今月
2015年10月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
アーカイブ
2021年04月
2021年03月
2021年02月
2021年01月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年09月
2020年08月
2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   表示:2011年07月(26件)
<< [1] [2] [3] >>

2011年07月07日(木) |  私が主役・・?
 
田村 英一

一休み、という”草刈のおばさん”の後姿に見えるけれど・・・
出番を待つ女優さんたちなのだ。
ここは映画のロケ現場、カメラが動くレールが見えるかな。

このカメラで撮影しているのだ。
製作しているのは北大の学生とOBらで作る
「北大ショートフィルム製作委員会」。
ノーベル化学賞を受賞した鈴木章名誉教授が
主役の映画なのだ。
ロケ現場はもちろん北大構内。

麦藁帽の二人は現役の女子学生。
これは記念写真ではなく、私も出演しているのだ。
鈴木名誉教授の学生時代からノーベル賞受賞までの
人生を描くこの作品、11月に北大クラーク会館で
上演予定。
はたして私はどのシーンに・・・


2011年07月06日(水) |  キャンプ・シーズン・イン!
 
小川和幸

夏だ!海だ!山だ!キャンプだ〜!

いよいよ本格的な夏を迎え、
道内のキャンプ場も賑わいを見せてきました。

我が家も、キャンプ道具フルセットを車に積み込み、
早速出かけてきました!


出かけた先は…噴火湾に面した八雲町。
 “オートリゾート八雲”です!

リゾートのタイトルに偽りなし!
キャンプ場のロケーションはもとより、
子どもの遊具施設も充実していて、
二人の息子は、昼過ぎに着くなり
「ちょっと行ってきま〜す」と行ったきり、
ちっとも帰ってこない状況に…!
夕食前に、ようやく汗びっしょりになって帰ってきました。


温泉も近いし、夜はキャンプファイヤーも!
本当に楽しく快適なキャンプ場でした。
帰りの車の中では、子どもたちが、
「今度、何時ここ来るの?何時来るの!」と大合唱!
分かったって…また来ますよ…近いうちに!


2011年07月04日(月) |  これで「あな」たも美味しく「缶」杯!?
 
加藤雅章

 7月。いよいよ夏本番!ビールの美味しい季節がやってきました!

 いや実際のところは、春も、秋も、冬も、季節を問わずビールは美味しいわけですが、それはさておき話を進めます。

 美味しいビールといえば、やはり「生」!最高です。「仲間とともに注ぎ注がれ瓶ビール」というのもいいですよね。また夏に関していえば、ビヤガーデンでの一杯も格別!でも実のところ、飲む機会として一番多いのは自宅での缶ビールだったりするわけで…。

 そこで今回、僕は「缶ビールをより美味しく飲むための注ぎ方」をネットで調べ、試してみることにしま。いや、…しました。

 ヒットしたページ数は膨大。その中のほんの一部を覗いてみたわけですが、ほとんどのページに共通しているのは「泡をしっかり立てる」&「コップはキレイに洗っておく」こと。これらは過去にもテレビなどで何度か目にしてきたことでした。

 しかし今回、私にとっては「未知なる世界」ともいえるページを発見したのです!

 なんと!そのページいわく「缶ビールに缶切りで穴を開け、注ぎ口を作れ!」

 「えっ!? 缶切りで穴?労力と時間をかけて、缶、特にプルトップの部分を作った方々に申し訳ないなぁ…」と思いつつも、まずは缶切りを台所から探し出す。

 (思えば最後に缶切りを使ったのはいつだろうか?缶切りって、最近使う機会が減ったよなぁ…。)

 そして恐る恐る缶に穴(2ヶ所)を開けてみる。

 次に、高めの位置から泡を立てるように注ぐ。穴が小さいだけに、グラスに落ちていく様子はチョボチョボとなんとも頼りない感じだ。その後、泡の様子を見ながら、今度は低い位置から静かに注ぐ(×2)。

 でっ、きっ、たっ!

 この、いや、この間150秒くらいだったか(けっこう長い…)。あぁ、ノドが渇いた!

 いよいよ飲んでみる。

 真っ白な泡がやわらかく唇に触れる。そして、ゆっくりと口の中が、ノドが潤される。たしかに美味しい!

