今月
2018年04月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
       
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   表示:検索結果は126件です。
<< [-10] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] >>

2011年11月28日(月) |  決戦!この豚野郎ラーメン
 
水野善公
先日、今日ドキッで、麓郷舎 字(中央区南8西6)というラーメン屋さんを中継しました
その時にいただいたラーメンがあまりにも強烈だったので、ぜひじっくりと食べてみたい!と思い、個人的に行ってきました!
その“強烈な”ラーメンの名は「この豚野郎ラーメン」
名前だけでも何だかすごそうですよね!
さらに、お店の特徴として、野菜、背脂などを無料でトッピングすることが可能!
実際、”すごいラーメン”だとはわかっているものの、野菜をトッピングしてもらうことにしました!
そして、出てきたラーメンがこちら
どうですか、このボリューム!
これでもか!というぐらいのお肉が!!!!!
別角度からも、どうぞ!
中には、こんな塊まで!
驚くしかありません
あまりにも量が多いので、ラーメンの器の下には、大皿が!
その皿に肉と野菜を取り分け、“本体”を食べていくというのが、この店のスタイルです。
さあ、いよいよ「この豚野郎ラーメン」との熱い戦いの幕開けです!
まず、麺を“掘り起こす”作業から始まります。麺は太麺で、うどんのような感じですね
麺がしっかりしていて食べ応え十分!味噌を頼みましたが、肉汁や野菜などからもしっかりとエキスが出ていて、やや濃い目の味で私は好きです!

最初は順調に食べていたもの、中盤からは汗が噴き出し始めます

“試合開始”から20分ほどしたところで、いよいよお腹がいっぱいになってきます

それなのに、器にはまだお肉が・・・
試合開始からおよそ30分。これ以上は限界!となり、水野限界満腹指数到達で「この豚野郎ラーメン」が見事、勝利をおさめました!

しかし、時間が経つごとに、お肉がスープになじんで、また深い味になるなど、最後まで飽きさせないラーメンに大満足!
次回の決戦を楽しみに店を出たのでした!


2011年11月01日(火) |  感激!“2度目”の三冠!
 
水野善公

世紀の瞬間を見ることができました!
先日、競馬のオルフェーヴルがディープインパクト以来6年ぶりとなる三冠を達成しました。
50年以上ある長いJRAの歴史でもまだ7頭しかいないという快挙です。
その現場に、幸運にも立ち会うことができたのです!

菊花賞が行われた京都競馬場には、6万人を超す観衆が・・・
パドックで、オルフェーヴルをおさめるのも厳しい状況でした!

実は、私、6年前のディープインパクトが三冠を達成した時も、京都競馬場で観戦していて(大阪で行われていた研修が終わって競馬場へ直行)、6年間で2度も歴史的瞬間を体感することができました。

三冠は2歳馬が、皐月賞、ダービー、菊花賞という3つのレースをすべて制することが条件で、競走馬にとって一生に一度しか、チャンスがありません。

それだけに、三冠がかかったレースは独特の緊迫感(野球で言えば1点リードの9回2アウト満塁、最後の守備のような)に包まれ、場内はほぼ総立ち。

観衆が一体となって見守り、三冠達成のゴールの瞬間といったらもう拍手、大歓声に包まれ、その興奮はたまりません!

また、しばらくはお目にかかることはできないと思いますが、次に三冠がかかった馬が登場すれば、こりゃもう見に行くしかありません!
そうなったら、また書きます!

2011年10月05日(水) |  今日ドキッ中継
 
水野善公
9月をいっぱいをもって、『グッチーの今日ドキッ』内の月〜金での中継は一区切りをつけることになりました。
私は水、木、金と担当しましたが、木曜日の楽しみは、奥様方と行う「旬感チェック」のゲームコーナーでした。最後は残念ながら、5万円へのチャレンジタイムに突入することはできませんでしたが、放送終了後、抽選会などを行って交流を深めました。
来ていただいた方、ありがとうございました!また、やりたいなあ!
今日ドキッ中継、10月からは基本的には金曜日の週1回となります。
私は隔週で出ます。火曜日はブラボーコーナーも担当しますよ!
10月からも、よろしくお願いします!


