今月
2018年04月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
       
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   表示:2018年09月(25件)
<< [1] [2] [3] >>

2018年09月04日(火) |  札幌ディープ 104 旬の味処 どらちゃん
 
鎌田 強
 たった一度だけでは良さがわらないという店がある。しかし、気になり早く再訪を果たしたいとせつに願う。そんな店に半年ぶりにようやく行くことができた。 
 どらちゃんは西区役所のとなりにある。こんな通りにお店があるのかと思ってしまうほどがらんとしている通りだ。しかし、赤ちょうちんに灯がともるころになれば店内はすぐに活気に満ちる。地元客が次々に訪れ話に花が咲く。
 さりげなく、しかし手を惜しみなくかける肴。たとえばこの秋刀魚。内臓を丁寧に取り除き、お湯で皮をぴんと張ってから味付けし煮込む。臭みはなく、秋刀魚特有の油の味がストレートに感じられる。
 鱈のブリュレは、かしらの身をこそぎチーズと合わせ焼かれる。
 鱈肝の煮付けはフォアグラより上品だ。
 型は小さいが驚くほど美味しい寿都のサバを含めた道内産のお刺身。
 日本酒が嬉しい。しかもわたしの故郷秋田の新政が、まだ一升瓶を販売していた頃の2014年物を寝かせていた自家貯蔵古酒の口開け。
 店主の大友さんは大手スーパーの鮮魚担当から独立し店を始めたという。なるほど魚には詳しいはずだ。どらちゃんは奥さんの愛称。そんなご夫婦で29年
 琴似に住み、どらちゃん愛が深い友人がいう「どんどんこの店が好きになるんですよ」。一目ぼれの恋愛もいいけれど、初めはただすれ違っただけの恋愛も素敵じゃないかと秋の戸口に立ち思う。
旬の味処 どらちゃん
札幌市西区琴似二条六丁目1−30
電話 011-614-1999 

2018年09月03日(月) |  おいしいラジオ
 
谷藤博美

先週末、金、土、日の三日間
北三条広場でHBCとれたてマルシェ が行われました。
ご来場いただいたみなさまありがとうございます^^

土曜日はとれたてマルシェの開場から
HBCラジオの「おいしいラジオ」の公開生放送に参加させてもらいました!
普段なかなかそろうことがないパーソナリティの先輩方が大集合で
緊張もしたのですが、終始大爆笑でとても楽しい時間でした(^^)


ライブにグルメにとそのほかも盛りだくさんの三日間だったので
詳しくはまた個人ブログでご紹介します(^^)


2018年09月02日(日) |  夏の思い出 仕事編その2
 
渕上紘行
第45回えりもの灯台まつり歌謡ショーの司会を務めました。

2年連続での司会ということで、えりものステージもそして雰囲気ある夜の公演も馴染みの場所になりました!

今年は去年紅白歌合戦に初出場の丘みどりさん、そして山本譲二さんをゲストに迎えてのステージ。


本番はあいにくの雨模様でしたが・・
それはそれは盛り上がりました!!

中でも山本譲二さん、めっちゃかっこよかったです!!!

舞台袖での集中力を高めるピンと張りつめた空気から、ステージでの笑いありのトーク、そして熱唱と、大人の魅力・プロフェッショナルが詰まったステージでした。

名曲みちのくひとり旅の熱唱は・・

あのどしゃ降りの雨を忘れさせてくれました 笑


記念に1枚撮らせて頂きました!
山本譲二さんのオフィシャルブログ「ぶち好きやけー」にも写真を載せて下さいました。
譲二さん、本当にありがとうございました!!

2018年09月01日(土) |  9月1日を「想像の日」に!
 
加藤雅章

 きょうのHBCラジオは特別編成。「おいしいラジオ2018秋」と題して、午前8時から午後3時にかけて特別番組をお送りします。

 僕も、写真の佐々木アナウンサー、日下アナウンサーとともに、特番の中の1パート、午後1時40分頃からの「HBCいい波のってんね!クセがつよいが あげみざわ」に出演します。

 なんなんでしょう、このタイトル!?想像つきます?おとうさん、おかあさん?

 普通なら番組前に事前に意味を調べたりするものですが、今回は勉強しないで臨みます!

