今月
2018年09月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
アーカイブ
2022年06月
2022年05月
2022年04月
2022年03月
2022年02月
2022年01月
2021年12月
2021年11月
2021年10月
2021年09月
2021年08月
2021年07月
2021年06月
2021年05月
2021年04月
2021年03月
2021年02月
2021年01月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年09月
2020年08月
2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   表示:2012年08月(26件)
<< [1] [2] [3] >>

2012年08月06日(月) |  穴場の泉
 
佐々木 佑花
わたし、昔から水のある空間が大好きで、最近は「泉」にハマっています。

先日も、わたしのリクエストで、ある泉に行って来ました。

行って来ましたというか、やっと辿り着けた泉です。
それが、

「原始の泉」

名前からして、いかにも、手つかずの自然の中にありそうな感じですよね。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、わたしたちは情報が少なすぎて、だいぶ迷いました。

近所の人に場所を聞いたり、案内板を見落とさないように注意して向かったのですが、なかなか辿りつけず、結局最後はわたしのスマホのナビに案内してもらい、通りすがりのお兄さんに聞いて、やっとこさ、辿り着きました。
(さすが、スマホ!!ありがとうお兄さん!)
この日は、30度を超す暑い日でしたが、その暑さが吹っ飛んでしまうくらい、すごく冷たいお水が湧き出ていました。

空いたペットボトルにお水を汲んで、ゴクゴク。

甘くて軟らかなお水でした(≧∇≦)

もちろん、水汲み場として整備されているところなんですが、近くには“熊よけの鐘”もあり、知る人ぞ知る、かなり穴場の泉だったようです。
そして、今回は岩手の穴場の泉もご紹介します。

それが、
  ゆはず
「弓弭の泉」

日本で5番目の長さを誇る一級河川・北上川の源泉です。

杉の老木から、こんこんと湧き出る水。

ここには・・・

  時は平安時代。
  前九年の役という戦乱中のことです。
  炎暑が続き、兵馬が苦しんでいた時、
  朝廷軍の将軍・源義家が、
  弓で岩を突いたところ、清水が湧き出て、
  兵馬ののどを潤 した。

という伝説が残されています。

隣にある泉の水ですが、こちらもとても冷たくて、透明度の高さに目を奪われてしまいます。
静かで、自然豊かな場所にあるこちらも、なかなか穴場な泉です。

泉の話と旅話、写真などは、佑花ブログにも載せようと思いますので、続きはそちらで(^^)


2012年08月05日(日) |  「涼風」をあなたへ…
 
加藤雅章

 暑中お見舞い申し上げます。

 間もなく「立秋」にもかかわらず、暑い日が続いていますね。そこできょうは、少しでも皆さまに涼しい空気を感じて頂こうと、この8月5日のアナウンサー絵日記を書き上げることに致しました。

 8月5日は「ハコの日」なんだそうです。そこでまずは、箱にちなんだこんなやりとりを…。

【A】「お〜い、箱を持ってきて〜!」
【B】「いくつ必要ですか?」
【A】「8個!」

 う〜ん、ヒンヤリ。暑中お見舞い申し上げます。

 8月5日は「タクシーの日」でもあるそうです。そこで、タクシーにちなんだこんなやりとりを…。

【A】「あ〜ぁ、腕が疲れた…。」
【B】「タクシー、全然つかまらないですね〜。」
【A】「こりゃ、お手上げだ…。」

 う〜ん、ヒンヤリ。暑中お見舞い申し上げます。

 8月5日は「世界ビールの日」でもあるとか。そこで、ビールにちなんだこんなやりとりを…。

【A】「ビールをおつぎします!」
【B】「お、おまえ、下手だなぁ…」
【A】「アワわわわ…。」

 う〜ん、ヒンヤリ。暑中お見舞い申し上げます。

 いかがでしょう?幾分、涼しくなってきましたか?

 では最後に問題です。文中、何回、「暑中お見舞い申し上げます」の文が出てきたでしょうか?

 短い文章の中に1つ、2つ、3つ、4つ…。これぞ、「しょっちゅうお見舞い申し上げます」。

 えっ、「あ〜、イライラする!」ですと!?

