今月
2017年09月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   表示:検索結果は126件です。
<< [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] >>

2017年04月14日(金) |  ニューアイテム登場
 
小川和幸

いや〜、キャンプで使う念願のアイテムを、
手に入れちゃいました!
欲しくても…
なかなか手を出せなかった物なんです。

それは…“石(小石 3キロ)”!
(お値段数百円)

で、この石…何に使うのかというと…
分かります?

そう!石焼き芋を作る時に使うんです。

アウトドア料理本にも出ている「石焼き芋」。
河原の石を集めて、ダッチオーブンに入れ…
なんて、本格的なノウハウが書かれていますが、
大きさがねぇ…洗うのがねぇ…
そもそも拾うのはねぇ…
なんて思うと、なかなかやれなかったんです。

でも、もう大丈夫!

焼き芋だけじゃありません。
焼きトウモロコシも、
遠赤外線効果で、美味しく作れるというんです。

家族の反応は…
楽しみにしているのは、中3の二男だけ…。
嫁と長男は、
「お父さん、やって二回だね。絶対飽きるって…」と、
冷めた感じ。

いや!やりますよ。
今シーズンは、じゃんじゃん作りますよ。

美味しいの作って、見せびらかしながら、
二男と食べようと思っています。
あ〜、作れる日が待ち遠しい!


2017年03月20日(月) |  雪解けが待ち遠しい・・・
 
小川和幸
いや〜、待ってました!
“春分の日”…キャンプシーズンの訪れです。

札幌の小路には、
まだ雪が沢山ありますが、
道南などでは、出来ますね…キャンプ。

気持ちは、キャンプ場に向かっていますが、
物事、準備が大切です。
そう、テントの状態はどうか…穴なんかあいていないか。
テントのポールは、揃っているか、折れていないか。
ランタンのマントル(芯の部分)に、異常はないか…火はつくか…
なんて、チェックしていったら、
ワクワク感が止まらなくなってきます!

今年は、どこのキャンプ場に行こうか…
我が家の一番のキャンプ好き、
愛犬フローラと情報誌を眺めながら、
妄想を膨らませています!

2017年02月24日(金) |  あぁ、そんなことあったよね…
 
小川和幸
私の趣味の一つに、写真撮影があります。
まぁ、下手の横好きなんですけどね。

キャンプで訪れた場所や、
家族のスナップ、
日常のチョっとしたことなどを、
撮り溜めています。

その私の自慢のショットを展示している
掲示板が、我が家にはあります。

それがこれ!

家族が一番リラックスしている所に、
「楽しかったよね!」
「また、行きたいよね!
「連れてってあげたのは…お父さんだよね!」
と、感謝を押し付けている感じにもとれますが、
家族からは、苦情も、「楽しかったよね」の一言もありません。

今、家族の反応は薄くても、
いつか「これ良かったよね…」と言ってくれる日を夢見て、
今年も春から撮り溜めていきます!
…この恩着せがましさが、
反応の薄さだとは気付いているんですけどね

2017年02月01日(水) |  この二人で…
 
小川和幸
え?この人と一緒に番組を?
という人同士を結んでお送りする
HBCラジオ「ウイークリースペシャル」(日曜13時放送)に、
北海道大学 副学長の吉見宏さんと、
私が登場します!

それって…「夕刊おがわR」の取り合わせと同じじゃん…。
と、思ったでしょう!

そうなんですけど…そうじゃない!
今回は、メインが吉見先生で、
アシスタントが私…なんです。

博学の吉見さんが、
どんな話題で、ラジオに登場するのか?
「夕刊おがわ」を聞いている方なら…、
もしかして、あの話題?と、ピンとくるかもしれません。

でも、政治・経済の話ではないですよ。
気になる、あなた!
是非、お聞きください!

放送は、2月26日(予定)です。
お楽しみに!!

2017年01月07日(土) |  初詣
 
小川和幸

新年あけましておめでとうございます。

皆さんは、年末年始どうお過ごしになりましたか。
私は、例年通り、12月31日には近所のお寺で
除夜の鐘をつき、煩悩を払い、
明けた元日には、これまた近所の神社に初詣に行ってきました。

楽しみなのは、“おみくじ”。
去年は吉で、運勢の盛り上がりに不満がありましたが、
今年は大きい吉が出るよう念じ、引きました!
すると…出てきたのは…
“半吉”。
半吉って…初めて見ました。このポジションと重み、
どんなものか分からず、苦笑いが出てしまいました。

ネットで調べたら、
大吉>中吉>小吉>吉> 半吉>末吉
>末小吉>凶>小凶>半凶>末凶>大凶
になるのが一般的なんだそうです。

う〜ん、上から数えたら早いので、
これはラッキーなのか…
振り向けば凶も見えるし…複雑な感じ。
ザックリとした意味は、
吉凶が半々ある運だそうです。
まぁ、平均的な年になりそうという事でしょうかね。

でも、素敵な注意書きもt見つけました!
半吉の出現率は、大吉より低くレアなんだとか。
だったら、これを引き当てる私の運は、
結構良いんじゃないの!
そう考えたら、すごく前向きになりました!

