今月
2019年01月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
       
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   表示:2013年11月(24件)
<< [1] [2] [3] >>

2013年11月17日(日) |  お・も・て・な・し♪
 
堰八紗也佳

今年もついに雪が降り、長い冬がやってきました。
北海道を飛び出し、暖かい南国に行ってみませんか!?
私と一緒にハワイでゴルフをしましょう☆

「H.I.Sゴルフコンペinハワイ5日間」のご案内です♪
新千歳空港からの直行便。出発日は来年1月22日。
ものまねタレント岩本恭生さんと、私堰八紗也佳と行くツアー。私たちが心からの「お・も・て・な・し」をさせていただきます♪

ゴルフ場はハワイプリンスゴルフクラブ
ワイキキから車で40分ほど西に向かったオアフ島エヴァにあります。
全体的にフラットなコースで初心者から楽しめますが、バンカーや池も多く、正確なショットが要求されるそうです!

このゴルフコンペの優勝商品はハワイ旅行3泊5日

他にも豪華賞品を多数ご用意しております。

ゴルフだけではありません。

着いた初日はホノルル市内観光。最後の夜はサンセットディナークルーズで一緒に盛り上がりましょう☆

ホテルは全室オーションフロントの日系デラックスホテル「ハワイプリンスホテルワイキキ」

さらにお楽しみは、岩本恭生さんのモノマネライブ
どんなレパートリーが見られるのかお楽しみに!

お一人さま24万8000円。

詳しくは、.I.S北海道団体イベント営業所

011−222−7777(平日9時30分〜18時)までお気軽にお問い合わせください。

 

皆様と直接お会いしてお話できる機会を楽しみにしています。

 



2013年11月16日(土) |  11月16日。
 
管野暢昭
11月16日のアナウンサー日記を担当することを知って、思わず「ビンゴ!」と声を弾ませました。実はこの日は記念日なのです。今年で2○回目の結婚記念日で、加えてカミさんの誕生日なのです。当然のことながら、結婚した時はお互い若かった。私が20台半ば、カミさんは20台前半でしたから…。今では2人の子どもが当時の私たちと同じ年代ですもの。ただし、この日は誕生日の方が優先順位が上で、結婚記念のお祝いなどしたためしがありません。プレゼントを贈ったり、レストランで食事をしたりと、カミさん中心の11月16日です。今年も、たぶん…。すでに25年目の銀婚式を過ぎ、30年目の真珠婚式がまもなくやってきます。さて、カレンダーを見ると今年の11月16日はなんと『大安』!しかも土曜日。きっと教会やホテルなどは結婚式ラッシュでしょうね。私と記念日が同じカップル誕生ですね。みなさん、末永くお幸せに!
そういえば、結婚1年目から15年目までは毎年「○○婚式」なるものがあるのに、それ以降は5年ごとというのはいったいなぜでしょう?

2013年11月15日(金) |  好調だぜ
 
桜井宏
ラジオ「朝刊さくらい」の桜井宏です。
我らのコンサドーレ札幌が好調をキープしています。
J2の4位千葉に続いて、10日(日)に2位の神戸を降しました。
上位チームに2連勝です。
札幌ドームの神戸戦には1万8千人のサポーターが駆けつけました。
その大声援の中、PKで入れたビン選手の1点をしっかり守り切りました。
今シーズンのベストゲームに上げたい位です。
コンサドーレは現在7位。プレーオフに進むことが出来る6位以内を目指しています。
6位の徳島とは勝ち点差が3です。残り試合は2。
可能性は十分にアリです。
次の試合は17日、今度の日曜日。
アウェーで岐阜と戦います。岐阜は現在21位。
負けるわけにはいきません。
ウイ アー サッポロ! ウイ アー サッポロ!!
ウイナー サッポロ!  ウイナー サッポロ!!



2013年11月13日(水) |  おおっ!
 
宮地 麻理子
おっ!山崎さん、登られたのですね例の崖を!
太田神社は本当にすごいところにあるからなあ…
来年参拝なさる方は、是非、心も身体も万全の装備でお出かけください。

(6月25日の私の日記もご参照のこと)
(軍手と虫よけは絶対あった方がいいです、お持ちなら安全帯も)

拝殿まで辿り着いたら素晴らしい景色が見られるのですが、本当に本当に険しい道なのでとにかくお気をつけて!
宮地 麻理子
こんなのですから!!!
宮地 麻理子

ところで、この日記を皆さんが読んで下さる頃、私はソウルにいます。
シフトの妙で、急に4連休を頂けることになったのはいいのですが、私は予定がなければ何日でも家でのんびりしてしまう生来のグウタラ…せっかくの休みを無駄にしないために自分のお尻を叩いて、期限ぎりぎりでツアーを申し込みました。

4日でしっかり楽しめるところと言えば国内か韓国か台湾か…ということで安易に決めたはいいけれど、いざ行くとなると分からないことが多くてガイドブックを3冊も買っちゃいました。
IKKOさんの本は堰八アナが貸してくれたもの。ありがと!

