今月
2018年08月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
       
アーカイブ
2021年04月
2021年03月
2021年02月
2021年01月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年09月
2020年08月
2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   表示:2015年10月(25件)
<< [1] [2] [3] >>

2015年10月19日(月) |  ふりました
 
佐々木 佑花

先日、秋を通り越して冬を体感しました。

10月13日。
「ついに中山峠にも雪か!?」ということで、中継に出た撮影グループ。

札幌市内はまずまずのお天気で、定山渓の紅葉もキレイ。
本当に雪が降るのだろうか??という思いで、頂上付近へ。

すると・・・

先程まで見えていた太陽も見えなくなり、一気に空が暗くなりました。

そして、激しいみぞれが降ってきました。

これは、降るな。

冬のダウンに着替え、中継準備。

生放送の時間には、みぞれから本格的な雪に変わり、周りは真っ白な景色に。

予報通り、

雪が降りました。

いやぁ〜、寒かったなぁ。

スタッフ一同ブルブル震えながらの中継となりました。

帰るころには、こんなに雪が積もりました。

みんなで作った雪だるま、カワイイでしょ(^^)

一昨日中山峠を通ったら雪は融けていましたが、平地で雪が降る日もそう遠くはないと思います。
(ちなみに、札幌の去年の初雪は10月28日だったそう)

季節の変わり目、体調にはくれぐれもお気を付け下さいね!


2015年10月18日(日) |  秋キャンプ IN 瀬棚
 
石崎輝明
秋のキャンプに行ってきました! テーマは、「食欲の秋をお外でどこまで楽しめるか!!」です!
仲間達22人での大キャンプ! タープを3つ連結しました。
場所は瀬棚。奥尻島へのフェリー港もある道南の要衝ですね。 日本海と瀬棚の街を見下ろす丘の上にある「せたな青少年旅行村
さて、炭をおこして食欲の秋キャンプ開始です! 今回のメニューは海鮮中心! まずは、溢れんばかりの牡蠣!!! 居酒屋を営む友人が大量に仕入れてきてくれました!
友人からタラバガニの差し入れがありました!! またまたキャンプは上がります!!! 蟹は本当に罪な奴です!!!! 少し焼いて、びっしり詰まった肉厚の蟹足にかぶりつきました(>_<) そしてメロンです! あがりますね〜。 しかも片手にメロン、片手にタラバ・・・! でも、同時に食べるのはどうかなと思いました。笑
今回圧巻だったのが、職人がその場でさばいて作る鮭のチャンチャン焼きです! 味噌も特製のを作ってきてくれて、美味しくてあっと言う間に鉄板が空になりました! ススキノで「縁屋」というお店を営む近ちゃん(右)です。 そして、左でピースをするのは、鮭を釣ってきてくれた、鹿撃ちハンターでもある菊ちゃんです。 二人に挟まれた石崎は「鮭を盗みに来て捕まったおサルさんみたいだね・・」と周りのみんなに言われていましたとさ!
キャンプのハイライトの一つとして、サプライズで誕生会もしました。 先日ご結婚された友人ご夫婦の奥様が誕生日だったので、ケーキを用意して、みんなでバースデーソングの大合唱! まさかキャンプ場でサプライズパーティーになるとは思っていなかったのか、このあと大号泣でした\(~o~)/
札幌でも雪虫を見かける機会が多くなりました。 間もなく冬がやってきますね。 寒くはなってきましたが、テントは難しくてもケビンやバンガローなどもあるし、まだまだアウトドアを楽しんでいきましょう!!  ちなみに、同僚の小川和幸アナは「てるちゃん、うちはまだまだキャンプいくよ!」って張り切ってました!

2015年10月17日(土) |  凹みながらもいい汗かきました
 
堀 啓知(よしとも)

秋晴れのスポーツ日和。

社内の先輩方とテニスをしました。


私は特に経験はないのですが、人数が足りないということで思い切って参加しました。

先輩たちはテニス歴20年・30年以上の経験者ばかり。

 ラケットを握ったのはいつ以来か分かりませんが、親戚に借りて臨みました。


はじめの1時間はストロークやサーブの練習。

サーブの成功率が1割・・・自分でもショックを隠し切れずへこみました。

「もうちょっと力を抜いて成功率を高めたら・・・」とアドバイスをもらい、“置きにいく”感じで5割になりました。

 

その後、22のダブルスで対戦。

遊びとはいえゲームとなると緊張するもので、やっぱりサーブの成功率が落ち、足を引っ張ってばかり・・・。

錦織圭選手のような“エアケイ”をやってみようと思っていたことなんて、恥ずかしくて言い出せませんでした。

ゲームの結果はさておき、4人の中で一番汗を多くかきました。


2015年10月16日(金) |  山ガール&温泉ガール、標高1920mへ!
 
