今月
2017年09月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   表示:検索結果は106件です。
<< [1] [2] [3] [4] [5] [6] >>

2017年12月01日(金) |  この季節の味覚
 
小川和幸
すっかり寒くなりました…って、
半端ない寒さです。
札幌で11月中に5日も真冬日となるのは、
“105年ぶり”なんです。

こんな季節、我が家で欠かせないのは、
焼き芋です。
どうしてこんなにも“焼き芋”って美味しいんでしょうねぇ。

皆さんは、家で作る時どうしてます?

鍋で蒸し芋にするか。
焼き魚グリルで焼き芋にするか…。

わたしは、電子レンジで作ります。
今年、ウン十年使った電子レンジが故障し、
入れ替えたのですが、しっかり“焼き芋”モードがあるんです!
今のレンジは凄いですね。

ホクホクのお芋を、ハフハフして食べる!
これで寒い冬も、楽しく過ごせそうです。

2017年11月07日(火) |  今年のシーズ終了
 
小川和幸

キャンプ場の最低気温が、手元の温度計で0.5度になりました。
まだプラスです!
やれます…キャンプ!

行ってきたのは、苫小牧の高規格キャンプ場「アルテン」。

寒いから…すいているかな…と思ったら、
大勢のキャンパーたちで賑わっていました。

今流行のキャンピングカー…
暖房設備も付いていますから、最強ですよね。
でも、テントの皆さんも、寒い中、
工夫してストーブを入れたり、
着込んで対応したり、
創意工夫で“寒い”キャンプを楽しんでいました。
いや〜参考になります。
ご迷惑は重々承知の上、
こちらから話しかけて、情報収集をはかってしまいました。

快く教えて下さったみなさんありがとうございます!

今シーズン最後のキャンプは、
ダッチオーブンによる“ラムチョップ香草蒸し焼き”でした。

すみません。寒い中作るのに必死で、
写真を撮ってませんが、
出来は最高で、胃も心も満喫したことを報告いたします。

いつでも、キャンプ最高!

でも…さすがに雪中キャンプは…
手が出せませんが…。




2017年10月14日(土) |  紅葉の時期には
 
小川和幸

すっかり、秋になりました。
いや、大雪山系旭岳では雪の便りも届き、
冬の足音すら聞こえるようになってきました。

これは、今のうちに紅葉を楽しんでおこう!
…と、行った先は、
札幌の紅葉の名所“定山渓ダム”。

カエデやナナカマド、サクラ等の紅葉を見ることが出来ます。

薄日が差している中向かったのですが、
山に入ると曇り空へ。
空の青と木々の色合いのコントラストを
楽しめるかと期待していたのですが、
ちょっと残念な感じに…。

しかも、若干来るのが早かったのか、
木々の色づきも、“あともう少し…”という状況でした。

それでも、こんなショットが撮れます!

後から調べると、
見頃は10月中旬だそうで、
出かけるのが一週間ほど、早かったようです。
事前の情報チェックって、本当に大切ですね…。

ブログが掲載される今が旬の様です。
お時間があったら、
是非お出かけください!


2017年09月21日(木) |  写真が語る…年月
 
小川和幸
写真というのは不思議なもので、
そこに経過した時間が写っていると
思える瞬間があるのです。

先日のキャンプ場での一コマなんですが、
中央にいるのが私、
左に長男、右に二男。
キャンプを始めた時は、
手を引く長男の背は私の腰位。
次男は、ベビーカーに載っていました。

あれから十五年…
長男の背は私を越え、
次男は並ぶまでになりました。
(写真の遠近法上の話しじゃないですよ)

キャンプに行かないと、
なかなか家族の写真って、撮らないんですよね。
こんなところからも、
キャンプの良さ…感じてしまいます!
まだの方…キャンプ…はじめてみませんか!

2017年08月29日(火) |  興奮が止まらない!
 
小川和幸

思い起こせば…そう、
オートバイが全てだった高校時代…。
憧れは世界を転戦するGPライダーと
爆音を響かせ疾走するGPマシンでした。

先日、札幌で某メーカーのイベントがあり、
その憧れのGPマシンに跨ることが出来ました!
高校時代に抱いていた熱い思いが、
一気によみがえってきました!

このイベントの“粋”なところは、
ただ置いてあるマシンに跨るという訳ではない所。

ライダーの醍醐味、マシンを傾けている
“その瞬間”を味わえるのです!
ライダーの気持ち…良く知っている!
と、そんな面でも感動してしまいました。

自分の跨った写真を今見ても、
頬が緩んでしまいます。

こんなバンク角、サーキットでしか可能ではないでしょうし、
そもそも、私のテクニックじゃ、転倒しない限り、
この角度は出せません。

改めて、GPライダーのテクニックを
知ることが出来ました。

〇〇〇(メーカー名)さん、
今度は、GPマシンのデモ・ランお願いしま〜す!


