今月
2018年06月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       
アーカイブ
2021年04月
2021年03月
2021年02月
2021年01月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年09月
2020年08月
2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   表示:2018年07月(31件)
<< [1] [2] [3] [4] >>

2018年07月11日(水) |  初トレラン
 
堀 啓知(よしとも)

フルマラソンでは足をつったことがなかったのに、16キロのトレイルランニングでは足に限界がきました!


辛かったけど、楽しかった!

けど、やっぱり辛かった〜〜

前回の絵日記で報告しましたが、手稲山で事前に大会コースの一部を練習していたので、何となく安心していたのですが・・・本番は甘くなかった。

 

要因は・・・

レースとなると、前半のペースが上がってしまったこと。

水分補給が足りなかったこと。

特にラスト3〜4キロは、手持ちの1リットルの水が底を尽き、補給できなかったのは誤算でした。

コース途中の給水ポイント2か所では、急ぐあまり、給水量が足りていなかったことを反省しました。


熊鈴は持っていましたが、途中、人気が無くなり寂しい時間も。

レース後半のスキー場(オリンピアゾーン)の昇り降りは、一歩ごとにふくらはぎと太ももが「ピクツ」と反応するギリギリの状態でした。

 

1972年の札幌オリンピックの聖火台の脇もコースでした。

 

 

水分の大切さと自分の足の限界を知った、2時間25分でした。


2018年07月10日(火) |  バーベキューの新兵器!!!
 
石崎輝明
アウトドアが大好きな石崎輝明、新兵器を手に入れました。 ピザ釜と巨大フライパンです!!
ピザ釜では、もちろんピザを焼き! 巨大フライパンでは、特性のアクアパッツァを作りました。※料理が得意な友達がです・・・(^^ゞ
そしてもう一つ!!! 卓上で楽しめる「流しソーメン」です。 電池で水が循環します。これは盛り上がります!!

2018年07月09日(月) |  指をパクっと食べられた!?
 
佐藤 彩

先日、道東の標津町にある、「標津サーモン科学館」へ行ってきました!
標津町は日本有数のサケの産地であるということで、ここではサケ科の魚などの観察ができるほか、イトウをはじめ、水槽の魚たちへのえさやり体験ができたり、タッチプールでカレイなどに触れたりなど、楽しい体験もできます。

なかでも一度やってみたかったのが・・・

チョウザメ指パク体験!

プールのなかで泳ぎまわり、水面でパクパクと口を動かしているチョウザメたち・・・
このチョウザメに、指をパクっとされるという体験です。
どうやらチョウザメたちは、指をエサだと思い、食いついてくるのだとか・・・。

こわ〜いと思うかもしれませんが・・・
安心してください。
チョウザメには歯がないので、ケガはしません!

とはいえ、勢いよくパクパクし、水しぶきをあげているチョウザメたちを見ていると・・・
やっぱりちょっと不気味です。
それでも・・・
せっかくここまで来たのだから・・・
チャレンジ!

飼育員さんから、「チョウザメの口元に指を持っていくと、ぱくっとしてくれますよ〜!」と、笑顔で指導され、いよいよこのときが・・・!


パクッ・・・!!



うぎゃあ・・・!!


やっぱり叫んでしまいました。笑
見た目の怖さほどの痛みがないので、なんとも不思議な感覚。
これがチョウザメ指パク体験です。

ちょっとドキドキしましたが、一度体験してみると調子に乗って何度もパクっと・・・。

もうチョウザメは怖くありません!

無事に体験を終えると・・・
「チョウザメ指パク体験証明書」がもらえます。

ここには・・・

 あなたは
 チョウザメに
 指をパクッと
 食べられたことを
 ここに証明します
 
と書かれています。

いい記念になりました!
あなたもぜひチャレンジしてみてください!


2018年07月08日(日) |  21年ぶりの別海!
 
山内要一
6月30日〜7月1日、別海町の尾岱沼漁港で行われた「第58回尾岱沼えびまつり」のMCで馳せ参じた!

