今月
2018年04月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
       
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   表示:2013年01月(25件)
<< [1] [2] [3] >>

2013年01月17日(木) |  思いもよらず目標達成
 
堀 啓知(よしとも)

2013年は最悪のスタートになりました。
寝正月、いや寝込み正月でほとんど家から出られませんでした。
年末から子供がお腹を下し、元日に妻も体調を崩し、ドミノ式に迫ってくる菌に抗うことができませんでした。
2日から胃腸炎にかかり、食欲も落ちて、トイレと布団の往復で貴重な正月休みが過ぎ去っていきました。

食べ物が喉を通らない中で、唯一食べたいと思えたのが「みかん」でした。
昨年末、静岡の友人から届いた三ヶ日みかん。
例年ですと11月には贈ってくれるのですが、今年は「生育が遅い」ということで、年末にずれ込みました。
お陰様で、いつもは食べ終わって無いはずのこの時期にもみかんがたくさん残っていました。
ありがとう三ヶ日みかん、貴重な体力源となりました。
そんな状態で10日ごろまで絶不調だったこともあり、年末の懸案だった、体重の減量に越年で成功しました。
ここ数年69キロ前後をウロウロしていたのですが、一時65キロ台にまで落ちました。
久しぶりの大台に嬉しいやら悲しいやら・・・。
洗面所の鏡に映った姿は頬がこけた減量に成功したボクサーのようでした。

2013年01月16日(水) |  HBCカップジャンプ!
 
佐藤 彩
14日、大倉山でHBCカップジャンプが行われ、私もリポーターとして選手にインタビューをしました。
国内唯一のノックアウト方式で行われるこの大会は、普段の試合とはまた違った緊張感のなか戦いが繰り広げられます。
そして、決勝のジャンプを跳ぶ前に、ファイナリストにインタビューをするというのもこの大会ならでは。
今回、私が担当したのはこのインタビューでした。

そしてこのインタビューの場所が・・・なんと、スタート地点!
目の前に広がる札幌の街並みが素晴らしく、うっとり魅入ってしまいますが、目線を遠くからちょっと下にずらすと・・・急な斜面!
そして、やっぱり高い!
さらに、着地点あたりは、ここからじゃ見えない!
助走のスピードは、90キロも出る!
こんななか、選手はジャンプをするんですね。
改めて、ジャンプの選手ってすごいなと感じました。

2013年01月15日(火) |  新人合同自主トレ
 
水野善公
ファイターズのファーム施設がある千葉県鎌ケ谷市で11日から始まった、ファイターズの新人合同自主トレを取材してきました。
なんといっても注目は大谷翔平選手。大勢のファンが球場に訪れ、週末には合わせると1000人以上は来ていたのではないでしょうか。
特徴的だったのが男性ファンが多かったこと。やはり「二刀流」に挑もうとしている大谷選手の実力を買っている方がたくさんいたような気がします。

ファイターズに入団する前に岩手へ行き、取材させていただいていましたが、今回初めて1対1でお話を聞くことができました。休みの日や、他のチームメートとの話など、短い時間ではありましたが伺うことができました。本当に好青年で、栗山監督が「食べちゃいたいくらい」というのがわかるような気がしました。ご迷惑にならないように、夢を一緒に追いかけていきたいと思います。


2013年01月13日(日) |  年末年始の過ごし方
 
川畑恒一
ここ数年、年末年始は自ら希望して、ニュースなどのシフト勤務をしています。
ちなみに今回は大みそかが早番、元日は日勤、3日がまた早番でした。

なぜ、わざわざ希望して働いているかというと・・・
新年最初のジャンプ中継の実況を担当しているから。

毎年、100人以上の選手がエントリーする「雪印メグミルク杯」。
出番のない時間帯は、各選手のプロフィールなど中継資料作りに当てているのです。


解説はおなじみの原田雅彦さんで、今年は5日に無事、放映を終了。

過去にはおとそ気分も抜けない3日に開催されたこともあり、中継のことを気にしながら正月休みを取るよりも、いっそずっと働いているほうが良いと思うようになりました。

一区切りがつくのは、明日の「HBCカップジャンプ」でレポーター業務を終えてから。
国内唯一のノックアウト方式で勝者を決する、伝統の大会。
全国フルネットで午後3時55分から放送します。
ぜひご覧ください!



2013年01月12日(土) |  初日の出中継なのに肝心の天気が・・・
 
近藤 肇

大晦日から元日にかけて、去年最後の、また、今年最初の出張が、襟裳岬でした!

で、襟裳岬なんですが、ご存知のように、風の強い場所でして、全国900箇所以上あるアメダスの中でも、年間通じて最も風の強い場所であろうと思われます。この写真を撮った31日の時点で、瞬間風速は28メートルありました。

今回の出張の目的は、元旦の”初日の出中継”だったのですが、本番直前に瞬間風速が34メートルを超え、危険なレベルに達したため、カメラマンの命や機材を守るために、さまざまな変更が発生しました。

私も、まっすぐに走れないような強い風を体験したのは、札幌市内の街路樹がバタバタと倒れた2004年9月の台風15号以来のことです。

結局、本番中はぶ厚い雪雲にさえぎられて、太陽の姿を見ることはできなかったのですが、番組が終わって15分後に突然、雲が消えて、強い日差しが!まあ、予想通りの展開ではあったのですが、前日から強風の中苦労してスタンバイをし、リハーサルを重ねてきた16人のスタッフは当然、悔しがっていました。

この雪辱は・・・・・・つづきは、2014年1月1日午前6時50分前後にテレビの1チャンネルで見られる”はず”です。


2013年01月11日(金) |  年明け〇〇〇
 
堰八紗也佳

イベントや行事が大好きな私。
特に食に関することには興味がすごくあり、
1月7日の七草粥はもちろん、今年は年明けうどんを食べました。
年越しそばならわかるけれど、年明けうどんはご存じない方も多いと思います。

