今月
2018年03月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   表示:2013年08月(27件)
<< [1] [2] [3] >>

2013年08月21日(水) |  夏の思い出・・・
 
石崎輝明
今年の夏も終盤を迎えました。

毎年思いますが、北海道の夏は短過ぎます。
でも、それだからこそ日本で一番夏を満喫したいと思ってしまいます。
今年も、1日も無駄にすることなく夏を楽しみたいと貪欲に出かけましたよ!

石崎の2013サマーコレクションです!
今年の夏は暑かった!
海にも沢山いきました。
太陽の下で仲間と他愛もない話で盛り上がる。暑くなったら海に飛び込む。
最高です。
薪割りにも精を出しました。
自分で用意した薪でするキャンプファイヤーは格別です。
キャンプ場で炭焼きのオリジナルハンバーガーも作りました。

素材費200円くらいですが、これが絶品!
(自分で作ったのとアウトドアの雰囲気が最高の調味料ですね!)
屈斜路湖の砂湯で、マイ露天風呂を作りました。

湖面に突き出た野趣あふれる、なかなかの出来上がりでしたよ!
※自己満足ですみません。
旭川の夏祭りで、仲間達とカキ氷も販売しました。

夏休みで遠くから帰省した仲間も参加して同窓会みたいに盛り上がりました。
お盆期間などは、全道で同じ様な懐かしい笑顔があったのでしょうね。

夏は絶対に終わります。秋になり、また長い冬がやってきます。
以前は、「あ〜、また長くて暗い冬がくるよ〜」なんて先走って落ち込んでいましたが、今はそんな事を考える時間も惜しんで夏を追いかけまわしています!

2013年08月20日(火) |  うれしいこと。
 
高橋有理
こんなに大きくなりました!
我が家のイタリアンパセリです。

1か月ほど前にタネをまいたところ、このとおり♪
すくすく成長してくれました。

以前から、スーパーへ買い物に行くたび、「パセリを買うのはもったいないな〜」と思っていた私。

「ならば、育てればいいんじゃん!」と始めたのが、自宅でも簡単にできる栽培キットです。
手の平サイズの小さなキット。「本当にこれで育つのか?」と半信半疑で初めてみたら、1か月後にはこんなに葉っぱがつきました。

ただ、育てたら育てたで、なんとなく葉っぱをちぎるのが心ぐるしいという・・・。(プチサイズだから?)

そんなわけで、なかなか手をつけられずにいます^^;

2013年08月19日(月) |  目標は達成できなかったけれど・・・
 
堀 啓知(よしとも)
「そうだ、海鮮丼を食べに行こう!」
思いつきで、先週末に小樽・余市方面に家族で行ってきました。
と言いながら、まずは小樽で人気のパン屋へ。
以前、余市に行った帰りに寄ったら、売り切れていた苦い思い出が。
教訓を活かして、無事にパンを複数購入。
写真のパンは、表面はカリカリですが、中は適度にしっとり。
ナッツ類やフルーツが詰まってました。
数年ぶりに食べたパンは、美味でした。
そして、余市で海鮮といえば、お馴染みの商店へ。
お昼前に着いたのですが、ご覧の行列。
2階のお店から階段の下まで伸びていました。
待つこと45分・・・。
やっと目的の海鮮丼と思ったら、残念ながら完売・・・。
そこで、中トロ丼と・・・
いとこ丼を注文しました。
イクラは道産、サーモンは外国産、ということで「いとこ」でした。
本来の目的ではなかったですが、両方とも美味でした。
その後は、余市と言えば、ニッカウヰスキー蒸留所。
ずっと行こうと思っていて行けず、初めての見学になります

当初、ウイスキーが熟成して完成するまでは、リンゴジュースやジャムなどを製造していたこと。

そのため、社名も「大日本果汁株式会社」だったこと。

ニッカのキャラクターは、ウイスキーの香りをききわけるブレンドの名人であること。

様々な「へぇ〜」な知識に出会いました。

見学施設の至る所から、ウイスキーのほのかな甘い香りが漂っていました。
試飲会場でウイスキーを飲むこともできましたが、家族に車の運転を任せるのも申し訳ないのでリンゴジュースで我慢しました。
もちろん、美味でした。

そもそも、お酒が弱いので、お土産には、蒸留所限定のウイスキー入りのキャラメルを買いました。
お酒入りということで、帰宅してから食べました。
運転の疲労と本来の目的が未達成であることも忘れるくらい、美味でした。

2013年08月17日(土) |  ちょっと長くなりますが、お許しください
 
水野 善公

みなさん、ご覧になっていますか?『半沢直樹』。(HBCテレビ 日曜21時〜)
自分、完全にハマっています!
“クソ上司”を相手に奔走する銀行員を描いたドラマ(すっごく大雑把ですみません)

