今月
2018年04月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
       
アーカイブ
2021年04月
2021年03月
2021年02月
2021年01月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年09月
2020年08月
2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   表示:2015年07月(25件)
<< [1] [2] [3] >>

2015年07月07日(火) |  珍しすぎるスターフィッシュ
 
近藤 肇

英語でスターフィッシュといえば、ヒトデのことだそうで、もともと、★のマークのルーツがヒトデであるといわれている。もちろん、形は5角形・・・のはずなのだ。

ところが、先月3日、雄武町のホテタ漁師のYさんが、ヒトデ駆除の作業中、まるで座布団のような4角形のイトマキヒトデを2日に捕獲したという情報が私のもとにはいった。

翌日HBCのカメラマンが取材にかけつけると、なんと取材前日、Yさんは、4角よりさらに珍しい、6角形のヒトデを偶然見つけていたという大スクープが加わり、4角と6角のヒトデがそろって、4日に全国ニュースとして放送された(写真は5角と4角)。


ただ、この半月後、もっとすごいことが起こっている。

実は、4日のニュースが放送されたあとでYさんにかけたお礼の電話の中で私は、「今度”7角”が見つかったら教えてくださいね。ラッキーセブンですし♪」と冗談半分で言っていたのだが・・・
6月18日、Yさんも初めてという、7角のヒトデが見つかったのだ!!(写真左)


さて、ここまで読みすすめてきたあなたは、もう、きのうまでのあなたとは違う。

海でヒトデを見つけると、ヒトデの腕の本数を数えずにはいられない・・・そんな人にあなたは、変わってしまったのだ。

そんな、いま生まれ変わったばかりのあなたに、後日Yさんから届いたこの画像を、プレゼントしよう・・・・・・


2015年07月05日(日) |  私は誰でしょう
 
桜井宏
ラジオ「朝刊さくらい」の桜井宏です。 こちらに背を向け物思いにふけっている動物はリャマです。ラマとも呼ばれています。インカ帝国の遺跡マチュピチュで見かけました。ラクダ科の動物ですが、リャマにはコブはありません。標高2400mのマチピチュ遺跡の崖の上で佇んでいました。半分野生の状態で暮らしているそうです。先月ツアーで訪れた際に現地ガイドさんが教えてくれました。遠くに見えるのは標高6000m級のアンデスの山並みです。 観光客で大賑わいのマチュピチュ遺跡の中でリャマの周りだけが静かでした。いったい何を考えていたのか。 鳴き声さえ漏らしてくれませんでした。 残念です。モーなのか、ヒヒーンなのか、ブーなのか。 リャマさん、あなたの声を聞きたかった。

2015年07月04日(土) |  クラシックの調
 
管野暢昭
6月30日、HBCラジオが主催するほくでんファミリーコンサートへ出かけてきました。今回が500回目の記念演奏会で、第1回に披露されたスッペ作曲の「軽騎兵」などが尾高忠明さん指揮による札幌交響楽団の演奏で楽しむことができました。この1回目の演奏会というのが、いまから42年前の昭和48年5月8日。私の14歳の誕生日でした。中学・高校の頃の私、周囲にはロックこそ好きな音楽ジャンルだと叫んでいましたが、実はクラシックの大ファン。なかなか口外できず、ひとりでレコードを聴いたり、ラジオで楽しんでいました。ほくでんファミリーコンサートを知ったのは高校1年の時。ラジオから聞こえてきたお知らせがきっかけでした。クラシックコンサートなんて小遣いでは行けない時代。無料で聞ける演奏会の存在は魅力でした。入場整理券をもらい、学校帰りにひとり札幌市民会館へ向かったものです。この演奏会の特徴の一つとして、クラシックの中でも比較的有名な曲、だれもが耳にしたことのある曲が演奏されていることです。それこそファミリーコンサートたる所以。会場には小学生の姿もあります。そして演奏会では無口なはずの指揮者の方々がお喋りする、そう!MCがあるということです。これも楽しみのひとつ。私とほくでんファミリーコンサートとのお付き合いは40年になりました。家内と交際していた大学時代にも演奏会は貴重なデート手段。500回目のコンサートにも隣には結婚30年目の家内が座っていました。指揮者の尾高さんが話されていましたが、これから1000回まで続けていって欲しい大切な演奏会です。尾高さん!アンコール曲のシューベルト、心に沁みました。

2015年07月02日(木) |  夏。スポーツ。HBC
 
渕上紘行
旭川でのマリーンズ戦からの〜
埼玉・所沢でのライオンズ戦を経て、函館でのバファローズ戦!

残念ながら函館は雨天中止、テレビ中継はなくなりました・・
そして今週はゴルフ中継、
『長嶋茂雄invitationalセガサミーカップゴルフトーナメント』

土日の決勝ラウンドのリポーターを初めて務めます。
がんばりますよ〜!


今の気分は、まさに
             夏。スポーツ。HBC

そういえば、そんなキャッチフレーズもあったなぁ
入社1年目の佐藤彩アナウンサー、渾身のポスターです

懐かしい!

2015年07月01日(水) |  キャンプで初体験
 
小川和幸
北海道キャンプになくてはならないもの…
それは…ジンギスカン!

でも、私…
いままでキャンプでやった事がなかったんです。
嫌いな訳ではないんです。いや…大好きなんです。
でも、BBQに走ってしまっていたんです。

そこで、北海道でキャンプを楽しむなら、
やはりこれをせねば!…と、
今回は鉄鍋を揃え、気合を入れてトライしました。

時に蒸され、時に焼かれ、
ジワーとタレが滲みた野菜と共に食する“ジンギスカン”。
美味い!美味すぎる!…なぜもっと早くやらなかったのか!
家族の箸がのびるのびる…
鉄鍋が壊れるんじゃないかと思うぐらいでしたよ。

今更ながら、我が家の“キャンプ定番食”になりそうです!
各地の名物ジンギスカン…想像するだけで…
たまりませんね!



<< [1] [2] [3] >>

TOP(全件表示)