今月
2017年11月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
       
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   表示:2018年09月(25件)
<< [1] [2] [3] >>

2018年09月20日(木) |  北海道パワー
 
世永聖奈
北海道胆振東部地震において被災されたみなさまに謹んでお見舞い申し上げます。

道内ではまだ余震が続き、安心して生活できる環境ではないと思います。
少しでも早く以前の生活に戻れるように祈るばかりです。
みなさんがテレビを見たとき、ラジオを聞いたときに
ホッとできる時間を作っていきたいです。
「こんな時だからこそ北海道に元気を届けたい」
そう思っている人が沢山います。

日本ハムファイターズ
「HOKKAIDO PRIDE」を掲げ、募金活動を行い、
選手一人一人がメッセージを送りました。

コンサドーレ札幌も同じです。
遠征先で募金活動を行い
試合終了後にはサポーターと北海道にエールを送ってくれました。

レバンガ北海道はカレーやバナナの配布を行い
プレシーズンゲームを開催した稚内でも募金活動を行っています。



またスキージャンプ葛西紀明選手伊藤有希選手をはじめ
多くの選手が被災地に物資を届けてくれました。


多くの想いが結集していることを取材を通して感じました。
北海道の皆さんが
また心からスポーツを楽しめる日が来ますように。
ひとつになって笑いあえる日が来ますように。

2018年09月19日(水) |  大好きな北海道
 
森田絹子
この度の北海道胆振東部地震により被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げます。いまお辛い思いをされている皆様が、一日も早く平穏な生活に戻れるよう祈るばかりです。
生まれてから24年間、ずっと暮らしてきた大好きな北海道。「道産子はつよい!」と、私は信じています。皆で力を合わせ一緒にこの困難を乗り越えて行きましょう。


さて、お天気のコーナーをお送りしている札幌の北三条広場にも、秋がやってきました。

銀杏です。まだ実が若いので、もしかすると風で落ちてしまったものかもしれませんが・・・

そして、空を見上げると・・・高い位置にきれいな秋雲が。秋は、4つの季節の中でもっとも空が美しく見られるといわれているのにも納得です、つい写真を撮ってしまいました。

北海道の美しい四季の移り変わりを感じながら、明日も皆様にお天気の情報をお伝えします!

2018年09月18日(火) |  あのシーンを再実況
 
川畑 恒一
ファイターズの北海道移転15年目を記念して行われた球団行事「15thプロジェクト」の一環で、道内各局の民放スポーツアナが、思い出のシーンを再実況するという企画がありました。

私が選んだのは、2006年のパ・リーグ・プレーオフ2ndステージ第2戦。
現行のクライマックスシリーズが始まる前で、当時はこのプレーオフを制したチームがリーグ優勝というルールでした。

もう12年も前になりますが、その日はラジオで実況。
0対0の9回ウラ2死1・2塁から、稲葉の内野安打で2塁走者森本が、判断良く3塁も廻ってサヨナラ勝ちしたという、伝説のシーンで、当時はまだ若さも残っていた!?こともあり、絶叫に次ぐ絶叫。
今、聴き直すと恥ずかしい勢いだけの実況でしたが、何しろ移転後初優勝でしたからね・・・

今回は札幌ドームでイニング間に、改めてそのシーンを再実況。
当時の反省?も踏まえ、観客のみなさまに少しでも、あのシーンを追体験していただけるよう、構成も考え、頑張りました。

ビジョンに大写しになったのは、前述の2選手に新庄、セギノール、ヒルマン監督・・・懐かしかったですね。

あの優勝から完全に道民に定着し、今では優勝5回を誇る強豪チームになった北海道日本ハムファイターズ。

また歓喜の瞬間を伝える日が来ることを願っています!