 というのも、事前に聞いてる話では、僕の出演パートは「若者について」の内容になるらしく、タイトルにある「あげみざわ」なんていうのはきっと若者言葉なのでしょう。

 今回の番組における僕の役回りは「40代のおっさん代表」。想像するに、若者文化についていけない僕を笑いものにするんだと思います(そうかな…?)。だとすれば、「何も知らない中年」であるべきでしょう。毅然とした態度(?)で臨みたい。ですから、一切勉強はしないのです。別に手を抜いているわけではありません。

 無知なおじさんのあわってっぷり、番組をとくとお楽しみ下さい。

 
 ところで…、

 きょうは「防災の日」です。

 およそ半年前のラジオ特番では、僕は防災に関するパートを担当しました。

 この時は事前に勉強しました(当たり前ですが…)。勉強もそうですが、“体当たりリポート”もしました。

 どんなリポートだったかと言いますと、「大きな災害が発生して公共交通がストップ。自宅まで歩いて帰ることになったとしたら何に注意する!?」というコンセプトで、吹雪く中、目に入るものを語り、起こり得る危険を想像し、HBCから自宅まで1時間ほどかけて歩いたのです。

 「街中では看板の落下に注意しないといけないですね。」…これは避難の際の基本でしょう。

 また住宅街では、「ブロック塀に傷んでいる部分があるので気をつけないと…。」とのリポートもしました。その後、今年の6月に発生した大阪府北部地震でブロック塀の倒壊による死亡事故が起きたのは、皆さんの記憶にも残っているのではないでしょうか。

 さらには、「道内では冬の積雪対策でエアコンの室外機を高い台の上に設置している家庭も多い。地震が起きたら倒れやすいかも…。」…実際に歩いてみて、そんな“気づき”も得ました。

 一方で、コンビニエンスストアの入口には「災害時には帰宅する皆さんを支援します」というステッカーが貼られていることも知りました。北海道と民間企業との防災に対する協力が人知れず(いや、僕が知らなかっただけか!?)、しっかりと進んでいたのです!


 「防災に一番大切なものは何か?」と聞かれたら、僕は「想像力」と答えます。

 まず、「災害は自分の身にも起こり得るものだ」と想像すること。

 そして、「どんな被害が起こり得るのか。そのためにはどんな対策ができるのか」と想像すること。

 もちろん、「想像」の後には、それを「実行」に移すことが大事だと思います。ただ、それには時間とお金がかかることもあります。簡単には出来ないこともあるかもしれません。

 しかし、「想像」をしないことには何も始まりません。自分と自分の大切な人の身を守る防災への一歩を踏み出せるか否かは、自らの心にかかっているのです。

 95年前、10万5千人もの死者・行方不明者を出した関東大震災が発生した、9月1日。きょうこの日を「防災への想像の日」にしませんか?


2018年09月01日(土) |  夏、満喫?
 
金城茉里奈
もう9月!
思わず「早ーい!」と叫びたくなってしまいますが

皆さん夏は満喫できたでしょうか?

今年の夏、初めて「ライジングサンロックフェスティバル」に参加しました。

ワクワク!

ただ、直前で「フェスに来ていくような服がない!」ということに気づき、
2日前の今日ドキッ!終わりに急いでショッピングモールへ。

帽子、Tシャツ、ズボン、スニーカー。
自分でも驚く程のお金を使いました(笑)。

ただ、その甲斐あってかなり楽しめましたよ!

せっかく一式揃えたことですし
もうフェスでもキャンプでも登山でも、なんでもかかってこいです。

そして、夏らしいと言えば、「流しそうめん」をしました。

え?どこでって?

驚くなかれ。家です。(笑)

テニスのチームメートが、お手製の流しそうめん機を作ってくれたのです!

ペットボトルをつなぎ合わせて、キッチンの流し台からお風呂場まで
そうめんが泳いでいきます。

すごく楽しかった!

ただ、お手製そうめん機
何度か傾けてしまい、床をびしょびしょにしてしまいました。
申し訳ありません…

来年はどうグレードアップするのでしょうか?


以上、私の平成最後の夏でした。

<< [1] [2] [3] >>

TOP(全件表示)