今月
2017年08月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
       
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   表示:2015年05月(26件)
<< [1] [2] [3] >>

2015年05月19日(火) |  春から初夏へ
 
管野暢昭
大型連休のど真ん中、満開の桜に見送られるように旅立った父。今年が7回忌でした。ところが、開花が平年よりも10日以上早く、法要の頃はすでに葉桜。「早すぎて残念だったね」と思わず遺影に話しかけると、バツの悪そうな表情に変化した気がしました。久しぶりの実家で、ついつい見入ってしまったのがアルバム。唯一の趣味がカメラだった父は、多くの家族の写真を残してくれています。その中の1枚がお祭りのスナップ。たぶん3、4歳の頃。50年以上も前の私でした。節句や学校行事など、季節のイベントに熱心に参加し、節目節目には必ず「証拠写真」を撮影してくれていました。今更ながら頭が下がります。札幌では市の花であるライラックまで開花を早め、初夏を迎えようとしています。1か月後には北海道神宮の例大祭。お祭りの頃の1枚を見ながら、今年は沿道から神輿渡御を見物しようと決めました。

2015年05月17日(日) |  ほんとに、もう。
 
桜井宏
ラジオ「朝刊さくらい」の桜井宏です。 『強きを挫き弱きを助ける』がコンサのモットーではありません。しかし、我らがコンサドーレ札幌は今年もその線を狙っているかのようです。 首位のジュビロ磐田に3対0の完封勝ち。5月3日の札幌ドームのコンサはかっこ良かった。J1昇格はコンサドーレ札幌だと確信するゲームでした。 ところが、その次の札幌ドームのコンサはかっこ悪すぎ。5月9日の試合です。21位だったロアッソ熊本に2対3のまさかの敗戦でした。しかも後半の途中まで0対3とオーマイゴットの展開。 今シーズン7ゴールしか挙げていなかった熊本に3点の大量失点。都倉の2ゴールで追い上げたものの熊本に今シーズン2勝目をプレゼントしてしまいました。 『強きを・・・・・』のコンサにとって次の試合もドキドキです。16位のザスパクサツ群馬です。 試合は今日の午後1時からです。大丈夫かな。 早く強いチームと対戦してほしい。 ちなみに写真は熊本戦の試合前に撮ったものです。 私にも気持ちの緩みがありました。ゴメンナサイ。

2015年05月16日(土) |  桜満開!八雲キャンプ
 
小川和幸

北海道で、
GW前半に満開時期にめぐり合うのは…
めったにありません。

でも、今シーズンは、
満開の桜を見ながら、
キャンプが出来ました。
各地の桜まつりの日程と開花が合わず、
関係者の方は大変だったと思いますが、
キャンパーには最高の大型連休になりました。

行った先は、八雲町。
高規格のキャンプ場に行く前に、
高速降りてすぐの所にある
「遊楽部公園」に寄りました。
咲き誇る桜が、私たちを出迎えてくれました。

桜で気分が盛り上がったところで、キャンプ場へ!
キャンプ道具を設置して、
お腹をすかしたら…BBQ!
肉です!肉です!妻に怒られたから野菜です!
外で食べるのは、美味さ倍増ですね。

盛り上がったキャンプの締めは…
“炎”ですよ。
火を見つめながら炙る“マシュマロ”…美味しゅうございます。
火を見つめながら飲む“コーヒー”…美味しゅうございます。
火を見つめながら、ぼそぼそと話す“たわいもない話”…
内容は無いよう…ですが、なにか心に沁みます。

