今月
2019年06月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   表示:検索結果は128件です。
<< [-10] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] >>

2012年10月22日(月) |  まわって、まわって、まわって、まわ〜る
 
加藤雅章
 10月も終盤に突入し、札幌でも冬の気配がちらほらと感じられるようになってきました。この冬、北海道は「節電の冬」を迎えることになります。

 そこで!我が家では今、暖房効率を高めることができるというサーキュレーターを購入しようと考えています。

 そこでまずはネットで調査。「パソコンを使ったら電気を余計に使うことにならないか」とも思いましたが、そこは、すみません、目をつぶって頂ければと存じます…。

 いざ、「サーキュレーター」と検索ワード欄に打ち込んでみると…

 まぁ、出るわ、出るわ!色んな形、色んな色、色んなメーカー、色んな大きさ、そして、色んな値段…。

 サーキュレーターの羽より先にぐ〜るぐる。見てるだけで目がそう。

 いや〜、まいったなぁ。これだけ種類があると自分だけでは選びようがないぞ〜。時間ばかりが無常に過ぎていく。選ぶ前に冬が来ちゃう〜。

 サーキュレーターの羽より先にぐ〜るぐる。気持ちだけが回り…。

 ということで、やっぱり節電も兼ねて(!?)、お店を回って、店員さんに聞いて本格的な冬が来る前に決めることにしま〜す。


2012年09月26日(水) |  レバ刺し、今夜、食う。
 
加藤雅章

 暑かった夏、長かった残暑もようやく終わり、札幌の街はすっかり秋の空気に覆われています。

 今年の夏、皆さんにとってはどんな夏でしたか?

 海へ、山へ、ステキな思い出ができた方も多いでしょう。ひと夏の恋に燃えたという方もいるかもしれません。

 一方で、ある社会の変化に切ない思いをしたという方も少なくないのではないでしょうか?

 「レバ刺し禁止」。

 そんなある日、我が家の食卓にこんなものが上がりました。

 今となっては幻の…レバ刺し!?

 そばに顔を寄せてみると、レバ刺しの色と艶です。

 においを嗅いで見ると、上にかかったごま油のいい香り。これも、以前お店で食べたレバ刺しと同じです。

 「こんにゃくのレバ刺し」。

 いや〜、この世の中にはなかなか面白いものがあるものです。この商品は見事なまでに僕の心をとらえてくれました。

 ちなみに肝心のポイント。お箸でつまんで口に入れてみると…

 ん!? むむむ…。

 こんにゃくっぽい食感ですねぇ。あ、いや、「…っぽい」は変か、こんにゃくなんだもんね…。でも、これはこれで間違いなく「アリ!」です。

 ということで、どうですか?あなたもこれを…今夜、食う?

 (こんや、くう。こんにゃ、く〜。こんにゃく…。)


2012年08月31日(金) |  快適な日々 〜Comfortable Days〜
 
加藤雅章

 8月もきょうで終わりだというのに、毎日暑い日が続いています。皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

 私はといいますと、実は先日、とある書店で、1枚(実際には2枚組)のCDと出会い、もともと大好きな夏の日をより快適に過ごしています。

 そのCDとは、J−POPのヒット曲をオルゴールの音色で奏でたもので、ジャケットに「自律機能のバランス回復やストレス解消に役立つはず」と書かれている通り、リラックス効果バツグンのものです。

 暑い日が続くと、ついムラムラ、いや、イライラしてしまうこともありますが、そんな時でもこのCDを聞くと、心癒され、落ち着きます。

 また、たとえ熱帯夜のような不快な夜でも、このCDを聞きながらベッドに横たわると、知らず知らずのうちに「寝たいや〜」と深い眠りに誘われます。

 ちなみに収録曲のうち、私のお気に入りは「家族になろうよ」。そう、福山雅治さんの名曲です。福山さんのオリジナルの方も私は大好きなのですが、オルゴールサウンドもこれまたグッド!

