今月
2019年12月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
       
アーカイブ
2021年04月
2021年03月
2021年02月
2021年01月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年09月
2020年08月
2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   表示:検索結果は127件です。
<< [-10] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] >>

2012年10月11日(木) |  珍事もいい思い出
 
堀 啓知(よしとも)
年に1,2回の儀式?と化している、野球のユニフォームに袖を通すこと。
先月、恒例の報道人野球大会に参加しました。
7月に、勝ち上がれば全国に続いている草野球大会に参加して、18−0という屈辱的な大敗を喫してから2ヶ月。
少々不安を感じつつ早朝のグラウンドへ。
相手は去年の準優勝チームと聞いて、さらに緊張感が高まる中、午前7時プレイボール!
先行はHBC、相手のピッチャーは40代後半から50代前半?と思しき、ベテランピッチャー。
球威はそれほどないのですが、コントロールがすこぶるいい。
見逃したボールのほとんどがストライクゾーンぎりぎりに決まる(両チームとも審判が甘〜いジャッジでしたが・・・)。
HBCのスコアボードにゼロが並びます。
一方、HBCの20代若手バッテリーも奮闘!
頼りないオジサン野手陣もぎりぎりの足腰で必死にボールに食らいつく。
何とか3回終わって1−0で最少失点に抑える。
このころ、ちゃんと野球らしくなっていることに、ショートを守りながら、気持ちの盛り上がりのピークを迎える。
しかし、途中で草野球では珍しい出来事が!!
HBCの攻撃中、ノーアウトランナー一塁の状況で、バッターの打球がライナー性でショートへ。
相手ショートが捕球をしたかと思ったら、その直後ボールを落とす。
それを見て、一塁ランナーは二塁へ走る。
打ったランナーも一塁を駆け抜けて、ノーアウト、ランナー一塁、二塁。
チャンス拡大と思ったら、少し間が空いた後に「アウト!」のコール(つまり、ショートライナーを捕球したという判断)。
両チーム一瞬何が起きたのか分からず、動揺が走り、プレーが止まる。
相手チームのショートが拾ったボールを一塁に投げて、また「アウト!」のコール。
一転、2アウトランナーなし、の状況に。
そこで、納得のいかないHBCのY田監督が審判団に詰め寄る(実際はそろりそろりと)。
相手チームの監督も審判のもとへ。
両軍ベンチに緊張感が走る(やや大げさ)。
約10分近く試合が中断した結果、判定は覆らず、2アウトランナーなしから再開。

アウトのコールまでのあの間(ま)は何だったのだろう・・・と思いながら、結局そこからチームのリズムが崩れ?
4回に一挙4点を奪われ、最終スコアは5−0の完封負け(特別ルール5回で終了)。

個人的には数年ぶりにクリーンヒットを打てたことがいい思い出です。
ユニフォームを着る儀式はまた来年へ・・・。


2012年09月16日(日) |  恥ずかしながら・・・
 
堀 啓知(よしとも)

最近、2歳半の息子とよく児童向けの本を読むのですが、「えっ!?」と思うことが多々あります。

皆さんは「青バイ」ってご存知でしょうか?
先日、緊急車両が掲載されているサイレンカーの図鑑を見ていてその文字に釘づけになりました。
大阪ご出身の方や乗り物好きの方からは「何を今さら」と笑われてしまうかもしれません・・・。
もちろん「青いバイク」なのですが、正式名称は大阪府警の「スカイブルー隊」という警察官です。
引ったくりなどの街頭犯罪を取り締まっています。
大阪府警のホームページにも掲載されているので、気になる方はご確認を。

さらに先月は、「そんな果物あったのかぁ!?」と衝撃を受けました。
果物に手足が生えているキャラクターの絵本を読んでいるときのことです。
スイカやメロン、リンゴといったお馴染みの果物の中に「これなあに?」と聞かれて答えられなかったものがありました。
一瞬、ドリアンと思ったのですが、微妙に形も色も違うものでした。
物語の中心ではないので、名前の説明がありません。
気になったので、インターネットで調べてみると・・・・・・それは「アフリカン・キューカンバ」であることがわかりました(おそらく)。
ぴんときた方はどれくらいいるでしょうか?
アフリカ大陸南部のカラハリ砂漠が原産で、表面は鮮やかな黄色、角のような突起物が無数にあり楕円形、中身は白っぽい種がぎっしりと詰まっていて緑色のゼリーのような果肉です。
一体どんな味がするのでしょうか?
国内で買えるのでしょうか?
それにしても、児童向けの本に、なぜこんな奇妙な果物を描いたのでしょうか?
もしかしたら疑問に思わせて調べさせようとしているのか・・・。