あ〜、キャンプって良いですね…。
もちろん、仕事のための休養ですよ。


2015年05月14日(木) |  春から初夏へ
 
卓田和広
今年は季節の進み具合が早い。例年5月下旬に見ごろを迎える八重桜が、早くも満開。
白石サイクリングロードの白樺も青々と葉が生い茂っている。
ライラックも例年より早く開花…
こちらは、3日前「卓アキぶらりサーチ」のロケで訪れた南区の住宅のお庭にあった八重桜。
「関山」という品種だそうだが、大輪の花をこんもり咲かせていて見事だった。
そして、アリさんも地中から這い出して来て動きが活発に。ちょっとアップで撮り過ぎて気持ち悪いが、まさに札幌はベストシーズン。早くも初夏が近づいている感じだ。

2015年05月13日(水) |  札幌ディープ 56 鳥魚
 
鎌田 強
 この店の名前をわたしは30年間も
間違って覚えていた。30年前わたし
をこの店に誘ってくれたのは気象協
会の粋人だった。いつも明るく軽妙
洒脱な気象解説は人気を博していて
同僚にも信頼の厚い人だった。その
Mさんがこの店を「とりさかな」と
呼んでいた。待ち合わせは5時から
5時半の間。それを過ぎると「いつも
の席」に座れなくなる。郊外にあり
ながら相当に込み合う店だった
 この「とりさかな」が「とりうお」
であるということを知ったのはつい
1か月前のことである。久しぶりに
この店に立ち寄ったわたしは勇気を
振り絞りこの店の名前を女将さんに
聞いたものだ。すると少し同情気味
に「とりうおですよ」と教えてくれ
たのだ。ただ、わたしとしてはMさ
んの「とりさかな」という呼び名が
気に入っている。
 日本語的には「とりうお」という
読みが正当だろう。「さかな」も
訓読みだけれど「魚」を「さかな」
と読むようになったのは新しい。
 酒のつまみに魚を多く食べていた
大和の国ではいつしか酒の肴が酒菜
にそして魚になった。だからわたし
が長年にわたり使用してきた「とり
さかな」は鳥のほかにいろんな酒菜
がありますよ、というイメージが
「とりうお」よりは強いのではない
かと思う。そして、まさにこの店は
期待を裏切らない店なのである。
晩酌御殿 居酒屋 鳥魚
札幌市中央区南14条西7丁目行啓通沿い
011-531-7627

追伸。
5月10日 第5回縄文探検隊の課外活動で
北大植物園に行った。ここには擦文の竪穴
住居跡がある。札幌には縄文、擦文の遺跡
が数多い。そこでわたしは思った。ディープ
なお店を頑張って発掘するぞー!!


2015年05月12日(火) |  おやつのはなし
 
宮地麻理子
毎日番組が終わった後、
翌日のテーマをうんうん言いながら考えています。

たくさんの方が「しめしめ♪」と投稿できて、
かつ聴いて下さる皆さんが「ヘー」「だよね〜」となるようなテーマって結構難しい。
幅広い年齢のリスナーさんがいらっしゃる朝帯は、昼や深夜とはまた違ったむずかしさがあるんです。

最近大当たりだったのは5月5日こどもの日。
テーマは「あなたの子どものころのおやつと言えば?」でした。
連休中ということもあり、読み切れないくらいのメッセージを頂きました。

お母さんの手作りの味、駄菓子屋さんで買ったおまけつきのお菓子、中にはお父さんが洋菓子屋さんで、お父さんの作るマドレーヌが定番だった、なんていう羨ましいお話も。

「ねる〇るねるね」の懐かしいCMを書いて下さった方もいて、懐かしかったなあ。桜井さんとディレクターは首をかしげてましたが。ジェネレーションギャップ!(笑)

写真は片栗粉をお湯で練ってお砂糖をかけたもの。
「葛ねり」?「でんぷんがき」?
皆さんからたくさん頂いて気になったので作ってみました。
素朴で、初めて食べたのに懐かしいような味がしましたよ。

