アーカイブ
2021年04月
2021年03月
2021年02月
2021年01月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年09月
2020年08月
2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   表示:全て(2698件)
<< [-10] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] >>

2010年12月13日(月) |  豚への愛着
 
堰八紗也佳
私の小さい頃の夢。
「豚になって空を飛びたい」
本当に思っていました。

そして豚が好きすぎて、豚を主人公にした漫画を毎日描いていました。
4コマ漫画や長編マンガや絵本など、作品は多数。
こちらが「ぶぅくんハムになる?!」というタイトルの絵本で
小学校5年生の頃に書きました☆
表紙には、殺し屋のおっさんがぶぅくんを殺しに包丁を持ってやって来るというシーンの絵が使われています。

そして内表紙には、ぶうくんの背景に無数の「ハム」という文字が…

残酷な絵もあれば、ほんわかした可愛いページもあるのですが、
他の絵も見てみたいともし思ってくれた方がいましたら、
ぜひ私のオフィシャルブログSayaka's Lifeへ♪

2010年12月12日(日) |  雪だるま
 
近藤 肇

ことしもウェザーセンターに海外からのお客さんが見学にいらっしゃいました。

おもに東南アジアの国々で天気予報に携わっている方でした。記念撮影の際、天気マークを手に持っていただいのですが、雪だるまマークを見て「これはどんな意味?」と聞いたきた方がいらっしゃいました。「雪が降るという意味ですよ」と答えましたが、世界には、天気予報の画面で、雪マークの表示を見たこともない国があるのだ、ということを実感した瞬間でもありました。

さて、きょうの道内、猛吹雪の虞があります。お出かけの前は、HBCのHP「お天気」ページの左に並ぶボタン群の上から2番目の「注意報・警報」などをチェックするなどして、事故のないようにお過ごしください。


2010年12月11日(土) |  没後40年 ジミ・ヘンの故郷を訪ねて
 
関 博紀
1970年9月18日、ポピュラー音楽史上最高の
ギタリスト、ジミ・ヘンドリックス
ロンドンで27歳の生涯を閉じました。
飲酒後に多量の睡眠薬を摂取し嘔吐。
吐しゃ物を喉に詰まらせての窒息死と
されています。
今年は彼の死から40年
命日には間に合いませんでしたが、
彼の誕生日の先月27日を前に、
ジミの故郷で、ジミが眠るシアトル
行ってきました。
ジミの墓はシアトルの中心から車で1時間ほどの
郊外、レントンという町にある緑豊かな墓地、
グリーンウッド・メモリアルパークの中にあります。
ひときわ目立つドーム型のモニュメントに
なっていて、世界中のファンが彼を偲んで
墓参りができるようになっています。
墓碑にはジミの代名詞ともいえるギター、
フェンダー・ストラト・キャスター
モニュメントには彼の代表曲の歌詞が
刻みこまれています。
僕にとってジミは生涯の宝ともいえるブルース、
そしてブラック・ミュージックへの扉を
開いてくれた恩師。
ジミが伝説のモンタレーでギターを燃やして間もなく
僕は生まれた。
物心つく前にジミは死んでしまったけれども、
彼の残した音源や映像は僕の心にも火をつけた。
世の中、素晴らしいミュージシャンは沢山いるし、
いい曲も星の数ほどある。
感動するステージも見てきた。
でも、ジミほどに魂を揺さぶられるミュージシャン
には未だ出逢ったことがない。
生で観たかった。逢いたかった。
でもやっと逢えたような気がする…。
ジミの年齢をとっくに追い越してしまったけれど、
一生追いかけていたい。
「ミュージック・アリーナ・シートS」
12月26日の今年最後の放送は
「ジミ・ヘン・イヤーを締め括る特集」。
アツくお送りします!

2010年12月10日(金) |  時計
 
河原多恵子

夜23:30から放送のR「多恵子の今夜もふたり言」。
今週のゲストトークは、札幌の時計職人、
石橋時計店の石橋昭市さんを迎えました。
時計と向き合って60年以上、大きな時計やかけ時計、
腕時計から目覚まし時計まで、様々な時計を修理しています。アナログからデジタル時計へ。時計の用い方も人それぞれ。
その変遷を、厳しく温かく見続けてきた石橋さんの話に、
『職人』という言葉の重みをしみじみかみしめました。
時計にまつわる沢山のメッセージもいただき、有難うございます。
いつかご紹介しますね。
さて、先日、石橋さんにお願いしていた腕時計のメンテナンスが完了。
勤続30周年の時にもらった記念の腕時計です。
チクタク♪チクタク♪〜時計は動かしておくもの。大事にします。


2010年12月09日(木) |  ふと空を見ると
 
赤城敏正
ある日の夕方・・・ふと空を見ると、何とも言えない光の光景が。まるで山の向こうからUFOでも出てきそうな光の具合。思わず写真におさめました。(写真になると今一つなのですが、実際には、もっと迫力があったんですよ)
ほんの数分間でしたが、見入ってしまいました。
ところで、今ちょっと焦っています。
それは年賀状。番組(おぢさんツインカム)用のは何とか完成しました。先週(4日)と今週(11日)に番組に参加をして下さった方の中から抽選で55名の方に発送させていただきます。(2011年もGOGOということで55名なのです)。11日の番組終了後にみんなで宛名書きをします。どんなデザインかは元日のお楽しみ・・・。
ところで自分のは・・・まだまだ先になりそうです。

2010年12月07日(火) |  クロコダイルとの闘い 〜オーストラリアにてA〜
 
加藤雅章

 今回も前回(11月10日)に引き続き、オーストラリア旅行記です。

 私が滞在したのは、パームコーブという、ケアンズから車で30分ほどのところにある小さな街。の〜んびりとした雰囲気漂う街のメインストリート、海岸沿いの歩道を歩いていると、突如、日本では見たこともない看板が…。

 「ワニ出没注意」

 はっ?ワ、ワニですと?