佐藤 彩
「山ガール&温泉ガール」取材で、登山&温泉取材に行ってきました!
山ガールの堰八アナとともに向かったのは、十勝岳連峰の「上ホロカメットク山」。
標高1920m。
目指すは、矢印のところです。
ここから見ると、かなり遠い・・・ですし、雪化粧まで・・・!!
山の季節はもう、秋から冬へと変わりつつありました。
朝8時すぎ、「十勝岳温泉 凌雲閣」のすぐ横にある登山口から出発した私たち。
最初は遊歩道のような道で歩きやすかったのですが、ちょっと進むとすぐに雪が・・・!
「上の方だけではないんだ・・・。頂上まで行けないかもしれない・・・。」
そんな不安もよぎりつつ、一歩一歩前へ。
すると、こういった状況だったので、雲一つない青空から降りそそぐ太陽の光が、私たちの希望のようにも見えました。

今回は、最終目的地の「上ホロカメットク山」に着く前に、「かみふらの岳」にも登頂し、そのまま稜線を歩いてプチ縦走するというルート。
夏山ガイドによると、2時間半くらい、とのことでしたが・・・。

途中でナキウサギの鳴き声に耳を傾けたり、雪道のところも多くて足場が悪かったり、リポートをとりながらだったり、ということもあって、かなり時間がかかりました。
大変な部分もけっこうありましたが、進みながら見える景色は・・・絶景の連続!
本当に登って良かったと心から思える美しい光景ばかりでした。

そして、道中いろいろありましたが・・・詳しくは、放送を聴いていただきたいです。
平日に、冬になりかけている山に登る(物好きな?)人は、私たちのほかに2人。
お仕事という方3人。
今回山頂で出会った人はそれだけでしたが・・・。
なんとか無事に、標高1893mの「かみふらの岳」登頂に成功!
風が冷たくて大変でしたが・・・ここからしか見ることのできない景色と出会えましたよ!!
さらに、なんとかプチ縦走もして、標高1920mの「上ホロカメットク山」にも、登頂できました!!
3時間半以上かかりましたが・・・。

この他のエピソードなど、詳しくはブログでも紹介しますね。
私たちのリポートは・・・
明日と、24日(土)の朝6時35分〜の「山ガール&温泉ガール」をぜひお聴きください!

さらに、「十勝岳温泉 凌雲閣」の温泉リポートの模様は、
31日(土)、11月7日(土)の番組でご紹介します!
裸で録音機を持ちながらの体を張ったリポート。
相変わらず、周りの人たちはビックリしていましたが(笑)
楽しんで頑張りました。
露天風呂から見える景色のイメージは・・・こんな感じ。
ただ、私たちが入った時間には、夕陽が反対側からこの山々にあたるくらい、陽が傾き始めていました・・・。
絶景露天、温泉の良さが伝わるといいな♪
ぜひお聴きください!

2015年10月15日(木) |  “ますおか”増田さん登場! ファイターズファン養成講座
 
水野 善公
秋から始まったHBCラジオ「もっとファイターズ!スタメン(火〜金 夕方5時50分〜)」 木曜日は「ファイターズファン養成講座」ということで、拙い知識ながら私が講師役″として、お送りしています。 先週の一回目は金城アナウンサーが生徒役として登場。リスナーさんからは「いじめ過ぎ」という声をいただきましたが(笑)いじめていません、「いじって」います! そして、昨日は、ますだおかださんの増田英彦さんが、登場しました!聴いていただいた方、いかがでしたか? なぜ、増田さんが北海道でラジオ番組に出演するのか、なぜ、ファイターズファンになってもらいたいのか・・・伝わっていれば幸いです。 次週は番組コーナーについてのお話です。24時間、kouza@hbc.co.jp でメッセージをお待ちしています。今後とも、よろしくお願いします!

2015年10月14日(水) |  初挑戦!
 
室谷香菜子
いくらの醤油漬けです(*^_^*)




青森に住んでいたころは、
自宅で作るという習慣はありませんでした。


ず〜っと自分で作ってみたかった醤油漬け。
この時期、
家で作るのを楽しみにしている方がたくさんいらっしゃいますよね♪
私も仲間入りしちゃいました♪♪
和食の先生に習って、大成功☆



まっすぐスーパーに寄って帰り、
少し小ぶりでしたが生筋子を買って自宅でトライ!


まいう〜!でした。
一晩おくといい具合に味が染みて、美味しさが体中に広がる。
いくら最高〜!


思ったより、簡単に作れるのですね。
次はちょっと辛めの味付けに挑戦してみたいと思っています!
お酒にも合いそうだし♪

2015年10月12日(月) |  初めての子連れミュージカル
 
川畑 恒一

プロ野球・レギュラーシーズンの戦いが一段落した先日の休日、劇団四季のミュージカル「キャッツ」を観てきました。

札幌では1月に開幕し、フットワークの軽い人にとっては何をいまさらという話ではあるのですが・・・千秋楽が決まったころに、ようやく予約するというのが、これまでのパターンです。

北海道四季劇場が完成してから、作品が変わるたびに毎回、観劇していますが、今回は初めての子連れ。
もう小学生になったし、内容的にも理解できるかなという期待もあったのですが、やはり7歳の男児が休憩をはさんで2時間半座っているというのも難しかったみたいで、「長かったぁ」という感想の第一声にはがっかりしました(笑)

それでもところどころ、印象的なシーンでは目を輝かせて拍手を送る場面もあり、彼なりに何かを感じ取ってくれていれば良いなと思います。


2015年10月11日(日) |  これって不思議だよね?
 
