アーカイブ
2021年04月
2021年03月
2021年02月
2021年01月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年09月
2020年08月
2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   表示:全て(2698件)
<< [-10] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] >>

2011年03月07日(月) |  新しく変わったもの
 
佐藤 彩

春になり・・・新しく変わるもの、ありますよね。

私が担当している「ユメイロ。シネマ倶楽部」のセットも、新しくなりました♪
おしゃれな空間です。


そして、我が家の愛犬キャンディも、春・・・になるちょっと前からですが、新しい生活を始めました。
遺伝病のため、両目とも見えなくなってしまったのです。

急に目の前が真っ暗になるわけですから、初めはあまり動こうとせず、元気がない様子でした。

とは言っても・・・最近はその状況に慣れてきたのか、キャンディらしさを取り戻してきました。

明るい性格の彼女は、めげずに歩き回りますし、階段の上り下りもできるようになったのです。
「おかえりー♪」と出迎えてもくれます。
さらに、一緒に遊ぶときも、まるで目が見えているかのような動きをするのです。

通称「キュッキュ」という、押すと音が鳴るボール。
昔からお気に入りのおもちゃです。
「キャンディのキュッキュどこ?」
と聞くと、キャンディはキュッキュを探してきます。
そして、それをぽーんと投げてやると見つけて持ってくる、という遊びが大好きでした。

さすがに目が見えないと、この遊びは無理かと思いましたが・・・
ある日、できたのです!!
キュッキュがどこにあるのか見つけたキャンディは、大喜びでこちらに駆け寄ってきました!

そのときから、毎日キュッキュ遊びをするのが習慣となったのです。
しかも・・・
最近は、自らおもちゃ箱からキュッキュを持ってきて、
「あそんで〜♪」と、私に渡すのです。
ボールが飛んでいった方向を、音や匂いでかぎわけて見つけてくる姿は、拍手ものですよ。

前向きなキャンディの姿に元気付けられ、多少辛いことがあってもめげずに頑張ろう、そんな気持ちにさせてくれたキャンディ。
いつもありがとう(*^^*)

2011年03月05日(土) |  完全地デジ化まで5ヶ月切りました
 
堀 啓知(よしとも)
先日、7月24日の完全地デジ化までちょうど5ヶ月のタイミングで、手稲山の頂上(1023m)に取材で行ってきました。
ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、山頂は道内の放送局や通信会社などのアンテナが林立するアンテナ銀座状態なんです。
毎月一度は、HBCの手稲送信所に技術局の担当者が点検のために訪れます。
今回そのタイミングで取材クルーも同行しました。
冬場はリフトで頂上付近まで上がってからスノーシューで雪の中を進んでいきます。
雪深いので足腰に負担がかかり、汗が出るほどの相当な運動量になります。
簡単に歴史を振り返りますと、1957年(昭和32年)に道内民放初のテレビ放送をHBCが開始しました。
その前年に、当時無謀と言われた突貫工事により、わずか一年の工期で送信所を完成させました。
険しい山に一筋の道を切り開き、電気を引き、地下から水をくみ上げ、重機やトラックだけでなく馬の力も借りて、国内初のマウンテントップ方式の大プロジェクトを達成しました。
過去にアンテナを見に行ったことはありましたが、送信所の中に入るのは今回が初めてでした。
入社して8年経ちましたが、初めて知った事実がありました。
それはアンテナが立った当初15年間は常駐の技術担当者を支えるご夫婦が住み込みで働いていたことです。
当時は手作業で放送機器のメンテナンスをすることが多く、必ず技術スタッフが交代で泊まりながら働いていました。
そのスタッフ達の食事を作ったり送信所を清掃したりと働いてくれたのが小林さんご夫婦です。
当時お二人が住んでいた3畳間の部屋と炊事場が残っていました。
現在は使われていませんが、狭い空間で大変なご苦労があったであろうと想像します。
その他、現在は物置となっているお風呂場、当時の技術担当者の保安日誌もたくさん残っていました。
送信所の中を歩いていると大先輩たちの叱咤激励の声が聞こえるようで、もっと気を引き締めて頑張らなければという気持ちになりました。
アナログ放送は約50年かけてネットワークを広げてきましたが、いよいよ今年の7月から完全地デジ化になります。
放送の歴史の転換期に仕事が出来るのは「ある意味幸せなことだなぁ」と考えていたら、帰りのリフトは寒さを忘れていました。

2011年03月04日(金) |  少しずつ、プロジェクト!!
 
