今月
2017年09月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   表示:2017年06月(30件)
<< [1] [2] [3] >>

2017年06月10日(土) |  新鮮そのもの!
 
堰八 紗也佳
有珠山に行く道すがら、喜茂別のアスパラ農家でアスパラの収穫を体験させていただきました。

カマでサクッと根本を切る感触が、気持ちいい!!
こんなにも瑞々しく、水分がしたたり落ちるアスパラを触ったのは初めて。
このままかぶりつきたくなるくらい!


やはりどんなに新鮮でもスーパーに並んでいるアスパラと、収穫したてのアスパラは違うものですね〜。
ちょっと格好つけてアスパラをクロスさせてお皿に盛るだけで、フレンチっぽくなります♡

旬の食材を使うと料理がより楽しくなる気がします^^

ごちそうさまでした♪


2017年06月09日(金) |  北海道最北のラーメン
 
石崎輝明
ラーメン王国でもある北海道。 道内にはいったいいくつラーメン屋さんがあるのでしょうか? 自分の人生を思い返すに・・・居住地としては札幌と旭川に行きつけも数件あり、旅行などでも道内各地で多くのラーメンを食べました! そんな中で!味は人それぞれ好みはあるものの、明らかなNO1がこの一杯(^_^)/ 北海道で一番北で味わえるラーメンです!
場所は稚内の宗谷岬! 観光客でにぎわう場所です。 この最北端の碑を背にすると、向かいの高台上にそびえるレストハウスにそのラーメンはあります。 「えっ?それって観光地のラーメンということでしょ?それならそれほど ・・・」なんて思ったあなた!!!! いえいえ。専門店にも負けない味が楽しめるんです!  
素朴な塩味・・・・まろやかな味わいの中に魚介のダシとホタテの風味。 札幌からは300キロ以上ありますが、また食べたくなってしかたありません(@_@;)

2017年06月08日(木) |  念願の温泉へ!
 
佐藤 彩

先日、念願の道後温泉に行ってきました!
兵庫県の有馬温泉、和歌山県の白浜温泉とならび、日本三古湯のひとつということで、ぜひ一度は行ってみたいと思っていた温泉。
日本書紀や古事記にも記載があるくらい歴史のある温泉で、そんな昔から自然湧出していて人々を癒していたのかと思うと、よりありがたく感じます。
肌に優しい、なめらかな泉質、たっぷり堪能しましたよ。

朝6時から営業しているということで、道後温泉の朝風呂を楽しんだあとは、目いっぱい時間の許す限りの四国旅。
現存12天守は四国に4つありますが、そのなかの松山城と丸亀城に行ってきました。
本物のつくりはやっぱりいいですね。
ちなみに、松山城の桜には、札幌においざくらという名前で呼ばれている早咲きの桜があるというお話をボランティアガイドさんから伺ったのですが、松山と札幌でご縁もあるようです。

その後、愛媛県からうどん県(香川県)へ移動し、もちろん本場のうどんを食べ歩き!
1日で3軒巡りましたが、どこも美味しくて感激しましたよ。
その後、パワースポットでもある金刀比羅宮の御本宮に参拝したのですが、そこまでの道のり、785段もの階段を往復したことを考えると、うどんでお腹はきつくなりましたが、エネルギー補給しておいて良かったです。笑

その後は高松で評判のいい日帰り温泉にも行って疲れを癒したあと、本州へ向かうという旅のスケジュールにしたもので・・・四国には賞味1日もいなかったのですが、充実した時間でした!
その翌日は、和歌山の世界遺産、熊野古道へ!
熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)という3つの神社などをめぐり、その途中で日本三名瀑のひとつ、那智の滝にも行ってきました。
熊野古道は、自然のパワーに満ちていて神聖な気持ちにもなりましたし、心が洗われるようでしたよ。
そして、熊野の名湯、湯の峰温泉に入った後、白浜温泉に移動して宿泊。

日本三古湯を制覇して、美肌の湯にたっぷり浸かってきました。
ちなみに、白浜温泉すぐそばの白良浜は、まるで南国の海のような美しさ。
うっとりしちゃいました。
ちょこちょこ温泉にも浸かって、温泉三昧でもあった今回の旅。
欲張っていろいろとパワースポットにも行って、歴史にも思いを馳せ、パワーをたっぷり充電できたいい旅でした。

2017年06月07日(水) |  甲子園にて初実況!
 
