今月
2017年11月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
       
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   表示:2013年03月(26件)
<< [1] [2] [3] >>

2013年03月19日(火) |  札幌ディープ 22 カラクタ食堂
 
鎌田 強
 このところ頻繁に通う狸小路
は8丁目から屋根がないのでご
らんのような風景です。これは
これで雪国らしくていいけれど
今年は雪が多すぎますね。
 いくら雪が多くても、足元が
悪くてもカレーが食べたい時は
頑張って歩きます。
 カラクタ食堂は、2011年
9月にオープンしました。狸小
路9丁目角にある三角山五右衛
門ラーメンの西隣です。うかう
かしていると見落としそうにな
るほどささやかで、遠慮じみた
佇まいが気になっていました。
 ここはカフェなのか、バーな
のか、カレー屋なのか?昼だけ
カレー屋で、夜はバーなのかと
いろいろ詮索したのですがマス
ターに聞くと明瞭に「カレー屋
です」と答えてくれました。
 カラクタ食堂のカレーは荒々
しいカレーです。世の中にいろ
いろな料理がありますが荒々し
くてもOKなのはカレーが筆頭
ではないでしょうか。スパイス
は刺激が強く口当たりが粗い。
たぶん、いくつかのスパイスを
ホールから挽いてそんな感触を
残しているのでしょう。さらに
グリーンカルダモンの香りが強
く、その清涼感がここのカレー
をさらに個性的にしています。
 この日はチキンカレーにゆで
玉子をトッピング。辛口、ご飯
は中盛り。これで900円
 カラクタとはマスターが好き
なミュージシャンが住んでいた
家の名前と言っていました。た
ぶんミュージシャンで黒人開放
運動家のフェラ・クティのこと
だと思います。警察の侵入を防
ぐために自分の家を鉄条網で囲
い、そこをカラクタ共和国と呼
んでいたフェラ・クティ。
 客席数7席のカラクタ食堂。
 鉄条網はありません。しかし
そこはマスターにとってなに
かしらの信念を貫くための場所
カラクタ共和国なのでしょう。

カラクタ食堂
札幌市中央区南2条西9丁目

2013年03月18日(月) |  毎月プリン
 
佐々木 佑花
2013年はプリン年。

今年に入ってから、プリンにハマっていて
(と言っても毎日食べているわけではありませんが)、毎月、“月のプリン”と銘打ってプリンを食べています。

1月にいただいたプリンがきっかけだったのですが、そう言えば、ここ最近おやつの定番からプリンが離れていたな・・・と思いましてね。

1月は、上川町のしっとりPudding。
2月は、長沼町のどぶろくプリン。
3月は、札幌にあるろまん亭のプリン

しっとりしたもの、濃厚なもの、ちょっと珍しい味のもの。
北海道各地で、作り手のこだわりが光る様々なプリンが作られているので、2013年は色々食べ比べて見ようと思っています。

さて、4月はどの街のどんなプリンを食べようかなぁ。

美味しい情報お待ちしています!

2013年03月17日(日) |  イテテテテ手…
 
加藤雅章

 左手首の腱鞘炎に悩まされています。

 まさに、「ワタシ〜、お箸よりも重いもの持てないんですぅ〜」…そんな感じ。

 「おいおい、何言ってんだ!」「40代のおじさんの言うことじゃぁ、ねえだろう!」という声が聞こえてきそうですね…(汗)。

 たしかに、よくよく考えてみれば、僕は右利きでお箸は右手で持ちますから、左手首の話でお箸うんぬんを例に挙げるのはおかしいかもしれません(いや、問題はそこではない…)。

 ただ実際には、手に負えない状態というか、もうお手上げ(!?)というべきか…。

 ここ数日は、お茶碗を持つのにも一苦労。いったん右手で持ち上げてから左手の上にのせるという動作が必要になってしまっています。

 その他にも、たとえば、顔を洗う際に両方の手のひらで水をすくおうとすると、イテテテテ手…いすの背もたれにかけた上着をひょいと取ろうとしても、イテテテテ手…何てことのない日常動作の時に左手首が痛むんです。ぞうきんを十分に絞ることも出来ない。手袋をはめるのさえも四苦八苦…。あ〜ぁ、イテテテテ手…

 もちろん、この痛みに対し何も手を打っていないわけではありません。病院に行き、治療も受けています。しかし悲しいことに、僕は鎮痛剤の多くに対しアレルギーがあり、基本的にその手は使えない…。

 となると、次の一手は…

 手をあわせて
祈る」しかないのかなぁ!?

 あ〜ぁ、喉から手が出るほど取り戻したい元の日常生活…。


2013年03月15日(金) |  ファイターズ北海道移転10年目セレモニー!
 