 まぁまぁ、そんなこと言わず、暑い夏を満喫しましょうよ。きっとアッという間に夏は終わり、涼しい秋がく〜る(Cool)のですから。


2012年08月04日(土) |  オリンピック実況マニア
 
山内要一
ロンドンオリンピックが幕を開けた。
大変だ!私はオリンピックが大好きだ!
しかも、実況を覚えてしまうくらい、繰り返して見る。
そこで、私山内の、個人的な過去のオリンピックの名実況を、勝手に挙げてみたい。

1、「高野・・・高野・・・高野は世界の8位か!」
バルセロナ五輪、陸上400Mで、高野進選手が、この種目で、1932年ロス五輪以来60年ぶりの日本人ファイナリストとなり、決勝で8人中最下位に終わった時に、NHK工藤三郎アナが発した名実況だ。
決して負けた訳ではない!高野選手がここまで頑張った素晴らしさをも、この一言に凝縮させた見事な実況であったと思う。

※掲載写真は、オリンピックとは無関係・・・。
2、「冨田が・・・冨田である事を証明すれば・・・日本は勝ちます!」

2004年のアテネ五輪男子体操団体で、日本は金メダルを獲得した。
最終種目鉄棒の最終試技者として、冨田洋之選手が、スーパーE難度のコールマンを成功。フィニッシュの伸身の新月面宙返りで、完璧な着地を決めた。
その時に、NHK刈屋富士雄アナが、着地の時に「伸身の新月面が描く放物線は、栄光への架け橋だ!」と実況し、話題となったが、私としては、鉄棒を握った時の、前述の一言が痺れた!
この一言で、「冨田選手が実力を発揮しさえすれば、優勝できるんだ!」と一気に期待を持たせた上、それまで2大会メダルなしに終わってしまっていた「体操王国・日本」の復活、それまでの「沈みかけた日本体操」の努力が報われる瞬間が、今まさに訪れるんだ!という思いに、一気にさせてくれた。
ロンドンオリンピックでは、どんな名実況が生まれるのか、楽しみである!

※この写真も、オリンピックとは全くの無関係・・・

2012年08月03日(金) |  夏のおもいで
 
桜井宏
「朝刊さくらい」の桜井宏です。
今月20日で61歳になりますが、
先日我が人生で始めての「さくらんぼ狩り」を経験しました。
これまで「〜狩り」としては、「いちご狩り」や「りんご狩り」が数回程度。
おとなしい性格のため「狩り」はどちらかと言うと苦手でした。
果樹園のご主人もそんな私の経験不足を見抜いたようです。
お願いをしたわけではありませんが、付き添ってくださいました。
麦わら帽子の後ろ姿が果樹園のあるじの風格を感じさせます。

ご主人の良きアドバイスもあり、あっという間にバスケット一杯のサクランボ。
と言いたいところですが、結構大変でした。
不安定な脚立の上によじ登ったりを繰り返して集めました。
「水門」、「佐藤錦」、「南陽」、そして「何とか」というカタカナの品種の4種類。
総重量1.8キロでした。
ずっしりと手に感じる夏のおもいででした。







2012年08月02日(木) |  美味しい〜!!
 
渕上紘行

最近おなががすいてしょうがありません・・。

てことで、最近感動した食べ物勝手にベスト3!!

第3位 讃岐うどん
関西人にとってのうどんは、お好み焼き・たこ焼きと並んで愛される逸品です!
当別にある‘かばと製麺所’は北海道で本場讃岐うどんが味わえる数少ないお店。うどんの太さ・コシたまんないです〜 お昼時は混みますよ!

第2位 う〜な〜ぎ〜
やっぱり夏のスタミナ食はウナギですよね。値段はしっかりするのでしょっちゅうは食べられません。だからこそ、いつもの2倍噛んで味わいました(笑)

栄えある第1位は・・豆腐

ただ普通のとうふではございません。真狩の‘湧水の里’で販売されているこの豆腐。一見何の変哲もないんですが、一口食べると、あら不思議!!チーズ味なんです。チーズ味というより、正直チーズです。ワインと合わせてもOKです。
ビックリです。ご賞味あれ!!

2012年08月01日(水) |  収穫!
 
卓田和広
17年前に植えたプラムの木に、初めて実が付いた!
毎年、緑の葉がたくさん生い茂り
元気に成長してきたプラムの木だったが
いっこうに実が成らずこういうモノだと諦めていた。
桃・栗3年、柿8年というが
18年目で実を付けることもあるのか・・・
付いた実は全部で3個。
赤くなったモノが1個あったので収穫したところ
すでに野鳥に先を越されていたようで
ついばんだ痕が(笑)
そして、気になるお味は・・・
お!なかなか甘くて美味しいではないか!
これでこそ17年待った甲斐があろうというもの。
まだ木に成っている最後の1個も熟すのが楽しみだ。
なお、こちらは昨日家庭菜園から収穫した新じゃが。
今年初収穫の男爵だ。
これから続々と収穫の季節を迎える。
食いしん坊には楽しみな季節である!

<< [1] [2] [3] >>

TOP(全件表示)