今月
2018年04月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
       
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   表示:検索結果は128件です。
<< [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] >>

2016年02月01日(月) |  血が騒ぎます!
 
小川和幸
思い起こせば、
1977年 東京晴海で開催された「スーパーカーフェア」…
額を畳に押し付けて、母に頼み込んで、
ようやく連れて行ってもらった
憧れのモーターショー。

会場で見た、眩いばかりの名車の数々。
あの感動、幾つになっても忘れられません。

そんな私の前に、
再び世界のスーパーカーが…。

そう、国内外の魅力的な車を一堂に会した
「札幌モーターショー」が開催され、
それを見に行ってきたんです。

フェラーリにランボ、ポルシェに…
時代は変わり、スタイルもより未来的になりましたが、
その魅力は変わらないばかりか、増しています。
勿論、国産車の輝きも負けてはいません。

若い人たちの車離れが叫ばれていますが、
会場には、
子供たちも含め、沢山の若者(女性も含め)の
姿がありました。

…いつか、あの車のハンドルを握ってやる!…
そんな夢を抱き続けられる社会がより広がれば、
自動車産業は、もっと輝きますね!
だって、子供たちの目がキラキラしてますもの!

改めて思います…
車は、ロマンですね!

2016年01月08日(金) |  今年の願いは…
 
小川和幸
穏やかな年明です。
雪掻きに追われることもなく、
朝からお酒をいただける、
何とも“ありがた〜い”お正月。

今年は、何か良い予感がします!

そう考えたら、
一つ…お願い事を確かなものにしようと
神社にお参りに行きたくなりました
(神様ごめんなさい)。

近所の神社に行くと、
ずらーと列が出来ていました。

邪な思いを抱いて並んでいるのは私だけでしょう…。
後ろめたさに、
凛とした空気が刺さりまが、
初心貫徹、宝くじ当選をはじめ、
沢山キャンプに行けますように等々…
お願いしてまいりました。

勿論、皆さんにとって良い年でありますようにと…
お願いしてきましたよ。

さて、今年の、
皆さんのお願い事は、なんでしたか?



2015年12月15日(火) |  年末恒例の“御餅つき”
 
小川和幸
〜♪ もういくつ寝ると、お正月 ♪〜
この恒例行事を過ぎると、
心が年末にシフトしていきます。
先日、息子たちの所属する
ボーイスカウトの「年忘れ!年末お泊り会」が
ありました。

小学校入学前から入れるビーバースカウトから、
カブスカウト・ボーイスカウト…と、
各隊が勢揃いする、大変賑やかな催しです。
二日目の、大きなイベントは、“御餅つき”。
各スカウトが、自分たちの食べるお雑煮用の
御餅をつきあげていきます!
上級スカウトに混じり、私もお手伝いしましたが、
御餅つき…楽しいんですよ。
子供たちは、
“的を外した!”“上手くつけた!”と
盛り上がり…
大人達は“腰が痛いの”“腕が上がらないの”で、
盛り上がる!

みんなでついた御餅を入れたお雑煮、
とっても美味しかったです!
ごちそうさまでした。

これで、良い年が迎えられそうです!

皆さんのご家庭では、御餅つき…してますか?

2015年11月22日(日) |  都市伝説の真相は!?
 
小川和幸

先日、愛媛に行ってきました。
愛媛といえば…有名な都市伝説がありますよね!
そう…水道の蛇口から“水”ではなく、
“みかんジュース”出るというもの…。

都市伝説…空港で見ました…本当でした!?
って、見たのはオブジェのようなものだったんですけどね。
地元の方に聞いたら、
本当に蛇口から、みかんジュースが出る
イベントがあるという事でした。
イベントと重ならず、残念(泣)。

この洒落っけ…愛媛…大好きになりました!

さらに、文豪・夏目漱石も愛した道後温泉。
小説でも有名になった村上水軍を紹介する博物館。
来島海峡大橋を海上から見上げる、
急流体験と…古の時代から現在まで、
時間・空間を五感で楽しめるんですね!
四国初体験の私…
四国には、徳島・高知・香川県もあります。
そこには何が待っていてくれるんだろう…。
さらなる旅心を掻き立てられる、四国との出会いになりました!

2015年10月29日(木) |  秋キャンが…いいんです!
 
小川和幸
アウトドアは、夏の物…
なんて思っていませんか?
否!
こそ、キャンプシーズンなのです。

日暮れも早くなり、
揺れる炎との語らいの時間は増え、
朝日を拝むのにも、ちょうど良い時間になります。

何より、煩わしい“虫”がいない!
(臭いカメムシはいるんですけどね…)

支笏湖畔のキャンプ場。
今回の目的は、朝日を撮ることでした。

日が昇る山にカメラを向けていると、
カヌーに乗ったキャンパーが、
ファインダーの中をゆっくり進んでいきます。

この絵が、私の心にビターッと、
張り付きました。

湖畔から、朝日を眺めてみたい!
その景色、どんなに素敵なんだろう…
想像するだけでワクワクします!

