今月
2018年07月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
       
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   表示:検索結果は121件です。
<< [1] [2] [3] [4] [5] [6] [+10] >>

2018年10月29日(月) |  Happy
 
卓田和広
Happy Helloween!
先日、「今日ドキッ!」の中継で恵庭「道の駅花ロードえにわ」に行きました。
以前はハロウィーンといってもそれ程一般的なイベントではなかったのですが最近はあちこちで賑やかに楽しんでいますね!

こちらでは27日(土)に「えにわハッピーハロウィーン2018」というイベントが開かれ、地元の小中高生が作った「ジャックオー・ランタン」が所狭しと並んでいました。

帽子とマントはあまり似合っていませんでしたが、ハロウィーン気分に浸ることができ良かったです!

2018年10月07日(日) |  新番組スタート!
 
卓田和広
いよいよ今日から、私がパーソナリティを担当するラジオの新番組
「ハロー!J−POP 音タク」がスタートします。
小学校の頃から、9歳上の姉の影響でラジカセでJ−POPや洋楽を聴き始め、中学時代には毎週自分でオリジナルのランキングを作成してノートに付けていたという「ヒットチャートマニア」。高校では放送部で昼休みに音楽番組を流したり、大学ではDJ班に所属したり、いつも私の青春時代は音楽と共にありました。
この番組は、80年代〜90年代を中心に懐かしのJ-POPをたっぷりお届けしますよ!
傑作アルバムを1枚ピックアップしてご紹介する「音タク名盤アワー」。毎週様々な人に思い出の1曲を語ってもらう「J−POPと私」。隠れた名曲や私のこだわりのナンバーを一曲選んでご紹介する「卓田のこれ聴いてみればいいっしょ!」。そして、1975年〜2005年頃のヒット曲の中から、過去のヒットチャートを参考に年代の枠を超えて、この時期に聴きたいJ-POPをランキングにしちゃった画期的ランキング「音タク ベスト10」など、2時間半J-POPに思いきり浸ってもらいます。
日曜13時30分からは「ハロー!J−POP 音タク」でお楽しみ下さい!

2018年09月14日(金) |  当たり前のありがたさ
 
卓田 和広
この度、北海道胆振東部地震でお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りします。
また、ご自宅が大きな被害に遭われ、現在でも避難所での生活を強いられたり、ライフラインが復旧せず不自由な生活をされている方々、通常の生活に戻るために懸命の復旧作業に追われお疲れの方々も数多くいらっしゃいます。被害に遭われた方々に、心よりお見舞い申し上げます。
今回の地震で、私の自宅も食器棚から多数の食器が落ちて割れたり、電気、水道が止まるなどの被害を受け、当日の夜は、懐中電灯やお皿の水に浮かべたローソクの灯りで過ごしました。
水道が使えるようになったのは、地震から2日後の8日(土)夜でした。水道の蛇口から当たり前のように水が出る。これまで見慣れたはずの光景が、何とありがたい事か。
色々な方々の懸命な努力のお蔭で、多くの家庭に灯りが戻り、再び水を自由に使える生活ができるようになりました。でも、これらが決して当たり前ではないことを肝に銘じ、普通の生活ができることに感謝しながら過ごしていきたいと思います。
そして1日も早く、北海道中の皆さまに笑顔が戻りますように。

2018年08月16日(木) |  見る見るうちに・・・
 
卓田和広
1ヶ月前の私。
3週間前の私。
10日前の私。
そして、先週金曜日。ラジオ「ナルミッツ」を夏休み中の水野アナの代わりに担当した時の私。
う〜ん、黒い。
仕事もプライベートも外にいる事が多かったせいか、ここ数週間毎日のように「焼けたね」と言われ続けている。皆さん、紫外線には気を付けよう。

2018年07月25日(水) |  夏だ!まつりだ!公録だ!
 
卓田和広

まるで梅雨のような荒天が続いた北海道も、ようやく夏本番を迎えた。そして、夏と言えば各地で「夏祭り」が開催される。
7月21日(土)、泊村で開催された「とまり群来まつり」にラジオの公開録音の司会としてお邪魔した。盃海水浴場というビーチに特設ステージを作って歌謡ショーやゲームなどを行うのだが、ご覧のようにステージは海のすぐ横観客席は波打ち際という珍しいロケーションだ。

会場では数量限定「1000円のウニ丼」を始め、ホタテ、イカなどの海の幸や、ビールに焼き鳥などお祭りの定番グルメ、そして姉妹自治体の愛媛県伊方町からも「じゃこカツ」や「みかんジュース」などを提供する屋台が出展されたり、グルメだけでも目移りするほど魅力たっぷり。
夜6時からは、皆さんお待ちかねの歌謡ショー。
北山たけしさん、大江裕さん、ちはらさきさんをお迎えしてのステージだったが、皆さんノリノリでお客さんを大いに盛り上げて下さり、楽しいひと時となった。
ちなみに今回、アナウンサー研修として新人の日下怜奈アナが同行。
歌謡ステージの前の「拍手の練習」を仕切ってもらったが、会場の皆さんから私以上の大きな拍手と歓声を受けていたのはショックであった(笑)。

