今月
2018年01月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
       
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   表示:検索結果は110件です。
<< [1] [2] [3] [4] [5] [6] >>

2018年02月14日(水) |  迫真の熱演
 
卓田和広
今年も早いもので2月も半ば。あっと言う間に年中行事が過ぎて行く。
そんな中で、今年も「我が家の恒例」とでも言うべきか、節分の豆まきが3日に行われた。
いつものように市販の豆菓子にオマケで付いてきた鬼のお面を装着。敢えてオーバーアクションで家族を挑発し憎たらしさを煽る。
家族の怒りが頂点に達したところで豆まき開始だ。「鬼は〜外!」の掛け声と共に家族は豆をぶつけてくるが、それでも最初は怯まず挑発を継続。さらに私への憎しみを募らせた家族は全力で豆をぶつける。
そこで鬼はついに逃げ始め、床に仰向けに倒れ降参の意思を表す。しかし家族は許さない。ついに鬼は耐え切れず外へと逃げる・・・そんなストーリーだ。
ちなみに北海道では大豆ではなく落花生を使う家が多いらしいが、我が家ではさらに合理化し、袋入りの豆菓子を使っている。夕食に食べた手作りの恵方巻きも美味しかった。
今年も迫真の演技が報われ、我が家に幸福が訪れることを願いたい。

2018年01月21日(日) |  プチラッキー2件
 
卓田和広
新年がスタートして早いもので3週間。あっと言う間に過ぎ去って行く日々の中にも良い事はたくさんあるものだ。
まずは13日、ジャンプの女子ワールドカップ取材に宮の森ジャンプ競技場へ。当日は荒天が懸念されていたが、朝から晴天
これは素晴らしい!
この日は高梨沙羅選手が3位、伊藤有希選手は4位だったが、きっと平昌五輪までにジワジワ調子を上げてくれるだろう。
そしてこの日、さらにプチラッキーが。
帰宅すると、何やら小さな荷物が届いているではないか。
包みを開けてみるとチョイ洒落た感じの箱が入っていた。
添えてあった紙には何と「焼酎お試しセット当選」のメッセージが。
う〜ん、自分には応募した記憶が無い。どうやら家族が、某ショッピングセンターでたまたま頂いた応募券を投函したらしい。
すぐに無くなりそうな量ではあるが「当選」という2文字は縁起が良い。
今年も「小さな幸せ」にたくさん気づきながら楽しい1年を過ごしていけたらと思う。

2017年12月28日(木) |  只今猛練習中!
 
卓田和広
明日は今年の仕事納め「カーナビ紅白歌合戦」である。
なぜか毎年出場している私だが、今年も出場を予定していて現在猛練習に励んでいる。それにしても今年の曲はキツい。これまでの中で一番苦戦している。あと1日でどれだけ追い込めるか。本番は29日の13時からスタート。動画はユーストリームで無料配信されるので、ぜひ動画を見ながらお楽しみ頂きたい。

2017年12月04日(月) |  クリスマスムード
 
卓田和広
先日、テレビの取材で豊平公園緑のセンターへお邪魔した。
何度か取材やプライベートで来たことはあるが、去年8月に新しい建物になってリニューアルオープンしてからは初めての訪問である。
現在こちらでは毎年恒例の「クリスマス展」が開催されている。このような生ツリーや・・・
クリスマスの手作りリースも数多く展示販売されている。どれもデザインが違っていて一点ものだ。
さらに楽しめるのは、クリスマス用の鉢花だ。クリスマスといえばポインセチアがお馴染みだが、普通のシンプルな赤だけでなく、ご覧のような模様の入った赤や・・・
白に、珍しいゴールド・・・
さらにはピンクと、様々な色があった。
価格もリーズナブルでクリスマスムード一色なので、ぜひ足を運んでみては?なお、この緑のセンター及び豊平公園周辺の情報は、明日の「今日ドキッ!」卓アキぶらりサーチで放送予定なので、こちらもチェックして欲しい。

2017年11月10日(金) |  一夜明けたら・・・
 
卓田和広
秋もすっかり深まり、歩道も枯葉のじゅうたんが敷き詰められた。そんな中先日、HBCラジオの「ファイターズDEナイト」観楓会バスツアーで、上川の層雲峡温泉へ行った。

観楓会のメーンイベント、トークショーでは、ゲストの元ファイターズ選手で野球解説者の森本稀哲さん、「ファイターズDEナイト」パーソナリティの斉藤こずゑちゃんと、放送ではオンエアできないような突っ込んだ話など、楽しいトークや抽選会で大盛り上がり。

そして、一夜明け・・・
部屋のカーテンを開け外を見ると、何と一面の雪景色!
「ひえ〜!」
11月上旬で紅葉も見頃を過ぎたタイミングでこの景色はむしろラッキーかも。
そんなわけで上機嫌の私は、帰りもこずゑちゃんと計3台のバスをトイレ休憩のタイミングで乗り継ぎ、札幌までマシンガントークで盛り上げた・・・と思う。朝陽亭さんのお風呂にも入ることができたし、楽しいツアーであった。

