今月
2017年11月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
       
アーカイブ
2021年04月
2021年03月
2021年02月
2021年01月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年09月
2020年08月
2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   表示:2017年06月(30件)
<< [1] [2] [3] >>

2017年06月20日(火) |  はじめての甲子園!
 
矢萩 尚太郎
先日の山内アナのアナウンサー日記にもありましたが、交流戦で甲子園に行ってまいりました!
これまで大学生時代に高校野球を見るため甲子園に行ったことはあったのですが、入社してから仕事として甲子園に入ったのは初めて。

札幌ドームももちろん素晴らしい球場ですが、「”聖地”ならでは」「外球場ならでは」の良さを感じ、改めて「甲子園は素晴らしい球場だなー」と実感しました。

そして、その素晴らしき甲子園で取材をするうえでたくさんの驚きがあったので、写真とともにご紹介します。

驚き@
「大入袋」

タイガース対ファイターズの交流戦が行われた6/2・3・4は連日満員のファンでスタンドが埋め尽くされました。札幌ドームでも満員になることはありますが、甲子園では満員になると「大入袋」が各放送席に配られました(中にはお祝いの硬貨も…!)
驚きA
その満員のファンは、勝利後…

こちらは、甲子園球場の目の前にある阪神電車の甲子園駅ホームの様子。この日は4日で、タイガースがサヨナラ勝ちをしたあとだったためファンの方もなかなか帰らず、試合後の取材終わりの私たちと帰る時間が重なりました。とにかく人の数が多いため、なかなか前に進めません…
そして前日3日には、球場から駅までの間にある広場で、その日プロ初HRを打った岡崎選手を讃える「オカザキ」コールが起こっていました(電車の中の賑わいもすごかった…)

驚きB
カメラに…!?

どの球場にもある、中継用のカメラ。ただ…むむ?カメラの上にすだれ??

「なんてことでしょう!」と思い、その場にいた関西の放送局のカメラマンに聞いてみたところ、「日光でカメラが熱くならないよう、すだれを巻いているんだよ」と教えてくれました。

これまでも旭川スタルヒン球場、ZOZOマリンスタジアムなど道内外の外球場で取材をしてきましたが、球場ですだれと出会ったのは初めて。驚きました…

シーズン序盤からなかなか波に乗れないファイターズですが、きのうで交流戦が終わり一区切り。また金曜日から昨シーズン同様の巻き返しに期待して、熱い声援を送りましょう!!


2017年06月19日(月) |  FMWに大興奮
 
水野 善公
先日、超戦闘プロレスFMWを佐々木アナウンサーたちと観てきました。 FMWは大仁田厚さんが旗揚げした団体。 「ノーロープ有刺鉄線電流爆破デスマッチ」など、過激なプロレスで一世を風靡。大仁田さんが、この秋での引退を表明していることから、今回、札幌では最後の雄姿となりました。
この大会のPRで、事前に「ナルミッツ」に出演していただいた、ミス・モンゴル選手も、この日、大奮闘。放送とは全く違う戦いにびっくり! 試合が終わると、またやさしいミス・モンゴルさんでした。 生の電流爆破は本当にすごかった。 1,2,3 ファイヤー〜!!!

2017年06月18日(日) |  僕の“クロウ話”
 
「カーッ」藤雅章

 またカラスに襲われました。正しくは「威嚇されました」と言うべきでしょうか…。

 先日、子どもと近所の公園で遊んでいたところ、後ろから「ブワーッ!」と飛んできて、我々は「うぉわ〜っ!」。

 子どもが「トイレに行きたい」と言うので連れていこうとしたところ、まぁ、久しぶりに怖い思いをしました。こちらには全くもってカラスの雛を襲おうなんて気持ちはないのに…。

 同じ子育てに励む仲間ではないか!もう少し友好的に振る舞ってくれても良さそうなもんだけどね…。

 たまたま、公園の中の木に巣を作っていて、そのそばを通ってしまったというところなんでしょう。

 さて、冒頭、「また」と書きました。そう、僕はこれまで今回を含めて3回、カラスに襲われたことがあります。

 1回目はたしか入社した年だから、今から21年前ですね。ちょうどこの時期でした。合コンに行こうと張り切って家を出た直後。足の爪で後頭部をやられました。人生初の経験に血の気が引き、すぐにUターン。鏡で見てみると少しだけ血が出ていました。

