今月
2018年01月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
       
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   表示:2012年10月(26件)
<< [1] [2] [3] >>

2012年10月07日(日) |  北大ホームカミングデー
 
船越ゆかり
10月6日に行われた
『北海道大学ホームカミングデー2012
おかえりなさい「エルムの森」のキャンパスへ!』

なつかしい大学のキャンパスを卒業生に訪れてもらい、
現在の母校の姿を見てもらおう、というイベント。
北大では初めての開催です。

記念講演会は、ノーベル化学賞の鈴木章名誉教授。
同窓生から寄せられた質問に、楽しく答えてくださいました。

鈴木先生をモデルにした映画「緑の足跡one step at a time」の上映もありました。
以前、田村英一アナウンサーがブログで紹介していた短編映画です。

田村ANの出演シーンもしっかりチェックしました。

ホームカミングデーにあわせて、
キャンパスツアーも行われていました。

北大キャンパスの魅力を伝えようと、
学生さんたちがガイドとなって、
構内をめぐるツアーです。

歴史ある建物、総合博物館は
歴史探訪のスポットのひとつ。





一時は汚れてしまった水辺を
大野和男工学部教授がよみがえらせたことから
名づけられた「大野池」。

黄葉めぐりツアーのコースだそうですが、
今年は秋の訪れが遅く、
まだスイレンの花が見られました。

イチョウ並木が色づく頃、11月4日には
秋のキャンパスツアーも予定されています。

土日には飛び入りツアーもあるそうですから、北大キャンパスで
緑のジャンパーを着たスタッフを見かけたら、ぜひ声をかけてみてください。




2012年10月06日(土) |  優勝特番
 
川畑l恒一
ファイターズ、見事に3年ぶりのリーグ制覇を成し遂げましたね。
今年は試合のない日に優勝決定。
ホンネを言えば、翌日がHBCテレビで実況予定だったので、一日遅く決まるとありがたかったのですが・・・(笑)

なにはともあれ、優勝が決まるとテレビ・ラジオともに特番体制に入ります。

今回はラジオで、卓田アナ、斉藤こずゑさんとともに、インタビューを担当。
優勝に貢献した主力選手が、2人1組になって各局の特設スタジオを回ります。

武田久投手、増井投手は、駒大の先輩・後輩。息の合った掛け合いを聞かせてくれました。

糸井選手と陽選手の右中間コンビも、本当に仲が良さそう。

もちろんみんなライバルでもあるのでしょうが、目標に向けて1つにまとまれるチームワークの良さが、栄光を掴み取った要因であることは間違いないでしょう。

栗山監督はじめ、たくさんの選手に出演してもらいましたが、普段は口数の少ない選手も、この日ばかりは笑顔一杯のサービストーク。意外な発見もあり、楽しいひと時でした。

また日本一になった後に、話を聞きたいですね。


2012年10月05日(金) |  パシフィック”ゆうしょう”!
 
近藤 肇

10月2日、ファイターズがパ・リーグで”優勝”しましたね。

実は、気象の、といいますか海象の世界にも”ゆうしょう”という言葉があるんです。しかも、この海の”ゆうしょう”は、今回のファイターズの優勝よりも3日ほど前に、起きていたのです。

海での”ゆうしょう”は”湧昇”と書きます。そしてこれは、台風によって発生します。

台風の真下の海の上では、台風の中心から外側に向けて海水が移動することが知られています。これは、中心よりも外側の風が強く吹くことに起因しています。中心付近では、表面の暖かい海水が薄くなるので、そこを埋め合わせるように、深いところから、より冷たい海水が湧きあがって来ます。これが”湧昇(ゆうしょう)”です。
実際に台風で検証してみましょう。18号は、9月の29日から30日にかけて、日本の東の太平洋上を北上していきました。ちなみに、本州に上陸して、各地に被害を与えていったのは、そのあとでやってきた17号の方でした。

これが、18号が通過する前の9月28日の海面水温の平年差です。北海道近海が真っ赤です。平年より5℃前後も高いという異常なレベルです。








(画像:気象庁HPより)

そして、こちらが、台風通過後の10月1日の海面水温です。どうでしょう。台風のコースに沿って、水温が平年並みに近づいていることがわかります。台風の”湧昇”効果が大きく海面付近の水温低下に貢献したと思われます。もちろん、強い風による”かきまぜ”効果もあったはずですが。高すぎる水温を嫌っていたサケたちが戻ってくる日も近いかもしれません。