2017年08月05日(土) |  童心に帰れるひと時
 
小川和幸
夏といえば!
思い浮べるのは…
海に、山に、スイカに、かき氷、そして…何?
私は、“花火”です。

キャンプ場で見る風景も良いんですけど、
バーベキューが終わった後に、
焚き火台の炭を種火に楽しむ“花火”…
これが良いんですよね。

あっという間に一本終わってしまう花火ですが、
先日スーパーで「長持ち花火」という商品を見つけました。
これがね…良いんです!
本当に長持ち。
一本一本楽しめます!
初めは、子供のやる姿を見ていたのですが、
我慢できずに、私も花火に…火をつけました。

本人は気付きませんでしたが、
長男が撮った写真には、
次男より喜ぶ私の顔が写っていました。
幾つになっても、花火…楽しいですね!
まさに、童心に戻れるアイテムです…。

2017年07月15日(土) |  北海道の夏…安全運転で楽しみましょう!
 
小川和幸
学生時代、北海道のバイク・ツーリングに憧れました。
ルートまで考えたのですが、
結局、叶わぬ夢で終わってしまったんですよね。

今では、家族で当たり前のように
北海道でのドライブを楽しんでいますが、
すれ違うライダーを見ると、
思わず“ピース・サイン”を出したくなります!

…って、ピースサインを交わすのは、今では北海道だけ…
なんて話も聞きますが…80年代ライダーには、
御馴染みなんですけどね…

さて、先日、赤れんが庁舎前で行われた、
オートバイの安全運転啓発イベントにお邪魔しました。
そこで、北海道警察の担当の方に伺うと、
直進するオートバイと、右折する自動車による事故が
目立つというんです。

ドライバーにとって、バイクは小さく見えるので、
まだ遠くいると錯覚してしまうんですよね。
ハンドルを切り曲がりだすと、バイクはすぐ目の前に!

釈迦に説法ですが、ライダーの皆さん!
「ドライバーは距離感覚が掴めていないかもしれない…」
「曲がってくるかもしれない…」の、
“かもしれない運転”で、安全にツーリングを、
楽しんでくださいね!

2017年06月22日(木) |  これが見たかった…
 
小川和幸
キャンパーの皆さん!
今シーズンは、どちらに行ってますか?

我が家は、道北をメインに活動しています。

訪れたのは、初山別・天塩・初山別。
なぜ、初山別に二度行っているのか…。
キャンプ場の魅力もさることながら、
実は…
夕焼けの絶景を、初回は撮り損ねてしまったためなんです。

雲一つない夕焼けに見とれていたら、
シャッターを押すどころか、
カメラを家に忘れてしまっていたことを、
そこで思いだしました(痛恨の失敗!)。

…という事で、機を狙って再び初山別へ。

海の中に浮かぶ「金毘羅神社」の鳥居の中に、
橙色に染まる夕陽が沈んでいきます。
これ!これですよ!

これを、カメラに収めたかったんです…。
写真を撮る私の姿を撮るように妻にお願いしておいたのですが、
妻も夕陽を撮ることに夢中で、
私の事は眼中にありませんでした。
(撮っていたのは、夕陽を見る前に、
ホタテを焼いている写真だけ)

まぁ…そんなもんですよね。

2017年05月30日(火) |  こういう場面でも!
 
小川和幸

皆さんの“お耳”に私の声が届くのは、
HBCラジオで夕方4時から放送している
“「夕刊おがわR」(月〜金放送中)”ですが、
実は、こういう場面でも…私の声がお耳にかかれるんです。

例えば、HBCのホームページから
TV「今日ドキッ!」に進んで頂き、
左側のコーナー紹介を見ていくと、
「美味ほっかいどう旬発見」が出てきます。
そこをご覧ください。ここのナレーターが…私なんです。
http://www.hbc.co.jp/tv/doki/syun/index.html

また、今日放送の「今日ドキッ!」5時台の特集…
予定では、ここでも、私、ナレーターを務めています。

ラジオだけではなく、
色々なところに、声が登場していますので、
ラジオ同様、HBC-TVも、チェックして下さい!

2017年05月07日(日) |  こういうところも…魅力です!
 
小川和幸
春ですね〜!
北国の青空が「外にお出で」と呼んでいます…。

という訳で…行ってきました!
今シーズン最初の、キャンプ。
場所は、桜咲く洞爺湖です。
早速、今年手に入れた石焼き芋用の小石を袋から出し、
ダッジオーブンに洗ってから敷き詰め、
30分ほど空焚きしてから、イモ投入!
後は30分位待つだけ…。

さぁ〜て…出来たかな…と割り箸を刺すと、
う〜ん…硬い。もう少しかな?
と更に炭をくべ、他のグリルで焼き肉をやりながら待つこと
…1時間。いつの間にか火が消えていました。
お腹は、肉で満腹ですが、
芋は別腹と、蓋を開け手に取ると、硬い…。
焦げ色はなく、まだ蒸されていない状態の様。
さらに炭を足したくても、炭が切れて…
The end…。

なんでだ!胸の奥から湧き上がる叫び声を、
我慢しつつ冷静に考えると、
強い風に煽られ、鍋に熱が上手く伝わらなかったのでは
という結論に。

家族に「何でできないの?」
「父さん得意の企画倒れ?」と、
言われましたが、
良いんです…上手くいかなくたって。
これがアウトドア料理というものですよ!
「ね!上手くいかなかったことも思い出になったでしょ!」と、
言ったところで、賛同は得られませんでしたが…。
いや〜、焼き芋の世界…奥深いですね。

<< [1] [2] [3] [4] [5] [6] >>

TOP(全件表示)