今月
2017年08月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
       
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   表示:検索結果は131件です。
<< [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] >>

2016年02月11日(木) |  彦摩呂さんと食レポ!
 
佐藤 彩
先日、明日放送の「金曜ブランチ」の特集で、彦摩呂さんとご一緒した模様が放送されます。
まさに、“食レポの神様”とも言える彦摩呂さん。
的確なコメント、魅せ方、食べ方・・・そして名言。
どれも素晴らしいのですが、何と言っても、いただく食べもの、シェフ、全てに関して愛情があるからかそのコメントになるのだと感じました。
いろいろな衝撃を目の当たりにし、学ばせていただいた今回のロケ。
感動しましたよ。
大きな糧になった今回の経験を生かして、これからも日々研鑚し、がんばります!
明日の「金曜ブランチ」をお楽しみに!

2016年01月20日(水) |  南の島へ!
 
佐藤 彩
年に一度のお休みで、沖縄の離島に行ってきました。
たくさんの出来事があって語りつくせないので、そこは私のブログにもぼちぼち綴っていきますが、ここではハイライトで!

まず向かったのは、石垣島から高速船で1時間ほどのところにある、人が住む日本最南端の島「波照間島」!
この島にあるニシ浜ビーチは、日本で3本の指に入るであろう美しいビーチで、一度この目で見てみたかったのです!
しかも天体好きの私にとって興味深い、南十字星も見ることができる星がきれいな島ということで訪れました。
ただ、私が行った日は、天気予報のとおりの曇り空。
そして、スコール・・・。泣
(レンタサイクルで観光中、びしょ濡れになりました)
とはいえ、なんとか天候が回復してきたので自転車を走らせ、30分ほどでたどり着いたのが、最南端の碑。
そして、自撮り。笑
今回は、いろいろあって一人旅だったので、基本自撮りだった私。
そんななか、タイミングよく誰かに出会うと、「飛んで写真撮りたいのですが、いいでしょうか?」とお願いをして撮ってもらいました。笑
行く先々で出会った方々、ありがとうございました。
この写真も、奇跡的に現れた方にお願いして撮ってもらったもの。
いい写真を撮ってもらえて感謝です!
そして、最南端の碑で写真を撮ってくださった方とは、何かとよく顔を合わせまして・・・。
この日の夜に行った居酒屋、翌日に自転車で観光しているとき、帰る前にランチで八重山そばを食べたとき、フェリーを降りた後の石垣島で観光中に道端で・・・と、偶然にはほどがあるというくらいバッタリ会うという、そんな方でした。笑
本当にびっくりぽんです!
しかも、この方を含め、波照間島で会った方には、ほとんどの方に複数回出会うという偶然。笑
「また会いましたねー!」って、いろんな方と会話しましたよ。笑
こういったことも、一人旅の楽しさなのかな、と思う素敵な時間でした!
そして、今回の旅では、欲張って宮古島にも行きました。
大好きなダイビング、感動的でしたよ!
一人でも、たっぷり楽しめます!
波照間島や石垣島もそうでしたが、この時期とはいえ、最高気温が25度くらいの日もあり(私が潜った日は21度で、地元の方が寒いって話していました・・・)、しかも海に潜った方がさらに暖かいという・・・。
北海道から行くと、天国のようです。
幻想的な海中からの景色・・・。
宮古島は、地形ポイントがたくさんあって、穴から日がさしてスポットライトのようになったり、光のカーテンのようになる場所もたくさんあります。
水中カメラを借りて、夢中で写真を撮りました。
(でもいい写真は、意外と少なかった。泣)
およそ一年ぶりのダイビングができたことに感謝!
今回は、一日に三回潜ったのですが、特に有名な三大スポットのうちの二つ、「アントニオガウディ」、「魔王の宮殿」という場所にも行くことができてラッキーでしたよ。
一緒に潜った方々のなかで、この日に100本目という記念すべき回数を迎える方がいて、その方のリクエストだったようです。
MAX35mという未知の世界にまで潜ることができたということに、幸せを感じました。
透明度の高い、いろいろな青を持つ海・・・。
大自然が作り出すダイナミックな地形美、見ごたえのある景色・・・。
全てが感動、そして心躍る時間でした。

他にもたくさんの思い出ができた素敵な旅。
あぁ〜、また行きたいな〜。。

2015年12月27日(日) |  温泉ソムリエ、ステップアップ!
 