 幸い傷は大したことはなく、むしろ合コン相手は僕のカラスに襲われたストーリーに興味津々。その場がそれなりに盛り上がったのは良しとしましょうか。

 いやいや、実際にはあの時以来しばらくの間、僕は“カラス恐怖症”に苛まれ、自分の歩く方向にカラスが見えたらそれがどんなに遠くてもわざわざ回り道をして出先に向かっていたものです。それほどまでに敏感・繊細になっていた僕のことを、人は“カラスの貴公子”と呼んで…はなかったかな。そもそもそれを言うなら“ガラス”だし…。

 2回目はようやくそんな心の傷も癒えた数年後。自転車に乗っている時にやられました。その時は帽子をかぶっていたので肉体的な傷はありませんでしたが、「おいおい、自転車に乗っていても襲われるの!?」と1回目とは違った衝撃を受けたものです。

 しかしまぁ、3回も襲われるものですかね?僕はカラスを襲ったことなんて1度もないのに…。

 しかもまぁ、3回とも見事なまでに違う場所。1回目は最初に住んでいた中央区。2回目は2番目の居住地=豊平区。そして今回はそこからさらに引っ越した今の家の近く…。

 カラスはたいそう賢く、「一度危害を加えられた相手=人間の顔を覚えてる」、しかも「その“情報”を仲間で共有する」こともあるとかないとか…そんな記事を読んだことがあります。

 となると考えられるのはただ1つ。

 「僕にそっくりな人間があちらこちらでカラスに対してワルさをしている!」

 でも、僕にそっくりな“イイ男(?)”を札幌市内で見かけたことはないぞ!

 いや、カラスにワルさをしてるんだから、イイ男じゃなくて“ワルイ男”か!

 そんなワルイ男と“そっくりな人間”ということは僕も悪いヤツ…か!?

 じゃあ、カラスに襲われても仕方ないか…あれれれれ!?

 カラスの営巣時期が終わるまでのもうしばらくの間、僕のカラスに対する「CROW(苦労)」は続きそうです。

 …と、ここまで書き終えたのが14日、今年の北海道神宮例祭が始まった日の午前中です。午後には神宮に足を運びました。

 そこで!な、なんと、“4回目”をやられました!

 子どもがイチゴ飴を座って食べていたところ、上空から「カーッ!」という鳴き声と「バサバサッ!」という羽の音。ただ距離感としてはかなり離れている。つまりカラスは上空高いところを飛んでいる。

 そう、今回は頭を突かれたのではありません。

 「ぺちゃっ」です。

 お〜い、オレの頭はトイレじゃないぞ〜(涙)!

 でもでも、神社での出来事。“神の使い”ともされるカラス。その糞、ではなく“ウン〇がついた”という今回の出来事

 運がいいのか、悪いのか。「運はついた」のか、「運が落ちてきた」というべきか…。う〜ん。

 カラスの営巣時期が終わっても当分、「CROW(=カラス)」に関する悩みは続きそうです。


2017年06月17日(土) |  ザギンでシースー!?
 
堀内 大輝

先日、研修で東京に行ってきました!
実に2年半ぶりの東京。
都会はいいもんですね〜。

もちろん研修第一!ですが、観・・・いや“社会勉強”も!

※以下、都会に住んだことのない、田舎者丸出しな東京初心者の感想です。

●銀座
初めて足を踏み入れました。

ザギンでシースー(=銀座でお寿司を食べること)
などという業界用語?は聞いたことがありますが、
食べたのは、シースーではなく・・・

いま話題沸騰!行列必至!という
フレンチトーストがいただけるカフェへ!

これが、うまいっ!

外はサクッとしていて、
中はしっとりフワフワ。
並びたくなる気持ちがよくわかる!
(行列は嫌いです…)

銀座といえば、
今話題はこちらのギンザシックス

4月にOPENしたばかりの
大型商業施設です!