毎回、様々な困難にぶつかりながらも、最後の最後、21時40分頃から、怒涛の巻き返しを図り、クソ上司を粉砕する姿は、まさに新時代の水戸黄門!
TBSはこういうドラマを作らすと実にうまい!(お前は何様だ(笑))
堺雅人さん演じる主人公・半沢直樹の決め台詞「やられたらやり返す倍返しだ」は流行語大賞ノミネートの兆し。私は視聴率だけで良し悪しを判断するのは好きではありませんが、30%に迫ろうかという高視聴率も納得の内容。TBSでいうと『仁』を超える大ヒット作になるのでは・・・

自論で「ドラマは悪役が命」というのがあるのですが、まさにそれを痛感!
半沢を苦しめた支店長役の石丸幹二さん。憎らしいまでに机をドンドン鳴らしながら半沢を追い詰めた人事の小木曽役・緋田康人さんはじめ、“すばらしい悪役”達が半沢の痛快さを引き立てています。
かつての全日本プロレスのブッチャー&シーク、新日本のタイガー・ジェット・シンなど、馬場やファンクス、猪木を際立たせたのは彼らの存在があったから。やっぱりヒール役は大事です。

個人的には上戸彩さん演じる半沢の妻・花に毎度、感激。
“倍返し”のために奔走する夫を叱咤激励しながら支える様子はお見事!
印象的だったのは、自らアルバイトで稼いだお金で、新しいカバンを買ってあげるシーン。これはもう、男にはたまりません。ああ、なんて美しいことでしょう・・・
日常生活の中で忘れかけている「大切な何か」を教えてくれるドラマでもあると思います。

まだ、ご覧になっていない方。大丈夫です。今からでも間に合います。
次回放送分(25日)から、ドラマの舞台が移り、新たな半沢の戦いが始まります。
「なんか、みんな見てるから見てみようかな」という人のために、おそらく、冒頭の5〜10分ぐらいで、これまでのあらすじを紹介するような作りになっているのでは・・・と勝手に予想していますので、ここからでも十分いけると思います!
「いったいお前は何様だ!」というご感想も、おありかと思いますが、なかなか普段、溢れ出すこの思いを伝えられる機会がないので、この日記にしたためました。

日曜劇場『半沢直樹』・・・日曜午後9時〜。25日(日)は25分拡大スペシャル、ぜひご覧ください。(山根基世さんのナレーションもいいんだよなあ)


2013年08月15日(木) |  8月は、全部やる!
 
川畑恒一
毎年、140試合以上を中継しているHBCラジオのファイターズ戦中継。
ホームゲームは、もちろんHBCの実況・解説陣でお送りしていますが、ビジターゲームとなると、人員や経費などの問題もあり、現地の系列局に代理制作をお願いすることも少なくありません。

しかし、今月のファイターズ中継はすべて自社制作!
真夏のQVCマリンフィールドで、試合前から精力(?)取材し、

サウナのような暑さの西武ドームからも、熱烈応援実況!

この後も、Kスタ宮城や山形、京セラドームなど、どこまでもHBCの実況・解説陣がファイターズを追いかけます!

札幌ドームの3塁側スターシートが当たる「解説者が選ぶきょうのMVPクイズ」も好評実施中です。
ぜひ聴いてください!


2013年08月14日(水) |  気球というものに初めて乗った夏
 
近藤 肇
いままで2度チャレンジして2度とも見ることのできなかったトマムの雲海。

ことしは、ゴンドラ駅に向かうバスの中で「山頂からの連絡で、雲海が発生しているとのことです」とのアナウンスがあり、3度目の正直!とばかりに期待に胸を膨らませたのもつかの間・・・

ゴンドラに乗る直前に、「山頂で雷が発生したため、きょうの運行を中止いたします」とのアナウンス。

なんてついていないんだ!朝4時45分に起きたのに・・・

でも、朝4時に起きた人は見られたわけでもあるのです。
その翌日、宿泊先の芽室町の宿で、今度は思い切って3時45分に起きて、50キロ離れた、上士幌航空公園というところに向かいました。

「熱気球を飛ばすけど来る?」とネット上でお知り合いになった十勝の方から、お誘いをうけていたからです。もちろん、こちらも飛ぶ飛ばないは天候次第、運試しです。

趣味で気球を所有されているという神森(じんもり)隆幸さんとは、全くの初対面。挨拶のあとで、気球に乗るまで交わした言葉は「この送風機つかんでて」「乗って!」の二言だけ。
乗ってみて!こんなに気持ちのいい体験はありませんでした。

気がつけば400mを越えていて、雲の上にいました。上昇・下降も加速度を感じることはまったくなく、横揺れもまったく感じませんでした。まさに、空気の中にとどまっている。浮かんでいる。音も、バーナーをたまにふかすときだけで、静寂の世界。海中にも似た。

