今月
2018年02月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728
       
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   表示:検索結果は127件です。
<< [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] >>

2014年02月13日(木) |  あゆみの部屋に!
 
佐々木 佑花
先日、HBCラジオ「あゆみの部屋」の収録が行われました。

あゆみの部屋は、カーナビラジオ午後一番のパーソナリティー山根あゆみさんが、毎回いろんなゲストとトークし、HBCラジオのことをもっと知ってもらおうという番組です。
ラジオ番組を担当する、アナウンサーやパーソナリティーが毎週1人登場します!

そして、わたしも、ついに呼ばれました〜!

アナウンサーのわたしたちは、司会・進行をすることはあっても、ゲストという立場で呼んでいただくことは、ほとんどないので、なんだかとても変な感じがしました(笑)

台本はなく、山根さんから色々質問される形です。

山根さんとわたしは歳も近いため、終始、女子会のようなトークで楽しい時間になりました。

放送は、1回目が2月20日(木)の17時10分〜17時20分。
2回目が、2月27日(木)の同じく17時10分〜17時20分。

再放送もあるので、お知らせします!
2月23日(日)と3月2日(日)、それぞれ17時40分〜17時50分です。

どうぞ、お聴き下さい!

2014年01月20日(月) |  わたしの仕事は・・・
 
佐々木 佑花

昨日、清田区の白旗山競技場で、2014年HBCラジオハウス歩くスキー大会が行われました!

31回目を迎えるこの大会に、アナウンス部からは、桜井さん、山崎さん、佐藤アナ、大栗アナが5キロのコースに参加しました。

佐々木佑花は参加しなかったの??
と、思われる方もいると思いますが・・・

わたしの仕事は、司会です!

開会式の司会と会場MCを担当しました。

皆さんが一生懸命頑張っている姿を見て応援したり、忘れ物の案内をしたり、フィニッシュする方の実況をしたりしました。

わたしはこれまで歩くスキーをしたことはないのですが、MCをしながら時々「ちょっとやってみたいかも・・・」という気持ちになりました。
でもきっと、見た目以上に大変そう。
というか、体力を使いそうです。
通常のスキーやスノーボードとは違うし、普段使わない筋肉を使うはず。
そうそう、終わった後の大栗アナからのメールに、「股関節がキシンデマス」というメッセージがありました。

大丈夫でしょうか(笑)

わたしが参加したら、全身がキシンじゃうかも・・・
笑えない。
ご覧の通り、昨日は、ここ数年にはない快晴で、太陽に照らされた雪原が輝く中、参加した皆さんは、いい汗を流したようです。

参加した約1500名の皆さん、お疲れ様でした!

2013年12月27日(金) |  女子アナの罰!
 
佐々木 佑花
先日、TBSで「新春!女子アナの罰」(仮)の収録があり、東京に行ってきました!

「女子アナの罰」は、水曜の深夜に放送されている番組ですが、今回は、TBSの女性アナウンサーとローカル4局の女性アナウンサーのガチンコ対決!

というわけで、北海道代表として、頑張ってまいりました。

写真は、左から、
大阪・MBSの前田阿希子アナ、福岡・RKBの福田典子アナ、わたしを挟んで、名古屋・CBCの吉岡直子アナです!

初めて顔を合わせた4人が、一つのチームとして大奮闘!
どんな放送になるのやら。
TBSのHP、女子アナの罰にも予告が掲載されています!
放送は、来年1月5日午後3時からです!どうぞご覧ください!

2013年12月03日(火) |  2つの講演会
 
佐々木 佑花

先日、2つの街で、講演をしてきました。

ひとつは、いわみざわ野菜連絡協議会の設立20周年式典、もう一つは、北斗市野菜生産出荷組合女性研修会です。

どちらも、あぐり王国では、大変お世話になった街で、思い入れのある場所です。

講演内容は、番組を通しての農業の話が中心ですが、写真や動画と共に、皆さんに今、わたしが伝えたいメッセージを精一杯お話させていただきました。

あっ、わたしの講演スタイルは、黄色いつなぎが定番。
この格好をしていると、緊張がやわらぎ、とても楽な気持ちで、言葉が出てきます。

お集まりいただいた皆さんの中には、取材でお会いした生産者の方々もいて、再会できるのは番組が長く続いているからだなぁと改めて感じました。

講演終了後には、懇親会も行われ、楽しい時間を過ごすことができました!

「いつも見てるよ!」「また来てね!」「これからも体に気を付けて頑張って!」

皆さんからのあたたかいお言葉が、心にしみました。

番組を飛び越えて、一人ひとりと接する機会が持てるのは、本当にありがたいことです。

来て下さった皆様、ありがとうございました!