 暑さのあまり、思わず「裸族になろうよ♪」と歌詞を間違ってしまうような時でも、この1曲を聞けばやらしい、いや、優しい気持ちになれます。

 1枚のCDによってもたらされた快適な日々…。

 「omfortable ays」です。


2012年08月05日(日) |  「涼風」をあなたへ…
 
加藤雅章

 暑中お見舞い申し上げます。

 間もなく「立秋」にもかかわらず、暑い日が続いていますね。そこできょうは、少しでも皆さまに涼しい空気を感じて頂こうと、この8月5日のアナウンサー絵日記を書き上げることに致しました。

 8月5日は「ハコの日」なんだそうです。そこでまずは、箱にちなんだこんなやりとりを…。

【A】「お〜い、箱を持ってきて〜!」
【B】「いくつ必要ですか?」
【A】「8個!」

 う〜ん、ヒンヤリ。暑中お見舞い申し上げます。

 8月5日は「タクシーの日」でもあるそうです。そこで、タクシーにちなんだこんなやりとりを…。

【A】「あ〜ぁ、腕が疲れた…。」
【B】「タクシー、全然つかまらないですね〜。」
【A】「こりゃ、お手上げだ…。」

 う〜ん、ヒンヤリ。暑中お見舞い申し上げます。

 8月5日は「世界ビールの日」でもあるとか。そこで、ビールにちなんだこんなやりとりを…。

【A】「ビールをおつぎします!」
【B】「お、おまえ、下手だなぁ…」
【A】「アワわわわ…。」

 う〜ん、ヒンヤリ。暑中お見舞い申し上げます。

 いかがでしょう?幾分、涼しくなってきましたか?

 では最後に問題です。文中、何回、「暑中お見舞い申し上げます」の文が出てきたでしょうか?

 短い文章の中に1つ、2つ、3つ、4つ…。これぞ、「しょっちゅうお見舞い申し上げます」。

 えっ、「あ〜、イライラする!」ですと!?

 まぁまぁ、そんなこと言わず、暑い夏を満喫しましょうよ。きっとアッという間に夏は終わり、涼しい秋がく〜る(Cool)のですから。


2012年07月10日(火) |  夏の夜のお・た・の・し・み!
 
加藤雅章

 「夏の夜のお楽しみ」と言えば、どんなことを思い浮かべるでしょうか?

 花火?いいですね。夜空に輝く大きな花火も迫力があっていいですし、お家の庭で楽しむ線香花火も日本人の心をくすぐるような風情がありますよね。

 ビール?蒸し暑い日の仕事後の一杯!これもまた、文句のつけようがない夏の夜のお楽しみですね。

 一方で、こんなことに喜びを感じている人もいるようで…。

 【証言1】 指先くらいの大きさのそれを口に含んだ時の、あのコリコリッとした感じがたまらないんだよねぇ。デヘヘ。色はやっぱり若々しいピンクちゃんだね。ぐふふ。

 酢漬けのニンニク、「しそかつおにんにく」。しそのおかげでかわいらしいピンク色なんですね。ここのところ、すっかりと僕の夜(晩御飯)のおともです。スーパーの棚には他にしょうゆ風味とみそ風味のものも並んでいますが、僕はこの酢漬けがお気に入り。サッパリした味わいが夏の夜にピッタリです。

 えっ?「朝や昼じゃダメなのか?」ですって…?

 いや、もちろん朝でも昼でもいいんですが、相手はニンニクです。やはり「夜にしておくのが無難かな…」というだけのことです(実際には臭いは気になりませんよ。少なくとも自分自身では…)。

 【証言2】 寝る前にベッドの上で毎晩ヤッてるの。閉じたり開いたり、ギュッと力を入れて…あ〜、キモチいい!これをやると、なんとなくよく眠れる気がするの。うふっ。

 寝る前の定番、ストレッチ。そこに最近加えてみたのが、足の指の運動です。思いっきり「グー、パー、グー、パー」という感じで足の指を閉じたり開いたりしています。足がだるかったある日の夜になんとな〜く始めたら、血が巡る感覚と言いましょうか、「けっこう(血行)いい」感じ。気持ちよ〜く眠りに入れる気がします(あくまで個人的感想ですが…)。

 暑い夏を乗り切るには、やはり食事と睡眠!今年の夏も、夜を楽しみつつ、元気に乗り切ろう!


2012年06月13日(水) |  これで“汗”璧!真夏の正装
 
加藤雅章

 僕が一番好きな季節、暑い夏が近づいてきました。「ギラギラと照りつける太陽の下でダラダラと過ごす」のが僕にとってはこの上ない喜びの時間。そんな時の「正装」は…やはり、Tシャツでしょう!汗をかいてもジャブジャブ洗える気軽さが最大の魅力ですよね。

 でも今年はちょっと困ったことが…。

 実は今、我が家のマンションでは外壁修理が行われていて、いつもの年のようには洗濯物を外に干せないのです。

 除湿機をかけ、いわゆる室内干しでしのぐ毎日。「生乾き臭」の影に怯えながら袖を通さなければいけない日々。

 「あ〜ぁ、そんなのイヤだ〜ぁ!」

 …ということで、先日、某アウトドアブランドのTシャツをまとめ買いしました。機能面の充実はまさに「ならでは!」。「吸水速乾」や「消臭機能」といった、僕の悩みを一掃してくれるような文言がウエブページに躍っています。また、機能面もさることながら、肌触りも柔らかくていいじゃないですか!

 ore bien!(トレビア〜ン!)

