今月
2018年07月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
       
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   表示:検索結果は124件です。
<< [1] [2] [3] [4] [5] [6] [+10] >>

2019年03月02日(土) |  お寿司でしょ
 
水野 善公
ナルミッツでは毎週月曜日 午前9時55分頃から、北海道米を使っている、おいしいお店をご紹介する「使ってますよ 北海道米」というコーナーをお送りしています。その取材で、先日、ミス北海道米の吉原美波さんと一緒に、札幌市の狸小路5丁目 HUGイート内にある、お寿司屋さん「鮨 竜(すし たつ)」へ行ってきました。 お店は、こちらに構えて10年、大将の林保 嘉成(りんぽ よしまさ)さんが握り始めてからは4年というお店です。私たちは、漬けマグロやサーモン、さばなど8種類ある、ランチメニュー(並 1200円)をいただきました。食べやすい量のななつぼしが口の中でとろけ、ネタと絶妙のバランス。(写真を撮らず本当にすみません・・・)カウンター8席で、和気あいあいとした雰囲気で、場所柄、インバウンドの方も多いそうです。 次は仕事帰りに行きます! 「鮨 竜」 札幌市中央区狸小路5丁目 HUGイート内 営業は火曜から日曜(定休日 月曜)で、昼は午前11時30分〜午後2時半。夜は午後5時半〜午後9時半までです。

2019年02月08日(金) |  両国は遠かった・・・
 
水野 善公
先日、会議のため、東京に行ってきました。ちょうど、大相撲初場所千秋楽と重なったため、急遽、当日券で行くことはできないかと画策
朝、7時45分から発売ということで、その時間に行ってみると・・・ 早くも行列が!
並んでみたものの、警備員の方が「これはもうキャンセル待ちの列なんです。40人はいます。おそらく厳しいかと・・・」。当日券を求める人は千秋楽だと、5時の始発からいらっしゃるそうで・・・ すぐにあきらめ、退散しました。 次こそ、中に入りたい!

2019年01月18日(金) |  カーモンベイベー
 
水野 善公
遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします 遅くなりましたが、去年末に開催されたカーナビ紅白を写真でご報告いたします。
私は、桜井宏さん、卓田アナウンサーと共に、DA PUMPの「USA」を歌い踊りました。
私は、ISSAさんを担当しましたが、歌って踊るのは本当に大変でした。(特にイントロの踊りは難しい)
最後は決まったのですが、このポーズから、どう戻るのかは練習していなかったため、しばらくこのままで・・・
終わった後は、出演したアナウンサー陣で集合写真。それにしても、何と言っていいのやら・・・ 見聞きしていただいた方、どうもありがとうございました。 2019年のマイスローガンは「感謝と挑戦」。日々感謝の気持ちを忘れず、トライしていきます。 どうぞ、よろしくお願いします

2018年12月28日(金) |  今年もありがとうございました  来年もよろしくお願いします
 
水野 善公
今年もありがとうございました 私にとって年内最後の日記となります。 9月の地震の際は、本当にいろいろなことを考えさせられました。先日、厚真に行ってきました。まだまだ、不便な生活を強いられている方、本当の意味での復興までには、まだ時間がかかることを胸に刻み、私たち、自分自身に何ができるのかを、何をしていくべきなのか、放送局はどういう存在であるべきかを模索し続けていきたいと思います さて、年末年始もHBCラジオを、よろしくお願いします 詳しくは http://www.hbc.co.jp/radio/newyear/ 私自身は29日(土)カーナビ紅白31日(日)ナルミッツ年末スぺシャル(北のラジオドラマ大賞。2019年 1月1日(火)ナルミッツ新春スペシャル。パトラママに占ってもらいます。3日(木)実況アナ2019 トークDE忘年会〜大予想!今年のFの星はこの選手だ(実況アナが正月から賑やかにお送りします)4日(金)ナルミッツ NG大賞(恥ずかしいことですが、広い気持ちで笑っていただければ・・・) 2019年 ナルミッツの通常放送は1月7日(月)からです。 では、ちょっと早いですが、よいお年を!

2018年12月05日(水) |  大感謝週間 まもなく始まります!
 
水野 善公
もう、ご覧になった方はいらっしゃいますか? 私、水野、森アナとともにTV−CMに出ています! 12月10日(月)から、HBCラジオ 冬の大感謝週間が始まります。16日(日)までの期間中、現金128万7000円が当たるなど、とにかくプレゼントが満載。聴けば聴くほど、お得がいっぱいです! (詳しくはhttp://www.hbc.co.jp/radio/kansha2018/)
水野 善公
そのPRということで、今回、ナルミッツ(平日 午前9時〜正午)コンビの私と森アナウンサーがC、時々、CMに登場しています。 設定は森アナが、今年一年、何もいいことがなく、バーにあたたかいものを求めてやってきた「やさぐれ女」。私はバーのマスターなのですが、差し出したものとは・・・(まあ、ありがちな展開ですが(笑)) 撮影は、札幌市内のホテル内にあるバー行われました。 演出をしていただいた方が、とにかく熱心かつ丁寧。森アナがバーの中に入ってくるカットだけで、テイク10はいっていたと思います。私は、グラスの拭き方が、「バー」ではなく「居酒屋」っぽいということで、何回も練習。初めての経験だったのですが、いかにCMに出ている方がすごいのか、よくわかりました よかったら、ご覧ください。たぶん、笑えます... そして大感謝週間、私が担当する番組からも、たっっっくさんプレゼントあります。ししゃも、鮭とば、お肉、、宿泊券などなど、今週から、すでにお出ししているので、ぜひ、聴いてください! いつも聴いていただいている方、ありがとうございます。まだ、聴いたことがない方、よかったら耳を傾けていただければと思います。 本当にいろいろあった2018年。感謝の思いを込めて、お送ります。 どうぞ、よろしくお願いします。           よかったら、ご覧ください()