2013年11月09日(土) |  むかわと言えば・・・
 
佐々木 佑花

むかわと言えば・・・ししゃもでしょ!!


先日、あぐり王国のロケでむかわ町を訪れました。
ししゃもの取材ではありませんが、取材場所が決まってから、わたしの頭の中は、ししゃもでいっぱい!
だってだって、この時期に、むかわを訪れるということは、あの名物が食べられるかもしれないからー!

むかわ町内にあるししゃもを売るお店は、朝から行列ができていました。

道内各地から、この時期のししゃも目当てに、むかわを訪れるのですね。

そう言えば、ししゃもをこういう形でみるのは、初めてかも。

オス、メス、それぞれ分けて売られていて、値段も違いました。
そしてそして、
わたしが楽しみにしていた名物料理が、お昼ご飯に登場!

そう、ししゃも寿司!!

10月&11月しか食べられない、ご当地名物です!

北海道に来て8年。

実は、わたし、これまでししゃも寿司を食べたことがないのです!
人生のししゃも寿司に大興奮!

透き通る身の白さ。
わたしには、キラキラ輝いて見えました。

気になるお味は・・・「美味しいぃぃ!!」

なんというクセのなさ。
ほんのりとした甘さが口の中に広がります。

ししゃもって、こんな魅力も持っていたのね!と、驚きつつ、初めての美味しさに感動したランチタイムでした。

2013年10月12日(土) |  行ってみたかったんです!
 
佐々木 佑花
先日、念願スリランカに行ってきました!

2009年に紛争が終結し、現在は、概ね治安のいいスリランカ。
大自然と、数えきれないほどの遺跡が残る、魅力的な国。
とても刺激的な旅でして、只今、佑花ブログで絶賛旅ルポ公開中〜!
アナウンサー日記でも、スリランカの写真を載せようと思います!

この写真は、ミヒンタレーという場所にあるインビテーション・ロックに登った時の一枚です。
ここは、スリランカで最初に仏教が伝えられたとされる聖地です。
こちらは、アヌラーダプラと言って、スリランカ最古の都があった場所。地震のない国だそうで、ここには、今から2500年も前の遺跡が残っています。

スリランカのあいさつは、両手を合わせて、
「アーユボーワン!!」

わたしは、どこへ行っても、このあいさつを使っていました(^^)すると、スリランカの人々はみな、優しい笑顔で迎えてくれます。
また、生き物も自由に暮らす国で、野生のゾウさんも沢山見てきました。

北海道の道路を走っていると、時々シカを見ることがありますよね。
そんな感じで、スリランカの道路では、ゾウさんに遭遇。
のっそのっそ、歩いていました。

ちなみに、こちらは、孤児園のゾウさんです。
ジャングルや街で、迷子になったり、ケガをしたゾウさんを保護しています。


日本では味わえない体験をいっぱいして、旅行以来、スリランカにハマってしまったわたし。

中でも、わたしをとりこにしたのが、

世界遺産、シーギリヤ・ロック!!!

スリランカを訪れる人は、絶対に外せない場所。
ジャングルの中に現るこの巨大な岩の頂上に、かつて豪華絢爛な宮殿があって、その跡が今でも残っています。

この岩山、スリル満点!
てっぺんまで、登ってきましたよ〜。
いや〜、楽しかった(≧∇≦)

明日からは、シーギリヤの魅力を、写真とともにたっぷりとご紹介していきますので、是非、興味のある方は、佑花ブログをのぞいて見てください!


2013年09月22日(日) |  6月から食べ歩いています!
 
佐々木 佑花

ランチパスポート、皆さんご存知です?

これは、掲載されているお店のランチが500円で食べられる!という、夢のようなパスポート。
パスは980円ですが、表紙には「2軒行けば元がとれるランチ本!」と書かれていて、アナウンス部の一部で大ブームになっています。

よく行くお店のランチが500円!
近場のあの店のランチも500円!
行ってみたかったお店のランチも、もちろん500円!

時間帯指定や、限定数があるお店もありますが、中には、普段1200円で出しているランチが500円!というものも。
仕事の都合や、お金の面でも、毎日は行けませんが、このランチ本を通して、新しいお店の開拓もしちゃお〜!と食べ歩いています。
(特に、佐藤彩アナとは、ランチ仲間で、素敵なお店があれば、お互いに教え合っています♪)

わたしが持っているのは、porocoランチパスポート大通編
6月25日から9月30日までの期間、使うことができます。

今日が22日だから・・・、期限は、残り約1週間。
あと、何ランチ行けるでしょうか!?


