今月
2018年01月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
       
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   表示:検索結果は129件です。
<< [-10] [8] [9] [10] [11] [12] [13] >>

2011年06月03日(金) |  34年ぶりのヒット!
 
卓田和広
先日、HBCテレビ「グッチーの今日ドキッ!」班の仲間でソフトボールを楽しんだ。
ゴルフは年に1、2度プレーすることはあるものの、野球となると(ソフトボールだが)入社した年に朝野球に参加して以来21年ぶりである。
当日は、何とグラウンドまで貸切バスをチャーター!
凄い気合の入れようではないか。
チームはキャスターの2人が監督を務め、グッチーさん率いる「ブラボーズ」と、室谷アナ率いる「ケッパレーズ」に分かれた。
私は室谷アナ率いる「ケッパレーズ」に所属。
・・・と言っても我がチームの室谷監督は、プレーはもちろん選手への指示も無し。ただ観戦しているだけだが。
さて試合は、元高校球児・水野アナや、途中参加のHBC野球解説者・ガンちゃんこと岩本勉さんなど、反則級の強力メンバーを揃えた我らが「ケッパレーズ」が圧勝!
私も、新庄選手のレプリカ・ユニフォームを着て大ハッスル。「7番・センター」で出場した上、「お〜っと、卓田、バットの先っぽ!」など、自ら実況もしながらプレー。5打数2安打と勝利に貢献(?)した。
21年前に草野球に参加した時にはノーヒットだったので、ヒットを打ったのは少年野球チーム「宮古ジャイアンツ」に所属していた頃の小学6年生以来、実に34年ぶりの快挙である。
試合後には、ジンギスカンでお腹を満たし大満足の1日であった。

もちろん、翌日以降、わき腹、腰、ヒザ、ふくらはぎなど全身筋肉痛に悩まされたのは言うまでも無い。やはり普段から体を動かしておかないと・・・急な激しい運動は禁物である。

2011年05月09日(月) |  解体OK
 
卓田和広
先月末、実家のある岩手県宮古市に帰省してきた。
東日本大震災で大きな被害を受けた地域のひとつでもあり、心配してくれた多くの知人からも震災後連絡を頂いた。
私の親は、すでに兄の住む横浜に引っ越していて実家は無人になっており、叔父も高台に住んでいたため親族は無事であったが、実家のある市中心部まで津波が到達しており、床上浸水の被害を受けていた。
今回の帰省の目的は、浸水の被害を受けた実家の整理であったが、市の中心部からはすでに瓦礫は撤去されており、一見、普段どおりの風景に感じられた。
しかし、実家に到着して見ると、家には「解体OK」の文字が・・・
実は、修復して住むことが困難と思われる家で解体を希望する家屋は
「解体OK」とその意思表示を明確にしておけば、市がその家屋を撤去してくれるということで、市内のあちこちに「解体OK」と記された家屋が見られた。
そして我が家も、現地の叔父と相談し、市に撤去をお願いすることにしたのだ。
一見、特に大きな被害も無さそうな我が家。
しかし、中に入ってみると、外見からは想像もできない惨状であった。
どうやら1.4m程度の高さまで津波が来たようで、一階の床は泥だらけ。畳は捲れ上がり、タンスなどの家具も倒れていた。
誰も住んでいない家を高額な修復費をかけて治すのは困難・・・
市に撤去をお願いするという苦渋の判断も仕方ないか。
一方、実家から車でわずか10分ほどの鍬ヶ崎地区。
こちらは街の面影は全く残っておらず
瓦礫の山・・・
実家から200mほどの向町地区に残された家の壁にはこんなメッセージが・・・
この時初めて、今でも故郷の海を愛している自分と、実際に恐ろしい体験をしてしまった地元の被災住民との間に、まだ心の隔たりがあることを実感。
でもやはり、故郷の海は皮肉なほど綺麗で・・・
瓦礫の脇の桜は、去年と変わらない綺麗な花を咲かせていた。

いつの日か、また故郷の仲間と笑って昔話ができる時が来れば・・・
そう願って三陸の地を後にした。

2011年04月14日(木) |  小さい春
 
卓田和広
歩いて20分かかる駅まで久々に徒歩通勤!
歩道の雪もすっかり融けて快適に歩行可能!
おっ!ふきのとう発見!
美味しそう・・・いや、可愛らしい。
こちらも満開!
クロッカスかな・・・

これはオマケ!
我が家の木にボケた林檎を刺して置いたら
ヒヨドリらしき鳥が早速やってきた。
食べ物の在り処を即座に嗅ぎつける抜群の嗅覚!
コイツ、他人とは思えない・・・


2011年03月10日(木) |  ファイターズキャンプ取材2011
 
卓田和広
もう10日あまり経過してしまったが、2月19日から27日まで
ファイターズ沖縄キャンプを取材に行ってきた。
「佑ちゃんフィーバー」はもちろんだが、
それぞれの目標に向かって選手たちが汗を流している姿を見を見たり
話を聞くことができ、
シーズンの中継に向けて非常に有意義なものとなった。
そこで、今年の沖縄キャンプ取材で「特に印象的だったものトップ3」を
2週間後に迫った開幕に向けた総括として挙げてみたい。

第3位 「ソーキそば定食」
沖縄と言えば外せないのが沖縄そば。
ボリュームもたっぷりです!

