今月
2019年06月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   表示:検索結果は121件です。
<< [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] >>

2015年01月27日(火) |  なぜか週末スキーヤー
 
近藤 肇

この冬は毎週のようにスキー場へ通っている。スキーを覚えたての娘にせがまれて半ば強制的に言っているのだが、発見もある。

10日の藻岩山。スキー目的でこの山に行ったのはおよそ30年ぶりだった。うさぎ平という名称やリフトなどの設備は驚くほど昔のままだったが、意外と子供料金が安くないと感じた。

一方で、スキー学校が充実していて、ゼッケンをつけた子供たちであふれていた。子供を学校に預けて親はロッジで優雅に待つという魅力的な選択肢があったことに気づく。

翌週17日、FU's(藤野)に行ってびっくり!なんと、未就学児のリフト代が無料!これは幼稚園児を持つ親としてはうれしい限り。

早速、自分は回数券を購入して、下の娘にボーゲンを教える。スキー嫌いにさせないよう優しく優しくが目標だ。だがしかし、言葉が通じない。「ハの字」はまだいいとして・・・「坂に対して垂直に」「エッジを立てて」「ひざをいれて」「体重をかけて」を幼稚園児にどうやって伝えるかが壁となった。スキーの前に国語の勉強が必要なようだ ^^;

そして、24日、再びFU'sへ。ここのフライドチキン(250円)が素晴らしくうまいことを発見!

ことしの札幌の積雪は、この時点で平年より多い。また、
年間降雪量は、ちょうど折り返し地点を過ぎたあたり。最新の3か月予報でもこの先の降雪量はほぼ平年並み。つまり、まだまだ雪は降る。

初級者コース限定の週末スキー生活、まだまだ続きそうだ。


2015年01月04日(日) |  近藤の年末年始
 
近藤 肇
あけましておめでとうございます!

年明け最初の仕事は、テレビでの初日の出リポート。ここ数年、元日の恒例業務となっております。
舞台裏は、札幌にあるHBCのウェザーセンターからの電話リポート。ここから道内各地の様子を情報カメラをのぞきながらの実況です。残念ながら、くもりのところが多く、番組の中では、北海道の初日の出をお届けすることができなかったのですが・・・
皮肉なことに、本番が終わったとたんに、札幌で初日が!

雲と雲の隙間からかろうじて日がさした程度ではありましたが、本番で伝えられず、悔しい思いをしました。が、これが私が毎日向き合う自然の答えでもあるのです。
そんなスタートだった2015年も、あす5日から私は北3条広場・赤れんがテラス前から愛をこめて天気予報をお伝えしていきますので、ことしもよろしくお願いします!

※写真は、年末恒例カーナビ紅白のワンシーン。曲は「ロシアより愛をこめて」

2014年12月12日(金) |  南国の人がウェザーセンターで一番気になったこと
 
近藤 肇
ことしも、海外から気象の専門家のみなさんがHBCウェザーセンターの視察にいらっしゃいました。

この日は、みなさんが楽しみにしていた積雪こそありませんでしたが、北海道にどうして雪が降るのか、そのメカニズムについては、理解していただけたようです。「ジャパンシー・イズ・マザー・オブ・スノウクラウド」なのです。

ちなみに、海外からのお客様が、ウェザーセンターの部屋の中にあるもので、一番関心を持ったのが、意外なことに、これ。加湿器でした。

この蒸気を吹き出す装置が、いったい何の目的で置かれているのか全く想像がつかなかったようなのです。

ただでさえ乾燥している大陸からの季節風を、暖房で暖めることで、北海道の冬期間の部屋の中は、非常に乾燥している!ということも、知っていただけました。

中には、地球温暖化の影響で、国自体が沈んでしまう危機に面している国からのお客さんもいらっしゃいました。

このあとは、それぞれの国で、さまざまな気象災害と戦う、予報戦士たち・・・そんな絆が感じられたある日の予報前でした。

2014年11月19日(水) |  あの赤レンガの〜♪
 
近藤 肇
とうとうこの季節がやって来ました! 北3条広場が整備されて初めての白い季節。

「これじゃあ、赤レンガじゃなくて”白レンガ”だよ〜」と、ここに来た、ほぼ全員が思います(失笑)
 
この冬も、このレンガの広場をバックに、ひとめでリアルな積雪状況がわかる天気予報を、平日午後4時半頃、5時半頃、6時40分頃、室谷アナか高橋アナと(来週は金井アナの日があるかも?)HBCテレビでお伝えしていきま〜す♪

注:きょう(19日)は11時現在、”赤レンガ”が露出しています。

2014年10月27日(月) |  ファジーって言葉覚えてますか?
 