人生考え方次第…正月早々、
神様から、そんな教えを頂いた感じがしました(笑)


2016年12月14日(水) |  美しい札幌の夜
 
小川和幸
四季折々の美しさがある札幌の街…。
冬の札幌も魅力的です。

特におすすめなのが、
札幌ホワイトイルミネーション。
今年も、
大通会場には美しい光のオブジェが登場し、
会場を83万個の電球で彩っています。

この光景に、
下手の横好きのカメラ心に
火が灯りました。

氷点下の中、
ファインダーをのぞき、
観光客の皆さんに混じって、
シャッターを押してきました。
恥ずかしながら、
自慢の“ショット”
掲載させて頂きます!

本物は、是非札幌でご覧ください!
大通会場は、12月25日(日)迄ですよ〜。

2016年11月20日(日) |  HBCラジオ大感謝週間!
 
小川和幸
「HBCラジオ ワイドな 大感謝週間」開催中です!
【夕刊おがわ】でも、11/14(月)〜18(金)までの期間、
毎日、御一人に「お寿司券1万円分」をプレゼント!

もう既に、沢山のご応募をいただいています。

「あの日聴いてたのよ。
でも、応募忘れちゃったわ…」
という“あなた”!

まだ間に合いますよ!
22日必着分まで受け付けています。

ご希望の方は、聴いた日付と、番組を聞いて気になったニュース、
そして、あなたのお名前、住所、電話番号を書いて、
Eメールか、ハガキでご応募ください。
是非、番組の感想もお寄せください!

当選者の発表は、
23日(水)番組内で行います。

楽しみに待っていてくださいね!

2016年10月27日(木) |  寒くても・・・キャンプは良い…
 
小川和幸
すっかり寒くなってきました。
札幌でも、初雪を観測するようになりました。

こんな寒い中でも、
まだ、キャンプには行けます。
いや、行くのです!

この季節のキャンプは、
煩い虫に邪魔されることになく、
ゆったりアウトドアを満喫出来るのが、
魅力の一つです。

また、朝昼夜の景色の移り変わりが、
日が短い分、ドラマティックに色濃く展開されます。

今回行ってきたのは、千歳市「美笛キャンプ場」。
眼前には、支笏湖が広がり、
その向こうには、雄大な恵庭岳の姿を観ることが出来る
キャンプ場です。人気なんですよ、ココ!

ここで見た、
心打たれシーンは、月光と湖のコラボレーションでした。

神秘的!

「思わず、本当にけがれた私でごめんなさい…」と、
湖に向かい、謝ってしまいそうなシーンでした。

冷たい空気が、この神々しさを演出するんですよね。

次の出会いを求め、
まだまだ行きますよ!

一緒に行ってくれるのは、
愛犬のフローラだけですが…。

2016年10月04日(火) |  秋の夜長
 
小川和幸
気が付けば、
めっきり日が暮れるのが早くなりました…。

秋ですね。

秋といえば…食欲の秋!っと、
いきたいところなのですが、
今年の秋のテーマは、
読書の“秋”。

キャンプの合間合間で読んでいるのが、
何時ものパターンなんですが、
今回は、逆。
読書をメインに、知的な“秋”にいたします。

読む本は、政治に経済、社会問題と攻めたいところですが、
気が付くと寝ている可能性がありますので、
40年の連載に幕を閉じた“こち亀”をメインに、
文化にひたろうと思います!

2016年09月09日(金) |  旅の楽しさは、発見にあり!
 
小川和幸
道内のキャンプ場巡りをする私にとって、
旅の楽しさの一つに、発見があります!

美味しいものを見つける…
美しい景色を見つける…
未知のものとの出会い…
発見って、ワクワク・ドキドキしますよね。

そんな発見が、
黒松内町のキャンプ場“ルピック”に行った時にありました。
内陸の黒松内町、
それでもBBQには、海鮮物が欲しいものです。

そこで、寿都町の港にまで足を延ばし、
美味しい海の幸を探すことにしました。

その道すがら見つけたのが、
“小川”の文字!

このエリア、寿都町樽岸町小川というんです!

“なぜ小川なのか?”
小川なにがしさんが、拓いたのか…。
川になにかいわれがあるのか…。

気になったので、町役場の方に伺ったところ、
「小川が流れている場所だったので、
その地名がついたようです。」というお答えでした!

確かに、小川に橋が架かっています。

この発見、
橋の欄干に小川橋の文字を見つけたのが
先だったのですが、
バス停まであるとは…
今は、ひっそりという感じですが、
かつては、賑わいがあった場所だったんでしょうね。

そんな思いを巡らすと、
なにか、遠い親戚にあったような
嬉しさが、湧き上がってきました。

あなたにも、そんな出会いが…
あるかもしれませんよ!


<< [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] >>

TOP(全件表示)