キャンプの楽しみは、
尽きませんね。

2015年10月06日(火) |  楽しんでいるのは…
 
小川和幸
10月になりました。
すっかり、吹く風も冷たく感じるようjになりました。
…秋ですねぇ…。
でも、まだ行けます。
いや、まだ行きます!

秋こそ、虫に悩まされずに、
キャンプを楽しめる季節なんです。

「キャンプだ。キャンプだ」と、
傍から見ると
家族で一番私が盛り上がっている様に見えますが、
一番楽しんでいるのは…
愛犬フローラなんです。

キャンプ場で、GIコットに繋がれ
“まったり”過ごす彼女(雌)…。

この娘の、この表情を見ると、
来た甲斐があるなと…ニンマリしてしまいます。
って、結局楽しんでいるのは…やっぱり…。

2015年08月18日(火) |  静謐が…良いんです
 
小川和幸
夜、人が寝静まった時…
見上げる空には、まんまるお月様…
耳にするのは、寝息と虫の声…
このお月様、独り占め…。
良いんです!この時が、この雰囲気が良いんです!
「あ〜、これがキャンプの醍醐味の一つなんだよな…」、
思わず、そんな言葉がこぼれてしまいます。
(決して、ナルシストだからではありません!)

さて…今回もキャンプの話です。
夏休みは、7泊8日の道内キャンプ旅。
初山別に四泊、南富良野に一泊、
そして釧路に二泊。

釧路湿原達古武キャンプ場…
BBQでしこたま飲んだビールのおかげで、
深夜2時に目が覚めました。
テントのチャックを開け、外に出ると…
綺麗な夜の世界が広がっていました。

遊びも良い…食べるのも良い…語らいも良い…。
でも、こういう世界を見られのも、キャンプならではですね…。

う〜ん、これだからキャンプはやめられない!

2015年07月25日(土) |  もったいない…
 
小川和幸

物事には、順序って…ありますよね…。

先日、南富良野のかなやま湖に
キャンプに行ってきました。
…って、またキャンプの話かよ!と思ったでしょ?
今回は違うんです。

道東道・トマムインターを降りて、
かなやま湖のキャンプ場に行く途中、
幾寅という場所があります。

ここに、映画「鉄道員」のロケ・セットがあるんです。
今までも、案内看板には気付いていたんですが、
立ち寄ることはありませんでした。

今回、行ってきました。
有名な映画だということは知っていたのですが、
まだ観たことはなく、原作も読んだことがありませんでした。
(小説・映画ファンの皆様…申し訳ございません!)

当然、、強い思いが湧き上がってくることもなく、
「ふ〜ん、こんな世界観なんだ…」といった感じで帰ってきたんですが、
どうしても気になり、本を買って読みました!

感動した!涙が止まらなかった!
あの駅で…こんな感動的なストーリーが展開されていたとは…。
あのトイレは、こういうところだったのか…。
ホームでは、こんなドラマがあったのか…。
事務室では…シーンを思い出すだけで涙が出る!

はぁ…ホント、物事には順序ってありますね。
読んでから行けば、観てから行けば、
もっと感動的だったのに…!

あ〜、もったいない事をした!
…と、反省しきりの毎日です。


追伸 
しかし、何も知らない状況でも、
これは、上手いな!って、一人にんまりしてしまいました。





2015年07月01日(水) |  キャンプで初体験
 
小川和幸
北海道キャンプになくてはならないもの…
それは…ジンギスカン!

でも、私…
いままでキャンプでやった事がなかったんです。
嫌いな訳ではないんです。いや…大好きなんです。
でも、BBQに走ってしまっていたんです。

そこで、北海道でキャンプを楽しむなら、
やはりこれをせねば!…と、
今回は鉄鍋を揃え、気合を入れてトライしました。

時に蒸され、時に焼かれ、
ジワーとタレが滲みた野菜と共に食する“ジンギスカン”。
美味い!美味すぎる!…なぜもっと早くやらなかったのか!
家族の箸がのびるのびる…
鉄鍋が壊れるんじゃないかと思うぐらいでしたよ。

今更ながら、我が家の“キャンプ定番食”になりそうです!
各地の名物ジンギスカン…想像するだけで…
たまりませんね!



2015年06月08日(月) |  キャンプのニュー・フェース
 
小川和幸
すみません…。
また、キャンプの話です。

私のキャンプの楽しみの一つに、
新しいアイテムを試す!…というものがあります。

今シーズンの新顔は、
“パーコレータ−”です。
「あぁ、あれね…」というあなた!
かなりのコーヒー通ですね。

これは、西部開拓時代のアメリカで普及した、
コーヒーを抽出する器具です。

朝霧の中…そして、
夜チロチロと燃える焚火台の炎を見ながら…
そんなシチュエーションで飲むコーヒーを淹れるのに、
ぴったりの器具が、これなんです!
実に“絵になる”のです!
果たして、その成果は…。
(それは、またの機会に)



<< [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] >>

TOP(全件表示)