 技術の発展・科学の進歩に感謝感謝。これで今年も、大好きな季節を心から楽しめそうです!

 (「○円以上のお買い上げで送料無料」の言葉につられ、つい1枚多く買ってしまった事実には、ここでは目をつぶっておくことにします…。あ、汗が…。)


2012年05月17日(木) |  「春」を迎えて
 
加藤雅章

 前回の担当日(4月21日)に、「『春』という字は分解すると『三』『人』の『日』となる。家族が3人に増える日を心待ちにしている今年の春…」という話を書きました。その後、予定日を10日過ぎて、無事に「春=三人の日」を迎えることができました。

 人生で初めての経験=我が子の誕生。この中で最も強く感じたことの1つ…それは、産科医療の現場で働く皆さんの優しさであり、強さでした。

 出産前、大きな不安を抱える「未来の母親」にかけてくれたあたたかい言葉。

 いよいよ“その瞬間”を迎える際に的確な言葉で指示を出す姿。

 新しい命が誕生した瞬間には、家族同様に喜び、「おめでとう」の言葉とともに見せてくれた笑顔。

 出産後、それまでと変わらず母子に向ける柔らかなまなざし。

 etc…。

 そのどれもがまさに昼夜を問わず、自然な形で行われていました。母子にとってサポーターにしかなり得ない無力な「未来の父親」にとって、それらはどんなに心強いものだったか…。

 あらためて、心からの感謝を申し上げる次第です。と同時に、昨今、産科医療の現場はその過酷さなどが大きな課題・問題になっています。「その現場を社会はしっかりと支えていくべきだ」、「いつの日か何らかの形で、現場で働く皆さんに『恩返し』ができれば…」そんなことも思いました。

 多くの方々のお力添えがあって初めて手に入れることができた「三人の日」。感謝の気持ちを忘れることなく、これからの一瞬一瞬を大切にしていきます。


2012年04月21日(土) |  「春〜新たな出会い〜」を待つ日々
 
加藤雅章
 30代も残すところあと1週間ほどとなりました加藤雅章です(今月29日で40歳です)。

 今から10年前、20代から30代に“昇格(!?)”する時は「あぁ、いよいよ30代かぁ」なんて思ったものですが、今回はなぜか昇格の実感はありません。もしかすると、自分が「40」になることを認めたくない心が無意識のうちに存在していて、それが「実感すること」を妨げているのかもしれませんね…(苦笑)。

 さて、実感がないと言いつつも、こんなタイミングなので、自分のこれまでの人生を軽〜く振り返ってみました。ごくごく軽〜くです。

 すると!

 ある重大な事実を発見したのです(大げさだなぁ…)。
その“事実”とは…

 10代、20代と、各年代のそれぞれ最後の年に、自分の人生において大きな意味を持つ出会いがあったのです(やっぱり大げさだなぁ〜)。

 ちなみに、ひとケタ代の最後の年は…記憶がありません。あしからず。

 まず、10代。高校卒業後、アメリカの大学への入学を目指し英語の勉強をしていた19歳の時、僕は「人生最高の親友」に出会いました。
 
 当時通っていた英語学校で知り合った彼は北海道出身。アメリカに渡る1ヶ月ほど前に、彼(と彼のご家族)がご実家に僕を招待してくれました。そして帰りがけに札幌に立ち寄ったのですが、その時のことです。僕の心に何かがビビッ(!)と来たのです!

 「ここ(札幌)が将来、僕の住む街だ」と。

 彼との出会いがなければ、HBCのアナウンサー試験は受けていなかったと思います。今の自分があるのは彼のおかげと言っても過言ではありません。

 次に20代。これはストレートに「人生の伴侶」との出会いです。とても照れくさいので次に進みます(笑)。

 …となると、次はもう30代ですが、39歳になってからはすでに360日近くが過ぎてしまいました。残りはあとわずか。はたしてここからの数日で新たな出会いはあるのでしょうか…!?

