今月
2019年01月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
       
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   表示:検索結果は127件です。
<< [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] >>

2013年06月09日(日) |  休日の公園
 
堀 啓知(よしとも)

最近は初夏の陽気で、気持ちが外へ外へ向かいますね。
ある週末、札幌の郊外にある公園へ家族で遊びに行ってきました。
バーベキュー用のスペースや売店、トイレも複数箇所完備、散策路や噴水のある池、遊具や広場もあり、駐車場も無料。
まさに安近短。
家からお弁当と水筒を持参したので、実質、車のガソリン代だけです、しかも数キロ。
そんな公園の広場で子どもとボールを蹴っていた時、隣で遊んでいた家族の会話が聴こえてきました。

お父さん(40代?)「行くよ(カラーボールを投げる)」
子供(小学生)「陽岱鋼!(バッティングフォームを真似してバットを振る)」
お父さん「エイ(再びボールを投げる)」
子供「中田翔!(バッティングフォームを真似してバットを振る)」

明らかに中田選手のフォームは、去年までのガニマタでしたが、特徴をとらえていました。

また、違う家族の会話。

姉(20代?)「行くよ、(軟式ボールをノックする)」
妹(20代?)「あっ!(見事なトンネルでボールが股を抜ける)」
姉「それじゃ、西川君のこと文句言えないよ」
妹「西川君ごめん!!」

さすがに、西川選手の捕球姿勢はそこまで腰の位置は高くないと思いましたが・・・。

ファイターズの話題が、日常的に聴こえてくるのは、移転10シーズン目の実感でもあります。
「F」マークの帽子をかぶったお子さんも、ちらほら見かけました。
そういえば、子供のころ、なぜか近鉄バファローズの帽子を私はかぶっていました。
皆さんは、どんな野球帽でしたか?


2013年05月17日(金) |  やせ我慢して
 
堀 啓知(よしとも)
記録的に寒かったゴールデンウィーク中のある週末、ジンギスカンを食べに出かけました。
屋外でも食べられる施設だったのですが、あまりに寒かったので、室内で食べることに。
食べながら窓越しに外を眺めていて、あることを思い出しました。
「ちょうど1年前にも来たな・・・」
携帯電話で撮影した写真データの日付を調べてみたら、一日違いでした。
おしい・・・と思いながら見た写真の中では、桜が満開でした!
鯉のぼりと桜の風景が気に入って撮影したんだっけなぁとジンギスカンの箸がしばし止まりました。
同じ時期なのにこうも違うものか・・・。
せっかくなので、食べ終えてから今年も一枚撮りました。
変わらないのは、勢いよく泳ぐ鯉のぼりの姿。
きっと一年前の風は心地よかったのでしょう・・・。
寒いはずなのに、行動に出てしまうのが「GW心」?なのか、ソフトクリームを食べに近くの直売所へ。
さすがに空いているだろう思ったら、同じ思いの皆さんが列を作っていました。
やせ我慢して食べた、今年第一号の味は、キーンと頭に響きました。

2013年04月24日(水) |  そんな日もあります
 
堀 啓知(よしとも)
札幌円山動物園に行ってきました。
一番の目的は、先月一般公開された、ホッキョクグマの双子の赤ちゃんでしたが・・・タイミングが悪く2頭とも寝ていました。
しかも、端のほうで背中をむけていたので全く顔も見られず。
ただ、お母さんのララが2頭をまたぐように見守っていたのは微笑ましい場面でした。
しかし、偶然というものは重なるもので、訪れたこの日は観覧した多くの動物たちが寝ていました。
ライオン・・・
 
レッサーパンダ・・・
(壁をよじ登っている子供たちの上のガラス越しに丸まっていました)
 
マレーバクも・・・
動物には、夜行性が多々いるので、ある意味動物らしい姿を見た気がしました。
そんな中、トラは威風堂々とした姿を披露してくれました。
 
そして、憐れんでくれたのか・・・シンリンオオカミはじっとこちらを見つめていました。
一番の目的の動物ではなかったトラとオオカミでしたが、何だかとても可愛らしく感じました。

2013年04月01日(月) |  うらやましい
 
堀 啓知(よしとも)

先日、新札幌にある子供(小学生以下)とその家族向けの全天候型室内遊園地に行ってきました。
日本最大級のサイズで全国展開している施設です。
2フロア構造で約750坪の広さがあり、学校の体育館以上といった規模でした。

すべり台やクジラなどの巨大なふわふわ遊具。

ドレスに着替えて写真(カメラ持参)が撮れるフォトスタジオ。
人気の太鼓などのゲームがそろっているゲームエリア。
子供でも操れる電動のキッズレーシング。
小さいお子さんでも楽しめる抗菌砂場。
床は柔らかい材質、転落防止の高いネット、フレームにはクッション材と、安全対策がそこかしこに施されていました。