私は何だろうなあ…って考えていたのですが
ちょうど、手作りから買ったものに移行する年代だったせいか、どちらの思い出もあるんです。

お正月のお餅の残りを揚げたおかき、
夕食が揚げ物の日は油が汚れる前にドーナッツ、
リンゴにシナモンをかけてチンしたの…
かき餅やパンの耳を揚げたのも定番でした。

手作りでも買ったものでも器に3等分。
弟たちとわあわあ言いながら食べたのが懐かしいです。

ちょっと特別なのが「ペラペラ」です。
ペラペラ。
いとこが揃うお休みの時期に
おばあちゃんちで作っていたおやつです。

小麦粉を耳たぶよりは少し硬いくらいになるように、ぬるま湯でこね、麺棒で薄く伸ばします。

片面にだけオリーブオイルを薄く塗って…

折りたたんで…
打ち粉をして伸ばします。

また片面にオイルを塗って、
折りたたんで、また伸ばします。
これを何度か繰り返して、
最終的な厚さは5〜6ミリくらいかな。

フライパンかホットプレートで焼いて出来上がり。
油を塗った面同士がくっつかないので、焼くと折りたたんだ回数分の層ができるんです。

表面はパリパリ、中はしっとり層状に。
バターを落として食べるととってもおいしいんですよー^^
子どものころはこのまま頂いていましたが、野菜やハムなどを挟んでもおいしいと思います。

生地の層の間からの湯気でレンズが曇っちゃいました^^;












祖母のオリジナルおやつだと思っていたのですが、
ある中華料理店の厨房を取材したときにこれとそっくりな中華風クレープ「包餅(ポウピン)」に出会いました。
プロが作ると綺麗な丸い形になるのですが、たたむ前に油を塗る手順は同じです。

おととし亡くなった祖母は昭和2年、大連生まれ。
ペラペラは祖母が子どものころに食べていた味だったのだと思います。
子どもの頃、ときどき大連での思い出を話してくれましたが、戦後の引き揚げの時の話は結局聞けずじまいでした。

…というような。
ラジオを聞き終わった後も心に残る、
そんなテーマになるように。

きょうも頭をひねる私たちです。

2015年05月11日(月) |  最近のヤッホー報告
 
堰八紗也佳
小樽の赤岩山
小さな山ですが、目の前には海という絶景が広がっています。
ロッククライミングをしている人も多い、断崖絶壁のスリルがある山ですよ。

こちらは有珠山
近藤アナと佐藤アナと登ってきました!!

先輩たちと登れるなんて、嬉しくてものすごく楽しい休日でした。
展望台からは羊蹄山も望めました!雲海も出てきました!
日頃のおこない・・・?ラッキー☆

迫力のある火口も間近に眺めることができ、
活火山の営みを感じました。

たくさんの方にお声掛けいただき、後日、番組にメッセージもいただきました。
(疲れているようすだったので挨拶だけにしましたよ というメッセージも。笑)
これからも山での出会いを大切にしたいものです。
おしまいに、今流行っているおにぎらずのはなし☆

魚肉ソーセージ・チーズ・卵を挟んで作ってみました♪

これはアウトドアにも、もってこいです!!
見た目も綺麗ですし、手で握らずに作れるので衛生面でも安心。

ラップの上に海苔を敷き、ご飯と具をのせてラップごと包むだけ。
今度は【おにぎらず】を持って山へ行きます!

2015年05月10日(日) |  ハ・ハ・の日
 
加藤雅章

 今年の僕のゴールデンウイークは「暦どおり」の連休でした(たぶん入社した年以来のことだと思います)。2日〜6日までは5連休!