佐藤 彩
毎週土曜日あさ6時35分〜お送りしている「山ガール温泉ガール」。
そのスペシャル番組「山ガール温泉ガール 年末スペシャル〜山って温泉って最高〜」を、
12月31日(木)あさ8時15分〜放送します!
40分間のスペシャルバージョンということで、先日、堰八アナとともに収録しました。
このポーズは、温泉に入っているイメージです・・・。
番組では、今年一緒に登った山や温泉を中心に楽しく振り返りつつ、山で出会った方や、お世話になった凌雲閣の支配人さんと電話をつないで、いろいろなお話を伺っています。
年末のお忙しい時期ですが、皆さん、ぜひお付き合いくださいね!
そして、温泉といえば・・・
先日、温泉ソムリエのステップアップセミナー「温泉ソムリエ温泉分析書マスター」を受講し、温泉ソムリエマスターに認定されました!
私は温泉分析書を見るのが好きなのですが、今まで以上に知識が増え、隠れ泉質や例外のことについても深く学んできましたよ。
(一緒に写真に写っているのは、温泉ソムリエ家元の遠間さんです。)
ちなみに今回は、東京の表参道で受講したので、このような美しいイルミネーションにも出会えました。
ステップアップセミナーでは、私の他にも、仙台など東京以外か受講されている方もいましたし、ものすごく勉強されていて「博士」というニックネームがつけられていた方もいました。
とても刺激を受けましたし、今後も頑張ろうと思える時間でしたよ。

これまで以上に、詳しく泉質のことを語っていきたいと思いますので、来年も「山ガール温泉ガール」をよろしくお願いいたします!

まず年明け1回目の放送は、1月2日。
年始にふさわしい内容にしますので、こちらもどうぞお付き合いくださいね!

2015年12月03日(木) |  冬になって
 
佐藤 彩
先週あたりから、札幌では急に雪景色となり、一気に季節は冬ですね。
コートやブーツも引っ張り出し、一気に冬の装いになりました。

ちなみに、私自身で最近変わったことと言えば・・・髪を切ったことです。
とは言っても、7,8センチ。
ロングヘアだと、これくらい切ったところで気付かれませんよね。
案の定、今のところ誰も気付いていません。笑
(美容師さんに言われたとおりでした・・・)
ちなみに以前は、編み込むとこれくらいの長さでした。
シャンプーが楽になったのは嬉しいポイントです。
すっきりしていいのですが、長く編み込まれていた部分が短くなったのは、私としてはちょっと寂しい気持ちもあります。
「アナと雪の女王みたい」とまた言われるのは、もうちょっと伸びてから・・・かな。

最近アナ部のメンバーで髪を短くする人が何人かいたので、ブームに乗ろうかとちょっと思いましたが、結局乗りきれず、これくらいの長さにおさまった私。
やっぱり長いのが好きです・・・。
ちなみに、私と同じく寒がりのキャンディ。
冬になって、家に帰ると直行する場所が変わりました。
ストーブの前・・・ここでよく暖まっています。笑

雪の日も、足が冷たいからか、散歩途中で帰りたいオーラを出して立ち止まってしまうこともありますし、ぶるぶる震えていることもあります。
長い冬、頑張って乗り切っていきましょう・・・。

皆さんも、寒い季節ですが、体調崩さないようお気を付けください。

2015年11月10日(火) |  カレンダー完成!
 
佐藤 彩
2016年のHBC女性アナウンサーのカレンダーができあがりました!
11月1日発売だったのですが、ありがたいことに周りの方からの評判も良く、今年リーダーとして多く携わった身としては本当に嬉しい限りです。
今回も、私たちがプロデュースに関わっていて、それぞれの個性が光るカレンダーになりました!
担当月の思い出コラムは、それぞれのキャラクターが出ていて読み物としても面白いですし、プライベートショットも満載です。
一ヶ月に一枚と、前回よりも写真のカットが増え、より華やかなイメージになりました。
また、普段の放送とかひと味違った表情も見られますよ。
今回は、初の試みとして、男性アナウンサーも含め、HBCアナウンサー全員が登場するオフショットページも作りました!
新聞社をまわってカレンダーのPRをさせていただいたときにも、「とても賑やかで、仲の良さが伝わります!」との言葉をいただき、嬉しく思っています。
自信作に仕上がった2016年カレンダー。
詳しくは、ぜひこちらのページもご覧ください!

http://www.hbc.co.jp/info/ana_calendar/
そして、仲が良いといえば・・・
先月、女性アナウンサーが集まってハロウィーンパーティーを開催しました!
いろいろなグッズに身を包み、思いっきり笑って笑って・・・.プレゼント交換でも大盛り上がり!
楽しすぎる会でしたよ!
こうやって集まれるというのは、素晴らしい環境ですよね。
みんなに感謝♪

2015年10月16日(金) |  山ガール&温泉ガール、標高1920mへ!
 
