今月
2017年03月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
       
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   表示:検索結果は97件です。
<< [1] [2] [3] [4] [5] [6] >>

2017年03月24日(金) |  愛しい時間
 
高橋 友理

雪溶けが進んで、
北海道も、ながいながい冬が
ようやく終わりそうです。

地元・静岡で咲く「河津桜」は
すでに一足早く春を告げましたが、
まもなく桜前線も本番を迎えますね。

ちょうどこの時期になると、
昔、合唱コンクールで
「この気持ちはなんだろう」という出だしから歌った、
谷川俊太郎さんの『春に』という合唱曲がよみがえります。

自分の奥底から
目にみえないエネルギーの流れを感じて
なんだか無性にウズウズしてくる…

春の不思議な感覚です。

この春、

長年お世話になった
北海道の地を離れます。

気が付けば、
あっという間の8年間。

入社前からニュースキャスターを担当し、
「今までにない」と何度も言われてきましたが、
私にとってはそれがすべてで、
今日まで必死に駆け抜けてきました。

例えるなら、

1〜3年は、短距離走。

目に映るあらゆるものが新鮮で、
一つでも多く早く吸収しようと、
とにかく全力で突き進みました。

4〜7年は、長距離走。

少しスピードが緩んだぶん、
見えてくるものも増えましたが、
別の苦しみも味わいました。

そして最後の8年目。
私にとっては、走り高跳び。

色々なものが少しずつ吹っ切れ、
日々、自分で決めたゴールを飛び越える気持ちで走ってきました。

時には、大きすぎるプレッシャーで
押し潰されそうになったこともありました。
逃げ出したくなることもありました。

−25度以下の雪中キャンプ、
恐怖のリュージュ体験、
吐き気と戦いながらのヘリコプター中継。

無理だと思っても、
意外とやれるものだと分かりました。

北海道で過ごした、
かけがえのない8年。

毎日すべての人に、
画面で「こんにちは」とあいさつしてきた8年。

最初は想像以上の寒さに驚きました。
地名を覚えるのも大変でした。

今ではどの町や村も、
とても身近で愛おしく感じます。

取材ロケや中継でお邪魔した、
数え切れない多くの地域。

どこに行ってもあたたかくお声掛けくださる皆さんがいて、
あたたかい北の大地に心から感謝の気持ちでいっぱいです。

すごく寒くて、
すごくあたたかい場所。

お叱りをうけることもありました。
励ましていただくこともありました。

今日までアナウンサーとして頑張れたのも、
北海道の皆さんの支えがあったおかげです。


この地で、日々のニュースや情報をお伝えできたこと、
道民のみなさんとつながっていられたこと、
HBCのアナウンサーでいられたこと、
私の一生の誇りです。

そして、この北海道が大好きです。

今日まで一人前のアナウンサーとして育てて下さり、
本当にありがとうございました。

北海道の大地、空、山、花。
すべてのものに感謝します。ありがとう!

最後に、何か失敗して弱気になっているあなたへ
エールを送ります。

「永遠の未完成、これ完成なり」

私の座右の銘で、
作家の宮沢賢治が残した言葉です。

完全じゃなくてもいい。
でも、いつも挑戦する心をどうか忘れないで!

それでは、
いつかまたどこかでお会いしましょう。


2017年03月16日(木) |  朗読会
 
高橋友理
HBCアナウンサーの

朗読会イベント
が開催されました!

今年のテーマは、「そだつ」。

会場で登場する数々の絵本の世界が、
1作目から2作目と…
どんどんつながっていき、
全体が一つの物語に成長します。

発見、喜び、

笑い、悲しみ、

驚き、怒り。

絵本を通して、
いろんな感情が沸き起こります。

私が担当したのは、

盲導犬と飼い主との絆のおなはし。

切なくもあたたかいストーリーです。

実家で飼っていた愛犬を思い出し、
最初は悲しくて読むのも大変でしたが、
愛情を込めて大切に読みました。

あらためて思うと、

絵本って、
子どもたちにとっての偉大な先生ですよね。

私も幼いころ、
母親に数え切れないほどの
絵本を読んでもらって、
沢山のことを学びました。

そのなかでも
今でも私が大好きなおはなしは、

佐野洋子さんの「おじさんのかさ」。
(1年生の教科書にも載っていました!)

どんなモノにもそれぞれの価値があって、
それをちゃんと分かってあげて初めて、
そのモノの良さが発揮される!

これ、とてもシンプルなメッセージですが、
大人になった今でも、
時々忘れてしまいそうになることがあります。

そんなとき、
いつも思い出すのがこの作品です^^


2017年02月21日(火) |  アノマロカリスが目の前に!!
 
高橋友理

お正月に放送された、

新春ガッチャンコスペシャル。

このなかで、
私がときめいている相手が紹介されました!

