今月
2018年01月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
       
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   表示:検索結果は120件です。
<< [1] [2] [3] [4] [5] [6] [+10] >>

2018年10月16日(火) |  道東のお祭りで舌鼓
 
小川和幸
秋の道東は良いですね!
紅葉は進み、穏やかな日差しが注ぎ、
なにより…秋の味覚がたまらない!

先日、別海町の「西別川あきあじまつり」に、
ステージの司会役としてお邪魔しました。
爽やかな秋空の中、
会場には、お昼の時点で1万3000人を上回る人が訪れ、
大変な賑わいを見せていました。

かつては、徳川幕府にも献上されたという
西別川のあきあじ(サケ)。

会場では浜値で買えるという事から、
サケですが、“飛ぶ”ように売れていました!
また、あきあじ鍋にあきあじの串焼き、
チャンチャン焼きコーナーなどがあり、
お腹にも魅力的なお祭りです。

ステージ前の会場のチェック…
いつも以上に念入りに行いました(笑)
あきあじ鍋…とても美味しゅうございました。
身も心も、温まりました。

まだまだ、道内各地で「秋の味覚まつり」が開催されます。
今、お腹が鳴った“あなた”!
是非、お出かけください!

2018年09月22日(土) |  いざという時に…
 
小川和幸
改めまして、今回の震災で
亡くなられた方々に謹んでお悔やみ申し上げますとともに、
被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます。 

突然の大きな揺れに、
突然の全道にわたる大停電。

幸い我が家は水は出ましたので、
トイレ等水回りに苦労はなかったのですが、
オール電化住宅なので、
食事の準備に不安が出ました。

地震発生後すぐに出社した私は、
その後、家族がどうなったのか心配でしたが、
家に帰ってみると、
家の中は、キャンプ道具で溢れていました。

リビングの照明はLEDランタン。
子供部屋など各部屋の入り口には、
小型のLED懐中電灯が掛けられ、
煮炊きするコンロの上には、
キャンプ用ガスコンロが設置されていました。

普段のキャンプで使い慣れた物ばかり。
こういう時にも、力を発揮するんだと、
道具に感謝にし、
それを使いこなす家族に感謝しました。

寝袋を含め、普段使い慣れていないと、
いざという時に戸惑いがちです。

キャンプ道具だけではなく、
普段備蓄してある食料なども、
定期的に実際に食べておくと、
作り方など慌てないで済みますね。

自然災害は、いつどこで発生するか分かりません。
その時の備え(心と品物)の重要性が身に沁みました。



2018年09月14日(金) |  心よりお見舞い申し上げます。
 
小川和幸

平成30年北海道胆振東部地震により、
亡くなられた方々に謹んでお悔やみ申し上げます。
また被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます。 

HBCアナウンス部一同

2018年08月23日(木) |  走行距離…2332キロ
 
小川和幸

走りに、走りました。
夏休みのキャンプ旅行の総走行距離は…2332キロ!

初山別のキャンプ場を皮切りに、
一旦札幌に戻った後、道東・標津町のキャンプ場へ。

そこを拠点に、知床・ウトロや野付半島、根室を回ってきました。

行程の8割は雨でしたが、
そんなことは気にせづ、久しぶりの道東を楽しんできました。
残念だったのは、
長年夢に見た羅臼の二つの温泉に入れなかったことです。
一つが日本最東端の温泉・相泊温泉と、
その手前にある、海の中の温泉・瀬石温泉です。

潮の香りと波の音を楽しみながら入る温泉。
どんなに至高の時を楽しめるだろうかと、
楽しみにしていたのですが…。

でも、海が時化るなどしていたため、
温泉を目の前にして入る事が出来なかったのです…。
仕方ないですよね…自然の中の温泉ですもの…。

もうこれは願いが叶うまで通うしかない!
また、来年もここに戻ってきますよ!

2018年07月26日(木) |  津別にお邪魔しました!
 
小川和幸
夏本番!
道内各地では、「夏祭り」が真っ盛りです。

先日、夏まつりの司会で、
津別町にお邪魔しました。

ゲストは、森口博子さん。
そして、物まねのセニョール玉置さんです。
セニョール玉置さんのステージは、
次から次へと現れるスターの面々に、
黄色い声…ではなく、大爆笑!
森口さんの歌のステージでは、
ガンダム・ワールド全開で、
大いに盛り上がりました。
緑豊かな津別町は、
森林セラピー基地として認定を受けた
「町民の森」があります。
会場も、森の中。
お祭り前日に会場入りしたのですが、
深呼吸する毎に、
体がリフレッシュしていくようでした。

ここには、21世紀の森キャンプ場もありますので、
今度は、そちらにお邪魔しようと思います!




2018年07月03日(火) |  魔法の鍋料理!
 
小川和幸
今回も…キャンプです!

キャンプの楽しみは、
野外料理にあります。

細かく手を加えたものではなく、
私の性格の様に“ザックリ”と
“大雑把”に作るのがポイントです。
今回の料理は、
ダッチオーブンで作る「ローストチキン」。

下味をつけた鳥一羽のお腹に、
ニンニク・ネギなどを入れ、
それをドーンとダッチオーブンに投入。
周りにジャガイモ・サツマイモを入れて、
蓋をして1時間半ほど蒸し焼きにすれば…OK!

