・。

たしかによく考えてみればそうですよね。
阿寒湖だって、湖水開きは29日。
その近くのオンネトーだって・・・ねぇ。
そしてもちろん、阿寒湖も・・・
大部分が凍っていましたよ。
これはアカン・・・。


と言いたいところですが・・・
オンネトーの近くの野中温泉にも立ち寄れましたし。
一度に泊まってみたかった阿寒湖の温泉宿に泊まって、美味しいものを食べて、温泉に入って・・・結果的には大満喫の旅でした。

湖が凍っている時期は、オンネトーから見えた雌阿寒岳も、阿寒富士も、阿寒湖から見える雄阿寒岳も・・・山々が雪化粧している姿が見られるので、より山がかっこよく見えますしね。

帯広にも立ち寄りましたが、昔母が住んでいた家や通っていた中学校などをめぐったり・・・
その当時のお友達のお宅に突撃訪問したりと、行き当たりばったりの展開も面白かったです。

もちろん豚丼やソフトクリーム、お蕎麦など、十勝のグルメも堪能してきました。
また、家族で温泉行きたいな〜

2019年04月18日(木) |  札幌ディープ 114 大衆天ぷら まねき屋
 
鎌田 強
天ぷら屋で合コンしていた若者グループの内の女子が、ダイエットのため天ぷらの衣をはがし食べていたところ、店主が「お代はいらないのでお帰りくださいと」と促がし、男子は合コンを台無しにされたと怒っているというニュースがあった。客にも店にも対応の欠落があったと思うが、それにしても目の前で衣を剥がされた天ぷら職人はかわいそうだ。
天ぷらはあまり得意な方ではない。それでもいくつかの名店に足を運んだ。東京日本堤の土手の伊勢屋は今年130年。春時雨にあい、冷たくなった身体を内から温めてくれた辛口の熱燗と天丼は忘れられない。胃がおぼえている。
だってこんなんだったもの。
先日天ぷら好きのSさんに誘われてカウンター天ぷら屋さんで昼飲みした。じつはここはまねき屋の関連で、わたしが好きなまねき屋はなれの隣だ。
その昔、京都では高級料理として身分の高い人しか味わえなかった天ぷらは江戸時代には江戸の大衆料理になった。歌川広重の浮世絵「廿六夜待遊興之図」が有名だ。 まねき屋天ぷらも庶民の味方だ。昼から飲める。ホッピーがある。
飲み物二杯に天ぷらと一品付きちょい飲みセットがお得。あまり欲張らずサクッと飲みたい気軽な店だ。
大衆天ぷら まねき屋 札幌市中央区南4条西3丁目 すすきのビルB1 電話 011(206)0244

2019年04月17日(水) |  新しい時代に向けて…
 
加藤雅章
「平成」も残すところ、今日を入れてあと2週間。

思い返せば、平成が始まった当時、僕はまだ高校生でした。

今月末の「平成最後の『昭和の日』」には47歳になります。年齢だけはしっかり重ねましたが、威厳や貫禄はいまだなし。一方で、肉体の衰えはそれなりに年相応となりました。

特に老眼。先日、眼科での視力検査で「遠くも近くも見えるようにするとこんな感じですよ」とレンズを充ててもらったのですが、まぁ良く見えること!世界が変わったような感じでした。

にもかかわらず、遠近両用メガネを購入するには未だ至らず…。「老眼」という響きに対する“抵抗感”なのか何なのか…。

「四十にして惑わず」の不惑を随分昔に迎えたはずなのに、「間もなく四十七になっても惑うばかり」の僕なのであります。
さて、そんな「不不惑(?)」の46歳。新時代に向けて…ということでもないのですが、気分転換に財布を新しくしました。

「春に財布を変えるのは『張る財布』で縁起がいい」とも言われます。でも、今回の財布は「張って欲しいけど、張って欲しくない」、そんな願いをこめて新調したのです。

「限りなくコンパクトなものを!」…これが自分の中でのテーマ。なんとなく、出かける際の荷物を少しでも減らしたくて…。

これから来る新時代。ますますキャッシュレス化が進み、財布を持ち歩く必要もなくなるのかもしれません。 その波に乗れるかどうかは分からない前世紀的アナログ人間な僕ですが、新しい時代、まずは自分の身の丈に合ったコンパクトなスタイルで迎えようと思います。

ちなみに…
先日、「HBC北海道文化塾」という講演会のMCをしてきました。今年度の1回目で、かつ、次回は5月開催のため、「平成最後の文化塾」。

あのデヴィ夫人とステージをご一緒する機会を持つことができました!

新しい時代にはどんな出会いが待ち構えているのか?謙虚な心で、【礼は】しっかりと尽くそうと思います。

2019年04月16日(火) |  フレッシュに!
 