アーティストの草間彌生さんが手がけた
カボチャをモチーフにしたオブジェも!
●新橋
銀座のお隣。
少〜し歩いただけで、
街の雰囲気がガラッと変わるんですねー。

高架下の居酒屋さん、いい味出してるなぁ。
●表参道
夕暮れ時の心地よい風。
街全体からあふれ出るおしゃれ感が、素敵。

立ち寄ったカフェも、素敵すぎる。
●渋谷
ファッションビル”マルキュー”と
とりあえず雑踏の中で吠えてみるわたし。
●恵比寿
“猿田彦珈琲”の本店がありました。

店員さん「初めてですか?」
わたし「はい、友達に教えてもらって来たんです。札幌から来ました。」
店員さん「だから、こんなに荷物が多いんですね〜!」
わたし「はいー」
店員さん「気を付けてお帰りくださいねー。またお待ちしてます!」

和みました。

ほかにも、日本の中枢である
霞が関や永田町なども散策。

とりあえず「行ったことある!」と自慢できるように、
バタバタと色々なところを回りました。

今回学んだのは、
東京という同じマチの中でも、
電車で一駅二駅行っただけで、雰囲気も人のようすも全然違う
ってこと。
高いビルがたくさん立ち並ぶマチ、自然の多いマチ、現代的ですんごくおしゃれなマチ、はたまた色濃く歴史残るちょっと古びたマチ…
これは、住んだことのある北海道や青森では味わえなかった感覚だなぁーと。

知らない街を歩いて、見て、食べて、感じるのって
すごく楽しいなぁ〜と思いました!

次はもっと時間をとって、いろいろ見てきたい!


2017年06月16日(金) |  念願かなう
 
室谷香菜子

願い続けることって、大切ですね。


新日本プロレス IWGP第65代ヘビー級王者の
オカダカズチカ選手にインタビューしました。


今年2月に初めて生でプロレス観戦した際、
ずば抜けたオーラにズキュン、オカダ選手の大ファンになった私。
いつか会ってみたい、と思っていたら!なんと
7月の試合のPRのためHBCに来てくださいました。
HBCラジオ「室谷香菜子fightoooh!!」6月24日(土)に放送です。


闘っているときの表情とは全く違い、
会話していると笑顔がとても素敵でした。
話し方も穏やかで、優しく、
王者はとても気持ちのいい爽やかなスポーツ青年といった印象でした。


7月17日海の日に
札幌の北海きたえーるで「G1 CLIMAX27」があります。
プロレスは生で見て、熱を感じるのが一番だと思います!
是非、あなたの目で熱い戦いをご覧ください!!


2017年06月15日(木) |  日本シリーズ再来
 
川畑 恒一
プロ野球交流戦もいよいよ終盤ですね・・・

先日、日本ハム対広島戦のテレビ中継で実況を担当しました。
この日は、北海道だけでなく、広島にも放映させる2局ネット。放送席もいつものガンちゃんこと岩本勉さんに、去年までカープで外野手としてプレーしていた廣瀬純さんも加わるダブル解説。

去年は日本一を争った両チームだけに、ファンの熱気も凄く、放送ではツイッターを使った応援合戦でも盛り上がりました。

しかし結果は皆さんご存知の通り、今の勢いそのままにカープに3連敗・・・

放送終了後は、廣瀬さんの現役時代の決めポーズだった、敬礼ポーズで記念撮影をしましたが、この日は視聴率でも、30パーセントを超えていた広島地区に完敗・・でした。

ファイターズは苦しい戦いが続いていますが、何とかまたこの続きを秋に見たいものです。

2017年06月14日(水) |  雨でも気にせず♪
 
谷藤博美
ここのところ週末は天気が崩れがちですが
雨が降っていてもいいじゃない!と
雨の中でもお出かけしてしまう谷藤です。
 
週末は小樽に帰る事が多く家族とよく出かけるのですが、先日久しぶりに小樽天狗山に行きました。
 
展望台に行くとこの日は1メートル先も見えないほどの霧につつまれていました。ある意味レア?
※晴れていると見事な絶景が見られます
今回の目的はシマリス公園!
大の動物好きの私にとって無料でリスと触れ合える天国のような場所....
 
雨だから巣穴から出てこないかな?と思いましたが、リス君たちは元気いっぱい。
 
人馴れしているようで手からエサを食べてくれて間近でエサを頬張る姿は可愛くて仕方がありませんでした。
 
別の日は小樽から少し足を伸ばして
倶知安へ!途中雨も降りましたが
見事に咲いた芝桜・菜の花・羊蹄山の
コラボレーションに心癒されました♫

北海道の四季折々の表情
春から夏にかけては特に楽しみで仕方がありません♪
 
 
 
ガッチャンコにお邪魔も♪

話は変わりますが
先日金城アナウンサーが進行を務める番組
ガッチャンコにお邪魔しました!
 
