今月
2018年06月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       
アーカイブ
2021年04月
2021年03月
2021年02月
2021年01月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年09月
2020年08月
2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   表示:検索結果は129件です。
<< [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] >>

2016年10月06日(木) |  秋と言えば・・・
 
卓田和広
秋も深まってきて、最近は朝晩の冷え込みが増している。あの寒〜い冬が一日一日と近づいているのは恐怖だが、せっかくの秋を楽しまなくては損だ。
秋の味覚は数多くあるが、年齢を重ねる毎に好物になっていくのがキノコだ。特にシイタケは誰もが「子供の頃は嫌いだったが大人になってから好きになった」と口を揃える。
先日TV「今日ドキッ!」の卓アキぶらりサーチで取材した清田区のシイタケ栽培業者は、まさにそんな私の欲求に見事に応えてくれた。丸々とした肉厚のシイタケは見ただけで食欲をそそる。大きい方は「プレミアムしいたけ」と言って特注品だそうだ。最高に香りが良く、大満足。
そして、スポーツの秋。
先日、TV「今日ドキッ!」の親睦ゴルフコンペがあり、何と9年ぶりにコースに出てプレーした。あまりのショットの乱れ(野球の打球に例えると「サードゴロ」多数)に、隣のホールへ行ったり来たり・・・まともに写真撮影する余裕もなく、当日のショットはこれ1枚だ。自己ワーストを大きく更新し、ゴルフ初心者の金城アナにコンペで敗れる大失態(グロスでは辛うじて勝利)を演じる始末。
きっと何か大事な基本を忘れているのだろう・・・しかし天候にも恵まれ、プレー自体は楽しかった。
そして、スポーツと言えば忘れてはならないのがファイターズの大逆転優勝だ。私も急遽、西武プリンスドームに乗り込むことになり、幸運にもラジオで優勝決定試合を実況することができた。2006年の日本一メンバーである森本稀哲さんと歴史的シーンをお伝えし、その後都内のホテルに移動し、祝勝会後のラジオインタビューを「ファイターズDEナイト」の斎藤こずゑちゃん、川畑アナ、渕上アナと分担し行った。
インタビューは深夜まで及び、寝たのは4時前だったが、こんな夜更かしなら何度でもしたい。

2016年09月12日(月) |  今、私が可愛がっているもの
 
卓田和広
天候が不順で何かと憂鬱になりがちな今日この頃であるが、最近、そんな私の生活に安らぎを与えてくれる存在ができた。
こちらが、先日テレビの取材で園芸ショップを訪れた際に頂いた多肉植物の寄せ植えである。可愛い缶に植えてあって、ほとんど手入れしなくても毎日元気な姿を見せてくれているのだ。
水やりのタイミングがわからず、インターネットなどでコツを調べたが「表面にハリがなくなってきたと感じた時」と書いてあった。
ここ2週間、1度だけ軽く霧吹きでシュッと水を掛けた程度で全くやりしていないが、ご覧のようにピンピンとハリのある状態で平気な顔をしている。本当に手間のかからないヤツだ。プロ野球の優勝争いも佳境に入り、実況の準備などで益々忙しくなるが、コイツ等に元気を貰いながら乗り切っていきたい。

2016年08月19日(金) |  大収穫!
 
卓田和広
我が家の家庭菜園は、今が収穫のピーク。
特に最近はミニトマトが最盛期を迎えており、毎日15個〜20個ほど採れるので食べるのが追い付かず、冷蔵庫の野菜室はご覧のとおりミニトマトだらけ!!

さらに、じゃがいもが収穫適期を迎えたので、いも掘りを敢行。かなりの豊作だ!しかし、「メークイン」はそれなりに大きいが、「北あかり」と「インカのめざめ」はかなり小ぶりだ。元々小ぶりな品種とはいえ、クジ引きでハズレたスーパーボールのようなプチサイズが多い。

プチサイズのじゃがいもをどう調理したものか?考えた末、丸ごとフライドポテトにしてみたら、これが甘くて美味しい!!ちょうど一口サイズでビールのつまみにも最適である。
ということで、北海道の短い夏ももうすぐ終わり。今年もそれなりに楽しめた夏であった!!