2011年09月08日(木) |  女性アナウンサー風日記
 
水野善公
こういった日記を書くにあたり、私は日々、日記を更新し続ける女性アナウンサーの書き方を参考にすることがあります。見ていると本当に勉強になります。
「こんなおいしいお店を発見しました!」「○○へ旅行に行って来ました!」「映画○○を見て来ました!」・・・
よくもそんなにネタがあるなと思うし、その都度、よく自分で写真を撮っているなと感心させられます。文にオチもつけるし。

でも、時々、「先日、髪を切りました」「ネイルアートをしました」「○○料理にチャレンジしました」などなど、「そんなことまでもネタになるのか!」と思うことも!
いかに自分自身、日々の行動に関心がないのか、また、ネタはあるはずなのに気づけない自分の浅はかさに反省させられます。

そこで今回は、女性アナウンサーを見習おうと、女子アナ風日記に仕立て、何気ない私の日々の活動を報告します。
水野善公
先日、髪を切りました!
いつも美容師さんにお任せするのですが、ビシッと切ってもらいました。
私は、伸びるのが早く、しかも、横髪がボワッと広がるのが特徴。すぐにライオンのようになってしまいます。
カットへ行っても、美容師さんから、「横髪を押さえるようにセットしてくださいね」と念をおされる始末。ああ、いっその事、横髪が伸びなければいいのに・・・なーんて、とは言うものの、髪はふさふさであってほしいのでした!

先日、爪を切りました!
爪はよく伸びるのですが、仕事柄、指先がテレビに映ることも多いので、なるべくこまめに切るようには心がけています。
が、時々忘れてしまうことも。で、そういう時に限って試食リポートがあり、手元がアップで映ってしまい、モニター画面を見て「アチャー!」。
マメな人の、爪の垢を煎じて飲みたい今日この頃でした・・・

と、書いては見たものの、私がする芸当ではありませんでした。自分で書いていて腹立たしくなってきました。
私は私らしく、次回は背伸びせずにがんばります。


2011年08月12日(金) |  母校よ今年もありがとう!
 
水野善公

毎年、この時期になると、気になって仕方ないのが、高校野球の母校の結果。
私は十勝の広尾高校の出身ですが、今年はなんと6年ぶりに北大会へ進出したのです!
自分たちの代は行くことはできませんでした。しかも今回は部員わずか13人で出場したということで、本当に立派だと思いました!

そして、今回、運よく、休日と試合日が重なったので、なでしこジャパンを見終えた後、車を走らせ、旭川スタルヒン球場まで応援しに行きました。
ところが・・・

結果は17−0の5回コールド負け。いやあ、遠軽は強かった!
しかし、広尾の選手たちは見せ場もあったし、よく頑張りました!
何より、旭川まで行かせてもらえてことに感謝感謝です。

高校野球には毎年、教えられます。
甲子園を目指す選手たちの頑張りを「伝える側」になってから7年目。
甲子園を「目指す側」の立場に立って、改めてその魅力に気づかされました。
母校よ今年もありがとう!


2011年07月17日(日) |  ああ登山
 
水野善公
先日のアナウンサー日記で、高橋アナも掲載していましたが、先月、札幌岳(1293m)に登りました!
登山経験は去年「今日ドキッ中継」で登った円山(225m)ぐらいで、ほとんどなし。
でも、まあ、たまには体を動かすにはいいかなと思い、登りました。

最初は、景色や会話を楽しみながら、実に楽しいひとときだったのでした。しかし、登山から1時間ほど経過して一変。私にとっては想像以上の傾斜と岩の連続で、足腰に相当疲労が・・・しかも、登山中は全く気づかなかったものの、休憩中、顔面に複数の虫さされを発見!これはさすがに、企画発案者の高橋アナにまんまと騙されたと思いました(笑)