近藤 肇
この時期「見頃」という言葉をよくみかけます。紅葉です。

一般に8割くらい色づいて見頃というケースが多いです。でも、わたしにとっては、ほんのり色づいたあたりですでに「見頃」であり、色づきが進んでいく過程自体が見どころなので、見頃はいつ?のファジーな質問にはっきりと答えることが、実は苦手です。


そして、初雪・・・

私の中で、初雪は、誰が見てもはっきり雪とわかる”いきなり雪景色系初雪”と、気象台の職員が目をこらしてやっと雪の粒を見つけることができる程度の”みぞれ的ファジー系初雪”の、2つのタイプに分かれています。

※写真は、23日朝、自宅周辺におりた霜


さあ、いよいよです。

今夜からあす28日にかけて、強い寒気が流れ込みます。どうせ、初雪になるのなら、みんなが起きている時間帯に、はっきりと降ってほしいと、個人的には思うのです。

みなさんは、どんな初雪がお好みですか?(雪自体嫌いという方もいらっしゃるでしょうが^^;)

降り次第、「初雪クイズ」の正解者の発表を、テレビ「今日ドキッ!」の中で、発表しますからお楽しみに!

2014年10月04日(土) |  今年はいつかな・・・?
 
近藤 肇
札幌の初雪です。

HBC恒例の「さっぽろ初雪クイズ」の予想受付は、9月30日に締め切らせていただきましたが、2400人を超える方から応募がありました。ありがとうございます。

平年の初雪は10月28日。応募の中でもっとも多かった初雪予想日が11月3日、2番目が10月30日(3番目以下は、しばらくの間、HBCデータ放送の”今日ドキッ!”のページに、20番目まで掲載しています)でした。

このクイズの答は、中央区にある札幌管区気象台で降った初雪を職員が肉眼で確認した日時です。正解がわかりしだい、今日ドキッ!の中の”そらリサーチ”(4時25分前後、5時半頃、6時40分頃)で発表します。さあ、今年も、時刻までピッタリ的中させる方はいるのでしょうか?!

2014年09月12日(金) |  いつも一緒
 
近藤 肇
それはレーダー! 

先日のウェザーセンタースタッフ同士の飲み会でも、テーブルの上に置かれたタブレットには雨雲レーダーが表示されていました。 

職業病といいますか、レーダーが好き!でも、猛烈な雨は勘弁です。

2014年08月21日(木) |  コンバインのち漁船な夏休み
 
近藤 肇

夏休みをいただきまして、北海道で生まれ育ったわたくし近藤、道内を旅行してきました。

知床半島の羅臼沖では、体調5m(推定)のマッコウクジラを見ることができました。

羅臼沖は、ここだけ海底が鋭い溝のようになっているので、北海道周辺の他の海域では見ることのできない大型のクジラが回遊してくるのだそうです。

息継ぎのため浮上してきた2頭を相次いで観察することができました。

遠軽町白滝地区では、農家の方に、コンバインを運転させていただきました。

ちょうど、去年の秋にまいた小麦の刈取りが各地で始まったころでした。農家の方は、天気予報を参考に、雨の前に刈取りをすませるべく、計画を立てるということで、身が引き締まる思いがしました。
同じ日、雄武の漁師の友人に漁船を出してもらいました。

いちおう、船舶免許は持っています。久しぶりに、操船させてもらいました。地元の漁師の皆さんはフルスロットルを”ホスペ”と呼ぶんだそうです。(High Speedがなまった?)

という感じで、夏休みが終わりました。
これから仕事も”ホスペ”で行きますよ〜!

2014年07月30日(水) |  心機一転
 
近藤 肇
いきなり無粋な写真で申し訳ありません。

暑くなってきたこともあり、先日、髪を・・・・・・

切りました。

表情も明るく(?)変わりました。

”そらリサーチ”の中継場所も変わりました。

できたてほやほやの北3条広場です。生まれ変わったHBCテレビ夕方の天気予報を是非ごらんください。

平日4時半、5時半、6時40分の予定です。

※今週は夏休みをいただいております。金曜日まで、代打の森山予報士の誠実な予報をご堪能ください。

2014年07月08日(火) |  初登山は円山でした。
 
近藤 肇

ことし初めての登山は、標高220メートル余りの円山でした。

頂上までは、幼稚園児と一緒に登っても1時間かからないくらいの高さですが、JRタワーや札幌ドームなど、札幌を代表するランドマークを一望でき、札幌市の広がりを実感できます。

この日は雲がたくさん浮かんでいて、空も見ていて飽きなかったです。

行きと帰りで、シマリスとエゾリスに合計5回も遭遇しました。写真はシマリスです。

ひとなつっこくて、餌をくれると思っているのか、中には近づいてくるリスもいてかわいいですよ。

なんだか、歳をとるたびに、北海道の短い夏がいとおしく感じられ、満喫しないともったいないという気持ちが高まってきています。


<< [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] >>

TOP(全件表示)