それは・・・

アノマロカリス。


???

・・・が並んだアタナ!

みなさんも知らず知らずのうちに、
きっと一度は目にしているでしょう。

子供のころを思い出してください。

地球の歴史や、
恐竜図鑑、
理科の生物便覧などで
見かけませんでしたか?

そう、アノマロカリスは、

古代生物
の名前です。
恐竜の誕生よりもはるか昔。

今からおよそ5億3000万年前。

カンブリア紀

地球上を支配していた最強生物です。

食物連鎖の頂点に立つ強者で、
その時代ならば、
恐竜、人間・・・のような存在でした。

この時代に、
地球上の生き物たちが一気に増えたため、
今の時代じゃ考えられない
本当にユニークな生物たちが沢山登場します。

当然、アノマロカリスも、
とっても奇妙なフォルムです。
なぜ、私が
このマニアックな生き物を
いつまでも覚えていたかというと・・・

中学時代の理科の先生が

たいそうな
古代生物好き
だったこと。


今考えると、
なぜそこまで授業したんだ?

と思うほど、
それはそれはマニアックで熱心な内容でした。

当時の理科テストに、
アノマロカリスと解答したことを今でも覚えています。

そんなアノマロカリス。

実はその生体は謎だらけ。

あれだけ強く、
地球全体に生息したにも関わらず、
忽然と姿を消してしまったのはなぜなのか。

謎が多い古代生物だけに、
ロマンが膨らみます。

ひょんなことから学んだ生物でしたが、
今だに強烈に覚えている単語になるとは…。

そしてテレビで語ると思ってもみませんでした!

そして番組を観ていた方から、
アノマロカリスのレゴブロックを
プレゼントされるとも…思っていませんでした(笑)


2017年01月28日(土) |  ウェイトリフティング部
 
高橋友理

北海道札幌琴似工業高校
ウェイトリフティング部

実はこちらの高校、
全国でも指折りの強豪校。

なかには、
インターハイそして国体で優勝し、

2冠を達成した強者生徒も!

こちらは、

250キロもあるバーベル!!

重すぎて鉄の棒が曲がっています…。

もちろん、
私が触れてもウンともスンともしません。

ところが!

このバーベルを担いで、
スクワットしている部員がいるから驚きです!
ものすごいパワー!!

話を聞くと、

力、身体の軸、タイミング、リズム、呼吸・・・
すべてのモノがかみ合ったとき、
腕にかかる重さが失われ、
いつまでも持っていられる感覚になることがあるんだそうです。

ウェイトリフティングって奥深い!!!

2017年01月04日(水) |  あけましておめでとうございます!
 
高橋友理

新年、
あけましておめでとうございます!

2017年の幕開けです。

そして・・・今年もお送りしました!

新春!ガッチャンコHBCスペシャル

毎度おなじみのジャージ姿です。

今回もこたつでまったりしながら、
お決まりのゆる〜いトークを繰り広げました。

去年は、ゲーム対戦で白熱しましたが、
今年はスペシャルゲストをお迎えしての
とってもにぎやかな内容に^^

そのゲストとは・・・

堀啓知アナウンサー。

今回、はじめての男性アナが参加しました!

せっかくなので、
堀アナにメイクをして女子アナとして
仲間に加わっていただこう!
ということになり、、
結果、

よし子さんとして

私たちと一緒に番組を盛り上げていただきました!

2016年振り返りトークから始まって、
珍事件や新年の目標に至るまで、
最後までしゃべり尽くした30分!

収録が終わったころには、
笑い疲れて4人ともぐったり・・・。



新年早々、
顔面筋をたくさん使い、
2017年も明るい一年を過ごせそうです。

こんな私たちですが、
今年もHBCをよろしくお願い致します!!

2016年12月11日(日) |  変身!
 
高橋友理

北三条広場のお天気中継は、
毎日寒さとの戦いです。

毎年、身体に貼るカイロの枚数が
増えていますが、、

現在は8枚。

今年も記録を更新しそうです。

そして新たなアイテムも増えました!

耳あてです。


ちょっと大きなサイズのため・・・

これをはめると、
「チェブラーシカ」と呼ばれます。
ちなみにチェブラーシカは、
こんなキャラクター。

ロシアの児童文学に登場する、
お馴染みのおさるさんです。

冬の間は、
あちこちでチェブラーシカが歩いています^^

2016年11月17日(木) |  秋を振り返れば・・・
 
高橋友理

立冬を迎え、
北海道は一気に冬に突入です。

あっとう間に過ぎてしまった秋。
ここでこの秋を振り返ります!

まずは、

食欲の秋。

今年の秋は、
秋の味覚・マツタケが
例年よりも豊作だったそうです。

なかには、
こんなに大きなものも・・・!!!
続いては、

芸術の秋。

和紙作りにチャレンジしました!