 看板によると、「ワニが海辺にひょこっり顔を出すかもしれないぞ!」とのこと。そのせいか、ビーチにはあまり人影がない。散歩をしている人の顔には緊張感が漂って…はいないが、のんびり寝そべっている人はいない(たまたま、天気のせいとかかもしれませんが…)。

 そして、ついに…。ワ、ワ、ワ、ワニが、で〜た〜っ!

 鳴らされたゴングと同時に、一瞬ひるむオレ。しかし、相手の威嚇に負けてはいられない。こちらも大きな口を開けて、にらみ合いが続く…。

 えっ?背景がどう見てもビーチではない!?

 たしかに、やけに緑が多いなぁ…。そう、ここは…ビーチから歩いて15分ほどのところにある動物園だ。

 いい歳こいて、こんな姿を写真に収めているジャパニーズを、他の観光客や動物園の職員の皆さんはどう思っていたのだろうか…。今になってふと心配にもなるが、話を進めよう。

 “決闘”から2日後の夜…。

 ついに、闘いに終止符が打たれた。会場に響きわたる、「チャンピオン、マ・サ・ア・キ〜・カ〜・ト〜・ウ〜!」の声!そう、勝利したのは私!
決まり手は「噛みつき」。

 
クロコダイルの肉は、その外見に反してとてもやわらかく、豚肉と鶏肉の中間のような歯ごたえでした。味付けもスパイスを効かせてあり、ビールもワインも進む、進む!
 
 そういった意味では、「ノックアウト」されたのは、実は私の方だったのかもしれません。その美味しさに、ね。

 ちなみに…

 現地での5日半の滞在中、一度も野生のクロコダイルには出会わなかったことを、最後にご報告申し上げます。

 オーストラリアのパームコーブ、のどかで、本当にステキな街でした。

 【完】

2010年12月05日(日) |  大感謝週間
 
小川和幸
皆さん〜!お知らせですよ〜!
日頃の感謝の気持ちを込めてお送りする「冬の大感謝週間」
いよいよ期間ラストの二週目に突入しました。
“夕刊おがわR”では、期間中、毎日お一人に、
おすし券 5000円分をプレゼントします!
是非、番組を聴いて参加してください!
応募方法は、番組の中でお知らせします!

一緒に写っている小樽商科大学の斉藤教授を始め、
コメンテーターの皆さんも気合入ってますよ!

2010年12月04日(土) |  稲葉選手&糸井選手インタビュー
 
山内要一
今年3月に発売したファイターズ稲葉篤紀選手のDVDの、第2弾が、来年春に発売される事になった!
そこで、先日、稲葉選手と、そして糸井嘉男選手にも協力を頂き、北湯沢の湯元名水亭で、インタビュー収録を行なった。
そのインタビュアーを私山内が務めさせて頂いたのである!

かなりのリラックスムードだったため、ついつい仕事という事を忘れるほど、大変楽しいインタビューであった。
DVDの中では、2010年シーズンをマジメに(?)振り返る部分もしっかりある一方、かなりプライベートなどにも迫った、他では聞けないかもしれないインタビューも入る事になりそうだ!!

2010年12月03日(金) |  イタリアに行きませんか
 
桜井 宏
ラジオ「朝刊さくらい」の桜井宏です。
来年の話をしても鬼に笑われない時期にはなりましたが、
でも笑われそうです。
来年3月のイタリアツアーのご案内です。
HBCラジオでは、私桜井宏と行く「憧れのイタリア大満喫7日間の旅」
を企画しました。

 3月11日(金)に新千歳空港を飛び立って、3月17日(木)に帰ってきます。
イタリアで訪れる都市はミラノ、ベネチア、フィレンツェ、ローマです。
イタリアのゴールデンルートと言っていいでしょう。
旅の間は毎日が世界遺産三昧です。
さらにレオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」をはじめ
イタリアが世界に誇る名画の数々もご覧いただきます。

今回のツアーではローマの滞在を2泊3日にしました。
時間をかけて「ローマの休日」を満喫していただく事にしました。
とにかく楽しい7日間になるでしょう。

旅行代金など詳しい事は阪急交通社札幌支店までお問い合わせ下さい。
п@011−251−2780
平日の受付は午前9時30分からお願いします。
先ずはパンフレットをご請求下さい。
「ローマへの道」はそこからスタートします。

2010年12月02日(木) |  佑ちゃんを見た!!
 
渕上紘行
この秋の北海道のビッグニュース、歴史的なワンシーンに立ち会えました!!
ファイターズのドラフト1位指名・早稲田大学 斎藤佑樹投手の『指名を受けての会見』
運命のドラフト会議から1週間、ようやく口を開く斎藤投手が何を語るのか!?
日本中が注目しました!
「今日ドキ」の生中継のため、会見場に斎藤投手より先に乗り込んだ渕上。
許可を得て、座らせていただきました。
主役より先に大事な席に座り緊張の表情・・
この時は、斎藤投手がこの席で何を発するのか、まだ想像もできませんでした。
ここに47社130人の取材陣が集まり熱気ムンムンで始まった会見。

「北海道に縁を感じました」「ダルビッシュさんに会いたいです」など道民にファンにうれしい言葉を残してくれた斎藤投手。

次はいよいよ入団会見。またどんな言葉を残してくれるのか?
しっかり聞き出したいと思います!!

<< [-10] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] >>

TOP(全件表示)