佐藤 彩
「山ガール&温泉ガール」取材で、登山&温泉取材に行ってきました!
山ガールの堰八アナとともに向かったのは、十勝岳連峰の「上ホロカメットク山」。
標高1920m。
目指すは、矢印のところです。
ここから見ると、かなり遠い・・・ですし、雪化粧まで・・・!!
山の季節はもう、秋から冬へと変わりつつありました。
朝8時すぎ、「十勝岳温泉 凌雲閣」のすぐ横にある登山口から出発した私たち。
最初は遊歩道のような道で歩きやすかったのですが、ちょっと進むとすぐに雪が・・・!
「上の方だけではないんだ・・・。頂上まで行けないかもしれない・・・。」
そんな不安もよぎりつつ、一歩一歩前へ。
すると、こういった状況だったので、雲一つない青空から降りそそぐ太陽の光が、私たちの希望のようにも見えました。

今回は、最終目的地の「上ホロカメットク山」に着く前に、「かみふらの岳」にも登頂し、そのまま稜線を歩いてプチ縦走するというルート。
夏山ガイドによると、2時間半くらい、とのことでしたが・・・。

途中でナキウサギの鳴き声に耳を傾けたり、雪道のところも多くて足場が悪かったり、リポートをとりながらだったり、ということもあって、かなり時間がかかりました。
大変な部分もけっこうありましたが、進みながら見える景色は・・・絶景の連続!
本当に登って良かったと心から思える美しい光景ばかりでした。

そして、道中いろいろありましたが・・・詳しくは、放送を聴いていただきたいです。
平日に、冬になりかけている山に登る(物好きな?)人は、私たちのほかに2人。
お仕事という方3人。
今回山頂で出会った人はそれだけでしたが・・・。
なんとか無事に、標高1893mの「かみふらの岳」登頂に成功!
風が冷たくて大変でしたが・・・ここからしか見ることのできない景色と出会えましたよ!!
さらに、なんとかプチ縦走もして、標高1920mの「上ホロカメットク山」にも、登頂できました!!
3時間半以上かかりましたが・・・。

この他のエピソードなど、詳しくはブログでも紹介しますね。
私たちのリポートは・・・
明日と、24日(土)の朝6時35分〜の「山ガール&温泉ガール」をぜひお聴きください!

さらに、「十勝岳温泉 凌雲閣」の温泉リポートの模様は、
31日(土)、11月7日(土)の番組でご紹介します!
裸で録音機を持ちながらの体を張ったリポート。
相変わらず、周りの人たちはビックリしていましたが(笑)
楽しんで頑張りました。
露天風呂から見える景色のイメージは・・・こんな感じ。
ただ、私たちが入った時間には、夕陽が反対側からこの山々にあたるくらい、陽が傾き始めていました・・・。
絶景露天、温泉の良さが伝わるといいな♪
ぜひお聴きください!

2015年09月22日(火) |  雪秩父へ行ってみた、けれど。
 
佐藤 彩

ニセコエリアの名湯、雪秩父。
19日(土)に、約1年半の休業期間を経て、リニューアルオープンしましたね。
いよいよ今月オープンだという情報を耳にし、温泉好きとしてはうずうずしていられません。
2週間ほど前から「よしっ!早めに行ってみて番組で紹介しよう!」と意気込んでいました。
そこで「山ガール&温泉ガール」コンビの堰八アナに声をかけて、休みが合った20日(日)にニセコに行くことにしたのです。

そして、温泉は決まっているものの、山はどこにしようかと話し合った結果、私たちが登ったのは、シャクナゲ岳。
水鏡に映る山々が美しい神秘的な沼めぐりをしながら登山を楽しめるということで選びました。
この日は、札幌を出発してしばらくは快晴で、ラッキーと思っていたものの、チセヌプリのあたりから雲行きが…。

