今月
2018年04月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
       
アーカイブ
2021年04月
2021年03月
2021年02月
2021年01月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年09月
2020年08月
2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   表示:2016年04月(26件)
<< [1] [2] [3] >>

2016年04月06日(水) |  僕の話を聞いて下…さる?
 
加藤雅章

 早いもので今年も4分の1が終わりました。

 なんだか年齢を重ねるごとに、やれ「1年の1/4が終わった…」だの、「今年ももうあと半分か…」だの、「この前年賀状書いたと思ったのに、もう書かなきゃ…」だの、月日の流れについて、嘆きというか、文末に「…」をつけなきゃいけない感じの言葉が頻繁に出てくるようになったと感じます。

 そりゃ〜、たとえば10代・20代の頃は未来が燦然と輝き待っていた(少なくとも待っていると無意識に思っていた)はずで、そこには月日の流れに対して「…」はなかったのでしょう。しかし、人生も後半戦に入れば「輝く未来」への期待というよりは、「輝いていた過去」への懐かしさや、時には「キラキラしていた昔の自分」への嫉妬のような気持ちが大きくなり、結果、言葉にならない「…」につながっているのではと思うのです。

 さて、そんな寂しい話はさておき、アッという間に1/4が過ぎ去った2016年=申年、年末に振り返った時におそらくは「最も申年に相応しい出来事」の1つになるだろうと思われるのが、ロックバンド「ザ・イエロー・モンキー」の復活ではないでしょうか(あまりに唐突ですみません)。

 それこそ20代の頃、けっこう聴いていたなぁ。当時は今と違ってカラオケにも度々行っていて、歌ったこともあったなぁ。

 そして何より、僕のアナウンサー人生の「支え」になってくれているんだよなぁ、あの曲。

 そう、あの曲とは…「JAM」。

 1996年に発売され大ヒットした名曲中の名曲。おそらく一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

 そんな曲の中で、アナウンサーとしての僕の心の“よりどころ”となっている部分は、

 ♪外国で飛行機が〜〜〜日本人はいませんでした♪

 のパートです(思いっきりベタですが…)。

 まぁ、これまで一度も自分のことを「ニュースキャスター」と思ったことはないですし、もちろん何かの事件・事故のニュースで日本人に被害がなかったことだけに心を向け「嬉しそうに」ニュースを読んだこともありませんが、この曲のあの一節を聞くと毎回、「お前は今、どんな思いでニュースを読んでいるんだ?」と問いかけられる気がします。謙虚さや冷静さを求められているように感じるのです。

 「JAM」が発売された20年前の2月は奇しくも、HBC入社のため僕が札幌に引っ越してきた時期。この春でアナウンサー生活も21年目に入りました。

 僕にとって節目の年。新たなスタートの年。

 「おだてられても木に登る」ようなことがないよう、ん…???これは基本的に猿ではなく豚についてのことわざだな…。失礼!

 「猿に冠」ということわざ(外見は立派だけど中身が伴わないこと)がありますが、アナウンサーという肩書に恥じることのないようこれからも日々勉強の気持ちで放送に臨んでいきます。あらためましてHBCともどもよろしくお願い致します。


2016年04月05日(火) |  「最初」と「最後」の日。
 
矢萩 尚太郎
2016年3月26日、北海道に新幹線がやってきました。

当日はHBCでもテレビ・ラジオともに新幹線特番を放送し、お祭りムードとなっている道南の様子をお伝えしました。
私は、ヘリコプターに乗って"青函トンネル"の上空からお伝えしました。

写真は、新青森を出た「本州からの一番列車」はやて91号が初めて青函トンネルを抜けて北海道にやってきた瞬間。
ほかに、「東京発の一番列車」が初めて北海道にやってきた瞬間・「新函館北斗発の一番列車」が初めて青函トンネルに入っていく瞬間をお伝えしました。
どれも、歴史的瞬間。「時間通り来る」と分かっていても、実際に立ち会うと興奮しました。

上空から見て感じたのは、やはりスピード。

青函トンネル前後では140キロまで速度を落としているとはいえ、最高速度の時速260キロに達したときにはヘリコプターでは追いつけないほどの速さでした。

さらに、車体の美しさ。流線型の先頭車両は上から見ても美しく、常盤グリーンというエメラルドグリーンのボディはまだ雪の残る北の大地で鮮やかに映えていました。
興奮さめやらぬ中、私にはもう一つ出番が。

土曜日8:00〜HBCラジオでお送りしていた『ファンダフル!』の中継も担当しました。
この番組は、この日が最終回。
鹿部町の飛行場から、ヘリコプターから見た新幹線の様子を伝えるとともに、これまで『ファンダフル!』を聴いていただいたリスナーの皆さんにお礼をさせていただきました。
3月最終週にふさわしく、「始まり」と「別れ」を体感した3月26日。

担当していたHBCラジオ『ファンダフル!』『いまドキッ!』は3月で終了となってしまいましたが、これからもスポーツ中継などで頑張ります!

新幹線に負けず、今年度も猛スピードでダッシュしていきたいと思います!よろしくお願いします!!

2016年04月04日(月) |  感謝!!
 