それでも、パーティーリーダーからいただいた虫さされ薬を塗るとあっという間に腫れが引き、気持ちも晴れやかに。
片道3時間ほどかけて、登頂に成功しました!
山頂からの景色、空気はお見事で、山ガールが増えているという訳もわかったような気がします。ただ、やはりしっかりとした準備や、登山経験者がそばにいないと危険で、安易に登ってはいけないことも勉強になりました。
今度は入念な虫さされ対策を講じて、夏山にトライしたいと思います!

2011年06月21日(火) |  思い出の神宮
 
水野善公

先日、ファイターズの交流戦で神宮球場へ行きました。
ベンチリポートの仕事でした。
私にとって神宮は思い出の地。
大学時代、バックネット裏の最上段で実況練習をしたり、スタンドで声を張り上げ、応援したりしました。
大学卒業以来7年ぶりに訪れた神宮は、芝の張り替えなどはあったものの、球場内は当時と全く変わっておらず、ほんわかとした雰囲気が妙に落ち着きました。
ただ、ベンチリポートした3塁側は、椅子に座ると試合を見ることができなかったので、ずっと立ちっぱなしに。
それでも、ベンチが近く、その様子がよくわかったし、外の気持ちいい空気と歓声を肌で感じながらリポートすることができ実に心地よかったです。
しかも、その日はファイターズの連続イニング無失点記録更新がかかったゲームで、結果、タイ記録となりましたが、その瞬間は興奮して、思わずガッツポーズをしていました。
しばらく、来ることはなさそうですが、今度は実況席につければ最高です!


2011年05月27日(金) |  初ヘリコプター
 
水野善公
今年のゴールデンウィーク、人生で初めてヘリコプターに乗りました。
『今日ドキッ』内の中継で、「GWスケッチ」ということで、札幌近郊の様子を空からリポートしました。

乗る前は「どのタイミングで酔い始めるのだろう?」と思っていましたが、意外や意外、全く酔うことはなく、気持ちのいいフライトでした。この日はあいにくの雨で、高度をさほど上げることはできませんでしたが、それでも、空からの眺めは最高! 札幌から15分ぐらいで、あっという間に小樽に向かうことができたり、人の動く様子が面白いようにわかったりと、楽しいひとときでした。ドラえもんのタケコプターの気持ちがちょっとわかった気がします(笑)

ちょっと見にくくて恐縮ですが、機内にはモニターがあり、この映像を見ながらリポートします。

これは、リポーターを撮るためのカメラで、機内の天井部分に取り付けられています。ほんのわずかな映像のために、カメラマンが20分ほどかけてセッティングしてくれました。

めったに経験することができないヘリコプター中継。来年もまた機会があれば乗ってみたいと思いました!


2011年05月02日(月) |  手に汗握る、もう一つの攻防
 
水野善公(よしまさ) 

 きのう、ファイターズは延長10回の末、ライオンズと3対3で引き分けました。斎藤佑樹投手の先発もあって、札幌ドームには4万2000人の大観衆が。1点を争う手に汗握る白熱した展開に、ファンの方も大盛り上がりでした。
 ただ、そんなことをよそに、私は冷や汗をかくような一刻を争う緊迫した状況に追い込まれていました。
 きのう、私はラジオ実況でした。ゲームは中盤まで3対1とファイターズリードで進み、気持ちよくしゃべっていました。ところが・・・5回終わりぐらいから、突如、尿意が勃発!それから、私の中ではもう一つの戦いが始まりました・・・
 試合中で「ちょっとトイレ!」とはいかず、実況するも、集中力は散漫に。頼むから、このまま順調に終わってくれ!と思っていたら、6回に同点。“抑える”ために、体が揺れ動きます。
 よし!これで終わる!と思った9回サヨナラのチャンスも逸し、まさかの延長戦に。すると、心が完全に揺れ動き、体じゅうから汗が噴出。もはや実況どころではないぐらい、自分自身がサヨナラゲーム寸前に。
 