結局、登山口ではあいにくの小雨がぱらつくお天気に。
それでもせっかく来たからということで登り始めたものの、雨の中、登山道に小川が流れる場所もあるようなコンディションに四苦八苦です。
さらに、大きな岩が続く斜面を登るのはかなり大変でした。
ただ、この辺りを登っているときに頭の中で流れるBGMが、なぜがよくCMで耳にする「はな〜はな〜はな〜はな〜」というあの曲。
その話をしたら、なんと、堰八アナも同じ曲が頭に浮かんでいたんですって!
奇遇ですよね。笑
そんなこともあり、会話を楽しみながら登っていました。
とはいえ、途中で何回も滑り、泥のなかに尻餅をつきそうになりながらもギリギリセーフで耐えて登った山道。
大変でしたが、こういったなかでも登れる、という自信になりましたね。
シャクナゲ岳は、紅葉も徐々に始まっていて、これからピークの時期はかなり美しい彩りの中を歩けると思います。
神仙沼への道は舗装もされていて、紅葉のトンネルを通りながら行くので、ちょっとしたトレッキングやお散歩気分でも行けますし、沼めぐりもオススメですよ。
お天気が良ければ、もっと美しい景色を楽しめるんだろうなぁ、と思いを馳せてしまいました。
これからの紅葉シーズンも楽しみな山です。
アクシデントはいろいろとありましたが、山に詳しい会社の先輩もいてくれて、無事に楽しく登り切ることができましたよ!
感謝感謝です。
そして、頂上では、雲の切れ間からまわりの山々や街並みが見え、洞爺湖まで望むことができたのも嬉しかったですね。
苦労した分、登って良かった〜と心から思えた瞬間でした。
そして、肝心の雪秩父ですが・・・。
なんと、入るまでに1時間半待ちだったのです!!
温泉に入るのに入場制限だなんて、初めてでしたよ。
この日はその後の予定もあり、結局、雪秩父に行くのが最初の目的だったのに入浴できず、別の温泉を楽しんで帰ってきました。

楽しい一日だったからいいけれど・・・また近いうちに、リベンジしなくては!

帰り道では、こんなにきれいなダブルレインボーを見ることができたので・・・
そのうち、いいことがありそうな予感・・・!


2015年08月28日(金) |  山ガール温泉ガール、旭岳へGO!
 
佐藤 彩
HBCラジオでは、「2015夏の大感謝週間」真っ最中!
毎週土曜日あさ6時20分から放送してる「山ガール&温泉ガール」でも、スペシャル企画をお送りしていますよ!

この番組は、山ガールの堰八アナと、温泉ソムリエの私、佐藤彩が、山や温泉の情報をお伝えしています。
普段はスタジオでトークをしていますが、先週、先々週はスタジオを飛び出して、北海道の最高峰、大雪山系の旭岳登山の様子をお送りしました!

2291mへの道のりはというと・・・。
ロープウェイ駅の姿見駅をスタートし、リポートしていたのですが、そのなかでは、ハプニングも・・・。

旭岳が映る姿見の池の近くでは、「愛の鐘」があり、堰八アナと愛を誓うため(?)一緒に鐘を鳴らしました。
すると・・・。
「ドン」と鈍い音が・・・。

ロープを「引く」のが正解だったようですが、「押し」てしまったため、鐘が鳴らないという残念な結果に・・・。
私たちの思いはうまく響かなかったようです。笑
また、せっかく頂上に着いたのに・・・。
まさかの頂上でつまづくという、ちょっとしたハプニングも・・・。笑

まぁ、そんなこともありましたが・・・北海道の頂点に立てたという喜び、達成感もありましたし、絶景も堪能できて、とっても楽しい登山取材でした!
頂上でのお昼ごはんは、最高に美味しかったですよ!

そして、山に登っていい汗をかいたら、行きたくなるのは・・・温泉ですよね!
明日の放送では、「旭岳温泉 湯元 湧駒荘」の本館での温泉リポートをお送りします!
この収録は、ディレクターが男性なので外で待っていて、録音機材を堰八アナが持ち、二人で行いました。
もちろん温泉ですから、裸でね・・・。笑
他のお客様に了解をもらったうえで、私たちは温泉リポートをしたのですが・・・この様子を想像すると、かなりシュールです。笑
とはいえ、このお湯の素晴らしさを伝えるため奮闘しましたので、ぜひ明日の放送をお聴きください♪

2015年07月31日(金) |  吉田類さんとロケ♪
 
佐藤 彩

「吉田類 北海道ぶらり街めぐり 厚真編」。
あさって、8月2日(日)午後2時から放送されます!
私は、類さんと一緒にロケに行くのは初めてでしたが、とっても楽しかったですよ!