2017年10月17日(火) |  他“リーキ”本願の美味しい料理
 
卓田和広
先日、ラジオの公録MCで「まくべつ産業まつり」にお邪魔した。収穫祭とあって、歌謡ステージの周囲には採れたての野菜、肉などを使ったグルメを提供するテントがずらり。
そんな中で、まだ食べたことが無い野菜を入手した。リーキ」と呼ばれる西洋ネギだ。地中海沿岸原産の野菜でポロネギとも呼ばれ、普通のネギよりかなり太い。香りは穏やかで甘みが強いのが特徴なんだとか。最近人気上昇中だそうだが、まだ日本では馴染みが薄い。
断面はご覧のようにネギというより中太の海苔巻きのような太さだ。かなり肉厚。
フライパンで軽く焼いたリーキに、ベーコンとチーズを載せてさらに焼く。
「リーキのチーズ焼き」が完成!リーキは甘く、柔らかく食べ応えがあって美味い!これは気に入った。
ただし、今回の料理、食材は頂きもの。レシピはリーキに同梱されていた紙に書いてあった。そして作ったのは妻と、まさに他“リーキ”本願の料理であった。美味しかったので今度はぜひ自分で購入したい。

2017年09月24日(日) |  8年ぶりのラグビー実況
 
卓田和広

昨日、実に8年ぶりのラグビー実況を担当した。今回の実況のために、1回戦から大会を取材。初めてお会いする指導者の方も数多くいて、時代の流れを実感したが、一方で懐かしい方々との再会もあった。

今回優勝し花園への切符を手にした中標津高校の山口監督は、中標津OBで2000年大会にはキャプテンで高校日本代表候補のFWとして出場、優勝候補筆頭だったが、決勝で富良野に試合終了間際の逆転負けを喫し花園出場を逃した。その試合の実況を担当していたのが私で、今回、監督として決勝に臨む試合の実況を担当するのは不思議な縁を感じた。
この日記がアップされる頃には、午前2時38分からのテレビ中継も始まる直前だと思う(放送終了後にこの日記を読む方が殆どだと思うが…)。久々に見る選手たちの闘志あふれる激しいコンタクトプレーに、心を揺さぶられた3日間であった。

2017年09月01日(金) |  夏の思い出
 
卓田和広
今年の夏もあっと言う間に過ぎ去って行った。
数えるほどではあるが、そんな中でもいくつかの思い出ができた。
7月のサーカス
7月末のビアガーデン、その1
8月初めのサマージャンプ
8月中旬には家庭菜園で初挑戦したサニーレタスが連日の豊作!
8月中旬のビアガーデン、その2
そして8月下旬、仙台出張の際スタジアムで見た花火
今年も楽しい夏でした。

2017年08月10日(木) |  出張の深夜ひとり飯
 
卓田和広
野球シーズンになると、月に1度くらいの割合でファイターズ中継の出張がある。
先日は、所沢のメットライフドームで西武戦があり、ラジオのリポート&テレビ実況で行って来た。
ナイター終了後、宿泊先の池袋へ着いたのは11時過ぎ。さっさとホテルに戻って寝れば良いのだが、仕事の後はお腹が空く。しかもこの日の仕事はHBCは私一人なので、誰も一緒に食事に行く人はいない。そこで、一人でささっと軽く食べて飲んで帰れそうな庶民的な「やきとん屋」に入った。
店内のカウンターには、私と同じように一人で来て飲んでいるオヤジが大勢いた。中にはカップルもいる。決して小奇麗な店ではないが、居心地は悪くない。早速、乾いた喉を潤すべくビールを注文。
いよいよ注文した「やきとん」が届く。左から「ガツ(胃袋)」「タン(舌)」「シロ(大腸)」「レバ(肝臓)」。どれも当日の朝につぶしたての肉だそうで、弾力があってジューシーだ。しかも、全て1本90円と安い。
続いて「バラ(三枚肉)」と「キク(腸周り)」をタレで注文し、レモンサワーを追加。どちらも脂が乗っていて、甘じょっぱいタレとの相性は抜群。これで一人飲みは大満足し、100円のたっぷりキャベツと合わせ会計は1500円程度。お財布にも優しい。
ただし、ホテルへ戻る途中、行列ができていたラーメン店につい寄ってしまったのは不覚であった。

2017年07月19日(水) |  芋虫が・・・
 
卓田和広
我が家の猫の額ほどの庭で毎年、家庭菜園を楽しんでいるが
今年は初めて葉物野菜に挑戦した。
ところが、スポーツ中継などで忙しく、しばらく目を離している間に
キャベツやレタスが穴だらけに!!
隣の芽キャベツもご覧のありさま。
レタスにもよく見ると虫に食べられた痕が・・・
その犯人を捜すべく、葉の裏を見ると・・・
何やら細長いものが。
ひえ〜っ、芋虫ではないか!
これは夜盗虫(ヨトウムシ)いう芋虫で、その名の通り夜に這い出てきて葉を食べまくるらしい。
他にモンシロチョウの幼虫、アオムシも発見。それからというもの、毎朝、芋虫&アオムシを見つけては手で捕獲しているが、駆除しても駆除しても毎日新しいのが出てくる。
レタスは虫に食べられる前に外葉からどんどん剥がして食べているが、果たして、このキャベツは再生できるのか?前途多難である。

<< [1] [2] [3] [4] [5] [6] >>

TOP(全件表示)