今月
2018年04月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
       
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   表示:検索結果は124件です。
<< [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] >>

2014年09月13日(土) |  レジェンドユニホーム
 
川畑恒一
ファイターズの「レジェンドシリーズ」、いかがでしたか?
その最終戦となった東京ドームからのテレビ中継では、放送席もオレンジユニホームを着て気分を盛り上げました。
 
1982〜92年まで11年間使用されたこのユニホーム、解説のガンちゃんは入団から3年間着用していて、少年時代からパ・リーグファンだった私にとっても懐かしいユニホームだったので、当時の選手の思い出や背番号の系譜などの話題に花が咲きました。 

実際にプレーしている選手は、このユニホームに対する思い入れのない若い世代が大半を占め、今、見ても斬新過ぎる(?)カラーリングに戸惑いの声も洩れていましたが、こういった球団の歴史を振り返る機会があるというのも良いものですね。 来年はどんな企画を催すのか楽しみです。

2014年08月22日(金) |  サイクリング
 
川畑恒一

子供用しか自転車のない我が家。
これまで息子の自転車遊びには、運動も兼ねて走って付き合っていましたが、補助輪なしで乗り回すようになると、親の体力も限界・・・

レンタサイクルのできる公園に行きました。

自動車など周囲にビクビクしながら見守っていた近所の公道に比べたら、自然も豊かで解放感いっぱい!
楽しいサイクリングになりました♪

2014年07月31日(木) |  こんな日に限って・・・
 
川畑恒一

テレビの野球中継で大阪に出張。

ふだんは試合終了までお届けすることが出来ないことも多いナイター中継。この日は最大21:54までと、たっぷりと枠を確保して放送に臨みましたが・・・
こんな日に限って2時間半あまりでゲームセット。しかも2安打完封負けで振り返るシーンも乏しく、当然、ファイターズのヒーローもなし・・・21:24までは現場で繋がなければならず、あの伝説の「10・19」をドキュメントにした「パ・リーグの一番長い日」のVTRなどを流しました。

個人的には「HBC放送席の一番長い日」だった気もします・・・(笑)

2014年07月09日(水) |  盛り上がったゴルフ中継
 
川畑恒一
チカホ(地下歩行空間)の大型ポスターなど、大会前から大々的に告知された「長嶋茂雄INVITATIONALセガサミーカップ」。

今年は、米ツアーを主戦場とする松山英樹、石川遼選手の参加もあり、10回目の記念大会にふさわしい豪華な顔ぶれとなりました。
さらに放送席も、「世界の」青木功プロの解説に、ゲストとして米ツアー3勝の丸山茂樹プロにも加わっていただく充実ぶり。

ワールドクラスの選手やコメンタリーに恵まれ、多少の重圧を感じながらの放送でしたが、石川遼選手がプレーオフの末、2季ぶりツアー優勝という感動の瞬間を、無事、全国にお届けすることが出来ました。






翌日は、中継スタッフ有志による打ち上げゴルフ。
超一流のプレーを間近で見続け、これ以上ないイメージトレーニングを積んだはずでしたが・・・飛ばない、寄らない、入らないといういつもの「3ないゴルフ」に・・・「プロって、やっぱり凄いな」というのを改めて実感して、悩み多きラウンドを終えました(笑)

2014年06月17日(火) |  ようこそコンサドーレへ!
 
川畑恒一

先日、札幌テレビ塔の下で、小野伸二選手のコンサドーレ札幌入団会見が行われました。
3大会連続でW杯に出場し、数々の海外クラブでも主力として活躍した天才MFの入団に、報道陣が殺到。

私も、「今日ドキッ!」で中継を担当しました。
獲得交渉に当たった野々村社長とともに小野選手が登壇すると、立ち見も含めておよそ400人集まったサポーターは大興奮!

入団に至るいきさつや今後の抱負、札幌の街の印象などいろんな話が出て盛り上がりました。

印象に残ったのは、「街で見かけたら気軽に声をかけてください」と、本心から話すフレンドリーさと、余興で見せてくれたリフティングの巧さ。足にすいつくようなボールタッチで、天才の片りんを見た気がします。

低迷するチームの救世主になってくれそうな大きな存在感。来月のデビューが楽しみです!

2014年05月26日(月) |  函館で大谷のプロ初完封を実況!
 