近藤 肇

毎日、街角で天気予報を伝える私にだって天気以外に気になることがあるのだ。

噴火湾でホタテ漁師の石川さんが捕獲した奇妙な生物。

専門家によると、サルパ・マッジョーレといって、透明な体を持ち、自分とまったく同じクローンを生成、そしてその・・・どんどん増える自分同士が数珠つなぎになって、まるで蛇のような形で海中をさまようという、相当、奇抜な特徴をもっている。

そして、こちらは、超大型台風の接近を前に、訓子府町で見られた光景。

正体は、”多すぎる雪虫”

撮影した大正寺さんによると、息もできないほどの密集度だったそうだ。

雪虫は、あの大嵐を予知したのか、あるいは、そのあとにやってくる、寒さを感知したのか・・・

いずれにしても、この時期だけ現れる、空飛ぶクリオネのような不思議な生物。なぜ、人間の目に”雪”にしか見えない真っ白でフワフワな体をしなければならないのか。寒くなると現れる。冬への準備を促すかのように。(写真撮影:黒澤徹也さん)

世の中はまだまだ不思議にあふれている。私の天気予報が、なぜはずれてしまうのか・・・ああ、不思議で不思議でたまらない・・・・・・

2015年10月09日(金) |  つぶあんぱん
 
桜井宏
 ラジオ「朝刊さくらい」の桜井宏です。 美味しいつぶあんぱん食べてますか? 多くの方から絶賛、賞賛をいただいた桜井印のつぶあんぱんの販売は惜しまれながら終了いたしました。 4日に閉幕をした札幌オータムフェストの大通り5丁目 会場HBCブースで先月23日(秋分の日)から28日(月)までの6日間の販売でした。 あんぱんの正式名称は「うまいあんこがぎっしりと、桜井印のつぶあんぱん」でした。 西屯田通り沿いの「しげぱん」のご協力をいただいて実現できました。とにかく美味しいつぶあんがたっぷり入ったあんぱんを食べたかった。食べていただきたかったのです。試食を繰り返しながら、私が理想としているつぶあんぱんを創っていただいたのです。つぶあんの量、甘さ、パン生地の厚さやしっとり感について我がままを言わせてもらいました。 その結果、納得のつぶあんぱんが出来ました。 すこし小ぶりなつぶあんぱんを2個化粧箱に入れて380円。 販売初日から行列まで出来てしまいました。 そして連日、早々と完売御礼になってしまいました。 ご足労頂いた方有難うございました。 せっかくお出でいただいたのに手に入れることが出来なかった方、本当に申し訳ありませんでした。 あらためて北海道にはつぶあんぱんのファンが多い事を実感しました。 「桜井印のつぶあんぱん」は原材料すべて北海道産です。これが人気の大きな理由でしょう。 これからも私桜井宏は北海道のつぶあんの為に頑張ります。

2015年10月08日(木) |  レバンガ北海道、開幕迫る。
 
管野暢昭
来季開幕する新リーグ=Bリーグ1部入りを果たしたレバンガ北海道。喜びに浸る間もなく、NBL最後のシーズンが開幕します。レバンガの開幕戦は今月11日。ホーム・北海きたえーるで強豪・トヨタ自動車東京を迎えます。チームの2本柱である折茂武彦選手、桜井良太選手にとっては古巣。他のチームと違い、気合の入り方は半端ありません。毎回好ゲームを展開しています。悲願のプレーオフへ、初優勝へ。北海道のファンの期待に応えるシーズンです。チームは先日、1部参入報告会&リーグ開幕決起会を開催。多くのスポンサーを前に社長を兼ねる折茂選手は、今季チームスローガンである「限界突破」のもと、一丸となって戦う決意表明をしました。個人的に期待しているのは2人のアメリカ人選手。来日3シーズン目となるジェローム・ティルマンと2シーズン目のジャマール・ソープです。「僕らは道産子なんだよ」と話す頼もしい助っ人の出来が、チームの勝敗を左右すると言って過言ではありません。そしてチームの情報を詳しくお伝えする新コーナーが誕生しました。HBCラジオ「夕刊おがわR」の毎週木曜日、「ニューフレンドリーpresentsウィークリーレバンガ」がそれです。10分という短い時間ですが、私が楽しくナビゲートいたします。ちなみに今シーズンの個人的な目標は、ホームゲーム全試合観戦。帯広、函館、夕張と地方開催ゲームにも出かけるつもりでいます。アリーナで見かけたらお声をおかけくださいね。

<< [1] [2] [3] >>

TOP(全件表示)