地上ぎりぎりまで下降もしてくれました。とうもろこし畑のすぐ上を、まるで、ドライアイスが机の上を滑るかのようなスムーズさで、移動は非常にゆっくりでした。

不思議だったのは、10mの高さの鉄塔の上なら足がすくむのに、400mの高さから真下の地上を覗き込んでも、恐怖をまったく感じなかったことです。

これだけの、壮大な体験をするのに、必要な道具が、すべて、一台の車に積んで移動できてしまうことにも驚きました。

今回お世話になった神森さんの、気球のような自由な生き方にも感化された、ことしの夏休みでした。


2013年08月13日(火) |  女性だけのお楽しみ♪
 
堰八紗也佳
今年も参加してきました☆
第13回 ポロコカップレディスゴルフサマーフェスティバル

おととしから堰八が皆さんと一緒にプレー&
表彰パーティーの司会をさせてただいております。

女性限定の大会で
千歳市にあるザ・ノースカントリーゴルフクラブで行われています。

リピーターがとても多く
募集人数以上の応募があり
早めの申し込み必須の大会です(^^)

一番の人気の理由は賞品の数が
驚くほど多くて豪華なこと!!
参加賞だけでも、大きな袋の中にいっぱいです★

さらに
パーリーゲーツによるベストドレッサー賞や、
無料でハンドマッサージをしてもらえる女性に嬉しいサービスが♪

そして今回私、3度目の参加で初めて飛び賞が当たりました!
第25位です!
やった〜!!!!!!!

(ダブルペリア方式なので
スコアは全然良くないのに、うまいことハマった)

司会者の私が
「第25位は・・・セキハチサヤカさんです!
あっ、自分です!すみません〜!」というと
みなさんから「おぉ〜!!」と歓声☆

そのあとで「ちなみにスコアは散々で・・・
ハンディキャップが50つきました!」と言うと
皆さんがドッと笑って、温かく拍手をしてくださいました!
それだけでもう大満足!
ありがとうございます!

その賞品は、急遽「堰八賞」として
88位の方に贈呈させていただきました〜!!

なぜなら【セキハチ(8)だから♪

偶然、88位の女性は一緒の組で回った方だったので
それも嬉しかったです(^^)


ゴルフのイベントのお仕事は
今シーズンもまだまだ続きます。
楽しんで頑張るぞ〜♪


2013年08月12日(月) |  この場をお借りして
 
管野暢昭
私には子どもが2人(息子と娘)おりまして…。
既に2人とも家を出て、東京で生活しているのですが…。
 
実は2人ともミュージシャンでして…。それも兄妹ユニットとして、今年5月にメジャーデビューしたのです。『Vinal』といいます。小さい頃から息子はプロのギタリスト、娘はプロシンガーを夢見ていました。そして不思議な形で、2人ともその夢を叶えてしまいました。親としては、平凡でいいから幸せに暮らして欲しいと願っていましたが、敢えて厳しい世界へ飛び込んで行きました。
こうなると応援するしかありません。そこで、この場を借りて、お知らせです。今月21日に6曲入りのミニアルバムが発売になります。私の知らない曲もあり詳しくご紹介できませんが、是非聴いてみてください。さらに、9月1日にはデビュー後初の地元ライブが札幌で行われます。狸小路にあるメッセホールです。お時間があれば行ってみてください。
詳細はHPで…。http://vinal.jp/
親バカで、本当にすいません。

2013年08月11日(日) |  世陸スタート、今日ドキッ!は1週間おやすみです
 
宮地 麻理子
8/10から開催されている「世界陸上」をTBS系列で独占放送するため、「グッチーの今日ドキッ!」はあすから1週間おやすみです。

普段はびっしり予定が書きこまれているウラヨミの予定表も、今週分はまっしろ。
本当はこういう時にこそ取材をしておかないと、あとでキリギリスになるのですが…
でもお盆前のこの時期は取材先がお休みをとっておられることも多いため、もともとアポイントが取りづらい時期。
チーフが「割り切ろう!俺は休むよ!」と宣言したので、チームはなるべくここで夏休みをとることになりました。
宮地 麻理子

たまった家事をすませて、それから何をしようかな。
思いつきで海外旅行、というのも憧れるのですが、一番高い時期だしなあ…。

そんなことを悩んでいるうちに、おやすみに突入してしまった私です。

貴重なお休みをどう過ごしたかは、次回の日記でご報告します。
どうしよう…


2013年08月10日(土) |  涼んでください
 
桜井宏
ラジオ「朝刊さくらい」の桜井宏です。
来週も道内は暑い日が続きそうですね。
皆さんの体調はいかがですか。
今日は皆さんに少しでも涼しい気持ちになっていただこうと
雪山の写真を用意しました。
氷河を抱いたスイスアルプスです。
ツェルマットから登山鉄道に乗って到着した
ゴルナーグラート展望台(標高3130m)。
そこからの眺めです。
4000mを超える峰々が連なっています。
6月下旬の「桜井宏と行くスイスツアー」で訪れました。

 360度のパノラマの中でひときわ目立っていたのは
主役のマッターホルン。
プライド高く聳え立っていました。
ツーショットをお願いしましたが、
何かすり寄った形の笑顔になってしました。
美しくない写真で恐縮です。


<< [1] [2] [3] >>

TOP(全件表示)