今回めぐった町は、厚真町。
ロケ中、たくさんの町の方に声をかけられていて、大人気の類さん。

あっという間に出会った方と打ち解けていく姿、類さんの世界観が出る深いコメントなど、類さんの魅力に惹き込まれました。
また、美しい情景を見て、その場でパッっと作り上げていく俳句も素晴らしかったです。
どんな句を詠んだのかは、放送をお楽しみに!
さて、厚真町は、美味しいものがあつまっている町でした!
初めてのハスカップ狩り体験はとても楽しくて、夢中になってしまいましたし、あの甘酸っぱさに魅了されましたよ♪
まるで絵本の世界のようなカフェでいただく絶品スイーツや、自然を感じるカフェで癒されましたし、オール厚真にこだわった豚丼に、あづま成吉思汗と、美味しいお肉にも舌鼓・・・。
お酒ももちろん、どれも美味しくて、幸せな気持ちになりました。
たくさんの出会い、そして、美味しいものに囲まれて、充実した時間を過ごしたロケだったので、類さん、そして厚真町の魅力がたっぷり伝わると思います!

あさって午後2時からの放送をお楽しみに!

2015年07月12日(日) |  ピアニストの友達
 
佐藤 彩

ある方の、ピアノリサイタルに行ってきました!
鳥居大祐くん。
プロのピアニストです。

私は3歳から15歳までヤマハでピアノを習っていて、6歳からは週に2回、専門コースに通っていました。
1回は個人レッスン、もう1回は音楽全体や作曲のことなどを学ぶ、グループレッスンです。
そのグループレッスンを一緒に受けていた中の一人が、鳥居大祐くんでした。
その、毎週顔を合わせていた仲間が、プロのピアニストになったのです!

15歳で音楽の本場、ウィーンへ単独留学してからも、数々の国際コンクールでも受賞歴を持つ彼は、その後フランスでプロの演奏家として活躍してきました。
そして、17年ぶりに帰国し、拠点を日本に移してから初となるソロコンサートが、先日開催されたのです。

いつもちょっと猫背で弾いていたのは今もあまり変わっていないけれど、小学生ながら感性が豊かで、繊細な音も見事に表現していた彼。
グループの中でも特に上手で、いつもすごいなぁって思っていたのですが・・・今回初めて、プロになった彼の演奏を聴き、感動・・・!!

繊細なタッチも、激しい情熱的な音も、情緒的な表現も・・・幅広い音色が幾重にも広がっていくのです!
最初の方で演奏された、ドビュッシーのベルガマスク組曲の「月の光」では、鳥肌が立つようなすーっと透明感のある優しい音を表現。
まさに月の光が映る美しい光景が頭に浮かんできました。

子供の頃、私もですが、大祐くんもわりと小柄なイメージだったのに・・・。
あれから20年近く経ち、ずいぶんと大人になったなぁ、というのが最初の驚き。
そして演奏を聴いて、その音に魅了され、感動しました。
「あぁ、この場所に来られて良かった!」心からそう思えるリサイタルでしたよ。

そうそう、今回のプログラムの中で、作曲「鳥居大祐」の曲があったのです。
小学5年生のときに作った曲ということでしたが・・・。
聴いてみると、やっぱり知ってる曲で、今聴いても、叙情的で、繊細な気持ちが表れた、素敵な曲。
彼曰く、ドビュッシーとラフマニノフの間に鳥居大祐の曲があっても、自分のリサイタルだからいいかなと思って入れたと話していましたが・・・見事でした。
(私があの頃作っていた曲と比べると、雲泥の差です・・・笑)

さらに、ずっとピアノを指導してくださっていた先生にも15年以上ぶりに再会でき、涙が溢れました。
久しぶりに、ピアノを弾きたくなりましたね。
ショパンの幻想即興曲。久々に練習してみようかな・・・。

素敵な再会、そして感動をありがとう。
これからも応援します!
あぁ、いつかどこかの番組で共演できたらいいな〜。

<< [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] >>

TOP(全件表示)