尾岱沼えびまつりのMCで訪れたのは、私山内にとって入社2年目の1997年以来、21年ぶりであった。

別海町観光大使でもある、田村美香さんとのコンビは、以前HBCラジオで午前中にお送りしていた「朝ドキッ!」以来、2年ぶりである。

歌謡ステージのゲストは、市川由紀乃さん&工藤あやのさん!

市川由紀乃さんは、おととしから2年連続で紅白にも出場。
いきなり、エビの形をした「ネックピロー」を巻き付けての登場にはビックリ&爆笑だった!
「雨に濡れた二人」を歌い始めた瞬間、本当に雨が降ったのには驚かされた!
自然まで味方につける演出を披露するとは!!

ご本人いわく・・・「雨女なんです・・・」との事!
とても素敵なステージであった。

工藤あやのさんは、以前、美香さんと担当していた「朝ドキッ!」に3年前にゲストで来てくださった時以来の対面であった。

山形県出身で、「山形のひだまり娘」!
3年前は、どちらかというと、「めんこいなぁ・・・」という感じの雰囲気の工藤あやのさんであったが、今回久しぶりにお会いしてビックリ!!
以前より、グッと大人っぽい雰囲気に。

「恋ごよみ」の時の振り付けは、グッと来てしまった・・・。
でも、山形弁まっすぐの話し方など、そのあたりは、3年前と変わらず、「ひだまり娘」のままでうれしかった!
いろんなジャンルの曲を、2日間披露してくださり、とても楽しいステージであった。

ちなみに、田村美香さんとは、2年ぶりのコンビであったが・・・
美香さんも、老眼こそ進んでしまったが・・・相変わらず面白い人だったなぁ。

なお、この模様は、7月14日(土)、午後1時から、HBCラジオで全道放送される。
ぜひお聞き頂きたい!

2018年07月07日(土) |  東京で朝活♪
 
谷藤博美

すっかり、毎朝4時に起きる生活リズムがしみついた私。
先日、アナウンス研修会のために東京に行ってきたのですが
その際も早起きリズムは変えず、
朝の時間を有効活用して観光も楽しんできました♪

朝の東京で行ってみたい場所といえば・・・・築地!!
関東に住んでいる友人達に声をかけて朝5時から付き合ってもらいました。

まずは築地本願寺で一枚記念撮影。こんな写真が撮れるのは人がいない朝だけ!?


そして!たどり着いたは築地の魚市場!
想像以上にたくさんのお店が並び、ターレと呼ばれる電動リアカーが行き交う情景。
「ここが築地か〜!!!!!!!!!」と朝から大興奮。

海の幸が豊富な北海道や富山で、新鮮な魚は市場で何度も見ていますが
日本全国の魚を扱う築地市場独特の世界観にはひきこまれるものがありました。


そんな中一番の驚きだったのが・・・・

マグロ!!!! です


みたこともない大きさのマグロが並んでいました・・・・!

頭だけでもこの大きさ・・・・と驚いていたら、
通常は40キロくらいのマグロを仕入れるそうなのですが
この日は「今年一番なんだよ・・・240キロある!!!」と教えてくれました

40キロでも”大きい”と感じるのに、その6倍。

「写真撮ってあげますよ」と優しく声をかけてくれた市場のお兄さん!
偶然にもご出身が北海道の方でした!

一般の人が入ることができない、お写真をみせてくださったり
穴場のおすすめスポットを教えてくださったり・・・

キタニさんありがとうございました♪

2018年07月06日(金) |  あさってあたり梅雨前線が再北上?!
 
近藤 肇

北3条広場での1枚。フラワーカーペットが強い日差しを受けて輝いていた。この日の札幌の日照時間は6.4時間!こんな日もあったのに。あったのに・・・

大通公園では、12丁目のバラが今年も咲いたのに。咲いたのに・・・

先月末から北海道に梅雨前線がかかり続けてしまい、7月最初の5日間の札幌の日照時間はたったの0.4時間。そして大雨、しかも長い!というトンネルの中でした・・・

それがきょう!きょうになってようやく雨は一段落、晴れているところもありますよね? ですが・・・これも長くは続かないようなのです。

くわしくは、午後4時半か5時半頃の”そらリサーチ”で!