山内要一
私山内要一・・・11年ぶりに「野球の聖地」阪神甲子園球場に行った。

「タイガース対ファイターズ」のセパ交流戦中継を、「ファイターズ熱烈応援実況」のHBCラジオは甲子園球場に乗り込んで行なった。

私自身、甲子園球場でのプロ野球の実況で訪れたのは初めて!

前回訪れたのは、2006年の夏、あの引き分け再試合にもつれ込み、「佑ちゃん&マー君フィーバー」で沸いた、駒大苫小牧が早稲田実業に惜しくも敗れた「全国高校野球選手権大会」の決勝戦の取材で訪れて以来であった!

ちなみに、一緒に中継を担当した、矢萩尚太郎アナは、当時中学生だったそうだ・・・(泣)。
阪神甲子園球場の雰囲気はすごかった!!

タイガースのナイスなシーンには、およそ45000人のファンが、物凄い歓声を上げて隣の人の声も聞こえなくなってしまう程の空気になるが、ファイターズのいいシーンには、たちまち静まり返る・・・。

1戦目は、ファイターズも9回の逆転劇!タイガースファンも黙り込んでしまう見事な試合であったが、2戦目&3戦目は残念ながら、敗戦・・・。

甲子園独特の空気が、そうさせてしまったのも無理はなかったのかもしれない・・・。

私自身も、甲子園球場の独特な空気に巻き込まれ、相当興奮気味の実況になってしまったが・・・お聞き頂いた皆様、本当にありがとうございました!!

それにしても、「六甲おろし」は改めて、名曲やね!!

2017年06月06日(火) |  今回はインタビューされる側です!
 
金城茉里奈

来週13日の北海道新聞朝刊「ラテな人たち」の欄で
私のことを紹介して頂いています。


中出記者が取材して下さいました!

楽しくお話ししていたらもうお終い、、、だったので
どのように書いて下さっているのかドキドキです。


写真は1チャンネルポーズで。

余談ですが
中出記者に「手が大きいね〜」褒められました。
自分の手が小さいから目がいくのだそう。

もしかして、大きい手を顔の近くにおいたら
視覚効果で顔が小さく見える・・・?

これからも
「1チャンネルポーズ」、やり続けます。(笑い)


2017年06月05日(月) |  これなーんだ?
 
宮地麻理子
ある日、ラジオの6スタに行ってみると、
ディレクターが一生懸命なにかしてました。
これなーんだ???
答えは、使わなくなった収録用のテープ。
ここに手や足をザクザク突っ込むと
まるで動物が
草むらを歩いているみたいな音がするのです。
どんな音がするかは今月から流れているHBCラジオのCM「北の動物たち~ヒグマ編」で、聞いて頂くことができます。
CMを録るためにやってきた森アナに
「テープってこんな感じなんですね…」って言われて
少し凹む50代のディレクターと、アラフォーの私(笑)
くっ…もうそういう時代か…。

「ラジオの時間」をみたまえ後輩よ!

2017年06月04日(日) |  あの夏の火山灰のルーツを訪ねて・・・
 
近藤 肇
1977年の夏、自宅の庭に、火山灰が降り積もった思い出がある。有珠山が噴火して、80km近くも離れた札幌にまで火山灰が飛んできたのだ。

あれからちょうど40年。普段は近づけない、あの日の火口を訪ねるまたとないチャンスがやってきた。しかも、このツアーには、あの方も同行されていたのだ。
2000年3月の有珠山の噴火を事前に予知して住民に避難を呼びかけ、一人の犠牲者も出さずにすんだことで知られる岡田弘(ひろむ)北大名誉教授だ。

1977年8月7日からの噴火は数日に渡って4度の大きな爆発があった。そのうち、いつの噴火による火山灰が札幌まで飛んできたのかが長年の疑問だった。歩きながらその疑問を岡田先生にぶつけてみた。「8日ですね」即答だった。