一枚の和紙を作るためには、
原料になる植物の採取からはじまり、
紙を乾かすまでにいたるまで、
気の遠くなる作業と時間がかかります。

ひと手間ひと手間、
時間をかけて職人さんが丁寧に作り上げる
日本の伝統文化。

奥深い世界でした!!!

最後に、

スポーツの秋。

卓球男子団体の銀メダリストで、
苫小牧出身の丹羽孝希選手に、
スタジオにお越しいただきました!


元卓球部ということで、
HBCを代表して私が
丹羽選手の強烈レシーブを体感することに。

結果は・・・
3回勝負で、
3回とも空振り三振。

言うまでもありませんね(笑)


2016年10月24日(月) |  じゃがいもの旅
 
高橋友理

味覚の秋。

北海道といえば、じゃがいも!

実はこの焼酎も、
じゃがいもで作られているんです。

芋焼酎といえば、
サツマイモのイメージですが、
鹿児島や宮崎の人たちもびっくりでしょう。

じゃがいも畑で味わう芋焼酎。
贅沢すぎる味わいです。

この焼酎を作っているのは、

道南の厚沢部町。

じゃがいもの女王メークイン発祥のマチです。


先日、吉田類さんとこちらをぶらりと旅してきました。
焼酎にふかし芋、コロッケ、グラタン、芋餅・・・。
最初から最後までじゃがいもづくしで、
お腹がふくれあがりました(笑)

秋は、じゃがいもが一番美味しい季節。

さまざまに姿かたちを変えて楽しませてくれた、
厚沢部町のメークイン。

どれも格別の美味しさでした!


2016年09月30日(金) |  いい季節でした!
 
高橋友理
秋がだいぶ深まってきました。
早いもので、明日から10月ですね。
札幌の秋といえば、

オータムフェストが開幕!

道内各地のおいしいグルメが大集結する食の祭典です。

この会場から
「今日ドキッ!」生中継もお送りしました!


特設スタジオに遊びに来てくれたみなさん、
ありがとうございました!!

会場のHBCブースでは、
私たちが考案したおにぎりも販売されました!

タコの炊き込みおにぎり

チーズとさんまの蒲焼きおにぎり

鮭のちゃんちゃん焼きおにぎり


どれも、北海道の美味しさと旬が詰まった食材です♪

同じ5丁目会場では、

あったか〜いラーメンも♪

道内各地の名店が大集結する
大人気ブースです。

オンエア前のランチに、
函館の塩ラーメンをいただきました。

これからの肌寒い季節にはぴったりですね。

このほか、
プライベートのランチタイムでも
イベントを堪能♪

8丁目会場で、
和牛やウニやカニ飯、あんかけ焼きそばに
肉まん、焼き鳥・・・。

会社の仲間で分け合って、
各地の特産グルメをたっぷりいただきました〜。

最後はデザートでシメて、
ふたたびそれぞれの現場へ!

満腹、満腹。

食欲の秋、最高です!

2016年09月07日(水) |  新祝日!
 
高橋友理

今年から新しく制定された国民の祝日

山の日。


この山の日を記念して・・・
先月11日は、
「今日ドキッ!山の日スペシャル」でした!

そんな山の日に、
スペシャルなゲストが・・・

登山家の三浦雄一郎さんをお迎えしました!

エベレストを80歳という世界最高齢で登頂したことで、
みなさんご存じのお方です。

そしてキャラバン中継の舞台は、、

北海道最高峰の高さを誇る

大雪山系・旭岳!

標高は2291m。
山頂から見る景色が、
それはそれは素晴らしいことで知られています。

国内・海外問わず、
数多くの山を制してきた三浦さん。

意外にも、
実はこの旭岳を登るのは初めだったんですって。

三浦さんとともに初めての感動を味わえると
ウキウキしながら登っていましたが、
残念ながら・・・

今回は頂上付近に雲がかかってしまい、
上からの眺めを拝むことができませんでした。

落胆する私たちに、

『初めてのエベレスト登頂のときも、
 今と同じ状況だった。
 晴れていたら一体どんな景色だったのだろう!?
 その想いが、二度目のモチベーションにつながったんだよ。』


三浦さんから、
そんなエピソードを教えていただきました。

これまで3度のエベレスト登頂を果たした、三浦さん。

もしかしたらもしかすると・・・
1度目のエベレストで最高の眺めに満足していたら、
次にはつながっていなかったかも…?しれませんね。

私たちも、
次回の登山こそ、素晴らしい景色を拝もう!!!
掘内アナとそう誓い合ったキャラバン中継となりました。


<< [1] [2] [3] [4] [5] [6] >>

TOP(全件表示)