恥ずかしながら、児童書から学ぶことが多いこの頃です。


2012年08月21日(火) |  着衣水泳
 
堀 啓知(よしとも)

連日、道内外で水による事故のニュースが入ってきます。
楽しい思い出のはずが一転・・・。

先日、北海道NEWS1「もうひとホリ」のコーナーでご紹介した着衣水泳。
貴重な体験になりました。
あれほどまで服が重くなり(プラス約3キロ)、体の自由がきかなくなるとは思いませんでした。
しかも、流れのある川や海では、冷静でいることはできないかもしれない、と想像します。

「もし服を着た状態で水の中に落ちたら、まずは焦らず浮いて助けを待つ、泳ぐのであれば犬かき」
と体育の専門学校の指導者がおっしゃっていました。
最優先に考えることは、体力の維持です。
着衣の状態で泳ぐとあっという間に体力を奪われて、岸までの距離にもよりますが、泳ぎが得意な人でもたどりつくのは難しいそうです。
また、服を脱ぐ行為はおすすめできないとも話していました。
服を着ていたほうが救助を待つまでの保温効果もあり、水中でまとわりつく服を脱ぐだけで体力を消耗する恐れもあります。

最近は着衣水泳を取り入れている学校もありますが、日本の場合はまず「バタ足、クロールや平泳ぎなどの泳ぎ方」を教えます。
一方、イギリスでは、まず「命を守るための術」を教育するそうです。
お互い海に囲まれた島国であることを考えれば、確かに参考にすべき発想だと感じました。

 

 



2012年07月26日(木) |  学生気分
 
堀 啓知(よしとも)
先週末、10年ぶりに学生気分を味わいました。
社会人も参加出来るという講義を北海道大学で受けてきました。
30人で満席の比較的小さな教室でしたが、「90分話を聴く感覚」は新鮮でした。
そんな意欲的な気持ちで臨んでいたので、おそらく学生時代より集中して聴いていたと思われます。

ついでに昼食は学食でいただきました。
「安い!」感覚も久しぶりでした。
200円台や300円台のメニューがずらりと並び、目移りして即決できず・・・。
悩んだ結果、ネバネバ冷やしうどん367円、いなり寿司84円、合計451円。
ちなみに395キロカロリーでした。
弓道か剣道と思われる袴姿の女性、図書館で借りてきたと思われる分厚い本を読んでいる男性、
東南アジアの国?からの留学生達・・・。
周囲が気になり、ソワソワしながらうどんをすすっていました。

帰り際に気がついたことが・・・。
その日の格好は、ポロシャツに綿パン、スニーカーをはいてリュックを背負っていまいた。
窓ガラスに映った姿に、思わず自分で笑ってしまったぐらい、キャンパスにしっくりきていました。
校門付近ですれちがった、就職活動中と思しきスーツ姿の男子学生のほうがよっぽど社会人に見えました。

 


2012年06月30日(土) |  長いおつき合い
 
堀 啓知(よしとも)
もう6年前になるでしょうか?
ホームセンターで購入した木製のイス2脚とテーブルの3点セット。
値段は5千円前後だったような、あいまいな記憶ですが、頑丈な作りのわりに価格が安かった気がしました。
数年前から塗装が剥げかかっていたので、塗り直そうと思っていて2、3年が過ぎ・・・先日ようやくペンキを塗りました。
初夏の陽射しを受けて輝きを取り戻したそれらを見ていたら、あることを思い出しました。

収納棚の一番奥にシワシワになりながら畳まれていた一枚のTシャツ。
中学1年生のころに買ったカーキ色のTシャツです。
色も褪せて、首回りや袖や裾もほつれてボロボロになっていましたが、何となく捨てられずに今も残っています。
当時、サイズを間違えてしばらく着られませんでした。
結局、サイズがちょうどよくなったのは身体が成長した2年後の3年生の時。
その後、高校時代も愛用していた記憶があります。
生地自体が弱くなっているので、裁縫のお直しに出しても復活することはできないと思います。