2018年07月02日(月) |  初夏の森林浴
 
卓田和広
先日、久しぶりに野幌森林公園に散策に出かけた。
数多くの原生林や野生の動植物を見ることができるスポットだが、遊歩道は春先まで雪解け水でぬかるんだ状態のところが多く、ようやくこの時期から歩きやすくなる。
前日まで雨だったせいか、カタツムリが遊歩道を横断中。踏まなくて良かった。
こちらは、野球のバットにも使われる「ヤチダモ」葉が青々と生い茂って目にも優しい。
夏に花を咲かせる「オオウバユリ」の蕾。チューリップのようだが、これが八方に広がってラッパのような花が付くのは面白い。
森林公園の秘境のひとつ「瑞穂池」。
元々は農業用の貯水池として作られたが、今は散策する人の目を楽しませる池として残っている。

たっぷり歩いた後は、森林公園から徒歩15分のところにある、海鮮ランチのお得な店で空腹を満たし(写真は1080円の限定ランチ)、満足の一日であった。


2018年06月10日(日) |  所沢ディープ体験
 
卓田和広
先月下旬、ファイターズ中継で西武ライオンズの本拠地、所沢の「メットライフドーム」へ出張した。通常は池袋を定宿としているが、今回は金曜のナイターでラジオ実況の翌日、土曜デーゲームでテレビ実況というスケジュール。
実況の準備も立て込む中、わざわざ電車で40分かけて池袋に行き、翌朝また所沢に戻るのは非効率ということで、初の試みとして球場近くの小さなホテルに宿泊した。
朝、起きてみると天候も良かったので、周辺を散歩してみることに。10分ほど歩くと、狭山湖に到着。埼玉県にありながら、東京都民の飲み水を確保するため1934年に造られた湖だ。
人造湖とはいえ、できてから80年以上経っているため、周囲の自然と調和が取れていて気持ち良いスポットだ。
続いては、狭山湖から多摩湖へ行く途中にあるパワースポット「山口観音(金乗院)」へ。弘法大師の開基という古寺だが、一般的な寺とは何となく違う雰囲気だ。まず目を引くのが、本堂を見下ろす山の上にある五重塔。中には千体観音堂があるそうで、派手な朱色で八角形の建物が、京都などにある五重塔とは違いアジアンな佇まいだ。
階段で本堂へ降りようとしてビックリ。何と階段脇の塀の上を巨大な「ドラゴン」が這い回っているではないか。まるで中国かどこかの寺院にいるような不思議な感じだ。
階段を降りて本堂へ。奈良時代に行基が建てた本尊とのことで、非常に歴史ある建物だ。鎌倉時代に新田義貞が鎌倉攻めの際に勝利祈願をしたということで、試合の前には縁起が良いではないか。
本来、じっくり実況の準備に専念するべく宿泊した所沢だが、1時間以上も散歩に費やしてしまった。だが、鎌倉幕府を滅亡させた武将もお参りしたパワースポットの効果か、今回の3連戦はファイターズが首位ライオンズに3連勝。HBCの中継も盛り上がり、最高の結果となった。また大事な試合で訪れた際にはぜひお参りしたい。

2018年05月19日(土) |  もんすけラテアートが・・・
 
卓田和広
先日、あるカフェでHBCマスコットキャラクター「もんすけ」のラテアートをオーダーした。
おおっ!可愛く仕上がったではないか!しかし、可愛いだけに飲むのがもったいない!ということで、この顔を崩さないように最後まで飲みきれるか挑戦!
その結果がこちら。かなりの苦労の末「もんすけ」の輪郭は無くなってしまったが、可愛い表情は何とか残せた。せっかくの美味しいコーヒーだったが、どうやってアートを崩さずに飲むかに集中しすぎて味を堪能できなかった。どうやって飲んだかは22日(火)の「今日ドキッ!」ぶらりサーチをご覧いただきたい。

2018年04月27日(金) |  旬の筍
 
卓田和広
先日、スーパーでタケノコが大幅値下げで売っていた。
タケノコと言えば袋詰めされた水煮しか購入したことが無かったが、安かったため出来心で購入。さて、どうしたものか・・・
インターネットで調べたところ、まず先端を斜めに切り落とす、とのこと。この部分は殆ど皮で食べるところが無い。
そして、圧力鍋でアク抜き。かなりお湯が濁る。
皮を剥くと・・・お〜っ!ようやく見慣れた姿が現れた。
そして、ついに「タケノコご飯」が完成〜!
下ごしらえは私だが、タケノコご飯は妻が作った。
やはり新鮮なタケノコを使うと風味も格別!舌で「春」を感じられて美味しかった。

2018年04月03日(火) |  球春来たりて、雪上の空中戦終わる
 
卓田和広
プロ野球が開幕し、ラジオ番組もいわゆる「ナイターオフ」編成から「ナイターイン」編成に変わった。3月まではスタジオで音楽番組などを担当したり、ニュースを読んだりする機会も結構あったが、これからは球場での仕事が多くなる。

開幕に先立って3月24日(土)、ファイターズのオープン戦で今季初実況を果たした。

そしてその夜、札幌ドームで実況を終えたその足で向かった先は「大倉山ジャンプ競技場」。
実はこの日、今シーズンの国内ジャンプ最終戦が行われたのだ。
今季限りで引退する選手にとっては、この日が引退試合となる。試合後、引退する7選手のラストジャンプが行われ、現役生活に別れを告げた。写真の竹田歩佳選手もその一人。
世界選手権、ワールドカップの日本代表に名を連ねたこともある彼女だが、オリンピック出場の夢は叶わなかった。喋るとおっとりした感じだが、ジャンプへの熱い思いを内に秘めた選手で、練習に取り組む真剣な姿を見ては心の中でエールを送っていた。
4月からは所属企業で引き続き働くということで、第2の人生を応援したい。

<< [1] [2] [3] [4] [5] [6] [+10] >>

TOP(全件表示)