 その大型連休の初日は春の日差しに誘われて山登りをしました。場所は札幌市西区の三角山。パートナーは2歳の(実際には誕生日目前でほぼ3歳だった)我が子です。

 HBCが誇る「山ガール」堰八アナウンサーに薦めてもらった「小さな子供と一緒でも登れる山」=三角山。ただそれでも、さすがに登る前は「行けるところまで歩いてくれれば…。でもそこから、運動不足の僕が子供を抱っこしたまま登れるものかな?途中下山もやむなし…だな。」そんな気持ちでした。

 しかし実際には…

 自分の足で登る、登る!途中、どうしても足が届かない大きな段差で「よいしょっ!」と持ち上げた以外、99.9%自ら歩きました。それも涼しい顔で!こちらは子供がケガなどしないようにと必要以上に緊張していたせいもあってか汗をダラダラ流していたのに…です(苦笑)。

 道中ではご年配の方々に「頑張れ!お父さんも!」なんて声をかけてもらったり、女性のグループにチョコレートをもらったりと(子供にはこれが効いたのかな)、皆さんにたくさんの元気と力、笑顔を頂きました。

 また、たどり着いた山頂では「2歳?今日の最年少だね!」ですとか、「将来はアルピニストだな!」などなど嬉しいお言葉もかけて頂き、本当に感謝・感謝。おかげさまで、初めての親子登山は大変楽しいものになりました。

 (写真は頂上で子供がシャッターを押してくれたものです)

 ただ山は、登れば当然、下りなければならないんですね…。下山の道は半分くらい抱っこでした。登りでの疲れがあったのはもちろん、手をつなぎながら下り坂を歩くのが僕としてもけっこう大変だったもので…。

 十数キロを抱きかかえながらの下山で、僕の右の前ももはパンパン。息も若干あがる「ハァハァ…の日」になりました。

 そして今日は、本家本元の「母の日」。ということで、最後は僕が小学校の国語の時間に出された問題で今もなお記憶に残っているこちらをご紹介します。

 「ははははははと笑った」。これを漢字やひらがな・カタカナを使って分かりやすい一文に変えましょう。

 そんな問題です。

 当時の僕は、文字通り「は〜?」という感じで「正解」にたどり着けなかったのですが、皆さんはどうでしょう?

 正解はといいますと…
母はハハハと笑った」。

 どうぞ今日の母の日が、世界中のお母さんにとって笑顔いっぱいの一日になりますように!

 Happy Mother's Day!!

2015年05月09日(土) |  もうすぐ、ベンチリポーターデビュー!
 
矢萩 尚太郎
5月6日、アナウンス部にいる私の様子です。

なぜ、スポーツ新聞を並べながらパソコンと向き合っているのかというと…

5月14日に「ベンチリポーターデビュー」することが決定したからです!

これまで、ファイターズが移転してきてからずっとファンとしてファイターズの応援をしてきましたが、仕事として関わるのは初めてです。

ファンの皆さんが気になることを聞き出し、わかりやすく伝えるためにも、現在選手やチームについて猛勉強中です。
リポートをする際はかなり緊張すると思いますが、準備だけはしっかりとして臨みます!

ぜひ、5月14日(木)のファイターズ対ライオンズ戦、17:57〜HBCラジオでお楽しみください!よろしくお願いします!!


2015年05月08日(金) |  プライベートでもファイターズ!
 
山内要一
GWが終わった。
世のお父さん方の中には、家族サービスで逆に疲れた・・・という方もいらっしゃるのではないだろうか。

私は、まず、4月26日は、HBCテレビのファイターズ中継の実況で、札幌ドームへ。

大谷翔平投手が、途中、右ふくらはぎをつってしまうというアクシデントがありながらも、開幕5連勝を成し遂げた試合をお伝えした。
そして、5月4日は、我が子を連れて、プライベートでの観戦であった!

スタンドで見る光景は、普段、放送席で見る光景とはやっぱり違う。

一人ひとり、こんな事を言いながら、応援してるんだなぁ・・・とか、
7回裏に飛ばすロケット風船は、7回表の1アウトを取ったくらいに膨らませ始めるのがいいんだなぁ・・・とか・・・。
非常に新鮮であった。

この経験を、今後の実況の参考にさせて頂こうと思った一日であった。

<< [1] [2] [3] >>

TOP(全件表示)