今月
2017年11月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
       
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   表示:2013年07月(24件)
<< [1] [2] [3] >>

2013年07月17日(水) |  スイスに行ってきました
 
桜井宏
ラジオ「朝刊さくらい」の桜井宏です。
先月の下旬、スイスに行ってきました。
私がご一緒する「感動のスイス10日間」の旅。
ツアーには30人の皆さんにご参加いただきました。

 スイス旅行で皆さんが期待するのは美しいアルプスの山々。
ツアーが成功するかどうかは山の姿を拝めるかどうかにかかっています。
マッターホルン、モンブラン、アイガーそしてユングフラウという有名どころが望めるかどうかなんです。
つまり旅の成否はお天気次第なんです。
私にはどうすることもできないのです。
しかし、努力だけはします。
出来ることは神頼み。
今年のお正月に北海道神宮で引いた大吉のおみくじを持参しました。
それだけではありません。
毎朝、北海道神宮の方角に向かってお祈りしました。
日の出の方角でしたから、おそらく間違っていないと思います。

 私の願いが届いたのでしょう。
ご覧のような写真も撮ることが出来ました。
後ろの山はおそらくユングフラウだと思われます。
ただひたすら北海道神宮の神様に感謝です。


2013年07月16日(火) |  前方、後方・・
 
田村 英一
奥に見えている山は尻別岳(しりべつだけ)、
写し方で小さくなってしまったが、
喜茂別町、留寿都村、真狩村にまたがる、
1107mの山である。

写真は喜茂別町からみた姿であるが、
この山、前方羊蹄(ぜんぽうようてい)と
呼ばれるそうだ。
写真ではその右側にある羊蹄山と
そっくりなのだ。

こちらが蝦夷富士と称される羊蹄山、1898m。
ひと月ほど前、6月半ばの姿、まだ雪が
残っていた。

この山、後方羊蹄(こうほうようてい)とも
言うそうで、
前方羊蹄のうしろに後方羊蹄が一直線上に
並んで見えるスポットがあるそうだ。

旅をしなければ一生知らなかったことかも
しれない。
いつかは二つの山が一直線に並んだ姿を
見たいと思う。


2013年07月15日(月) |  美味しい香りに包まれませんか?
 
室谷香菜子
焼きたてパンの香ばしい香りって
なんとも幸せな気持ちになりませんか??♪


今夏も開催します!
グッチーの今日ドキッ!パンマルシェ
今年の3月に引き続き2回目の開催となります〜!


場所は札幌市中央区北1条西5丁目にあるHBC本社ロビー。
前回は
いつも今日ドキッ!をお送りしているスタジオでの開催でした。
小麦やバターの芳醇な香りがスタジオ中にあふれて、
ず〜っとここにいたいと思ったくらいです。



FURANO麦友の会(富良野市)・チェットベイカリー(江別市)
ブーランジェリーポーム(札幌市北区)・ブーランジュリーマルゼルブ(札幌市南区)
天然酵母パン tombolo(函館市)・お菓子のドルチェヴィータ(札幌市清田区)
ブーランジェリーアンシャンテ(札幌市南区)・しげぱん(札幌市中央区)
イソップベーカリー(札幌市東区)
そして道産小麦を使ったパンが人気の横浜にあるブラフベーカリー!


どうですか?
気になるお店はありましたか??
きっと満足していただけると思います。
数に限りはありますが、
人気のパン屋さんが1つの場所に集合する機会はなかなかありません、
気に入ったパンを是非買って帰ってくださいね☆


7月20日(土)正午から。
美味しいパンと一緒に皆様のお越しをお待ちしていますっ♪


2013年07月14日(日) |  北海道最高〜!
 
小川和幸
北海道は一年で一番良い季節を迎えています。
本州のジメジメとはかけ離れた、
清々しい夏です。
道内キャンパーとしても、
この季節を楽しまないわけにはいきません。

行ってきたのは、
「かなやま湖オートキャンプ場(南富良野)」。
朝は、かなやま湖に広がる雲海を見ることができ、
それを見ながら啜るモーニング・コーヒーは、
格別です!