2013年08月29日(木) |  わたしの夏の思い出は・・・
 
佐々木 佑花

お盆が過ぎると、北の夏は一気に寒くなります。
(昨年は、残暑が厳しかったけれど)

夏が通り過ぎていくのは、なんだかとっても寂しいですね。
あぁ、大好きな夏。
北の夏も、もうちょっと長かったらいいのに・・・。

さて、今年の夏も、わたしはあぐり王国のロケで道内各地を色々巡りました。

あぐり王国は、6年目に突入。
番組全体での移動距離は、地球2周をはるかに超えています。
わたしも、番組を担当して4年目だから、1周半くらいはしてるかも。
本当に北海道は広いです。

そんな北海道を巡るわたしの夏の思い出は・・・

虫さされです。

今年に限らず、毎年さされてしまうのですが・・・

なーぜーかー、同じ場所をさされるんです。

右手首外側です。

ほら、今年もさされた(笑)
農業アナウンサーの宿命か。
(虫除けスプレーいっぱいふってるのに・・・)
さされた時はそんなにかゆくないのに、次の日あたりから腫れはじめ、とってもカユイ!!!!
こうなったら、カユミがひくまで我慢するしかない。

夏の思い出、それは虫さんが残してくれます・・・。


2013年08月05日(月) |  やられた〜
 
佐々木 佑花

3年前から始めたベランダ菜園。

今年はその後も順調で、葉物野菜は、日々の食卓を彩っています。

そして、ミニトマトも、いよいよ収穫の時がやってきました。

こちらは、アイコという品種のミニトマト。
楕円形をしています。

鈴なりの実が赤くなり、もう少しで初収穫だ!

と、楽しみにしていたところ・・・・・

あ〜〜〜〜〜〜〜


やられたぁぁぁぁぁあ!!!!!!!


この仕業は、たぶん・・・カラスです。

なんと、初収穫を近所のカラスに持っていかれてしまいました(><)

トマトが丸ごとなくなっているならまだしも、ベランダの縁に無惨にも置き去りに・・・

あぁ、かわいそうなアイコちゃん。
わたしの胃袋に入る予定だったのに・・・。

と悔やんでも、仕方がない。

思い返すと、去年も何個が食べられちゃったんですよね・・・。

この日、わたしは仕事の後、ホームセンターに行って、カラスよけグッズを買って来ました。
ですから、今我が家は、ちょっとハデハデなベランダになってます(^^;)

2013年07月12日(金) |  宮沢賢治の世界へ
 
佐々木 佑花

先日、HBCアナウンス部のOB、大先輩である、村井裕子さんの朗読会に行って来ました。

朗読会が行われたのは、中島公園内にある北海道立文学館の地下ロビー。

恥ずかしながら、中島公園そのものもゆっくり回って見たことがないわたしは、このような施設があることも知らず、この日は、文学館まで中島公園内をゆっくり散歩しながら向かいました。

会場は、地下から1階までつながる大きなガラスの壁が特徴的で、開放感たっぷり。

どんな朗読が聞けるのかと、すごく楽しみにしていました。

今回の朗読会のタイトルは、
「宮沢賢治の世界T 没後80年によせて」

宮沢賢治は、同郷岩手生まれの詩人です。
実は、村井さんも岩手県出身。
何だか、縁がありますね。

賢治は、1933年、37歳という若さでこの世を去りましたが、その生涯で様々な作品を残しました。

その作品の中から、村井さんが選んだいくつかの詩や手紙などが朗読されました。

この詩は、小学校の授業で音読したなぁ。
この物語は、本で詠んだことがある。

やはり、賢治の世界は、わたしにとって、小さな頃から馴染みがあって、その言葉の魅力は、時代や世代を越えて、人に響くものだなぁと。
東日本大震災後、改めて賢治の世界が注目されつつあります。

村井さんは、その世界観を声で表現して下さり、わたしは朗読を通してどっぷりと賢治の世界にひたりました。
そして朗読は、カンテレという楽器の演奏と共に、わたしたちに届けられました。

朗読会収録後、とても気になっていたので、カンテレという楽器を近くで見せていただきました。

グランドピアノを小さくしたような・・・
アコステックギターの弦のような・・・
お琴のような・・・

そのから響く音色は、とても優しい響きで、宮沢賢治の世界ともピッタリ。

心地良い時間でした。
そして、いつか自分も、声で様々な世界を表現したい!と強く思いました。

皆さんも、お時間がありましたら、賢治の作品に触れてみて下さいね!

<< [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] >>

TOP(全件表示)