年明けうどんは
元旦から15日までに食べるうどんのことで、
赤いもの(えびやかまぼこなど)が入っているものです。
節分の恵方巻きもそうですが、最近北海道でも本州からの風習が浸透してきていますよね。

年明けうどんはもちろん家で作ることもできますが、カップラーメンでも登場していますし
メニューに取り入れているお店もあります。

私はお店で♪
昆布(よろコンブ)と赤い梅が入っていて、
お値段は末広がりの880円

しかも太く長い人生をということで麺も通常より極太!
とても縁起が良く食べごたえのあるうどんでした。

普段はうどんよりそば派なのですが、
これからも行事にかこつけて美味しいものを食べ続けたいと思います。
あっ!今日は鏡開きだ…!


2013年01月10日(木) |  オレ流のHappy New Year !
 
関 博紀
Happy New Year!年末年始に休暇をとり、新年を米テキサス州のオースティンで迎えました。
憧れのブルースマン、スティーヴィ・レイ・ヴォーンが修行した街ということで、7年前に訪れて以来すっかりテキサスフリークになった関ですが、そのレイ・ヴォーンを育てたとも言われるテキサス・ブルースの重鎮、WCクラーク氏がホストをつとめるカウントダウンパーティに参加でき、超感激!最高の新年の迎え方ができました。
年が明けてからは今回の目的地、サン・アントニオまで車を走らせました。アラモの戦で有名な街ですが、僕の目的はあくまでもブルース研究。
かつて伝説のブルースマン、ロバート・ジョンソンが最初のレコーディングを行ったのがこの街にあるホテル。このホテルを訪れ、その空気に触れること、そしてレコーディングから76年が経過した今、この街のブルース・シーンはどうなっているのかを探ること、それがお目当てでした。
ミシシッピー州の交差点で悪魔と魂の取引をしたというエリック・クラプトンのカバーでも有名な「クロス・ロード・ブルース、この曲がレコーディングされたホテルだけに、どれだけおどろおどろしい古宿なのかと思いきや、行ってみれば街中にある由緒正しき名門ホテル!?
「シェラトン・ガンター・ホテル」のロビーには碑が飾られていましたが、残念ながらレコーディングが行われた部屋に入って空気を感じるまでには至りませんでした。
ところが、この街のブルース熱はアツかった!夜な夜なブルースが演奏されている店を廻り、ブルース・ハープでセッション参加もしましたが、伝説を生んだ街のブルースマンたちは誇り高く、テキサス人らしい骨太さで煽られまくりました。
カラダも大きく、一緒にステージに立つと関が子供のように見えてしまうほどでしたが、懸命にブロウして応戦し、仲間入りさせてもらうことができました。
この世に音楽のスタイルは様々。ブルース1つとっても土地によって個性は違います。全てに造詣が深い音楽通になるのは難しいことですが、人生限られた時間の中で、テキサスのブルースやソウルには通じていたい…そんな想いを強くしました。

2013年01月09日(水) |  いまひとつ
 
桜井宏
HBCラジオ「朝刊さくらい」の桜井宏です。
新年早々気持ちの悪くなるような写真で恐縮です。
誰が見ても単なる「おだっている3匹のおっさん」ですよね。
去年の12月28日に札幌グランドホテルで「カーナビ紅白」が華やかに開催されました。
その時の記念写真です。3匹のおっさんは、畏れ多くもファンキーモンキーベイビーズのつもりになってステージに立ったのです。一番手前が私桜井宏です。帽子とだぶだぶパンツは息子の所有物です。無断で借りてきました。若返ってしまってノリノリですね。

本番は何とか乗り切りました。
実は2年前にもファンキーモンキーベイビーズには挑戦しているんです。
今回は、ご本家が今年の春に解散ということで急遽3匹のおっさんに声がかかりました。
しかし、いくら若づくりをしても隠せませんね。
歌っている表情はファンキーモンキーベイビーズの曲というよりも演歌を歌っているようです。
失礼しました。何を唄ったのか、ご紹介するのを忘れてました。
タイトルは「あとひとつ」ですが、「いまひとつ」だったという指摘もあります。


2013年01月08日(火) |  木ごとに花ぞ・・・
 
田村 英一
正月は、やはり”赤”がめでたいかと
通りを見れば、ナナカマド。
きれいな赤が雪に隠れていた。

雪ふれば 木ごとに花ぞ さきにける
  いづれを梅と わきてをらまし

木ごと・・・というのは”木”と”毎”。
合わせれば”梅”。
この歌には、こんな遊びが隠されているとか。

作者は紀友則、百人一首に
ひさかたの 光のどけき 春の日に
静心なく 花の散るらむ という有名な歌がある。

この冬は雪景色が長い。
ドカ雪でエサ不足か、”ギンザンマシコ”という鳥が
年末に里までおりてきてナナカマドの赤い実を
ついばんでいるというニュース(旭川)もあった。

梅でも桜でも花咲く”色”のある季節が待ち遠しい。





2013年01月07日(月) |  気の置けない仲間と!
 
小川和幸

心のリセットって…大事ですよね!
日々お送りしている放送の中で、
反省点や改善点は必ずあるものです。

一人でじっくり考えることも大事ですが、
仲間とワイワイ…あぁじゃない…こうじゃない…
と話しているうちに、解決策が“ポンッ”と出てくることがあります!

仲間とは、本当にありがたいものです。

今年も、こんな仲間に支えられ、
「夕刊おがわR」をお送りしますよ!

お馴染みの方も、初めての方も、
是非聞いてください!


<< [1] [2] [3] >>

TOP(全件表示)