佐々木 佑花

ここ数年、読書をさぼっていたわたし。

今年のはじめ、美容室で、とある雑誌を読んでいると・・・

「1ヶ月に1冊、これを1年続ければ12冊。3年続ければ、36冊・・・というように、財産になっていく・・・」
というお話が載っていて、
高い目標ではなく、可能な範囲でやってみようと思ったんです。

どんな本でもいいから、自分が興味を持ったものを読んでみよう!プロジェクト。

2月に読んだ本の一つが、
“羊に名前をつけてしまった少年”

1月に発売されたばかりの本です。

この本は、あぐり王国で取材に行った遠別農業高校の、現役の国語の先生が書いた本です。
感想はブログに載せますね。

小さなこともコツコツとやっていくと、知らず知らずのうちに自分のものになっいく。

そんな「少しずつ」を積み重ねていこうと思ってます。


2011年03月03日(木) |  沖縄の思い出
 
水野善公(よしまさ) 

プロ野球はオープン戦真っ只中。きょうもファイターズは札幌ドームでゲームを行います。
(HBCラジオで実況生中継!ぜひお聴きください!)
私は先月、沖縄・名護キャンプを取材してきましたが、どの選手も去年の悔しさを晴らそうと相当気合いが入っていて、かなり期待できそうです。

取材が終わると、楽しみなのが琉球グルメ!
沖縄そば、ゴーヤチャンプル、ラフテー、海ぶどう、島らっきょうなどなど。
オリオンビールが進む進む!
デザートも「ジーマミーパフェ」というピーナッツ味が効いたものもあり、1週間、沖縄グルメを満喫。もちろん取材はきちんとしましたので(笑)
6日のオープン戦(対ジャイアンツ)は実況を担当します。今年のファイターズの魅力を届けられるよう、“しゃべり始め” 頑張ります!

2011年03月01日(火) |  今日から3月☆
 
室谷香菜子

今日から3月ですね♪
私にとっては毎日が大きく変わる3月です。


1年と4ヶ月担当してきた
ラジオ「朝刊さくらい」を卒業(転校?)し、
昨日からリニューアルスタートした
テレビ「グッチーの今日ドキッ!」を担当します。


スタジオもガラリと雰囲気が変わり、
毎日の中継やお料理のコーナーもリニューアルしました!
あ、お料理は私もエプロンをつけて参加しています。
ブサイクハンバーグなど(私のブログに載っています)
不安な点は多々ありますが
見ている方々を代表して素朴な疑問なども
料理人の方にぶつけていきたいと思います!!
是非今日ドキッ!ご覧下さいね♪



それにしても・・・
まずは朝3時に目が覚めてしまう習慣を直さないと・・・。


2011年02月28日(月) |  さあ、リニューアル!
 
水野善公
「今日ドキッ」がきょうからリニューアルします。室谷香菜子アナウンサーがMCに加わり、スタジオのセットやテーマソングが一新。中継は毎日行いますが、私の登場は水、木、金曜となります。

ゲームコーナーは木曜日の週1回になりますが、賞金が最大5万円となります!
そのゲームは「旬感チェック!○○人に聞きました」。旬の話題をもとに道行く人にアンケート。上位5つのうち2つを3回以内で答えていただくというコーナーです。
これまでは「思い出に残る解散したグループ、バンドは?」「斎藤佑樹選手を案内したい観光地は?」といったテーマがありました。優秀なスタッフが迅速に結果をまとめ資料を作ってくれるのですが、それに目を通すことができるのはコーナー本番数十分前。意外な回答やおもしろ理由を駆け足で整理し、ゲームに突入しています。
コーナーを支えていただいているのは、挑戦者のみなさまです。中継スタッフ一同、毎週木曜日に日本生命第一ビル地下1階アトリウムでお持ちしておりますので、よろしくお願いします!

2011年02月27日(日) |  父親人気復権をかけて
 
川畑恒一
自分たちの親世代に比べると、最近は父親の育児参加も当たり前になってきたようです。
2歳の息子がいる私は「イクメン」と胸を張れるほど積極的ではありませんが、一緒に遊ぶとか風呂に入るとか、ある程度のコミュニケーションは取り、まあ、それなりにはなつかれているつもりでした。

ところが1月末から、ファイターズ・名護キャンプ取材のため沖縄に長期出張して久々に帰宅してみると・・・2歳の息子は完全に母親べったりに。
私がだっこをしようにも風呂に入ろうと誘っても「イヤ!イヤ!お母さん!お母さん!」の連発。
約3週間の不在の間に、父親人気は地に落ちていました・・・
これはマズイ。
家の中では、食事の世話からトイレトレーニングまで、正直、妻に勝ち目なし。
私は戦い(?)の舞台を外に変えることを決心し、
やおら厚着をして玄関を後にしました。
向かった先は、JRの踏切。
男の子は概して乗り物好き。
特に息子は今、鉄道に夢中なので、ここにさえ連れてくれば、ポイントアップなのです。
ひとたび目的地に着けば、息子は簡単には場所を離れません。
自分が満足するまで、30分でも40分でも電車を見続けます。
寒風吹きすさぶ、春まだ遠い北海道で、ただ列車の往来を見続けるだけという苦行(?)は、鉄道にロマンのない妻にはもちろん無理。かくして父親人気は、多少、復活したのでした。