出来上がりまでの時間、
ダッチオーブンの蓋の上で、
アルミホイルで包んだサラミを炙り、
それを肴に、ビールをグビグビ飲んで、
“その時”を待ちま〜す。
今回の鳥は、
うちのサイズのダッチオーブンには大きく、
蓋が背に触れ、
上の部分が大きく焦げてしまいましたが、
味は…最高!でした。

前回は、ダッチオーブンで、
牡蠣・白貝のワイン蒸しを作ったし、
今度は何を作ろうか…
なんて考えてワクワクするのも…
キャンプの楽しみなんですよね!





2018年06月11日(月) |  泊まらなくても、キャンプ場!
 
小川和幸

初夏の札幌、外での活動が楽しい陽気になってきました!
 

気分は、毎週末キャンプに行きたいところですが、

なかなかそう上手くはいかないものです。

そんな時は、ちょっとでも時間を見つけて、

業界用語で言う“ロケハン”

(撮影に適した場所≠今回は撮影ではなくキャンプに適した場所)に出掛けます。

 

同じキャンプ場でも、

内容が変わっていたりするんですよね。

ワンちゃんOKになったり、

泊まれるスペースが増えたり…

 

今回、愛犬と二人(?)で出掛けた目的地は、

去年再オープンした赤井川村のキャンプ場と、

羊蹄山自然公園真狩キャンプ場(写真)です。

ペットエリアの確認等のために行きました。

 

札幌を出発し、
赤井川村から倶知安町に抜け、真狩村のキャンプ場に。

さらにニセコ町にできた寿都町のアンテナショップに行き、

中山峠を通って札幌に帰ってくるというルート。

 

キャンプ場もしっかり見ました!
そしてお土産も買ってきました。

真狩のキャンプ場近くでは、アスパラガスを。

寿都のアンテナショップでは、牡蠣に北寄に帆立。

中山峠の手前、喜茂別町では、
ちょっと千歳寄りに入って、

おいしい牧場の牛乳を手に入れました。

 

この日の晩は、家族でBBQ。
いや〜キャンプに出掛けられなくても

充実した一日になりました!
本当に、この季節の北海道は最高です。


2018年05月20日(日) |  仕事後のひと焼きが…たまらない!
 
小川和幸
来たー!
“焼き”“焼き”の季節です。

網に並べる食材に向け、
グリルの四方から箸が飛んできます。

「まだだっちゅーの!」
「俺が先だっちゅーの」
「俺が育てているやつだっちゅーの」…
といった声も、四方から飛んできます。

そんなワイワイした中で食べるBBQが、
たまらないんですよね。

そんな中、いつも我が家で話題になるのは
締めに何食べる?…というもの。
今回は、焼き芋になりましたが、
私は、磯辺焼きがお勧めです。

BBQの焼きそばは別腹…
なんていって、散々食べた後でも美味しくいただけるんですが、
磯辺焼きも…そうなんです!

え〜そう?
という方はお試しください。

キャンプに、御餅と海苔は、
欠かせなくなりますよ。

2018年04月28日(土) |  初夏の様な陽気に誘われ
 
小川和幸
四月も下旬に入り、札幌では、
まるで初夏の様な陽気になりました。

そんな柔らかい日差しに誘われ、
二男を伴い、市内のサイクリングに出かけました。

向かった先は、
「つきさっぷ郷土資料館」。
この建物の前の道を通る時、
綺麗な煉瓦の建物は一体なんなのか…
気になっていたんですよね。

到着して、よく看板を見たら、
この建物、旧陸軍の司令官官邸を、
現在は郷土資料館にしている物でした。

到着したのは、午前9時。
開館1時間前で中に入ることは出来ませんでしたが、
前庭を掃き掃除していた資料館の方に、
建物の歴史や、当時の月寒周辺の様子等を、
色々教えて頂きました。

お忙しい中、ご親切にありがとうございました。

今年は、北海道と命名されて150年となる年。
調べてみると、
身近なところに様々な郷土資料館があるんですね。

アイヌの文化・明治以降の歩み等、
これを契機に、ゆっくり見て回ろうと思います!

2018年04月04日(水) |  春…到来!
 
小川和幸
雪解けが進み、北国にもようやく春がやって来ました。

となると、うずきだすのが私の中の
“キャンプ虫”。
我慢できず行ってきました!
雪まだ残るキャンプ場。
苫小牧のオートリゾート・アルテンです。
この時期は、焚き火の温もりが良いんですよね。
やっているのは次男ですが…。

私のキャンプ場での楽しみの一つに、
キャンプ・スタイルの流行チェックがあります。

今年のトレンドを見ると…
三角形の「ティーピー・テント」を張る人が
目だっていました。
このティーピー・テントは、三角の頂上部分に
ベンチレーターがあり、暖をとれるものがありますので、
寒い日には“もってこい”なんですよね。
考えてみたら、朝の気温は0度に近く、
このスタイルが目につくのも分かりますが、
でも、目立って増えている感じがしました。

愛犬とサイトをぐるーっと回って、
「暖房はこういう器具があるんだ…」
「こういう効率的な設営方法があるんだ…」等、
時が経つのも忘れ、勉強させていただきました。
キャンプ道は、奥が深いです…!

次男の受験も終わり、
今年は去年セーブした分も、
道内のキャンプ場に出かけようと思っています。
今年は、どんな出会いがあるか楽しみです!


<< [1] [2] [3] [4] [5] [6] [+10] >>

TOP(全件表示)