2018年07月05日(木) |  おべんとおべんと嬉しいな〜♪
 
堰八 紗也佳

自信作のお弁当を披露〜♪

大好きなピーマンの肉詰めや、玉子焼きが入った、彩り豊かなお弁当☆

お料理教室だったので、自分で作ったお弁当を、結局その場で自分で食す!笑

これからの暑い季節には、お弁当が傷まないように要注意ですよ〜!

野菜の水分をいかに抜くかがポイントらしいです。

自炊は節約にもなるので、頑張ります^^

2018年07月04日(水) |  幸せな時間★
 
森田絹子
先月末の休日、
Mr.Childrenの桜井さんとGAKU-MCさんがタッグを組むユニット、「ウカスカジー」のライブに参戦してきました!♪
サッカー日本代表の公式応援ソングを歌っているウカスカジー。W杯真っ只中&日本の1次リーグ2戦目のキックオフ6時間前だったという事もあって、会場中がサムライブルー!大盛り上がりのライブでしたよ!!

大好きなお二人の歌声に包まれ、言葉では表せないほど幸せな時間を過ごしました・・・。
応援しているアーティストのライブに行くと、また明日からも頑張ろうって心から思えますよね(>_<)1年分の元気をチャージできた1日でした ♪


さてさて、本日も今日ドキッ!18時台「お好きでしょ。」オンエアです(^^)
先週から衣装が夏バージョンのマリンルックに変わりました!!涼しくてロケも快適です(笑)
葛西文奈さんと共に、この夏のおすすめ商品を紹介しますよ〜

2018年07月03日(火) |  魔法の鍋料理!
 
小川和幸
今回も…キャンプです!

キャンプの楽しみは、
野外料理にあります。

細かく手を加えたものではなく、
私の性格の様に“ザックリ”と
“大雑把”に作るのがポイントです。
今回の料理は、
ダッチオーブンで作る「ローストチキン」。

下味をつけた鳥一羽のお腹に、
ニンニク・ネギなどを入れ、
それをドーンとダッチオーブンに投入。
周りにジャガイモ・サツマイモを入れて、
蓋をして1時間半ほど蒸し焼きにすれば…OK!

出来上がりまでの時間、
ダッチオーブンの蓋の上で、
アルミホイルで包んだサラミを炙り、
それを肴に、ビールをグビグビ飲んで、
“その時”を待ちま〜す。
今回の鳥は、
うちのサイズのダッチオーブンには大きく、
蓋が背に触れ、
上の部分が大きく焦げてしまいましたが、
味は…最高!でした。

前回は、ダッチオーブンで、
牡蠣・白貝のワイン蒸しを作ったし、
今度は何を作ろうか…
なんて考えてワクワクするのも…
キャンプの楽しみなんですよね!





2018年07月02日(月) |  初夏の森林浴
 
卓田和広
先日、久しぶりに野幌森林公園に散策に出かけた。
数多くの原生林や野生の動植物を見ることができるスポットだが、遊歩道は春先まで雪解け水でぬかるんだ状態のところが多く、ようやくこの時期から歩きやすくなる。
前日まで雨だったせいか、カタツムリが遊歩道を横断中。踏まなくて良かった。
こちらは、野球のバットにも使われる「ヤチダモ」葉が青々と生い茂って目にも優しい。
夏に花を咲かせる「オオウバユリ」の蕾。チューリップのようだが、これが八方に広がってラッパのような花が付くのは面白い。
森林公園の秘境のひとつ「瑞穂池」。
元々は農業用の貯水池として作られたが、今は散策する人の目を楽しませる池として残っている。

たっぷり歩いた後は、森林公園から徒歩15分のところにある、海鮮ランチのお得な店で空腹を満たし(写真は1080円の限定ランチ)、満足の一日であった。


<< [1] [2] [3] [4] >>

TOP(全件表示)