2016年07月25日(月) |  夏を涼しく・・・
 
卓田和広
いよいよ本格的な夏の到来である。「暑い暑い」とばかり愚痴を言ってばかりいても仕方がない。ここは夏を楽しもうではないか。
まず、先日行って来たのは、ノルベサ3階の特設会場で開催されている超本格派のお化け屋敷「黒いアサガオの家だ。実は私、お化け屋敷が大の苦手。この手のモノは一生避けて過ごしたいと思っていたが「怖いもの大好き」というメークスタッフや後輩の佐々木アナと一緒なら心強いと思い、勇気を出して行ってみた。
入口付近で待たされている間、前のカップルの悲鳴が聞こえてくる。そして、いよいよ我々の番。4人一緒でも入ることはできるが「よりスリリングに」という佐々木アナの残酷な提案で2人ずつに分かれて入った。
細かい内容は省略するが、ほとんどの時間、連れの女性メークスタッフより私の悲鳴が会場に響き渡っていた。それでも、さすがはお化け屋敷プロデューサーとして知られる五味弘文さんの手がけた仕掛けだけあって、ただ怖いだけではない。細部にわたってこだわった仕掛けを見世物としても堪能できる。さらに呪われた黒い歯を見つけて持ち出すというミッションと、ストーリー性のある展開。非常に濃密な時間であった。
そしてもう一つ夏の風物詩。待ちに待った恒例の「さっぽろ大通りビアガーデン」も始まった。スタート2日目の21日(木)、私は休みだったので早速、早い時刻に仕事が終わった後輩アナを誘って行って来たが、佐藤アナは実は前日の初日に早くも行って来たということで、初日から2日連続という超ハイペース。どうせなら最終日の8月15日まで27日間皆勤賞という快挙を成し遂げて欲しいものだ。
毎年のことだが、暑いながらも本州よりカラッとした空気の中で飲む生ビールは格別である。国内最大級という規模もあって観光客にも人気だ。
今年も短い夏をできる限り楽しみたい。

2016年06月29日(水) |  知性派に・・・
 
卓田和広
最近、野球の実況をしていても遠くの数字、特にスコアボードが見づらくなり、視力の衰えを実感。メガネを掛けて実況をするようになった。
それ以外の時は特に日常生活に支障はないのだが、ふと先日、テレビニュースを担当した時に「メガネを掛けてニュースを読んだら知性的に見えるのでは?」と浅はかな考えが浮かび、実際にメガネを掛けて読んでみた。いかがだろうか?私個人の感想としては悪くないという印象だ。1割くらいは頭が良さそうに見える。伝えるニュースの信憑性も増すかも知れない。いや、決して今までが胡散臭かった訳ではないのだが、当分はコレでいく積もりだ。
もちろん、そんな見た目よりもアナウンス技術を磨き、準備をしっかりして臨むことが重要なのは言うまでもない。

2016年06月05日(日) |  函館から仙台へ!
 
卓田和広
先日、ファイターズ中継の仕事で函館から仙台へ北海道新幹線で移動した。
デーゲームが終わってから選手たちと同じ便での移動だったが、函館北斗駅には熱心なファンが見送りに訪れていた。
函館北斗から青函トンネルを通りぬけ青森へ。夕暮れだったこともあるが、暗闇を抜けたら本州だった、という感じで海を渡った実感がない。故郷、岩手県の盛岡まで2時間くらいだが、空路で花巻まで行き、バスに乗り換えて盛岡に行っていたこれまでより北海道に近く感じた。高校生の時、東北新幹線が盛岡まで開通して大騒ぎだったが、あの感動から34年。何とも感慨深い。
仙台まで3時間。早速、仙台駅の「牛たん通り」で夕食。
楽天イーグルスの本拠地「コボスタ宮城」は今季改修が行われ、レストスタンド後方に観覧車がお目見えした。楽天球団のご厚意で、一般オープン前の時刻に乗せて頂けることになった。高さ6mを超える上空から、天然芝のグラウンドを見下ろすと大変美しい。遠くは石巻港まで見渡せる。
ここまで書くと、ほとんど遊んで来たかのようであるが、実況に、リポートに一生懸命仕事した部分においては、自分で写真を撮っていないのが実情だ。殆どの時間を仕事に費やしたことをここで弁明しておく。

2016年05月11日(水) |  花盛り!
 