山内要一
3月25日をもって、HBCラジオ「山ちゃん美香の朝ドキッ!」の放送は、幕を閉じた。
6年半の朝の生活であったが、担当スタッフ、相方のよく泣きよく笑う田村美香さん、そして、お聞き頂いた皆様に支えて頂いて、ここまで続いた。

本当に本当にありがとうございます!!いくら感謝しても足りないくらいだ。

ずうずうしくも、担当のジーコ氏家Dに、最終回の生放送で「また特番とかで、このコンビで番組やろう!」との約束を取り付けた(・・・と思っている(笑))。
忘れてくれなければ、また「山ちゃん美香コンビ」での放送が、いつかあるやも・・・(笑)。

新しく、水野よしまさアナにバトンタッチし、室谷香菜子アナが加わり、田村美香さんも引き続き担当し、スタートした「ナルミッツ」もよろしくお願い致します。

そして、私はありがたい事に、今シーズンもファイターズ中継に、既に携わらせて頂いている。
もう、千葉と東京と、今回初めて、静岡草薙球場でも実況をつとめて来た!!
今シーズン、HBCラジオは、ファイターズの公式戦全試合を中継する!

形は変われど、今後もお付き合い頂く機会はあるという事で・・・皆様どうぞよろしくお願い致します!!

2016年04月03日(日) |  新しい環境
 
佐々木 佑花

今日ドキッ!メンバーに加わり、新しい生活がスタートしました。

ブラボースポーツのコーナーを担当することになり、スポーツの現場にも足をはこんでいます。

先日は、ファイターズの応援で、グッチーさんと千葉のQVCマリンフィールドへ行ってきました。

QVCは初めて訪れた球場ですが、他球場でしか味わえない応援の雰囲気や、周りの様子など、沢山の収穫がありました。
今年は、札幌ドーム以外の球場にも足を運びつつ、各地のグルメを堪能できたらなぁとひそかに思っています。

スポーツについて、今は、分からないことが多いので、野球実況のアナウンサーやスポーツ部の仲間に、色々教えてもらっています。

新しい環境で、また新しい自分を1から作り上げていこうと思います。
今後の佐々木佑花も、どうぞよろしくお願い致します!

2016年04月02日(土) |  新幹線がやって来た!
 
堀 啓知(よしとも)

3月26日午前6時35分。

JNNニュース内で全国に向けて新函館北斗駅から北海道新幹線の上り1番列車「はやぶさ10号」が発車する模様をリポートしました。

朝日に照らされ光り輝く車体が加速していく姿は、美しかったです・・・。

 

乗車前のあるお客さんのインタビューでは「北海道から新幹線に乗るという子供の頃からの夢がかなった」と涙を流しながら答えてくれました。

昨年末、青函トンネルの掘削工事の元作業員にお話を伺った際は「いつか北海道に新幹線を迎える」と命がけの作業にあたったと話してくれました。

 

2016年3月26日は、数十年の時を経て、様々な思いが結実した日でもあるのだと感じました。

 

開業前まで114回にわたって“新幹線がやって来る”と題して「今日ドキッ!」内のニュースで新幹線関連の話題を取り上げてきました。

開業後の月曜日から“新幹線がやって来た”と変更してリスタートを切りました。

 

2次交通や乗車率、青函トンネルの維持費など、北海道新幹線の抱えている課題は多々あります。

課題を乗り越え、開業効果をいかに持続できるのか、これからも新幹線の行方に注目したいと思います。

そういえば、当日の午前3時過ぎから午後3時まで、新幹線特番のために現場にいたのですが、新幹線の写真を撮ることをすっかり忘れていました。

そのため、同日に新函館北斗駅で除幕式があった「北斗の拳」のケンシロウの銅像と記念撮影をしました。

新函館北斗駅を訪れた際はぜひ同じポーズを!


2016年04月01日(金) |  ☆新番組スタート☆
 
堰八 紗也佳
今日から新年度ですね。
新社会人のみなさん、入園・入学をされた皆さん、おめでとうございます!!

HBCテレビ・ラジオも春の新編成でパワーアップしていますよ(^^)

私は、新しく『ラジオ眼科クリニック 教えて石川先生!』(毎週土曜あさ7時35分〜)を担当します。
眼の健康を保つことは人生の質を高めることに繋がります。
この番組では、眼科医の石川太先生にお話を伺い、
眼に関する正しい知識を深めていきます。

もし、「眼科にはなかなか行けないけれどちょっと相談してみたい」ということがあればメールでお送りください。
eye@hbc.co.jp 

初回の放送は、明日4月2日(土)です☆
そして今まで通り
『あの街ツアーズ!!』(毎週日曜日お昼11時〜)&『山ガール温泉ガール』(毎週土曜あさ6時35分〜)も元気にお送りしていきます♪

「あの街ツアーズ」は、スタジオを飛び出して堰八&石崎がどこかの市町村をアポなし取材する機会が増えています!
次はあなたの住む街かも・・・!

膝を痛めていた山ガールですが、4ヶ月リハビリを頑張り、復活しました〜♪♪
最初は軽い山から登ってみて、徐々にレベルを上げてまいります!
今シーズンはアポイ岳に行くことが目標!頑張ります!!

<< [1] [2] [3] >>

TOP(全件表示)