山内要一
北海道に移転して、今年で10年目の節目を迎えるファイターズの「10th SEASON HOME CEREMONY」が、9年前の移転セレモニーと同じ、3月1日に、JR札幌駅前で行なわれ、HBCテレビ「グッチーの今日ドキッ!」の中で、私山内が、中継リポートを務めた。

ほとんど吹雪という天気ではあったが、抽選で選ばれた1260人が訪れた。
寒い中、朝から並んで参加されたファンの熱い思いと、そのファンに栗山監督はじめ、コーチ、選手44人が、新たな10年目のスタートを誓う姿を間近に見て、心は温かくなったのである。
山内要一
その悪天候の中、当日セレモニーにも参加し、「今日ドキッ!」にも出演して下さるはずだった、9年前には選手として壇上に立って、熱く叫んでいたあの男が来ない・・・。
仕事先から飛行機で北海道に向かっていた、ガンちゃんこと岩本勉氏の乗っていた飛行機の着陸が予定より遅れ、会場に着いたのは、セレモニーも終わり、「今日ドキッ!」放送終了1分前だったのだ!
しかし、放送にギリギリ間に合わせる所はさすがである!
なんとか放送時間内には!という思いで、賭け付けてくれたガンちゃんの汗にも、熱いモノを感じたのである!

2013年03月14日(木) |  春の瀬戸内の島々へ 行ってみよう〜!!
 
渕上紘行
先日、『瀬戸内 島巡り取材』をしてきました!
瀬戸内海の島々を巡るスペシャルツアーで訪れた場所は四国・岡山・広島・山口と盛りだくさん。

このツアー、とにかく様々な景色を楽しめます。
特に感動したのは、広島 宮島の世界遺産 厳島神社のナイトクルージング!!
昼間に見せる厳島神社も素敵ですが、またひと味違う幻想的な雰囲気に息を呑みました

こちらは山口県岩国市にある錦帯橋。木造のアーチ橋で350年ほど前に作られました。

もちろん旅に‘食’は付き物!素敵な‘ホテル’にも泊まりましたよ!!

このツアー、実は皆様も申し込めます。
詳しくは3月23日お昼12時9分からの『グッチーの今日ドキスペシャル』をご覧ください。
きっとテレビを見ると、より行きたくなりますよ〜!!


今日は“ホワイトデー” ですが、全く関係のない話ですみません(笑)

2013年03月13日(水) |  佐藤さんで良かった
 
佐藤 彩

先日、札幌ドームで行われたコンサドーレ札幌のホーム開幕戦で、こんなチケットが!
試合日の3月10日にちなんだ「310(サトウ)さん限定特別観戦チケット」。
なんと、サトウさんは「310円」でチケットを購入できるというのです。
これは、行かなくちゃ!ということで、サッカー観戦をしたことがない母と一緒に行ってきました。

試合は残念ながら敗れてしまったのですが・・・攻めているシーンも多く、母も楽しめたようです。
(HBCラジオで実況を聴きながらだったので、わかりやすかったというのもあります。)
ありがたいチケットに恵まれて、「佐藤さんで良かった!」と思えた瞬間でした。
ちなみに、この日集まったサトウさんは、741人だったそうですよ。

そういえば・・・
佐藤さんで良かったことって、今までなかったような気もします。
あまりにもありふれた苗字ですから、学校などでは、だいたい佐藤さんがもう一人はいましたし。
「佐藤さ〜ん」と呼ばれて振り向くと、私じゃないパターンもけっこうあります。
小学校のときなんて、同性同名の「佐藤彩ちゃん」が転校してきて、
「1組の佐藤彩ちゃん」まで言われないと私だと認識できないこともありました。
結婚相手が佐藤さんだったら、カードとかの手続きなどが楽になるのかもしれないですが、そうそう佐藤さんと結婚するわけでもないでしょうし・・・。
そんなわけで、初めて佐藤で良かったこと、と言えるかもしれませんね。

来年もサトウさんチケットやってくれないかなぁ・・・。
あ、来年は3月10日は月曜日だった・・・残念。
じゃあ、コンサがJ1に昇格したとして、土曜日に試合だったら・・・3月8日、サワさんチケット・・・?でしょうかね。

2013年03月12日(火) |  徒歩に集中
 
卓田和広
今年の冬は例年に無く過酷である。
例えば通勤。
歩道と車道の間の雪山はついに3mに!
完全に周囲の風景から遮断され
ただただ徒歩に集中するのみ。
瞑想には持って来いだが(笑)
いつ春はやってくるのか?