「あの日は低気圧が近づいていたんですね」 期せずして、火山学と気象学が結びついた瞬間だった。その日、火山灰が、有珠山の北の札幌へ運ばれ背景には、低気圧による上層・下層の絶妙な風向きの組み合わせがあったのだ。
銀沼火口。あの日の火山灰はここから飛んできたのだ。
下山後、麓の果樹園にお邪魔した。
火山灰の水はけのよさが、果樹園栽培に適した土地を生み出していた。壮瞥町には、最近開発された、おいしいシードルがあることも知った。

2017年06月03日(土) |  観戦のお供に
 
管野暢昭
今季J1のステージに復帰した北海道コンサドーレ札幌、応援に行っていますか?5年ぶりとなる国内最高峰のリーグはさすがにレベルが高いですね。昨季のような「堅守速攻」のコンサ色をなかなか発揮できずにいますが、必ず目標の「J1残留」を果たしてくれると信じています。さて、コンサのホームゲームではクラブのご厚意でコーヒーや清涼飲料水がプレスルームに用意されています。毎回1本。いや、時には2、3本も飲ませていただいています。5年ぶりのJ1復帰は、5年ぶりのカップ戦出場ともなります。今季から名称が「YBCルヴァンカップ」となったJリーグカップは、優勝賞金1億5000万円のビッグタイトルです。昨季までは「ヤマザキナビスコカップ」でしたが、冠スポンサーそのものに変化はないのです。ナビスコとのライセンス契約が終了し、新社名は「ヤマザキ・ビスケット・カンパニー」。つまり「YBC」。そのYBCの主力商品が「ルヴァン」なのです。カップ戦で楽しみなのが、プレスルームに置かれるYBCの商品です。食べ放題です。 これを鷲掴みにして記者席で試合観戦。前半の半ば過ぎには知らない間になくなっています。コンサドーレは柏レイソルに勝って、プレーオフステージに進むことになりました。つまり、カップ戦のホームゲームは1試合増。再び、ルヴァンを手にホームゲーム観戦ができるのです。6月28日・水曜日のセレッソ大阪戦。クラッカーを食べに行くのではなく、仕事に行くのです。なおカップ戦では今後の活躍が期待される21歳の選手への記者投票も行われています。私のイチオシは赤黒の○大○。さあ、誰でしょう?

2017年06月02日(金) |  スマホで風景撮影!
 
卓田和広
「これは!」という季節の風景に出会った時、カメラを持ち合わせているケースは少なく、スマートフォンのカメラを使う方が多いと思う。しかし、最近のスマホは侮れない。私が特に気に入っている機能が「選択フォーカス」というものである。これは、1枚の写真を撮る際に、複数のポイントにピントを合わせて撮影でき、手前の対象物と奥の風景と、どちらにピントを合わせるかを後で選ぶことができる機能である。
例えば、こちらの道庁前庭の八重桜の写真。手前の桜をボカして奥の道庁赤レンガに焦点を合わせたのが左の写真。
一方、手前の桜に焦点を合わせ、奥の道庁赤レンガをボカしたのが左の写真だ。道庁赤レンガは有名な建物で、あえてボカしてもその存在は一目瞭然なので、手前の桜を際立たせるのも面白い。一眼レフでなくてもこうしたボケ味のある写真が撮影できるとは、最近のスマホもなかなかのものである。
ところで、しばらくサボっていたジムにもボチボチ通うようになり、当初目標としていた73キロにあと一歩と近づいた。ゴールはすぐそこだ。頑張ろう!

2017年06月01日(木) |  我が家にパクチーがやってきた
 
渕上紘行
家庭菜園の季節。

パクチーをから育て始めました・・

芽が出てくると、まるでカイワレのよう。かわいい!!

ですが、育てるのが意外と難しい・・。
水はあげていますが、なぜかしな〜っとなってしまいます。

原因がわからない。
そんな中、知り合いの方が素敵なプレゼントを届けてくれました!

それが、パクチーの

すでに食べられる状態です 笑

聞けば、種から育てるより簡単だそう。

「最初から苗を買えばよかったやん!!」

と、思いつつ、種と苗を同時に育てていこうと思います。

これからは、毎日がパクチーで染まりそうです!

プレゼントありがとうございました!!


<< [1] [2] [3] >>

TOP(全件表示)