日下 怜奈

4月になり入社2年目になりました。

私にとって大きな変化といえば・・・
「新人」というマジカルワードが使えなくなるということです。

ただ、そんなことも言っていられません。

後輩も入ってきたので、しっかりしなくては!

ですが2年目とは言え、昨年と変わらず気持ちは常にフレッシュでいきたいと思います。

どんどん外に出てたくさんの方とお話をして、
新たな発見をしていきたいです!

そしてもっと北海道を知りたい。
みなさんのお力を借りながら勉強させて下さい!

さて、私事ですが今月は2年目になっただけではなく誕生日も迎えました。

先日、先輩がサプライズでお祝いして下さりました。
本当に嬉しくて言葉が出てきませんでした…

大好きな先輩に囲まれて私は幸せです。

なんと・・・ケーキまで!

そしてこのケーキは断面が6色なんです!

見たことない・・・「萌え断」ですね。
(断面に萌えることを指す流行言葉だそう)

24歳も日下ワールド全開で駆け抜けます!☆ミ

2019年04月15日(月) |  赤ジャケデビュー
 
渕上紘行
ついに着用デビューしました、栄光の赤ジャケット!3月の「HBC実況アナNo.1決定戦」で優勝し、3代目チャンピオンとなりました。その優勝者に送られる赤ジャケット。今シーズン、私がラジオ実況する時には基本的に着ております。 今年のバックネット裏ダイヤモンドシートの係員さんのユニフォームと赤色がかぶるというまさかのハプニングで、少し見分けがつきにくくなりますが、放送席ブースで目立つ赤は´HBCラジオ’です。観戦の際はぜひご注目ください!!

2019年04月14日(日) |  今年度もよろしくお願いいたします*
 
森 結有花
早いものでHBCに入社して3度目の春を迎えました。

冬の寒さが厳しい分、北海道の春はとってもワクワクして大好きです♪
HBC本社にはHBCラジオの新年度のポスターがいたるところに貼られています。
ナルミッツはこんな感じです。
ふふふ。(素敵に仕上げていただき嬉しいです。)
番組の明るい雰囲気が伝わるよう、
撮影も楽しませていただきました*
こんな私ではありますが、
今年度もテレビ・ラジオを通してみなさまと時間をご一緒させていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします!!!
ちなみにあぐり王国北海道NEXTのポスターは…
一昨年撮影されたもの。
髪型のせいか、
「今と全然違う!」という声も。
うーむ。いかがでしょうか?

2019年04月13日(土) |  三つの「氣」でケッパレ! 鵡川高校野球部
 
水野 善公
胆振東部地震から半年の3月6日。テレビの特別番組の中継で、鵡川高校野球部寮「三氣塾」に伺いました。 「三氣」とは「元気、本気、一気」という鵡川高校野球部のモットーで、それが寮の名前についています。 地震により、寮も被害を受け、年明けから仮設の寮で暮らしています。 寮の食事は三食すべて手作り、しかも、練習終了時刻に合わせ、料理を提供するということで、常に熱々。寮母さんの愛情です。ごはんは丼飯で、全員が残さず食べ終わるまで席を立てないという決まり。こういったところから、チームワークを高めているそうです。 私も、高校球児でしたが、自宅からだったので、寮生活に憧れもあり、こういったところから心身が鍛えられるのだと感じました。 地震の影響で、様々な部分に影響はあるだろうに、それを言い訳とせず、自分たちに何ができるかと前向きに捉え、取り組む姿勢に、熱くなりました。 室蘭支部、春の大会の組み合わせ抽選会は26日。 「三氣精神」で挑みます。

2019年04月12日(金) |  北3条広場マジック
 
近藤 肇
これ、わかりますか???

門のところに白い長方形が2つ見えています。これは、門のリング状の飾りの内側に、夕日が反射して、キラキラ輝いて見えているんです。

毎日、4時台と5時台の天気予報の間に一度、局に戻っているんですが、この現象を見つけると思わず足を止めて見入ってしまいます。
そして、今週から、金城アナが北3条広場に隔週で登場。天気予報も助けてくれることに。この広場の中継のバリエーションが広がります。

私も気象キャスター、14年目の春です。これからも、「今日ドキッ!」”そらリサーチ”よろしくお願いします。

2019年04月11日(木) |  いよいよ、キャンプシーズン!
 
小川和幸
日差しが柔らかくなりました! …となると、キャンプシーズン到来です。 まだまだ、風が冷たい状況ですが、 心は、すっかりアウトドア。 仕事から家に帰ると、 ちょっとづつ、初出動に備えて、 キャンプ道具の手入れに勤しんでいます。 キャンプ情報誌を読むと、 新たにオープンしたキャンプ場もあり、 再整備をして、より魅力アップしたところありで、 どこに行こうか、嬉しい悩みが出てきています。 初回は、どこのキャンプ場に向かおうか… レポートは、次回お会いしたところで! ※写真は、後程

<< [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [+10] >>

TOP(全件表示)