今月
2019年06月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   表示:検索結果は128件です。
<< [-10] [8] [9] [10] [11] [12] [13] >>

2011年05月13日(金) |  北見観光大使に就任!
 
山内要一

私山内のふるさと、北見市の北見観光協会から、突然、大変なお話が舞い込んで来た。
なんと、私山内要一が、「北見観光大使」を務める事が決まったのだ!

女優の沢田亜矢子さん、カーリングの小笠原歩さんなど、既に北見観光大使を務めていらっしゃる、錚々たる面々の中に加えて頂けるのは、大変ありがたくもあり、恐縮をもしてしまう・・・。

で、私が担当するHBCラジオ「山ちゃん美香の朝ドキッ!」に、北見市の小谷毎彦市長が、直々に辞令書を持って、来て下さるというのである!!
しかも、リスナーさんのためにも、たくさん北見からプレゼントも持って来て下さるという・・・。
詳細は、5月17日(火)の午前9時からの生放送「朝ドキッ!」を聞いて頂きたい。
・・・という事ですので、今後、我がふるさと北見のPRをあらゆる場で行なっていく所存でございますので、皆様、よろしくお願い致します!!


2011年04月18日(月) |  バスケの桜井良太選手が来たぁ〜!
 
山内要一
私山内が担当するHBCラジオ「山ちゃん美香の朝ドキッ!」にまさにビッグゲストが来て下さった!
北海道バスケットボールクラブの桜井良太選手だ!!
身長194センチ・・・「朝ドキッ」をお送りしているHBCラジオ第2スタジオの上にある蛍光灯etcが、こんなに高くない位置にあるのか!・・・と感じさせた瞬間でもあった。
あれだけスタジオの天井の頭上注意を促したのは、HBCに入社以来初めての事だ。

桜井選手のガンガン、シュートを決めるシーンはおなじみであるが、実は意外にも、せんべいと梨が大好きである事も明かしてくれた。
気は優しく、逞しい素晴らしい選手だ!

その桜井選手らが立ち上がって、4月10日には、札幌の「北海きたえ〜る」で東日本大震災チャリティーイベントを行なった。
オークションと募金で合計174万3734円が集まったそうだ。
これからも、被災地の方たちをも元気づけるプレイを、見せ続けてくれそうである。

2011年03月24日(木) |  ファイターズ沖縄取材に行ってきた!
 
山内要一
今年も、ファイターズ沖縄・名護キャンプの取材に行って来た!
2月18日のHBCラジオ「山ちゃん美香の朝ドキッ!」の生放送を終え、そのまま名護へ。
20日は、注目の斎藤佑樹投手にとって初めてとなる、国内球団相手の対外試合登板(ヤクルト戦)を果たす予定だったが、残念ながら腹痛を訴えて、登板回避・・・しかも、その試合自体も雨で流れてしまうという結果になってしまった・・・。
肉眼で斎藤投手の実戦での球を見たかったが・・・まあまあ、まだまだこれから見る機会はたくさんあるはずである(←と自分を励ます・・・)。
しかし、そんな中でも、斎藤投手以外にも、注目すべき事がたくさんあった。
19日の紅白戦では、中田翔選手が、右中間スタンドへ特大アーチ!
その他、フリーバッティングでは、新加入のホフパワー選手&松坂選手の度肝を抜く打球が目を引いた。
今年のファイターズの頼もしさを、さらに実感した。
ファイターズ沖縄取材に行ってきた!
山内要一
そして、今年もやって来ました!
「朝ドキッ」の名護キャンプ生リポートを・・・!
午前9時からの生放送である事をいい事に、「今、○○選手は何をしているのか」を、リスナーさんのリクエストにお答えして、私山内が、生描写するという物だ!
しかし、2月21日の名護は雨が降ったり止んだり・・・選手達は、「パックマン」で10面クリアした時のモンスター以上に、読めない動きとなり、あちこちへ移動しながらのバタバタ中継となってしまった。
しかし、これが許されるのが、「朝ドキッ!」なのだと言っても、過言ではなかろう。

ちなみに、今回、掲載する写真は、2枚とも、同時期に、名護で取材をしていた、卓田和広アナウンサーが撮ってくれたモノだ!
後ろ姿の写真は、はっきり言って、私本人が気付いていないのをいい事に撮られてしまった・・・。

2011年02月17日(木) |  マイコレクションの続行中!
 