この日は、
南富良野から北上し、
丘の街・美瑛に立ち寄り、
観光スポット「四季彩の丘」で
美瑛ならではの景色を堪能しました。

また、ここからさほど遠くない所に、
「青沼」という神秘的なスポットがあるのを
ご存知ですか?
私、初めて行きましたが…良いですね!
カメラ片手に“絵心”が湧き上がります!

しかし、犬のリードを持っていたため、
自らシャッターを押すことは出来ませんでしたので、
高1の息子の撮った写真をご覧下さい!

皆さんも、是非、
北海道の夏を楽しんでください!


2013年07月13日(土) |  札幌ディープ 27 ジュンタラカリー
 
鎌田 強
 夏だカレーだ!なんていう
コピーが目につく季節になり
ましたが僕にとってはカレー
はオールシーズンメニューな
のでいつでもおいしく週2程
度のペースで食べています
 インド伝承医学アーユルヴ
ェーダに忠実なレストランで
は季節によってスパイスの割
合をかえて、お客の健康を気
遣ってくれるところもありま
す。そんなところが僕がイン
ドカレーが好きなところかも
知れません。なにせ僕の前世
はインドの海岸でスパイスを
使って病気の人を治療してい
た医者なのですから・・・
 札幌の創成側イーストエリ
アに新しいインド・ネパール
カレーの店ができました。と
いうよりは南9条西6丁目にあ
ったインド8丁目食堂が本店
と同じジュンタラカリーに変
り6月に移転したのです。
 インドカレーで一杯飲むと
いうカレー部を主催している
僕としてはこの機会をとらえ
て宴会を開きました。開店間
もないこともありホール担当
がどぎまぎする場面もありま
したが料理はおおむね好評で
した。皆さんインドカレーで
宴会もいいもんですよ
 ところでここのウリは何と
500円のランチです(写真)。
日替わりカレーと野菜サラ
ダ、大きいナンがセットで
500円!!
あまりクオリティが高すぎて
他のメニューが売れないの
ではないかと余計な心配を
している今日この頃です。
ジュンタラカリー
札幌市中央区南1条東2丁目5−1
M2ビル B1
電話 011-211-5516

2013年07月12日(金) |  宮沢賢治の世界へ
 
佐々木 佑花

先日、HBCアナウンス部のOB、大先輩である、村井裕子さんの朗読会に行って来ました。

朗読会が行われたのは、中島公園内にある北海道立文学館の地下ロビー。

恥ずかしながら、中島公園そのものもゆっくり回って見たことがないわたしは、このような施設があることも知らず、この日は、文学館まで中島公園内をゆっくり散歩しながら向かいました。

会場は、地下から1階までつながる大きなガラスの壁が特徴的で、開放感たっぷり。

どんな朗読が聞けるのかと、すごく楽しみにしていました。

今回の朗読会のタイトルは、
「宮沢賢治の世界T 没後80年によせて」

宮沢賢治は、同郷岩手生まれの詩人です。
実は、村井さんも岩手県出身。
何だか、縁がありますね。

賢治は、1933年、37歳という若さでこの世を去りましたが、その生涯で様々な作品を残しました。

その作品の中から、村井さんが選んだいくつかの詩や手紙などが朗読されました。

この詩は、小学校の授業で音読したなぁ。
この物語は、本で詠んだことがある。

やはり、賢治の世界は、わたしにとって、小さな頃から馴染みがあって、その言葉の魅力は、時代や世代を越えて、人に響くものだなぁと。
東日本大震災後、改めて賢治の世界が注目されつつあります。

村井さんは、その世界観を声で表現して下さり、わたしは朗読を通してどっぷりと賢治の世界にひたりました。
そして朗読は、カンテレという楽器の演奏と共に、わたしたちに届けられました。

朗読会収録後、とても気になっていたので、カンテレという楽器を近くで見せていただきました。

グランドピアノを小さくしたような・・・
アコステックギターの弦のような・・・
お琴のような・・・

そのから響く音色は、とても優しい響きで、宮沢賢治の世界ともピッタリ。

心地良い時間でした。
そして、いつか自分も、声で様々な世界を表現したい!と強く思いました。

皆さんも、お時間がありましたら、賢治の作品に触れてみて下さいね!