ペンキを塗り直して新品同様になったイスとテーブル。
年月の経過とともにすり減っていくTシャツ。
いつまでも大切にしたいもの達です。

そんな性格なので、「断捨離」っていう言葉に「ドキッ!?」とします。


2012年06月03日(日) |  2012年・春
 

お気に入りのソフトクリームを食べた。

何度食べても飽きない味。
今年は何回食べるのか・・・去年は毎月お世話になりました。
豊平区にある八紘学園の直売所で夏季限定で販売しています。

子供向けのSLバスに家族と乗った。

こういう乗り物は自分が幼少期以来・・・燃料は食用油を再利用しています。
トマト号とポテト号のうちトマト号に乗りました。
東区にあるサッポロさとらんどで一周約30分、当日はこどもの日で無料でした。

大人気のアップルパイを食べた。

サクッサクッの生地に、程よい甘さに煮詰められたりんご。
売れるときは一日1000個以上だそうです。
タイミングよく焼き立てが食べられました。
砂川市にある「洋菓子&銘菓 ナカヤ」。
あまりに人気のため、事前に電話をすればお取り置きをしてくれます。

ジンギスカンをつつきながら、桜を眺めた。

少し肌寒い日でしたが、桜と鯉のぼりのコンビネーションが改めて北海道らしいなぁと感じました。
ややスパイシーなタレ、肉はラムではなくマトンが特徴で二人前をたいらげました。
豊平区にある「ツキサップじんぎすかんクラブ」。
ビールだけでなく、ワインも相性がいいです。

また来春、いい思い出ができますように・・・。


2012年05月07日(月) |  水族館にて
 
堀 啓知(よしとも)
きょう7日はゴールデンウィークも終わり、一年で最も気だるい月曜日かもしれません。
そんな日が私の誕生日です。
全国のGW明けの7日に生れたみなさん、周囲の気持ちがへこんでいる中でハッピー?な気分を分かち合いましょう!

さて、話は大きく変わって、先日おたる水族館に行ってきました。
訪れたのは、GW前の週末だったので適度な混雑具合で、海洋生物たちの姿を見て楽しみました。
豪快なイルカのショーやコツメカワウソの愛くるしい表情、右の前肢がないアオウミガメの太郎も元気に泳いでいました。

そんな中で気になったのが、小さな水槽が並ぶエリアです。
そこには、メダカ、ニホンザリガニ、イトウ、キタサンショウウオ、オショロコマがそれぞれの水槽で泳いでいました。
共通点は、絶滅危惧種。
「準」であったり、危機的な程度の差こそありますが、改めて「そっかぁ〜」と心で呟きながらしばらく立ち止まりました。

子供のころ、近所の小さな沼にザリガニが生息していて、暇があればよく通っていた思い出があります。
あの沼には今も生息しているのか、そもそも小さな沼自体が残っているのか・・・そんなことを考えながら見ていたら、家族においていかれました。
小さな水槽の前で、帰省する際の新たな楽しみにしようと思うのでした。


2012年04月11日(水) |  「東京スカイツリー 〜大雨とぼくと、時々強風〜」
 
堀 啓知(よしとも)

先日、東京出張の際、空いた時間を利用して完成したスカイツリーを見てきました。
正確に言えば、3分の2しか見えませんでした・・・。

当日は大雨で時々強い風をともなう散々な天候でした。
本来なら営業開始の5月22日以降に行くべきなのかもしれませんが、7月10日までは事前予約が必要だし、人気が殺到しているニュースも聞いたので、今しかないと勇んで浅草に向かいました。
実は過去に建設途中のスカイツリーを見に行ったことがあります。
(2010年7月23日アナウンサー絵日記バックナンバー参照)
その時はちょうど400m付近を建設中でした。
前回と同じルートで、ちょっと遠くから徐々に近づこうと東京メトロ浅草駅から歩くことにしました。