 

2018年09月17日(月) |  みなさん
 
近藤 肇
みなさん、大丈夫ですか。 今月立て続けに北海道を襲った台風と地震によって被害に遭われた方、不自由な生活を強いられた方、怖い思いをされた方、そして、いまも、ご苦労されている方、心からお見舞い申し上げます。
私にとっては、非常時に正確な情報を伝えるということの難しさに悩んだ数日間でもありました。 正しくないことを伝えてしまった人に正しいことを伝える難しさがあることも知りました。
地震から1週間はたった後で、仲間とたき火を囲んで話しました。

参加した一人、札幌の中心部に住む友人は、その日の夜、真っ暗な道路に自宅からテーブルを出して通りすがりの人に声をかけて、知らない者同士で飲み明かしたそうです。また、山沿いの地域で民生委員をしている友人は、流れてきたデマを信じて、一人暮らしのお年寄りの家を一軒一軒訪ねて、断水になるから水を貯めて!と走り回ったそうです。

でも、その夜は、札幌上空で、天の川が見られたそうなのです。なんで見なかったのさ!と怒られました。私も逆の立場なら怒ったでしょう。街明かりがなかったので奇跡の星空だったはずです。でも、私はその晩、大好きな星空さえ見る余裕がなくて疲れて帰宅するなり寝てしまいました。
炎の前にいると、いままで動いていた時間が止まり、火が”しばらくここにいなさい”と言ってくれているような妙に落ち着いた感覚になりました。
この国において何が日常なのかわからなくなるようなことが頻繁に起きていますが、元気な人が元気でいられるうちは元気に行動することなのだと思います。そう思うしか前に進めません。

これからも、与えられた場所で、使命を果たしていければと思っています。思いは祈りはいずれ行動に。とりいそぎ、天気予報がんばります!

2018年09月16日(日) |  支え合いましょう!
 
日下怜奈
先日、北海道胆振東部地震が発生しました。
 
被害に遭われた皆さまに対し、謹んでお見舞いを申し上げます。
現在も停電や断水などが続いており、
不安な日々が続いてると思いますが、
引き続き、お体には十分お気を付け下さい。
 
地震当日に、現場からのリポートのため
厚真町や、札幌市内各地の現場に行きました。
道路の陥没、家屋の倒壊、避難所の様子などを
実際に目にした際、言葉が出てきませんでした。
 
夜に寝て、朝に起きたら全部が変わっていました。
自分ではどうしようもできない自然災害。
突然、当たり前だった環境が壊れることの怖さを学びました。
 
北海道に生まれて23年が経ちましたが、
こんなにも多くの被害、辛い声に触れたのは初めてでした。
二度とこんな事が起こりませんようにと願うばかりです。
 
停電の影響で何が起こっているのか、どうするべきなのか
情報を得ることが難しい状況が続いたかと思います。
 
HBCは、ラジオとテレビというツールで
一人でも多くの方の命を救うために、
必要とされている情報を随時お伝えして参りました。
 
手元に情報がない中で、ラジオを聞いてくださっている
みなさまからのメッセージに私たちも助けられました。
 
周囲で助けを必要としている人を、
支えあっていくことが大切だと感じました。
 
今後も、余震があるかもしれません。
今のうちに備えられることは、
積極的に準備していくことが大切です!
 
当たり前に毎日は過ぎると思っていたわたし。
1日1日を大切に生きていきたい。
 
みなさんで、これからも頑張っていきましょう!

2018年09月15日(土) |  思いを馳せる
 
佐藤 彩

9月6日、最大震度7を観測した北海道胆振東部地震が起きました。
この地震で、大変残念ながら亡くなられた方々には、心からお悔やみ申し上げます。
そして被害に遭われた方々、今も避難所で不便な生活を強いられている方々も多くいらしゃいます。心からお見舞い申し上げます。
まだ余震も続いていて不安な日々をお過ごしだとは思いますが、一日も早い復旧とともに、笑顔が戻ることを祈るばかりです。