2013年07月11日(木) |  グランドスラム達成!?
 
加藤雅章

 「グランドスラム」とは、スポーツの世界で主要な大会をすべて制覇した者にだけ与えられる名誉である。

 1年のうちに成し遂げた場合には「年間グランドスラム」、生涯で達成した場合には「キャリアグランドスラム」という呼び方をするのだが、いずれにしても偉業・快挙であることに違いはない。

 たとえば、ゴルフ界でそれを成し遂げた選手はこれまでの長い歴史を振り返っても数えるほどしかいない。また、テニスの4大大会すべてを制したプレーヤーは過去にどれだけいただろうか?

 繰り返そう。「グランドスラム」とは、限られた者にだけ与えられる名誉なのである。

 そんな中、僕も先日、ついにグランドスラムを達成した。とはいっても、もちろんゴルフやテニスではない(言うまでもないか…)。「“アナ”界のキャリアグランドスラム」達成である。

 それでは、その達成までの軌跡をご紹介しよう。

 まず初めは、あれは入社1年目だったか…「口」だ。次は、その数年後…ちょっと書くのが恥ずかしいところ(前方)だ。その後、去年、3つ目のタイトルとなる「鼻」をクリア。そしてこの度、またまた書くのが恥ずかしいところ(後方)を経験。ついに「キャリアグランドスラム達成」に至ったのである。

 …もう、お分かりですよね。そうです、僕が達成したのは「“穴”界のキャリアグランドスラム」と呼ばれている「4大(?)内視鏡検査」完全制覇なのであります。

 最初の「口」はいわゆる胃カメラです。たしかお医者さんに「飲み込むの、上手だね〜」と褒められた記憶があります。やはりその頃からグランドスラムを達成する素質が見え隠れしていたのかもしれません(!?)。

 その数年後、健康診断の尿検査(尿潜血)でひっかかり、再検査で膀胱の内視鏡検査を受けることになりました。これはなかなか困難を極めましたが戦い抜きました。ちなみに、昨年末の尿路結石の手術、ならびに術後の処置と、生涯で通算3勝、いや“3傷”をあげています。

 3つ目は鼻から入れる胃カメラ。実は数年前の健康診断の胃部レントゲン検査でバリウムを飲んだところ発疹が出て、それ以来、内視鏡検査をお願いしているのです。去年・今年と「経鼻内視鏡検査」でV2です。

 そして…。ついに…。

 「決して手が届くことはないだろう」と考えていた、僕にとって“穴界”最後のタイトル。1カ月ほど前から下腹の調子がいまひとつで病院に行ったところ、先生から「一度中を見てみましょうか?」と勧められ、いわゆる「大腸カメラ」を体験することになったのです。

 正直なところ、4つのうちこれが一番大変だったかな〜。なにせ体の中を入口から出口まで完全に空っぽにしなければなりませんので…。胃カメラは「胃を空っぽにしさえすればいい」、つまり1食抜けばいいわけですが、大腸カメラは「“ゴール”までキレイにしなければならない」のです。これは想像した以上にしんどかったです。

 しかし、考えようによっては、一度体の中をリセットできたわけで…。ここ数年ちょっとしたブームになっている「プチ断食」を経験したようなものだと(無理やり?)理解しています。

 そんなこんなでついに達成した「“穴”界のキャリアグランドスラム」!

 ですが…これからの人生、あまりタイトルの数は増やしたくないものです(…)。


2013年07月10日(水) |  初ハワイ!
 