自然体、ありのままで....のスタンスとの事で
気張らずに参加した結果
自由奔放に色々なことを話しすぎて
若干オンエアを見るのが怖いのですが...
 
 
 

金城アナ特製の小道具も登場し
とても楽しい収録でしたので
もしよければご覧ください!

みんながご存知あのキャラクターですよ!笑
 
来週16日金曜日の深夜から3週続けて放送です★

2017年06月13日(火) |  カブ、好きですか?
 
森 結有花
みなさん、 「カブ」、好きですか? ちなみに私は野菜の中でも上位3位以内に入るくらい大好きです♪ ただ、実際に家庭の食卓に「カブ」が頻繁に並ぶかというと…。 似たような味の大根と比べて、圧倒的に少ないような気がしますね。
次回のあぐり王国北海道NEXTはそんなカブの株が上がります! 釧路町で栽培されている、真っ白で美しい白カブに注目いたします。
収穫したてのカブを生で食べたのですが、すっごく甘いのです。 そして…おっと!これ以上は放送をご覧ください!(笑)
生産者の猪瀬さんも本当に素敵でした。 カブは暑さに弱いため、涼しい朝のうちが勝負! 朝早くからの大変な作業を、涼しい顔でやってしまうのです。 格好良かった〜☆ リーダーとのやりとりも…いけない!放送をご覧ください!!
カブの食べ方も味噌汁、漬物、あとは……となかなか思い浮かばない方も多いのではないでしょうか? 和風のイメージが強いカブですが、放送の中で意外な食べ方も紹介します。ぜひご覧ください!!!
しつこくてすみません。 でもカブ好きとしてはぜひぜひ見ていただきたいのです。
この模様は 6月17日(土)17:00〜放送のあぐり王国北海道NEXTをご覧ください!!!!
家に帰って、ご紹介したあんなレシピ、こんなレシピを試しています。これがもう絶品!幸せなカブ生活を送っています。

2017年06月12日(月) |  うれしいサプライズ
 
世永聖奈

早いもので入社してから3か月が経ちました!
もう6月・・・。あっという間ですね((+_+))


明後日6月14日は私の誕生日なのですが、
HBCラジオ
サンデースタジアムDOing
一緒に担当している八幡淳さんから
誕生日プレゼントを頂きました!


八幡さんありがとうござます!!


八幡さんはきっと、
いつも見て気付いていたのでしょう。
私が会社で愛用しているトートバッグが
ボロボロになってきていることを(T_T)


八幡さんの優しさ沁みます!!!!
大切に使わせて頂きます!!!!


そして、八幡さんも6月生まれ☆
23日がお誕生日です!
おめでとうございます!
年齢は八幡さん本人に聞いてみてください(笑)


そんな6月生まれの2人がお送りする
HBCラジオ
サンデースタジアムDOingは、
毎週日曜午前10時30分〜12時
放送です!


日曜日の午前中、
是非お付き合いください(#^.^#)


2017年06月11日(日) |  ずぶ濡れでした
 
堀 啓知(よしとも)

ちょうど一週間前、千歳のマラソン大会に参加しました。

 

コンディションは、残念ながら雨。

気温は10度から11度。

雨避けにポンチョを着て走りました。

 

フルマラソンのコースはほとんどが林道で砂利道です。

晴れた日であったら、林のトンネルが気持ちよかったのだろうなぁと想像しながら走りました。

林のおかげでいくらか雨はしのげていたのですが、後半は葉から滴り落ちる大粒の雨水が冷たく感じました。

ポンチョでカバーしきれない腕の部分はずっと濡れていたので、最後は少し感覚がなくなっていました。

 

前半20キロは緩やかな上り坂、後半20キロは緩やかな下り坂。

下りは楽かと思っていましたが、疲労がたまってくる後半は足の節々が痛く、泣きそうでした。

各給水所にはボランティアや大会関係者がいるのですが、それ以外はほとんど沿道の応援がありません。

札幌の街中を走る大会しか参加したことがなかったため、応援のありがたさを雨音響く林道の中で実感しました。

目標は5時間以内だったので、4時間41分で完走できたことに満足しています。

 

次回は8月末の大会です。

夏の暑さに負けない体力を蓄えるため、トレーニングを再開します。

来週くらいから・・・。


<< [1] [2] [3] >>

TOP(全件表示)