地上に出てすぐの吾妻橋から眺めた瞬間に嫌な予感がしました。
有名ビール会社のビルの左奥に大きな塔を確認したのですが・・・。
そうです、634mの高さ世界一の自立式電波塔だけに、上部が雨雲の中にすっぽりと隠れてしまっていました。
堀 啓知(よしとも)
ほとんど傘が意味をなさないほどの強風の中、その場所へと向かいました。
約15分間、頭と肩以外ずぶ濡れになりながら到着しましたが、状況は変わらず・・・。
350mの展望デッキ付近が微かに見えるだけで、前回の建設途中の時と変わらない印象でした。
せっかく来たのだからと20分くらい粘ったのですが、雨雲に覆われたままでした。
同じ道を帰りながら「531mの藻岩山だって雲に覆われるんだからなぁ・・・」「日ごろの行いが悪いのかなぁ・・・」、「モーセの十戒のような力があればなぁ・・・」などと考えながらトボトボと歩いているといい匂いがしてきました。
いかにも老舗と思わせる古めかしいうなぎ屋さんからの匂いでした。
そこで思い出したのですが、前回訪れた時に混んでいて1時間待ちで諦めたお店でした。
寒かったこともあり、勢いでお店に入ると天候のせいかお客さんは誰もいませんでした。
「ホッ」と一息お茶をすすりながらメニューの値段を見ると、寒さを忘れるほど「ハッ」としました。
せっかくの思い出にと一番高い「特上」ではなく、現実的に「並」を頼みました。
値段は一番安いうなぎでしたが、「次回こそは一番高いタワーを見よう」と誓いながら舌鼓を打ったのでした。

2012年03月16日(金) |  大阪でお財布のひもが緩みました
 
堀 啓知(よしとも)
先日、大阪に出張してきました。
3月1日に就航したばかりの話題のピーチ・アビエーションの取材のためです。
乗った印象は「安いので納得できる」です。
新千歳‐関西間は4780〜14780円(時期によって変動)、既存の航空会社からすれば改めて驚きの価格です。
その価格を実現するために様々なコストカットをしています。
 
座席の間隔が狭い(同じ機体で他社より20〜30席多い)
座席指定は210円追加(非常口付近の足元の広いシートは840円追加)
手荷物の預け入れは一つ1050円から(事前にネットで予約せずに空港カウンターで申し込むと手数料が余計にかかる)
機内サービスは全て有料(お水も150円)
ブランケットやイヤホンやモニターがない
キャビンアテンダントが地上業務と機内清掃も行う
関空での手荷物の受け取りは屋外のバス停前
天候不良の場合他社への振り替えができない・・・
 
挙げればまだまだありますが、今まで当たり前だったサービスや経費の見直しを徹底していることがわかります。
ちなみに今回の私の航空券代は、荷物の預け入れも含めて往復で19860円でした。
お客さんにお話をうかがったところ「目的地に行ければよいのでサービスはいりません」、「急きょ大阪に行こうと思いました」、「家族の人数が多いので助かる」と好意的な声もある一方で・・・「あまりに安いので安全面は大丈夫か心配になる」、「ゆったりできないのでお年寄りには向かないかな」なんて声も聞こえました。

航空券代が安くなった分、大阪では豪華なお弁当、たこ焼き、スイーツ、ちょっと贅沢な夕食とついついお財布のひもが緩んでしまいました。
しかも2011年度ミス大阪大学の尾木水紀さんにナビゲートしてもらうという思い出深い取材になりました。
仕事ではありましたが、表情も緩んでしまいました・・・。
 
今後も新千歳空港にはジェットスター・ジャパン、エアアジア・ジャパンなどが就航予定です。
格安航空会社の就航を契機に、道外からの観光客増加にもつながってほしいものです。

 


2012年02月19日(日) |  心の支え
 
堀 啓知(よしとも)

日々の生活で心の支えになっているものってあるでしょうか。
家族、信頼できる仲間、仕事、恩師の言葉・・・。
もちろん、どれも当てはまりますが、最近毎日「気合」を入れてくれる存在があります。
それは「カズのメッセージ」です。

ご存知、今月26日で45歳になる現役最年長プレーヤーである、サッカーの三浦知良選手の名言集「日めくり KAZU魂のメッセージ 底力」(PHP研究所)です。
昨年末、偶然に書店で発見し、即購入しました。
日めくりになっていて、一月分31の言葉が掲載されています。

お気に入りのメッセージをいくつかご紹介しましょう。

「たった1センチでもいい前に進もう」
「学ぶことを知っている人は誰のせいにもしない」
「人生は成功も失敗も五分あきらめないことが肝心」
「こんなところで終わっていいのかよ!」

15歳で単身ブラジルへ渡り、W杯直前でメンバーから外れ、約30年走り続けているKAZUの言葉には重みがあります。
単純と思われるかも知れませんが、カズの言葉に毎日背中を押されている気がします。
今年20周年を迎えるJリーグでどんな活躍を見せてくれるのか、どんな名言が飛び出すのか今から楽しみです。


<< [-10] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] >>

TOP(全件表示)