震度7を観測した厚真町。
私は、3年前に吉田類さんとロケで訪れていて、美味しいもの、厚真の温かい人たちにふれ、心がほっこりした思い出があります。
睡蓮も綺麗でしたし、あづまジンギスカンの方の情熱、そしてお肉の美味しさ・・・この公園で交流できた厚真の方々の笑顔、忘れられません。
作付面積が国内1位の厚真町の特産、ハスカップ。
絶妙な甘酸っぱさに魅了され、類さんと私はハスカップ狩りに夢中・・・ディレクターから「もういいですよ」と言われても食べ続けていたぐらい美味しかった記憶があります。
ハスカップ畑は山に囲まれた場所で、畑には無残にも土砂がなだれ込み、多くのハスカップの木が土砂に覆われてしまったそうです。
復旧へは大変な道のりになりそうだということで、心が痛みます。
私の家で地震の影響というと、停電になったことくらい。
今回、日頃いかに電気に頼って過ごしていたのか、改めて気付かされました。
真っ暗な家の中はとても怖い・・・
ガスのスイッチを入れるにも電気を使っていて、水は大丈夫なのにお湯は出ない・・・。
あの木曜日のシャワーの水の冷たさは、一生忘れることはないでしょう。
電気のありがたみを感じ、いつもの、何気ない日常がいかに幸せか、ということを改めて実感することになりました。
今、この一瞬一瞬も大切に過ごしていきたいものです。
あの真っ暗だった夜とは違う、いつかの月の煌めきや明かりの灯された街・・・。
キラキラ輝く太陽とは違うけれど、このような輝きも力になるはず・・・。
少しでも微力ながらも何かを照らせるような温もりを感じるような心を持って、大変な思いをされている方々に思いを馳せつつ、明日も元気な声をお届けします。
一日も早く平穏な日々が戻り、北海道が元気になりますように・・・。

2018年09月14日(金) |  当たり前のありがたさ
 
卓田 和広
この度、北海道胆振東部地震でお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りします。
また、ご自宅が大きな被害に遭われ、現在でも避難所での生活を強いられたり、ライフラインが復旧せず不自由な生活をされている方々、通常の生活に戻るために懸命の復旧作業に追われお疲れの方々も数多くいらっしゃいます。被害に遭われた方々に、心よりお見舞い申し上げます。
今回の地震で、私の自宅も食器棚から多数の食器が落ちて割れたり、電気、水道が止まるなどの被害を受け、当日の夜は、懐中電灯やお皿の水に浮かべたローソクの灯りで過ごしました。
水道が使えるようになったのは、地震から2日後の8日(土)夜でした。水道の蛇口から当たり前のように水が出る。これまで見慣れたはずの光景が、何とありがたい事か。
色々な方々の懸命な努力のお蔭で、多くの家庭に灯りが戻り、再び水を自由に使える生活ができるようになりました。でも、これらが決して当たり前ではないことを肝に銘じ、普通の生活ができることに感謝しながら過ごしていきたいと思います。
そして1日も早く、北海道中の皆さまに笑顔が戻りますように。

2018年09月14日(金) |  心よりお見舞い申し上げます。
 
小川和幸

平成30年北海道胆振東部地震により、
亡くなられた方々に謹んでお悔やみ申し上げます。
また被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます。 

HBCアナウンス部一同

2018年09月06日(木) |  身の安全を守る行動をお願いします。
 
谷藤博美

本日、北海道で大きな地震がありました。
被害に遭われた皆様にお見舞い申し上げます。


HBCでは地震に関する情報を、現在HBCテレビとラジオ両方で随時お送りしています。


HBCラジオはインターネットでラジオが聞ける「radiko」でも聞く事ができます。
ラジコ   http://radiko.jp/

HBCテレビでは、下記のホームページから
放送中の報道特別番組をインターネットで同時配信中を随時おこなっています。
(※配信を中断する時間帯もありますご了承ください。)
もんすけTV  http://www.hbc.co.jp/monsuketv/


現在も広い範囲で停電や断水が続いていて
皆様も不安が大きい事と存じます。

出来るだけ一人では行動せず
周りの人と声をかけあいながら身の安全を第一に行動してください。

各地域で小学校などが避難所として解放されています。
避難所に向かわれる方は、日が落ちる前に行動を心掛けてください。


明日以降のアナウンサー日記は一旦お休みをさせていただきます。ご了承ください。

2018年09月05日(水) |  ミニトマトその後
 
管野暢昭
前回のご紹介から約3週間。我が家のリビングで育つミニトマトは、日々成長しています。小さなプランターから引っ越して、ゆったりとした環境で南側に面した窓辺を住処にしています。何せ7月中旬に種をまいたものでなかなか大きくなりません。それでも20センチほどになったでしょうか?次回のアナウンサー日記で「赤い実をつけた」と報告ができるか、ご期待ください。小学生時代のアサガオから半世紀。その成長を絵日記ならぬアナウンサー日記でお伝えいたします。

<< [1] [2] [3] >>

TOP(全件表示)