ちなみに、なぜ私が付き合っていられるかというと、実は私自身も乗り物大好きだから。
恥ずかしながら、子どもの頃は、毎日、踏切に電車を見に行っていたのです。
血は争えないですね・・・

2011年02月26日(土) |  これからもよろしくお願いします♪
 
堰八紗也佳
もうすぐ春ですね。色々と環境が変わるこの季節、私は今週2つの番組を卒業しました。
HBCテレビ【グッチーの今日ドキッ!】そしてHBCラジオ【フルカウント】です。
今までの人生で一番お花をいただいているかもしれません。視聴者の方々からも「お疲れさまでした。朝の番組でもセキドンらしく頑張ってね♪」と本当にたくさんのメール・お葉書・FAXをいただいています☆感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます!
28日(月)からはHBCラジオ朝刊さくらい(月−金6:30〜9:00)を担当します^^
性格も生活も、夜型から朝型へチェ〜ンジ!!「おいおいセキドン、そのノリで大丈夫か?!」とお思いの方も多いかと思います。
大丈夫!ベテランアナウンサー桜井さんがパートナーですから!色々教えてもらって、成長できるように頑張ります!
まずは早起きしてもしっかり働く脳みそを育てます。
皆様の爽やかな朝のひとときにお仲間に入れてもらえるように、頑張りますね★

私が約1年担当した大好きな、大好きな、グッチーさんの番組は、さらにパワーアップして放送されます。

HBCのテレビもラジオも、これからも応援してください。どうぞよろしくお願いします!!

2011年02月25日(金) |  ミニラーメンって?
 
近藤 肇

まさに光の春到来!ですね。太陽に正対するとまぶしくて目をあけていられません。

そんな、ある日、番組のスタッフと、郊外のラーメン屋さんに、ラーメンを食べに行ってきました。もちろん、こってり系の味噌をいただきましたが、そこでちょっとした世代のギャップを感じるできごとがありました。

若いスタッフの間で交わさせる会話の中に時折あらわれる”ミニラーメン”という言葉がまったく理解できない。”ミニラーメン作る人?”にいたっては、どうして「作ったことある?」と聞かない?日本語おかしいぞ!とまで思ってしまいました。

聞くと、レンゲに一度、麺を載せてから食べることをいうらしいのです。知ってました?そういった動作に、いちいち呼び名がついていなくても不自由なく暮らしてきたわたしにとっては、軽い衝撃でした。

ラーメンの食べ方といえば、昔、ヨーロッパのある国で、地元の仲間とラーメン(のようなもの)を食べに行って、いつものようにズルズルっとやっていると 「Kondo!  You eat like an animal!  (あなたって動物のように食べるのね)」 と衝撃的なことを言われたこともありました。
もしかすると、欧米社会では、”ミニラーメン作って”音をたてずに食べる方が一般的なのかもしれませんね。

2011年02月24日(木) |  ゲイリー・ムーアよ永遠に…
 
関 博紀
今月6日、カリスマ的ロック・ギタリスト、ゲイリー・ムーアが亡くなりました。僕がハード・ロック小僧だった80年代、ゲイリーはスーパー・スターでした。ステレオをタイマーにしておいて、ゲイリーのへヴィなサウンドで目覚める高校時代もありました。
ハード・ロックやヘヴィ・メタルといった音楽を聴かなくなってしばらくたちますが、ゲイリーの悲報に、久々に改めてCDを聴いてみました…。何と、人間味あふれるサウンドだろう。男っぽい太く、力強いギターの音色、訴えかけるようなヴォーカル、どこまでもワイルドで、それでいて、あったかい!
本棚の隅に、ゲイリーのソングブックも見つけた。まだギターも満足に弾けなかった頃、とりあえず練習してみようと買ってみたけど、眠っていたものだ。久々開いて、ギターを弾きながら歌ってみた。
美しい…。ゲイリーは“泣きのギター”を看板にした、激しい中にも美しいメロディのあるプレイヤーだった。コピーしていたら泣けてきた。これまで20年近く、ゲイリーのサウンドから遠ざかっていたことが勿体なかったようにも思われる。

晩年はハード・ロック路線から離れ、ブルースに傾倒していたというゲイリー、これから歌にも、ギターにも益々味が出てくるはずだったのに、58歳での死は早すぎる…。ゲイリーで青春時代を過ごした者として、ブルースを愛する者として、これからもゲイリーの音楽の素晴らしさを伝えていこう。

27(日)8:30pmからの「ミュージック・アリーナ・シートS」で、ゲイリーのミニ特集をお送りします。


<< [-10] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] >>

TOP(全件表示)