母との二人旅なので、60代の足とお腹に優しいスケジュールを作らなければ…。行ってきます!


2013年11月11日(月) |  冬キャンプも・・・
 
小川和幸
雪が…道内でも降ってきました。
紅葉を楽しもうと出かけた
道東・丸瀬布…雪景色でした。

ここのキャンプ場は、
林業で賑わいを見せていた頃使われていた
蒸気機関車「雨宮21号」に、
今でも乗れるんです!

子供は“大はしゃぎ”(次男・小5)
高校生は“ニンマリ”(長男)
大人は…“大はしゃぎ”(私、46歳)
といった感じの体験乗車となりました。
キャンプ場の
閉鎖日前日に行ったんですが、
紅葉と雪の鮮やかなコントラストの中を
駆け抜けるSLに、目を奪われてしまいました…。

こんな情景に出会えるのは、
晩秋・初冬のキャンプならでは…。

出かける方は、
しっかりとした防寒対策を忘れずに!


2013年11月10日(日) |  札幌ディープ 32 ケーク・デ・ボア
 
鎌田 強
 めったに甘いものを食べない僕ですが
甘いものが嫌いな訳ではなく好きすぎる
ので食欲に歯止めがきかなくなる恐れが
あるからです。かりんとうを一袋一気に
食べたこともあるし、もしかして今でも
ケーキをホールごと食べられるのではな
いかと思うこともあります。少しは身体
のことを気遣う年齢になったといいうこ
とでしょう。ですから、甘いものは厳選
して食べるようにしています。なかでも
この季節ケーク・デ・ボアのミルフィー
ユは必ず食べたいケーキです。
 ケーク・デ・ボアは開店11年目にな
りました。オーナーパテシエの森さんは
専門学校を卒業され、有名各店で腕を磨
いたのちケーク・デ・ボアをオープンさ
せました。少々不便でわかりにくい場所
でありながら、その誠実なお菓子作りの
姿勢が共感を呼び、遠くからもファンが
やってきます。
 僕のお勧めは何といてもミルフィーユ
ミルフィーユはフランス語で千枚の葉。
落ち葉がたくさん重なったイメージの焼
き色ということもあって今が旬といった
ところでしょう。朝焼きたてのサクサク
パイに厳選した卵から作ったカスタード
クリームを3層に重ねてイチゴをトッピ
ングしたミルフィーユ。すごくおいしい
けれど食べ方が難しいですね。定番では
そっと横にしてナイフとフォークでいた
いただくらしいです。パイとカスタード
クリームを別々に食べるのは厳禁とも聞
きます。
 ケーク・デ・ボアは旬の味を大切にし
ています。今なら近くの八紘学園や札幌
近郊の農家から直接仕入れたフルーツを
使ったケーキもおいしいですよ。何点か
写真でご紹介しますね。
 もっともっと皆さんに知られてもいい
誠実なお菓子屋さんです。

スイートポテト(上)と洋梨のタルト(左横)

 Les Cakes des Bois(ケイク・デ・ボア)
〒062-0023
札幌市豊平区月寒西3条10丁目1-16
TEL 011-855-5078

2013年11月09日(土) |  むかわと言えば・・・
 
佐々木 佑花

むかわと言えば・・・ししゃもでしょ!!


先日、あぐり王国のロケでむかわ町を訪れました。
ししゃもの取材ではありませんが、取材場所が決まってから、わたしの頭の中は、ししゃもでいっぱい!
だってだって、この時期に、むかわを訪れるということは、あの名物が食べられるかもしれないからー!

むかわ町内にあるししゃもを売るお店は、朝から行列ができていました。

道内各地から、この時期のししゃも目当てに、むかわを訪れるのですね。

そう言えば、ししゃもをこういう形でみるのは、初めてかも。

オス、メス、それぞれ分けて売られていて、値段も違いました。
そしてそして、
わたしが楽しみにしていた名物料理が、お昼ご飯に登場!

そう、ししゃも寿司!!