2018年11月13日(火) |  農業スペシャル ありがとうございました
 
水野 善公
11月10日(土)、HBCラジオで午前8時から「北海道農業応援スペシャル」を放送しました。今回、森アナウンサーとのコンビで、スタジオ進行をしました。 みなさん、たくさんのメッセージ、プレゼントへのご応募ありがとうございました。そして、農業に携わるすべてのみなさん、いつもありがとうございます。これからもよろしくお願いします

2018年11月10日(土) |  まもなく!
 
水野善公
まもなく「HBCラジオ 北海道農業応援スぺシャル」が始まります。とにかくプレゼントいっぱい!午前8時からです!これから6時35分のプレ番組へ、行ってきます!

2018年10月21日(日) |  虹と紅葉のバラード
 
先日、札幌・豊平峡ダムへ紅葉を見に行った。
見ごろちょっと手前だったかもしれないが、十分だった。
雨上がりで、ちょうど虹もかかり、幻想的だった。
では、私が写っていない美しい光景をどうぞ!
放水もされていて、耳を澄ませば音にも癒された
左下の指が・・・ 失礼しました!

2018年09月28日(金) |  声でつながりたい
 
水野 善公
 どこかで災害が起きた時に多用される「お見舞い申し上げます」の言葉。心のどこかで、炭酸が抜けた炭酸飲料のように、無機質なものに感じることがありました。
 ただ、今回発生した胆振東部地震で、その思いは泡のように消えました。
犠牲になられた方に心からお悔やみ申し上げます。被災され、今なお不自由な生活を強いられているみなさまに心からお見舞いを申し上げます。
 地震発生直後、暗闇の札幌中心街をリポートしました。テレビ塔のデジタル表示が消えた光景は忘れられません。
 
すすきのの灯りが消えるなんて、夢にも思いませんでした。

私は主にラジオで情報を伝えました。いや、伝わったでしょうか・・・。。
もっと充電できる場所を、もっと給水できる場所を、震源から遠い場所の情報も、もっと寄り添った声で話せば・・・
反省は際限ありません
今も、日々自問自答しています。

今回は、大規模停電が起きたため、ラジオを頼りにしてくださった方が多かったようです。
本当にありがとうございます。

「声のつながり」の大切さを胸に刻み、放送に従事していきます。今なお、不自由な思いをされている方がいることを忘れず、「心の減災」のお手伝いができるよう努めていきます。

その地震の影響を一部で受けながらも、先日、十勝の大樹町で柏林公園まつりが行われ、MCをしてきました。
歌謡ステージのゲストは丘みどりさん
吉幾三さんのものまねでおなじみ、あっち幾三さんでした。

お二人とも「北海道を元気に!」という思いで、力いっぱいのステージを披露していただきました。その模様は9月30日(日)午後4時〜(道東地区で)放送となります。
ぜひ、お聴きください!

2018年08月30日(木) |  甲子園は人生の教科書です
 
水野 善公
夏の甲子園100回記念大会、準々決勝を観戦してきました。

これまで、甲子園には取材で何度か行ったことはありましたが、「一観客」として見たのは、これが初めて。もともと私も高校球児(実力はさっぱりでしたが・・・)で、100回の記念大会の雰囲気をどうしても体感したく、行ってしまいました。

中でも、今大会で一躍ヒーローとなった吉田輝星投手要する金足農対近江のゲームを見ることができたのは、幸運としかいいようがありませんでした。まさか、サヨナラ2ランスクイズが見られるとは・・・

印象的だったのは、そのスクイズの前、9回裏 無死1塁で、バッターが送りバント失敗で追い込まれた際、金足農・中泉監督が、「ボールを上から叩け」というようなジェスチャーを見せ、バッターに指示。見事に高めの変化球を態勢をやや崩しながらも、「叩いて」レフト前へヒットし、チャンスを広げた場面でした。

いかに、ピンチに瀕した際、的確なアドバイスを送ることができるか・・・ これこそが、「信頼関係から生まれた指導」であり、普段から選手を観察し、コミュ二ケーションをとっているからこそできるものだと感じました。
私も普段の生活や職場などにおいての在り方について、大いに考えさせられるものでした。
やはり甲子園は「人生の教科書」でした。
そして、噂には聞いていましたが、やはり甲子園には魔物がいたと感じました。
近江高校には本当に気の毒でしたが、東北勢の悲願、公立校、吉田投手が何度もピンチを凌ぎ、逆転につなげようとする戦い・・・それらが自然と「金足農応援ムード」を作り上げ、9回裏の攻撃前には、「ドゥワァー」っと、歓声が上がり、球場一帯が異様な空気に・・・

もちろん、金足農のミラクルは見事でしたが、敗れた近江のキャッチャーがしばらく立ち上がれなかった光景は忘れられません。
勝者も敗者も称え、落とした影に光を照らすことのできる放送をしたいと胸に誓った夏でした。

<< [1] [2] [3] [4] [5] [6] [+10] >>

TOP(全件表示)