このように、パシフィック・リーグにも、パシフィック(太平洋)にも適度な”ゆうしょう”は必要なのだと思う、秋の一日でした。

2012年10月04日(木) |  今は「さやか」がお買い得♪
 
堰八紗也佳
さやか小ぶりなのに崩れにくくて
エグ味が少ないそうです。

いやぁ〜そんなに褒めてもらったら照れるじゃないですか〜♪



…と、自分のことのように置き換えて話してしまいましたが、
これはジャガイモのことでした。


先日、狸小路5丁目HUGマート
「さやか」という品種のイモを発見。

さっそく買って、調理してみることにしました。
HUGマートへ行くと、珍しい道産野菜がたくさんあり
見ているだけでワクワクします。

ジャガイモだけでも10種類くらい売っています。
その中のひとつ「さやか」は
音更町波佐農場というところで栽培されたものでした。

カレーやシチューなど何にしようか迷いましたが
ポテトサラダや煮物におすすめと書いてあったので
そうすることにしました☆

便利なスマートフォンでレシピと格闘しつつ、
しいたけ・ニンジンと一緒に「さやか」はたっぷり煮詰められました。

ポテトサラダの方は、
なかなかマッシュがうまくいかず、
かなりゴツゴツした食感の残る「さやか」となりましたがなんとか無事に完成☆
食べて見ると…
確かに「さやか」は
ホックホクなのに全然煮崩れしていなくて
主張しすぎないのに主役にもなれる美味しさでした!
素朴さの中にも、どこか光るものを感じます。

こんなイモのように私もなりたい…

結局、イモだらけの食卓になってしまいました。

2012年10月03日(水) |  アナログ・レコード聴いてますか?
 
関 博紀
アナログレコードって、最近聴いてますか?CDが普及して20年以上が経ち、よほどのマニアかレトロ志向な方以外はほとんど聴かなくなったんじゃないでしょうか。でも、僕は断然アナログの音が好き!
CDよりずっと奥行きがあるし、あたたかい。専門家によると、人の耳には聞きとれなくても、音を立体的に認識する音域がアナログ盤には残っているとか…。僕が大好きな60〜70年代のソウルなんかはグルーヴも音圧も全く違って聴こえます。
最近気がついたことですが、10代の頃、あんなにハマったハードロックが、今は全く心地よく聴こえない…そのワケ。僕が10代の頃はハードロックは全てアナログレコードで聴いてましたが、大人になって聴くハードロックは皆CD。痛々しくトゲトゲして聴こえるのはもしかして…。同じCDをアナログとCDで聴き比べてみた…やっぱり!アナログで聴くとハードロックもあったかいんです!しかもアナログの方が迫力がある!(あくまでも僕の耳にはですが…)
あらゆる名盤をアナログで聴いてみたくなってきた…
ジャーン!そこで番宣です!(^-^)v 
HBCラジオ、10月の番組改編で、またまた土曜日に音楽番組を担当することになりました。Scratch Mania〜HBCレコード室探検隊!全国の民間放送でも屈指のストックを誇るHBCのレコード資料室を徹底的に掘り起こして、洋楽邦楽問わず、名盤、名曲をアナログレコードで聴いてしまおうという番組です。初回は10月6日(土)pm5:50〜どんな曲をかけようか、毎週とっても楽しみです!

2012年10月01日(月) |  ご挨拶
 
浦本可奈子

この場をお借りいたしまして、皆様にご報告させていただきます。
北海道に来てあっという間の1年。
この度、私事ではありますが、結婚を期にHBCを卒業いたします。
広島県出身の私、北海道の生活には不慣れなことばかりでしたが、
北海道の皆様の温かい人柄に触れ、
楽しく1年を過ごすことができました。

本当にありがとうございました。

振り返ってみると、入社してから
テレビでは「グッチーの今日ドキッ!」の中継リポーター、
半年前からは毎日「ウラヨミ」のコーナーを担当させていただき、
ラジオでは半年間「フルカウント」を担当させていただき
1日1日が本当に充実した日々でした。

この1年で一番強く感じたこと
それは「人の温かさ」です。
広島から来た私を
アナウンス部の仲間を始め
番組スタッフ、会社の皆さん、そして多くの方が
温かく受け入れてくださいました。


取材先でもたくさんの人たちと出会い
そこでも、北海道の皆さんの温かさをいっぱい感じました。

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

これからはまた新しい人生を歩むことになりますが
皆様からいただいた温かさを胸に
一歩一歩あゆんでいけたらと思っています。

10年間、アナウンサーとして突っ走ってきた私を
いつも応援してくれた家族、友人たちには感謝してもしきれません。
ありがとうございました!


そして、今まで出会ったすべての皆さん
本当にありがとうございました!

これからも、元気に明るくをモットーに頑張っていきます!
またどこかでお会いできたらと思います♪
本当に本当にありがとうございました!!

<< [1] [2] [3] >>

TOP(全件表示)