大人がリラックスできるスペースもありました。
遊具の周囲には、寝椅子やベンチがあり、マッサージチェアも用意されています。
熟睡しているお父さんやおじいちゃんの姿も見かけました。

それにしても、こんな施設があるなんて今の子供はうらやましいですね。
自分が子供のころは、遊具といったら角ばった鉄製か木製の固い遊具ばかり。
ジャングルジムにすねをぶつけて青あざを作ったなぁなんて思い出しました。
子供が主役とはいえ、内心楽しいと思っている自分にちょっと恥ずかしくなりました。
気が付けば5時間以上が過ぎていました。

 


2013年03月08日(金) |  雪、泣き笑い
 
堀 啓知(よしとも)
やや気温が上がった、ある週末。
札幌市内の住宅街で車を走行中、柔らかい雪の轍にはまってしまいました。
生活道路なので、減速していたため、ズルズルとタイヤが吸い込まれるように引っ張られました。
急いで車に積んでいたスノーヘルパーをタイヤと雪の間にはめました。
しかし、車体が斜めになっているので上手くかみ合いません。
困っていたところ、ご近所の方がスコップを持って助けに来てくれました。
一緒にタイヤ周辺の雪をかいてくれたのですが、それでもタイヤがスリップして脱出できません。
約15分除雪作業をしたのですが、車体は数センチも動かず。
これ以上は申し訳ないので、ご近所の女性に丁重な挨拶をしてお帰りいただきました。
改めて、感謝申し上げます。
結局JAF(日本自動車連盟)を呼ぶことに。
電話したところ、「3時間かかる」とのこと・・・。
その後、知人と会う約束になっていたので、お断りの連絡をしました。
幸い、親戚宅が近くにあったので、事情を説明して待機させてもらいました。
お茶をすすっていると、1時間後に電話が鳴りました。
なんとJAFからの電話でした。
偶然にも次の救助現場の方向が同じなので、急きょ寄れるという連絡でした。
ぐったりしていた気持ちが一気に復活しました。
暫くすると現場に到着し、5分もかからず、あっという間に牽引ロープで引っ張りだしてくれました。
立ち去っていくJAFの方の後ろ姿は、まるで悪党を倒した後のヒーローのような輝きを放っていました。
「ありがとう、オレンジマン(作業着の色からのイメージ)」と思わず心で呟きました。
帰り際、ご近所の軒先に小さな雪だるまの家族を見つけました。
おそらく、おじちゃんとおばあちゃん、お父さんお母さん、その子供たち、でしょうか?
疲労した出来事の後に、ほっとさせてくれる瞬間でした。

2013年02月11日(月) |  半年ぶりに
 
堀 啓知(よしとも)
疲れました〜。
久しぶりのフットサルを先月末に行いました。
おそらく半年ぶりだと思います。
正確には、いつだったのか憶えていません。
さすがに期間が空きすぎているので、準備運動を入念に行いました。
約20分間、ストレッチ体操や短いダッシュを繰り返した結果、息が上がってしまいました。
ボールを蹴る前に息が整うまでしばらく休憩・・・。
満を持してコートへ出たのですが、相手チームにあっという間に2点を奪われ、すぐに交代することに。
というのも、ルールが「1ゲーム5分間、時間終了を待たずに2点先取したチームが残る」だったからです(4チームが参加)。
そのため、半年ぶりにボールを蹴るわがチームは、5分持たずに交代を暫く続けることになりました。
ただし、かえって休憩を長くとることができたので、ルールに救われた部分もありました。
チームのメンバーは7人だったので、出場している5人が消耗しないように、残る2人が状況を見て試合中に交代を繰り返しました。
終盤は、メンバーの息子(小5)も加わるという、なりふり構わない人海戦術に出ました。

何とか、コートの使用時間である3時間を乗り切りました。
本当によく乗り切りました。
「自分を自分でほめたい」とちょっと思いました。
ある者は「久しぶり過ぎると、かえって体に良くないよね・・・」と呟いていました。
定期的に体を動かすことの大切さを痛感した180分でした。

追記:翌日すぐに筋肉痛がきたことはホッとしました。


2013年01月17日(木) |  思いもよらず目標達成
 
堀 啓知(よしとも)

2013年は最悪のスタートになりました。
寝正月、いや寝込み正月でほとんど家から出られませんでした。
年末から子供がお腹を下し、元日に妻も体調を崩し、ドミノ式に迫ってくる菌に抗うことができませんでした。
2日から胃腸炎にかかり、食欲も落ちて、トイレと布団の往復で貴重な正月休みが過ぎ去っていきました。

食べ物が喉を通らない中で、唯一食べたいと思えたのが「みかん」でした。
昨年末、静岡の友人から届いた三ヶ日みかん。
例年ですと11月には贈ってくれるのですが、今年は「生育が遅い」ということで、年末にずれ込みました。
お陰様で、いつもは食べ終わって無いはずのこの時期にもみかんがたくさん残っていました。
ありがとう三ヶ日みかん、貴重な体力源となりました。
そんな状態で10日ごろまで絶不調だったこともあり、年末の懸案だった、体重の減量に越年で成功しました。
ここ数年69キロ前後をウロウロしていたのですが、一時65キロ台にまで落ちました。
久しぶりの大台に嬉しいやら悲しいやら・・・。
洗面所の鏡に映った姿は頬がこけた減量に成功したボクサーのようでした。

2012年12月23日(日) |  70→67→69→?
 