10月&11月しか食べられない、ご当地名物です!

北海道に来て8年。

実は、わたし、これまでししゃも寿司を食べたことがないのです!
人生のししゃも寿司に大興奮!

透き通る身の白さ。
わたしには、キラキラ輝いて見えました。

気になるお味は・・・「美味しいぃぃ!!」

なんというクセのなさ。
ほんのりとした甘さが口の中に広がります。

ししゃもって、こんな魅力も持っていたのね!と、驚きつつ、初めての美味しさに感動したランチタイムでした。

2013年11月08日(金) |  我が家のストーブリーグ
 
加藤雅章
 プロ野球は、日本シリーズも終わり、本格的にFAの動向やトレードなどが話題となる季節になりました。そしてここ北海道も、暖房の欠かせないシーズンが到来。そこできょうは、「我が家のストーブリーグ」と題して、今後の去就が注目される「選手」たちに注目していきます。

【チャーリー外野手】

 徒歩移動より断然速い、「俊足」がセールスポイント。また、近場からちょっと距離のある所まで乗りこなせる「守備範囲の広さ」にも定評がある。しかし、今シーズンは諸事情により出場機会が激減。またケアを怠っていたこともあり各所に古傷(サビ)を抱えてしまい、以前ほどの俊敏な動きは見られない。状況をこれ以上悪化させないために「内野へのコンバート(保管場所をカーポート内などに移すこと)」も検討されているが、「今さら…?」との声も聞こえてくる。

【さじの・はかる投手】

 いよいよベテランの域に突入する投手。まさに「はかった」かのような正確なコントロールが持ち味である。コーチ陣は「落ちるボールを球種として加わえてはどうか?」とアドバイスしたが、「フォークだけは絶対に投げない」と言い張り、写真のようにへそを曲げてしまったという。このプライドの高さが「玉に瑕(きず)」である。

【こし・いたみ捕手】

 実働40年以上にわたる「肉体の要」。ここ数日、違和感を訴えるなど勤続疲労は否めない。過去にも何度か危機的な状況があったが、その都度乗り越えてきた根性の持ち主でもあり、まだまだ現役として頑張ってもらわなければならない選手である。今後はチームとしてどのような「保守」が必要か見極めることになりそうだ。

 
 あ〜、実にくだらん!

 「こんなんでイイの?」と僕に問いかけてくる人もいるかもしれないですね…。それに対する僕の答えは「もちろんOK!」。さらに「ホントにホントにイイの?」と問いかけられたらこう答えます。

 「はい、inal nswer!」と。


2013年11月07日(木) |  感動の1冊
 
渕上紘行
久々に本を読んで、ジーンと胸が熱くなりました。
読み終わった後のすがすがしい気持ち・・ いい本です!!

題材は、なんとガンちゃんこと岩本勉さんのある思い出
高校3年生の最後の夏、後輩の不祥事で大会を辞退し甲子園の道を閉ざされた出来事をフリーライターの長谷川昌一さんが取材し1冊の本にまとめました。

友情や家族の絆、いろんな事を考えさせられます。人に歴史ありです。
詳しいことは書きませんが、ほんとに素晴らしいヒューマンドラマが詰まっています。
ぜひ!!

廣済堂出版 「夏を赦す(ゆるす)」 長谷川昌一 

2013年11月05日(火) |  北見観光大使の名刺
 
山内要一
我が故郷の「北見観光大使」になって、2年半になろうとしている。
「菊まつり」も無事終了し、北見市も、いよいよ寒いの季節に移り変わる。

ところで、「北見観光大使」の名刺がちゃんとあるのをご存知であろうか。
「きたみ観光大使 アナウンサー 山内要一」としっかり表記されているのである。
ありがたい事に、就任を機に、製作して頂いたのだ。

山内要一
ただ、仕事で接する方には、どうしても、会社で作った名刺を手渡す事が多く、ふと気付くと「きたみ観光大使」の名刺をお渡しする機会が、なかなかないのである。
常に持ち歩いている物なので、もしどこかで、私と接する機会があれば、お気軽に「きたみ観光大使の名刺をくれ!」と言って頂きたい。

ゼンジー北京師匠は、毎回「タネも仕掛けもチョトアルネ!」と言いながら、ネタバレ手品を披露する。
私のこの名刺も、北京師匠の手品のタネ同様、常にオープンな状態だ。
ぜひ気軽に声をかけて、受け取って頂きたい。





<< [1] [2] [3] >>

TOP(全件表示)