 季節は春です。

 この「春」という字を分解すると、「三」「人」の「日」となります。

 新たな出会いまであと数日…。家族が3人に増える日を心待ちにしている今年の春です。

 


2012年03月26日(月) |  「社会派(!?)」から「週末の男」に
 
加藤雅章

 私、先週の金曜日(23日)に“卒業”の日を迎えました。

 写真をご覧下さい。「東京大学卒業(式)」とあります。すごいでしょう!まぎれもなく、あの東大の卒業式です!

 そこに…取材に行ってきたのです(アレレ…)。

 東大の卒業式は、私の「北海道NEWS1」での“最後の取材”の現場。そう、私、先週金曜日をもって夕方のニュース番組を卒業したのです(それにしても、東大の卒業式に“出席”できるなんて、これまでの人生の中で考えてもみなかったなぁ…)。

 思い返せば3年半前、当時の「Hanaテレビ」内のニュースから始まったテレビニュースの担当。その後、「総力報道 THE NEWS」、「NEWS1」、「北海道NEWS1」と気がつけば“4つの番組”に関わってきたことになります(ずいぶんと変わったなぁ…苦笑)。

 そして、その前は…といえば、ラジオの「夕刊ほっかいどう」の進行を4年間務めましたから、あわせて7年半、HBCのニュース関連の番組に携わってきたことになります。

 「『高校+大学』ほどの時間が経ったのか…」と考えると、なんとも感慨深いものです。

 さて、そんな“社会派”の私(実際には、誰にもそう呼ばれたことのない私…涙)ですが、この春からはテレビ・ラジオそれぞれで新たに番組を持つことになりました。

 まずテレビは、毎月第1〜第3日曜日の朝6時30分放送の新番組「ほっかいどう経済NEO」(初回は4月15日)。そしてラジオは、土日の午後に放送の「Bravo!ファイターズR」。さっそく今週末、31日から始まります!

 それにしても、「7年半ぶりのニュース以外の番組」ということで、かなりドキドキ。ちゃんとしゃべれるのか不安いっぱい。ともかく精一杯頑張りますので、温かい目と耳、心で見守って頂ければ幸いです。

 「ところで、今週は何するの?」…ですって!?

 今週1週間お休みする小川アナウンサーの代役で「夕刊おがわ」をきょうから3日間担当します。

 やっぱりなんだかんだいっても、社会派なのかな〜ぁ(…!?失礼!)。

 「“社会派”兼“週末の男”」、加藤雅章を今後ともよろしくお願いします!


2012年02月29日(水) |  4年に1度のジンクス 〜閏日に、うるうる(涙)〜
 
加藤雅章

 きょうは4年に1度の閏日。4月29日生まれの私にとっては、4年に1度だけ「○歳までちょうどあと2ヶ月」と言える日である。しかも今年に関していえば、なんともキリのいい「40歳までちょうどあと2ヶ月」なのだ!まぁ、だからどうってことはないのだが、たまたま気づいたので書いてみることにした。

 さて、「4年に1度」といって思い浮かべるのは何だろうか?やはり「オリンピック!」という方が一番多いだろうか。「アメリカ大統領選挙が行われる年」という人もいるかもしれない。

 ただ私にとっては…

 実は「身近な家電が壊れる年」という、まったくもって喜べないジンクスがあることがこのたび判明したのだ(涙)。

 今から4年前の2008年。アナウンサー絵日記のバックナンバーを読み返すと、それまで7年間使っていたパソコンが壊れたことが記されている。

 そして、その4年前(2004年)。やはりアナウンサー絵日記で振り返ってみると、夏に、当時使っていた髭剃りと携帯電話が相次いで買い替えの時期を迎えたようだ。

 参考までに…さらに4年さかのぼると、あの「2000年問題(懐かしい響きだ…)」が叫ばれた年である。私は2000年になったミレニアム(これもまた懐かしい響きではないか!)な瞬間をHBC本社で迎えたのだが(宿直勤務)、その際、会社のとあるFAX機の日時表示が「1900年1月1日」となったのをこの目で目撃している(これは「故障」とは言えないかもしれないが…)。

 問題は今年だ。我が家のどの電化製品が問題を起こすのだろうか?テレビ…は去年、買ったばかりだぞ。洗濯機も冷蔵庫も電子レンジもわりと新しいよな。とりあえず現時点で危なそうなものは見当たらないけど、それでも何かが突然壊れるんだよな、きっと。あぁ、どうしよう。困ったなぁ。マズイよなぁ…。ヤバイよ〜。ギョえ〜〜〜ッ!

 加藤雅章、故障!?

 「惑わず、心乱さず」…。きょうからちょうど2ヶ月後、私は「不惑」を迎える(はずである…涙)。


<< [-10] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] >>

TOP(全件表示)