卓田和広
北海道にも花満開の季節がやってきた。
まずは桜。
「今日ドキッ!」卓アキぶらりサーチのロケで訪れた手稲区の一般住宅の庭に咲いた枝垂れ桜は見事だった。こちらはお庭を開放していて、訪れた方が庭内に入って桜を楽しむことができる。
こちらはプライベートで訪れた「白石サイクリングロード」の桜。
ここも途中あちこちに桜の美しいスポットがあり、この季節は特に楽しめる。
そして、今まさに見ごろを迎えているのが「平岡梅林公園」のだ。
白梅は散り際だが、紅梅はこれからが満開。3日前に訪れた際には、散りかけの白梅と7分咲きの紅梅が見事なコラボを展開。関係者によると「こんなに綺麗に咲いたのは7年ぶり」という程圧巻の景色であった。
白梅は終わりかけだが、紅梅はまさに満開の見ごろを迎えようとしているので、もうしばらく楽しめそうである。名物の梅ソフトなどグルメも楽しめるので、春の思い出作りにおススメだ。
ちなみに、周辺情報も来週火曜日の「ぶらりサーチ」で放送されるのでお楽しみに!

2016年04月16日(土) |  球春来たりて・・・
 
卓田 和広

今年も野球の季節が始まった。長閑だった(?)私の生活も一変し、野球中心の日々となる。早速、開幕戦の千葉を皮切りに出張生活が始まった。

忙しくはなるが、なかなか行けないところに行くチャンスもあり、楽しくもある。今月始めに行った静岡・草薙球場は、1934年の日米野球で沢村栄治がベーブ・ルースを三振に斬って取った「伝説の球場」である。
伝説の対決を記念して、球場前には沢村栄治とベーブ・ルースが対峙する銅像があるが、試合前に栗山監督はコーヒーを2人の銅像に供えてお参りしたそうだ。
私も沢村栄治をマネて足を高々と上げようと試みたが、無理だった。実際にはここまで高くは上げてなかった、という話もあるようだ。
ひと足早く、桜を見ることもできて、こういうのは役得である。
さて、昨年11月に86.7キロから始めたジム通い&ダイエットであるが、プロ野球が始まりジムに通う回数も減ってしまった。しかし、食事習慣が変わったことで体重はそれなりに減り続け・・・73.1キロであった!何と目標まであと0.1キロ、惜しい!それでも5ヶ月で13.6キロの減量は予想以上だ。次回はぜひ目標クリアの報告をしたい。

2016年03月16日(水) |  肉まつり!!
 
卓田 和広

私は元々肉党だが、最近ますます肉食の割合が増している。去年11月から始めたダイエットで、特に肉食を推奨されているため、私の肉好きに拍車がかかった格好だ。
先月のファイターズ沖縄キャンプ取材でも、まず焼肉を堪能。

キャンプ取材中、一人で食事に行く日もあったが、ここは一人飯に最適の焼き鳥店へ。つくね、鳥もも、ぽんぽちにレバーのタタキ。美味い!!
帰札後も肉食は止まらず、先日は期限切れ直前のマイルで注文した道内産和牛600gが自宅に届き、すき焼きに。
う〜ん、しつこくない程度の霜降りと、ジューシーな赤身。これは美味い!!!
さて、こんなに肉を食べ続けているが、運動と食事指導の成果か、体重は当初の86.7キロから、およそ4か月で11.8キロ減の74.9キロと、ついに74キロ台に突入。最終目標の73キロまで、あと少しに迫った。さあ、もうひと頑張りだ!!

2016年02月21日(日) |  栄光に向かって〜その5〜
 
卓田和広
ジムに通い始めて3ヶ月半。
最初はトレーニングメニュー付いていけなかったが、徐々に慣れてきた。ところが、それに伴って、今度はメニューのレベルが上がってきた。今、私を苦しませているのが、最近バイクのメニューに加わった「TABATA」というプログラムだ。
所要時間は短いが、全力で高速回転で20秒間目いっぱい漕ぎまくるのと、10秒間の休憩を10セット繰り返す究極の有酸素運動だ。
この日は女性トレーナーの山口さんが「TABATA」に付き合ってくれた。女性トレーナーとウキウキ楽しくエクササイズ♪といきたいところだが、残念ながらそれどころではない。
5セット目あたりから呼吸も荒くなり、運動強度を示すインジケーターを一番高い強度の赤色にキープするのが困難になってくる。私は死にそうな表情なのに山口さんは笑顔だ。いったい自分は何処へ向かっているのか?」そんな葛藤と戦いながら必死でペダルを漕ぎ続ける。そして、何とか乗り切った。
お蔭で体重は当初の86.7キロから、ついに10.4キロ減の76.3キロになった。目標とする「アンダー75」まであとわずかだ。
現在、私はファイターズ春季キャンプ取材のため沖縄出張中。ご覧のような美味しい食べ物が目白押しの中で、リバウンドせず無事に札幌へ奇跡の生還を果たすことができるのか?大きなヤマ場を迎えている。

<< [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] >>

TOP(全件表示)