川畑 恒一

ファイターズ戦のテレビ中継のため、今年も函館に行ってきました。

出張が多いスポーツアナは、社内で羨ましがられることも多いのですが、実況担当となると事前準備が多く、皆さんが想像するほど楽しい夜を過ごしているわけではありません。

練習取材もあり前日入りしたこの日は、スタンバイの息抜きに五稜郭を散歩。
いにしえの人たちの思いに想像をめぐらせながら歩くのは、最高の気分転換です。

翌日、心配された天候はにわか雨程度で収まりましたが、最大瞬間風速が16メートルを超える強風。
当然、体感気温も低く、解説のガンちゃんこと岩本勉さんとともに、完全防寒での中継でした。

そんな気候の中の平日デーゲームでしたが、年に一度の函館開催。しかも予告先発が大谷翔平投手ということもあり、大勢のファンが集まりました。

結果は皆さんご存じの通り、この函館オーシャンスタジアムで、自身プロ最速の158キロを計測し、プロ初完封!

寒い中、最後まで見届けたファン、大谷選手本人、そして中継した我々HBCスタッフにとっても、一生、忘れられない試合になりました。

ちなみにこの中継車は、今年、導入された最新型で、派手なカラーリングがツキを呼び込んだのか、HBCテレビのファイターズ戦中継は開幕7連勝!

これからも「Bravo!ファイターズ」にご注目ください。




2014年05月04日(日) |  江差線の旅
 
川畑 恒一
JR江差線の木古内ー江差間、廃止が迫ってきましたね。

普段は乗らない路線でも、いざ無くなるとなると乗りたくなるのが人の性。
ちょっと前になりますが、3月下旬に道南まで足を伸ばしました。

乗車したのは木古内駅。気持ちが高ぶります。
山間を走り、無人駅が多い江差線のこの区間。
車内には整理券機や運賃箱があります。

降車したのは湯ノ岱駅。
数少ない有人駅の一つです。
駅舎に一人だけ駅員さんがいて、まさに映画「鉄道員(ぽっぽや)」の世界。

ここはその名の通り温泉があるところで、10分ほど歩いて全国的にも珍しい炭酸泉に一風呂つかり、また駅に戻りました。

この光景、鉄道ファンならグッときませんか?(笑)

江差線に乗るためだけの道南旅行でしたが、やはり行って良かった、乗っておいて良かったと実感しています。


2014年04月12日(土) |  レジェンドのメダル
 
川畑恒一

プロ野球シーズンが始まりました。

ご覧頂いた方も多いと思いますが、開幕カード、HBCの今季最初のテレビ中継は、スペシャルゲストとしてジャンプ界のレジェンドを放送席にお迎えしました。

葛西紀明選手は小学時代、少年野球のチームに入っていたそうで、解説のガンちゃんこと岩本勉さんに積極的に質問したりと、かなりの野球好き。この日はファイターズも快勝し、楽しい中継になりました。

持たせていただいた2つのメダルは、ずっしりとした重さ。7回目の五輪で勝ち取った銀と胴メダルの輝きは、金にも負けない光を放っていました。


2014年02月23日(日) |  南の国から
 
川畑 恒一
 今年もファイターズのキャンプ取材で名護に来ています。

 雪の北海道を抜け出しての沖縄出張で羨ましがられることも多いのですが…毎日、朝6時台のラジオ電話レポートから、テレビの取材や中継に夜9時台のラジオ出演まで結構ハード。
 加えて16泊17日の長期出張。狭いビジネスホテルのクローゼットは衣類で溢れ、
 大型スーツケースも、洗濯を待つ下着類などでぎゅうぎゅう…
 こんな生活で、体力維持に欠かせないのがスタミナ料理。豚の内臓を煮込んだこの「中身汁」や、「アヒル汁」などの沖縄郷土料理が球場周辺の出店で販売されていて、興味半分、いろいろ味わっています。そのおかげなのか、体調も良好。3/3戻りなのでまだまだ先は長いですが、これからも南国からホットな情報をお届けします!

2014年01月30日(木) |  1月はスキー月間
 
川畑恒一
今年も、新年最初の実況は「雪印メグミルク杯」でした。
1週間後は、「HBCカップジャンプ」のレポーターとして、大倉山のスタートハウス前から中継。
助走路の最大斜度は35度ですが、いざスタートゲート付近から見下ろすと、感覚的にはほぼ直角・・・ここから滑り降りて飛び出すジャンパーって、改めて凄いなと実感します。

自社の中継が終わっても、取材で毎週、ジャンプ台通い。
見ていると自分も体を動かしたくなりますが、さすがにジャンプは出来ないので、たまに家族とゲレンデに行って、ストレスを発散しています。


<< [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] >>

TOP(全件表示)