2013年03月11日(月) |  3分クッキング50周年
 
船越 ゆかり
先日、「キューピー3分クッキング」
50周年記念番組が放送されましたね。

現在、HBCで放送されている
「キューピー3分クッキング」は
CBCが制作していますが、
東京ではNTVが制作している
「キューピー3分クッキング」が
放送されています。

そして、かつて北海道ではHBC制作の
「キューピー3分クッキング」を放送していました。

写真はたぶん1989年ごろのスタジオの様子です。

番組がスタートした当初(50年前ですね)は、
まだテレビがネット化されていない時代。
北海道、宮城、東京、名古屋、福岡の5局で
それぞれ制作して放送されていたのです。
なんと初期には生放送だったそうです。

そして、私が入社して
初めて担当したレギュラー番組が
「キューピー3分クッキング」
(50年前じゃないですよ)

以来、北海道での制作が終わるまで
通算8年ほど担当した思い出深い番組です。

当時の台本はこんな感じ。

六月の初めの献立で、
「チップの刺身」が登場しています。
地元の食材と季節感を生かしたメニューでした。

月曜から土曜まで、
年末年始もほとんど休まず放送されたので、
年間300以上のレシピが登場しました。

今も我が家の食卓に「3分クッキング」の味は生きています。

2013年03月10日(日) |  お互い年を重ねましたな〜!
 
石崎輝明
懐かしい人と会いました。

大通りビッセの4階にある人気の中国彩家「季璃香」でランチしました。
オーダーは「海鮮あんかけ平麺焼きそば」は、人生で一度は食べる価値ありです。

お相手は、日本茶インストラクターの岩田安浩さん36歳。日本三大銘茶の一つ狭山茶を扱う老舗・岩田園の七代目です。札幌三越にもお店が入っています。
もう10年以上のお付き合いになります。
岩田さんは、これまた季璃香のお薦めメニューの「ごまの香りタン麺」をオーダーしていました。
美味しい食事で話が弾み・・・・出会いの頃のアレコレで盛り上がりました
「石崎さんは本当に変わらないですね〜。出合った頃、ちょうど今の僕ぐらいの年でしたけど、今の方が若いんじゃないですか?」
お世辞にしても嬉しいものです。逆に・・・「岩田君こそ変わらないよ!」なんて具合で楽しいランチタイムになりました。
会社に戻って、確かめたい事がありました。
本当に自分は10年くらいまえと変わっていないのだろうか?
岩田さんの10年前はどんな感じだったかな?
資料を見つけました!
10年くらい前に、当時担当していた番組で出版した本に、岩田さんが記事を書いてくれていました。
当時の写真を見て・・・・・「岩田君若いよ〜!」
現在の写真を見て・・・「なんだ。けっこう年とっているじゃない!」
しかし、この後、この本の表紙を見て驚愕。
表紙には、10年程前の自分か写っていました・・・。
鏡の自分と見比べて溜息&独り言。
「人のこと、よく言えたものだよね・・・自分の変わり具合はどんだけよ・・・」

※業務連絡:渡辺アナ、渕上アナ、巻き添えの様に写真を公開してしまってすみませんm(__)m

2013年03月08日(金) |  雪、泣き笑い
 
堀 啓知(よしとも)
やや気温が上がった、ある週末。
札幌市内の住宅街で車を走行中、柔らかい雪の轍にはまってしまいました。
生活道路なので、減速していたため、ズルズルとタイヤが吸い込まれるように引っ張られました。
急いで車に積んでいたスノーヘルパーをタイヤと雪の間にはめました。
しかし、車体が斜めになっているので上手くかみ合いません。
困っていたところ、ご近所の方がスコップを持って助けに来てくれました。
一緒にタイヤ周辺の雪をかいてくれたのですが、それでもタイヤがスリップして脱出できません。
約15分除雪作業をしたのですが、車体は数センチも動かず。
これ以上は申し訳ないので、ご近所の女性に丁重な挨拶をしてお帰りいただきました。
改めて、感謝申し上げます。
結局JAF(日本自動車連盟)を呼ぶことに。
電話したところ、「3時間かかる」とのこと・・・。
その後、知人と会う約束になっていたので、お断りの連絡をしました。
幸い、親戚宅が近くにあったので、事情を説明して待機させてもらいました。
お茶をすすっていると、1時間後に電話が鳴りました。
なんとJAFからの電話でした。
偶然にも次の救助現場の方向が同じなので、急きょ寄れるという連絡でした。
ぐったりしていた気持ちが一気に復活しました。
暫くすると現場に到着し、5分もかからず、あっという間に牽引ロープで引っ張りだしてくれました。
立ち去っていくJAFの方の後ろ姿は、まるで悪党を倒した後のヒーローのような輝きを放っていました。
「ありがとう、オレンジマン(作業着の色からのイメージ)」と思わず心で呟きました。
帰り際、ご近所の軒先に小さな雪だるまの家族を見つけました。
おそらく、おじちゃんとおばあちゃん、お父さんお母さん、その子供たち、でしょうか?
疲労した出来事の後に、ほっとさせてくれる瞬間でした。

<< [1] [2] [3] >>

TOP(全件表示)