第2位 「ソーキトマト煮定食」
これは今回初めて食べたのだが
イタリアンと沖縄のコラボっぽい感じで
とても美味しかった。新発見。
第1位 「佑ちゃんスタミナ丼」
やっぱり時代に乗ってこちらのメニューも大人気!
連れのディレクターが注文したものだが
かなり美味しそうだった。
以上が私の「2011ファイターズ沖縄キャンプリポート」である。

え?野球のリポートが無いって?
取材はちゃんとして来たので
その成果はHBCのファイターズ中継でぜひ確かめていただきたい。

2011年02月13日(日) |  どこでも雪まつり会場に!
 
卓田和広

2月9日から、HBCの玄関前に可愛らしい「謎の雪だるま」が出現している。
実はこれ、全部HBCテレビ「グッチーの今日ドキッ!」の出演者がつくったものである。
この番組の特集でお世話になっているシャンソン歌手・嶋保子さんが語ってくださった夢
「雪だるまで街をいっぱいに!」
雪が降る街だからこそ、雪をもっと楽しみたい
雪まつりの期間中くらいは札幌市民が自宅やオフィスの前に雪像や雪だるまを飾っては?
そんな思いに、グッチーさんら「今日ドキッ!」の出演者が賛同して作ったものである。

グッチーさんも参加
こちらは堀啓知アナウンサー
関博紀アナウンサーの作品!
そして、雪だるまの前で記念撮影する
私、
卓田和広
なかなかの完成度にご満悦の様子・・・
え?「お前の雪だるまは?」って?
おっと失礼。
私は当日ラジオの生放送がありまして欠席・・・
すみません。
お詫びに去年11月に我が家でつくった雪だるまをご覧頂こう。
ぜひ皆さんも、家の前や会社、学校などの前に
雪像や雪だるまを作って
「どこでも雪まつり会場」を増やそうではないか!

2011年01月19日(水) |  ひぃ〜!
 
卓田和広

年明けからひどい雪である。
今年に入ってから雪かきばかりしている印象だ。
朝の雪かきが当たり前になってきたので、朝、起きて昨夜からの積雪が無いと非常に得した気分になる。
この日の私も、朝起きて、淡い期待を胸に抱いていた。
何となく外は明るそうだ。遠くで除雪車らしき音が聞こえたような気がするが、気のせいかも知れない。
弱気は最大の敵!まず自分の心を強く持たなくては!
「大丈夫!雪は積もっていない!」自分に言い聞かせながら恐る恐るカーテンを開けると・・・

ひ〜!めっちゃ積もってるわ〜!

物置の屋根も・・・

テーブルも・・・
キノコのよう・・・

よって今日も・・・

いい運動になった!
しかし痩せないのは何故だろう・・・

2010年12月25日(土) |  これ誰?
 
卓田和広
ただ今、30日の「本番」に向けて練習中!
今日は本番のメークを試してみた。
これって・・・いったい誰?
答えは30日正午からHBCラジオで放送の
「カーナビ紅白歌合戦」をお楽しみに!
また、その日の深夜1:25分からはテレビでも放送されるので
こちらも乞うご期待!

2010年11月30日(火) |  今冬初の雪見露天風呂!
 
卓田和広

先日「グッチーの今日ドキッ!」のロケで、雪の露天風呂を取材した。
まだ札幌近郊では積もっているところは少ないので、美瑛、上富良野方面に行ったのだが、この辺りはもうすっかり雪景色で、真っ白な景色を眺めながらの入浴を堪能した。

特に見事な雪景色だったのが、十勝岳温泉の「凌雲閣」という温泉で、標高1280mと、北海道でもっとも高い所にある温泉宿として知られている。私も、最近は街をぶらぶらするロケが多く、およそ2年ぶりの入浴シーン撮影だったので、久々の開放感を満喫させてもらった。
そして、ロケ終了後に記念撮影したのが左の写真である。
いちばん右が私である。
え?「それは別人だろ!」って?
はい。失礼しました。これは今から20年前、新人の頃に同じ凌雲閣の入浴シーンを撮影した後の記念写真でした。
現在の私は・・・テレビではすでに22日に放映されてしまったので、見逃した方は勝手にご想像願いたい。
実は今日、20年の永年勤続表彰を受けた私だが、こんなところにも年月の流れを感じる今日この頃であった。

2010年11月05日(金) |  雪と落花生
 
卓田和広
10月26日、札幌は初雪を観測した。
早速、雪が融けないうちに「初雪だるま」を制作。急いで作ったので見てくれはイマイチだが、それなりに愛嬌はある。
さて、先日妻が知人から「なま落花生」を貰って来た。
どうやら庭で収穫したモノらしいが、こういった状態の落花生を見たのは初めてである。それにしてもどうやって食べたら良いのか?
色々調べたら、採れたての落花生でしか味わえない「塩茹で」が美味しそうなので早速塩茹でに。
茹で上がった落花生を剥いて見ると、軟らかい種が出てきた。普段見るピーナッツよりも白っぽい感じがする。
食べてみると・・・これがメチャクチャ旨い!
食感はしっとりして軟らかく、噛むと少し「シャリッ」とした感じもあり、甘みが口に広がる。これはビールのお供に最適だ。
日々寒さは増すばかりだが、その季節ならではの楽しみも良い。

<< [-10] [8] [9] [10] [11] [12] [13] >>

TOP(全件表示)