堀 啓知(よしとも)

今年は、下がって、上がって、さてどうなる?

スーツのウエストがきつくなったことをきっかけに、春に体重を減量しようと目標を立てました(目標値は特になしですが)。

順調に、夏までには3キロ減に成功。
秘訣は、昼食を控えめにする「うどん作戦」。
平日の昼食の多くを「うどん」にするだけの単純なものです。
定食などのセットメニューや肉系のこってりしたものを極力避けました。
「そば」のほうがカロリーは低いのですが、もちもち感が空腹を満たしてくれそうなので、そう判断しました。
ちなみに、写真はHBCの地下にあるHBCグリルのかしわうどんです(1杯396kcal)。

しかし、減量成功に安心したのか、馬肥ゆる秋にほぼ元通り・・・。
原因は、間食でした。
このころは、会社の机の中に常に甘いものが・・・ちなみに写真はアメです。
もう一度、気を引締め直し、間食をやめて「階段作戦」。
エレベーターを使わず階段での昇り降りを徹底。
運動不足にも効果的で、また夏場の体重にもどりつつあります。

しかし!「シュトーレン」なるドイツの甘いお菓子を先月末に買ってしまいました。
しかも、2本も。
クリスマスまで少量ずつ切って食べるのですが、ここに来て減るペースが早くなっています。
誘惑に勝って新年を迎えられるのか・・・果たして年内に減量は成功するのか・・・。

うまくいった時にだけ報告します。


2012年11月28日(水) |  快調の秘訣
 
堀 啓知(よしとも)
毎年のように、秋から冬へと季節が移り行くタイミングで風邪を引きます。
社会人になって10年目、健康的に乗り切ったことは1・2回しか記憶にありません。
ところが、今年は今のところ、すこぶる快調です。
おそらく、春から継続している「グリーンスムージー」のおかげだと思います。
背伸びをしてお洒落に言いましたが、単純に言えば、野菜と果物のフレッシュジュースです。
材料は、青野菜(この日はチンゲンサイ)、バナナ、オレンジ、キウイ、パイナップル。
ぶつ切りにして、少量の水を入れて、ミキサーを回すだけです。
お好みですが、フルーツが6〜7割の量だと飲みやすいです。
ほぼ毎朝飲んでいるのですが、飲まないで出かけると「家に何か忘れてきたような」そんな感覚になります。
ちなみに、「smoothie」をインターネット上のある辞書で検索すると「果物や野菜をミキサーでジュースにした飲料。洗練されたマナーを身につけた人。人当たりのいい人。」と記載されていました。
一方、自宅にある高校の時に購入した英和辞典で調べてみたら、「口先のうまい人。女たらし。」と記載されていました。
前者であってほしいと願います。

2012年11月04日(日) |  冬支度
 
堀 啓知(よしとも)
電力需給に関するニュースが気になる今年の冬。
ご存じ、今夏の道内は、2010年夏に比べて目標の7%以上の節電を達成しましたが、
家庭での節電に限っては5%にとどまりました。
そこで、目の前に迫っている冬に備えて動きました。
まずは、窓ガラスに防寒用フィルムを張りました。
両面テープを窓枠に張り、枠と同じサイズにフィルムを切るだけです。
単純な作業・・・と思ったのですが、柔らかいフィルムがどうしても歪んでしまいます。
「ドライヤーで暖めるとピンと張る」と説明書には書かれていますが、やり方が下手なのか上手くいかず。
冷気さえ遮断してくれればと、割り切って途中であきらめました。

さらに、灯油ストーブを購入しました。
電気がなければスイッチが入らない据え付けの暖房器具しかないので、万が一?に備えました。
昔ながらの、芯を出して火をつけるタイプです。
丁寧に手入れをすれば、何十年と長持ちするそうです。
分かっていたのですが、ススが付着するので、週に一度は部品を分解して掃除をしなければなりません。

あとは、いつもより厚着をして、なるべく家族が同じ空間で過ごすように心がければ、大丈夫でしょうか・・・。
今年は、ストーブの汚れとフィルムのしわ、そして電気予報が気になる冬になりそうです。


<< [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] >>

TOP(全件表示)