 …気がする。
 
 「普段使わない缶切りを探し出し、わざわざ缶に穴を開け、全部で3回に分けて注ぎ、待つこと計150秒」。そんな「おあずけ状態」がビールを美味しく感じさせたのだろうか!?

 …な〜んて言ってしまったら、これまでの努力は水の泡(この場合は「ビールの泡」?)。

 注ぎ方でビールの味は変わるのです。きっと。


2011年07月03日(日) |  南海キャンディーズ山ちゃんとアイドル談義!
 
山内要一
6月23日、HBCテレビで放送された「START!!北海道アイドル☆プロジェクト」をご覧頂けたであろうか?
北海道発のアイドルグループ「PEACEFUL(ピースフル)」のオーディションからデビューまでの半年間や、去年デビューした「SUPER☆GIRLS」に在籍する札幌在住のメンバーを追ったドキュメンタリー番組で、その中で、「アイドルマニア」の私山内が、「聖地」東京の秋葉原へ赴き、アイドルオタクで知られるお笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太さんと「アイドル談義」を交わして来たのだ!
「PEACEFUL」は、すべて北海道出身の中学1年生〜高校1年生の7人組。7人は、北海道発のアイドルの育成を目指す「北海道アイドル☆プロジェクト」のオーディションで1000人近い応募者の中から選ばれ、6月8日にシングル「START!!」でデビューした。
そこで!山里さんなら、「PEACEFUL」をどう売り出すか・・・などを伺って来たのだ。
「北海道色をいっぱい出して行ったらいい。農業・漁業・林業(?)をやったりするのもいい。しかし田中義剛さんには会わせない方がいい!(笑)」「ツイッターをやるなら、『松坂牛なう』というつぶやきはイヤだ。『山手線なう』といったつぶやきが好感が持てる!(笑)」という意見に、腹を抱えながらも、正直、大変参考にもなった気がした。山ちゃん!さすがである!

2011年07月02日(土) |  またまたコンサです。
 
桜井宏
ラジオ「朝刊さくらい」の桜井宏です。
『また、コンサですか?』なんて言わないで下さい。
私の大きな楽しみなんですから。
6月26日(日)、札幌ドームで富山との試合がありました。
前節はアウェイで岐阜に勝利していましたから連勝期待です。
19位の富山と10位のコンサ。
勝ち点3を積み上げて上位進出に弾みをつけたい。
皆の願いでした。
試合前の応援フラッグも大きく揺れていました。
結果はスコアレスドローでした。
勝ち点1はゲットしたものの、10位からのランクアップはならず。
後半は9本のシュートを放って責めまくったのですが、
ゴールはありませんでした。
室蘭での横浜戦に続いて2試合ゴールなし。
なにか欲求不満になりそうです。
ゴールの瞬間に感じる、脳天を突き抜けるようなあの喜びを味わいたい。
次のホームゲームは7月6日(水)午後7時からの北九州戦(札幌ドーム)。
TV「グッチーの今日ドキッ!」が終わったら駆けつけます。
「帰ってきた仕事人ナイト」なので名刺の提示でSB自由席が1500円です。

2011年07月01日(金) |  夢かなう!!
 
渕上紘行

ついに一つの夢が叶いました!!
それが“甲子園球場でのプロ野球実況”です。

関西で生まれ育った渕上にとって、甲子園は本当にお世話になった所。阪神タイガースを応援するため通った場所であり、アナウンサーを目指した大学生の頃には実況の練習をするため通った場所でもありました。
「野球をの楽しさを教えてもらったまさに‘聖地’で実況をいつかしたい!!」
アナウンサーを目指してから抱き続けた思いが、入社9年目でついに実現しました。

担当した試合は、ダルビッシュ投手の記録がかかった試合でもあり、記録をストップすべく『打倒ダルビッシュ』という選手・ファンの思いはスゴイものがありました。

一部実況・解説が聞き取れなくなるほどの歓声、無数のジェット風船に六甲おろしの大合唱!!
ファイターズにとっては完全アウェー、試合のやりづらい環境でしたが、個人的には懐かしいこの空気の中で実況できる喜びを感じながら放送していました(笑)

放送してみて感じたこと、
「またいつか甲子園で放送したい!」
その日を夢見て、日々がんばります!!


<< [1] [2] [3] >>

TOP(全件表示)