渕上紘行
生まれて初めてのハワイ

有名なワイキキビーチで早速1枚。

青い海に青い空、サーフィンにヨット、水着のナイスバディ外国人・・。
テレビで見たことのある あのハワイの風景が目の前に広がっています!!
こんなものにも出会いました!
『この〜木、何の木気になる木・・』のCMで有名なあの木。モンキーポッドという木だそうですが、樹齢は150年ほど。本当に大きくてビックリ!!
よく添え木もせず、立っていられるもんです・・。
ビックリといえばこんな食べ物も!
パンケーキはハワイで名物だそうですが、「エッグスンシングス」のパンケーキは5枚のパンケーキにクリームたっぷり。クリームはまるで入道雲のよう・・。
量でも味でもノックアウトされました〜(ちなみにハワイは本店、東京・大阪にもお店があるそうですよ)


実は今回のハワイ旅行は弟の結婚式があってのこと。
独身の私にとって最大のビックリは、弟に先を越されたということですが・・(笑)
初めての家族での海外旅行は忘れられない思い出になりました。

弟夫婦よありがとう、末永くお幸せに!!

2013年07月09日(火) |  我が故郷北見で講演
 
山内要一
我が故郷・北見市の観光大使を任せて頂いて、丸2年を迎えようとしている。
その北見で講演を行なって来た。
JAきたみらいさんから「北見地区新規就農者交流研修会」の中で、若き新規就農者の皆さんに、お話を・・・という事で、北見で生まれ育った一人の人間が、アナウンサーという仕事に就き、こんな人生を歩んで来た・・・というような話をさせて頂いた。
ほとんどの人たちがまだ20代で、接していると、逆にパワーをもらった感じであった。
山内要一
北見市は、玉ねぎや焼肉など、おいしい物がいっぱいあり、ますます誇れる市になった。
講演の中で、どうか農業を通して、いっぱい人が訪れたくなるような「北見市」にしてほしい!という願いを、皆さんに託した。
沢山の可能性を秘めた、北見地区の若者たちが、もっともっと「素晴らしい!行ってみたい!」と思ってもらえるマチにしてくれるだろう・・・という清々しい思いを感じた時間であった。
北見市は、さらに素晴らしい市になるはずだ!
ぜひ、機会があったら、北見市を訪れて頂きたい。

2013年07月08日(月) |  モクゲキ!
 
佐藤 彩
7月から、「グッチーの今日ドキッ!」火曜日の特集「モクゲキ」を担当することになりました!
このコーナーでは、北海道の話題のスポットや社会現象の背景、様々な舞台裏を「モクゲキ」します。
これまでには、小樽の老舗アイスクリーム店「美園」の魅力やご主人のアイスへの想いを取材したり、大雪山の黒岳に登って、山登りの魅力に迫ったり・・・食べ物から山まで、幅広く取材させていただいています。

もともと、出かけることや食べること、体を動かすことも大好きなので、取材に行ける日々が嬉しく、楽しみながら臨んでいますよ。
大雪山の黒岳に登った時は、初めて雪渓を登る体験をさせていただきました。
最初はビビりながらでしたが、一歩一歩進んでいくことで、最後には頂上にたどり着ける達成感、頂上からの絶景に感動しましたよ。
登って良かったー!

そして、今週・・・つまり明日の放送では、長沼の「あいすの家」を取材した模様をお届けします!
20年目を迎える、北海道を代表するアイスクリーム屋さん、あいすの家。
私も大好きで、学生の頃からよく食べていた味です。
こちらでは、常に新しいことに挑戦し続けているということで、このたび新商品が!
いろいろあるのですが、この写真のものは、夕張メロンにソフトクリームがもりもり乗ったもの!
もう、とってもジューシー!ソフトクリームとメロンとの相性もバッチリで、ほっぺがとろけます。
ものすごく美味しくて・・・私、あっという間に完食しちゃいました。
オススメですよ。
この他にも、とっておきのメニューも登場しますので、ぜひ明日、火曜日の「グッチーの今日ドキッ!」をご覧ください!
ちなみに、モクゲキは、午後3時45分くらいからです。

<< [1] [2] [3] >>

TOP(全件表示)