山内要一
以前にもここでご紹介したが、私山内は、長年、新聞の号外をコレクトしている。
古くは、「北海タイムス」から出たモノもある。

以前、ご紹介した時から、さらにいろいろな号外が出た。
政権は交代し、オリンピックでの日本人選手のメダル獲得、北大・鈴木名誉教授のノーベル賞受賞など・・・数えきれない!
マイコレクションの続行中!
山内要一
ここで、ご紹介してから、わざわざ号外を私のところに送って下さる方もいらっしゃる。
本当にありがたい事である。
HBC内でも、最近は読み終えたら、私のアナウンス部のデスクの上に黙って置いてくれるようになった。

時に見返すと、号外はその頃の時代背景やその頃の自分は、どういう生活をしていた・・・など、思い起こす事もできるのだ。
これこそが、私の号外収集熱を駆り立てる最大の要因であろう。

もしお手元に不要になった、号外があったら、決してすぐには捨てず、一歩踏みとどまって、山内の事を思い出して頂ければ幸いである。

マイコレクションの続行中!
山内要一
ちなみに、今回、私の写真を、高い位置からこだわって撮ってくれた、佐々木佑花アナウンサーのカメラを持つポーズが、かつての人気ドラマ「プレイガール(主演・沢たまき)」以上の、まさに号外モノの魅力を醸し出していたので、ここに掲載する。

2011年01月23日(日) |  しずおかフェア
 
山内要一
静岡県の魅力をもっと知って頂くイベント「しずおかフェア」が、イオン札幌発寒ショッピングセンターで行なわれ、私山内も参加させて頂いた。
私が参加したのは、「北海道vs静岡・お国自慢トークバトル」だ!
ステージ上で、私が北海道の魅力を、そして静岡のFM放送局K−MIXパーソナリティーの神谷幸恵さんが、静岡の魅力をそれぞれ紹介してバトルを演じるというもの・・・。
しずおかフェア
山内要一
バトルとはいうものの、どこか私自身が、静岡の魅力をたらふく体感した感じであった。
静岡といえば、富士山、浜名湖のウナギはもちろんのこと、B級グルメの富士宮やきそば、静岡おでんなる物があり、私と同い年でもある戦場カメラマンの渡部陽一氏が、静岡出身である事も、初めて知った。
富士宮やきそばは、実演販売もされていた。
麺は太めでモチモチ感があり、あっさりしたソースの味が良かった!
しずおかフェア
山内要一
神谷さんや、司会の梶山美佐さんには、北海道の魅力も実感して頂けたようで、寒さと、粉雪が積もっている情景に感嘆の声を上げていた。
そして、神谷さんは、帰りにバター飴を買っていた。
静岡県には、富士山静岡空港もでき、大変行きやすくなった。
魅力満載の静岡に、あなたも行ってみては、いかがであろうか。

2010年12月29日(水) |  2010年を振り返って
 
山内要一
この日記が掲載される12月29日、小生38回目の誕生日を迎えた。
同じ1972年生まれで38歳のファイターズの稲葉篤紀選手、女装タレントのマツコデラックス氏、戦場カメラマンの渡部陽一氏などが、素晴らしい活躍を見せた2010年だった。
さて、私山内が担当するHBCラジオ「山ちゃん美香の朝ドキッ!」もスタートして、おかげさまで1年3ヶ月になる。
この「朝ドキッ!」がどんな一年だったか・・・書こうと思ったのだが、実は、これを聞いて頂ければどうだったかがわかる番組をお送りする事になったのだ。
大晦日12月31日にお送りする「朝ドキッ!NG大賞」だ!
2010年の一年間ではなく、下半期だけのNGを振り返るのだが、私山内の40倍の数のNGを田村美香さんが出してくれたおかげで、膨大な量に上っている事が判明。
その中の選りすぐりのNG(?)をたっぷりお送りする事となった。ぜひ爆笑して頂きたい。
大晦日の朝9時も「朝ドキッ!」の一年の締めくくりとしてお付き合い頂きたい。


2010年12月04日(土) |  稲葉選手&糸井選手インタビュー
 
山内要一
今年3月に発売したファイターズ稲葉篤紀選手のDVDの、第2弾が、来年春に発売される事になった!
そこで、先日、稲葉選手と、そして糸井嘉男選手にも協力を頂き、北湯沢の湯元名水亭で、インタビュー収録を行なった。
そのインタビュアーを私山内が務めさせて頂いたのである!

かなりのリラックスムードだったため、ついつい仕事という事を忘れるほど、大変楽しいインタビューであった。
DVDの中では、2010年シーズンをマジメに(?)振り返る部分もしっかりある一方、かなりプライベートなどにも迫った、他では聞けないかもしれないインタビューも入る事になりそうだ!!

2010年11月09日(火) |  森昌子さん生登場!!
 
山内要一

私山内が担当している、HBCラジオ「山ちゃん美香の朝ドキッ!」で、毎週「輝く!日本レコード大賞!新人賞ヒストリー!」のコーナーをお送りしている。
実際に曲をかけながら、その歌手や時代の話を、私と田村美香さんで、好き勝手に話すコーナー・・・となってしまっているのだが・・・。
そこでなんと、このコーナー始まって以来の大事件が起きた。

まさかの森昌子さんご本人が登場!
1972年の新人賞を受賞した当時のお話などをたくさん聞かせて下さった。
ご承知の通り、森さんは、「せんせい」でレコ大新人賞を受賞!
緊張のあまり、当時その場で歌った事などは、あまり覚えていないそうで・・・それもそのはず!当時はまだ中学生だったのである。
苦労している方は、本当にいい方が多い。
森昌子さんも、いろんなお話をして下さった。
最後に握手をさせて頂いたが、その手は暖かく柔らかだった。
森さん、本当にありがとうございました!


<< [-10] [8] [9] [10] [11] [12] [13] >>

TOP(全件表示)