 ここで救世主のように現れたのが、今季採用されている“3時間30分ルール”。試合時間が3時間30分経つと、次のイニングには移らないというものです。延長10回に入ったところで、その時間になったため、結局、ゲームは延長10回で終了したのです。
 でも、私の中では、まだまだ延長戦が続きます。放送が終わると、トイレに向かって一直線!が、今季最多となる4万2000人の渦に巻き込まれ渋滞状態。しかも札幌ドームは男子トイレが少ないため、なかなかトイレにたどりつけず、我慢の限界まできて、もう腰がパンパンに。
 そして、脂汗をかきながら、やっとの思いで辿り着き、ついに・・・ゲームセット。
私の4時間ゲームが終わりました。
 ただでさえ普段から反省点が多い実況なのに、果たして、きちんと伝えられていたのか・・・聴き直すのが怖いですが、聴いていただいていたリスナーのみなさん、恥ずかしながら、そんなことがあったのです。
 原因はお茶の過度な摂取だと思われます。普段から試合前や試合中の飲食物には気をつけてはいるつもりですが、きのうは序盤から声がかすれ気味だったこともあり、飲む量が多く、ペースも速すぎたのです。
 そういえば、試合前に、とある人から「実況前に気をつけることは何ですか?」と尋ねられ、「トイレにいかないようにすること」と答えていたのでした。5月1日、斎藤佑樹投手のプロ入り3試合目は忘れられないう日になりそうです。
(写真はHBC内のトイレです)

2011年04月07日(木) |  斎藤佑樹投手のすごいところは“7秒43”
 
水野善公(よしまさ) 

震災の影響で延期となっていたプロ野球。いよいよ12日からスタートします。
実況陣にとっても、待ちに待った開幕です。

 私は今から興奮が抑えきれません。というのも、今季ラジオ初実況となる4月17日(日)のロッテ戦に斎藤佑樹投手が初先発しそうだからです。 
 私自身これまで、斎藤投手の登板日は3月6日と4月3日の2度実況したのですが、まさかプロ初先発も当たるとは・・・まあ、あくまで“予定”なので、なんとも言えませんが、想像するだけでわくわくします。

 実況してみての印象は、「とにかくテンポがいい」ということです。基本的に実況では、「ピッチャー○○、第○球を投げました」と言ったら→@球種→Aコース→B高低→Cストライクかボールか→D球速Eカウント整理→F投球動作開始でしゃべり始める 

という順序で実況しますが、斎藤投手の場合はこのEとFの間が実に早い! 同じファイターズの選手だと、ケッペル投手に匹敵するテンポの良さで、試合がポンポン進み、実に実況しやすいです。

3日の試合で解説した新谷博さんは「しゃべりやすいピッチャーはいいピッチャー」ということをおっしゃっていました。テンポが悪いと守りのリズムも狂うが、斎藤投手の場合はそれがないということです。

実際に測ってみました。ある回の先頭バッターに対する投球で、1球目を投げ終わってから、2球目を投げ終えるまでの実況する時間を測ってみると、斎藤投手は「7秒43」だったのに対し、相手ピッチャーは「9秒28」でした。

必ずしも、テンポが早いことがいいとは限らないとは思いますが、確かに、斎藤投手が投げる時には必ず好プレーが多く生まれています。阪神戦以外では好結果を残しているその裏には味方の好守備があり、その要因には斎藤投手の投球テンポの良さがあるのかもしれません。

 開幕まであとわずか。17日に斎藤投手が登板するかどうか定かではありませんが、テンポにしゃべりがついていけるよう、準備を続けます!(17日のラジオ中継は新谷博さんです)


<< [-10] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] >>

TOP(全件表示)