今月
2018年04月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
       
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   表示:検索結果は124件です。
<< [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] >>

2013年12月13日(金) |  さすが日本三景
 
川畑恒一

まとまった休みが取れたので、東京の実家に帰省しました。
急がないプライベートの旅ではカーフェリーを利用することも多く、今回は苫小牧⇔仙台便を選択。

仙台港からほど近いところに、日本三景の松島があることから足を伸ばしてみました。
スマホ写真では伝わりにくいのですが、この景観は本当に素晴らしい!
あの松尾芭蕉も、良い句が浮かばなかったという逸話が分かる気がします。
震災で流された橋も復旧されていました。

安芸の宮島は中学の修学旅行で行ったので、残る日本三景は天の橋立。いつか訪れてみたいものです。

2013年11月19日(火) |  南国へ、1ヶ月で20日間
 
川畑恒一
この1ヶ月は、ファイターズ絡みでの長期出張が2回。
最初は、各球団の若手が実戦経験を積むフェニックスリーグの取材で宮崎へ。
ジャイアンツのキャンプ地になっている立派な球場から

客席もないのどかな球場まで施設はさまざま。

シーズン中はなかなか、腰を落ち着けてのロングインタビューが難しい話題のルーキーなどにも、こういう機会を利用して、じっくり話を聞いたりします。
1週間後、今度は秋季キャンプの取材で沖縄へ。

ここでも若手から中堅がメンバーの中心でしたが、今季の悔しさを胸に追い込んだ練習をしていました。

ちなみに出張期間はどちらも9泊10日。
去年まではCSや日本シリーズを中継していた時期ですが、また別の意味で充実した取材でした。


2013年10月26日(土) |  芸術の秋
 
川畑恒一
今年はファイターズが最下位に終わり、スポーツアナとしては、ポストシーズンの中継もなく寂しい秋を迎えていますが・・・こんなときこそ、シーズン中はなかなか親しむ機会のない芸術に触れるチャンス!

ということで遅ればせながら見てきました、劇団四季のミュージカル「美女と野獣」。

タイトルやあらすじはもちろん知っていましたが、伝わってくる興奮やスペクタクルは、やはり生の観劇に優るものはありません。

普段は「筋書きのないドラマ」をお伝えしていますが、筋書きのある、作り込まれた芸術作品もまた良いものですね。

次回の公演も楽しみです!


2013年10月02日(水) |  えこりん村
 
川畑恒一
ちょっと前の話になりますが、アルパカと触れ合いたいという家族のリクエストに応えるため、恵庭の「えこりん村」に行きました。

楽しかったのは、「ファームツアー」と呼ばれる、大型トラクターに引かれての場内一周。

こんな感じで広い農場を巡り、いろいろな動物などを見ることが出来ます。

間近で見て驚いたのは、牧羊犬による羊の追い込み。広大な牧場でのんびり草を食む羊の群れを、たった1匹の犬で、あっという間に柵に追い込んでいく様は圧巻のひと言。訓練された犬って、本当に凄いですね。

道内で雪と氷以外の屋外遊びが楽しめるのも、あとわずか。次はどこに行こうかな?


2013年09月08日(日) |  ラジコ万歳!
 
川畑恒一

スマートフォンの普及ぶり、凄いですよね。
かく言う私は、今年に入って携帯から変えた、この業界ではオクテなほう・・・

正直、若者やデジタル機器に強い人のようには使いこなしていませんが、これは本当に便利だなと思うのが「radiko(ラジコ)」

ラジオをインターネットを通じて聴くというものですが、ビルの中や地下街など、ラジオの電波が届かなかった場所でも聴けるので助かります。

今では中継の仕事が付いていない、スタジオ勤務の帰りは、ほぼ毎回地下鉄でファイターズ戦にハラハラドキドキ!

便利な時代になったものです。

2013年08月15日(木) |  8月は、全部やる!
 
川畑恒一
毎年、140試合以上を中継しているHBCラジオのファイターズ戦中継。
ホームゲームは、もちろんHBCの実況・解説陣でお送りしていますが、ビジターゲームとなると、人員や経費などの問題もあり、現地の系列局に代理制作をお願いすることも少なくありません。

しかし、今月のファイターズ中継はすべて自社制作!
真夏のQVCマリンフィールドで、試合前から精力(?)取材し、

サウナのような暑さの西武ドームからも、熱烈応援実況!

この後も、Kスタ宮城や山形、京セラドームなど、どこまでもHBCの実況・解説陣がファイターズを追いかけます!

札幌ドームの3塁側スターシートが当たる「解説者が選ぶきょうのMVPクイズ」も好評実施中です。
ぜひ聴いてください!


2013年07月22日(月) |  離島の旅
 
川畑恒一

道内に住んではや20年目。
広い北海道も、旅行や取材、公開録音のステージ司会などで、たいていの地方には行った経験があるのですが、なかなか縁がなかったのが離島。

ということで、天売・焼尻に行ってみました。
羽幌港からのフェリーは、やや小ぶりなこともあり、浪を乗り越えていく行きは結構揺れます・・・

高速船だと40分ほどで焼尻島へ。
ここはオンコと呼ばれるイチイ科の植物の原生林と、

あとはひたすらサフォーク種の羊。
食用のこの羊は、銀座などの高級料理店に出荷されているそうで、味わうと確かに臭みはなく歯ごたえがあって美味。

人口は300人ほどで、児童は小中学生を足しても4,5人ほど。
生徒より先生の数が多いなど、いろいろと興味深い話をガイドさんから聞きました。

お隣の天売島は、海鳥の一大繁殖地。
ウトウの繁殖地を見に行ったところ、至るところに、このように穴を掘った巣があり、

ひな鳥の餌となる小魚を口にくわえて巣に戻る親鳥の姿が・・・
その餌をかっさらうウミネコもいたりと、生存競争の激しさも垣間見ることが出来ました。

ガイドさんは「海鳥の数を加えたら、180万都市の札幌にも負けない」などと冗談を飛ばしていましたが、それだけ自然に恵まれた天売・焼尻。
また訪れてみたい魅力のある島でした。


2013年06月29日(土) |  絶対に負けられない戦い!?
 
川畑恒一

今季はHBC会館近くの看板にもなっている、
HBCラジオのファイターズ中継。

日々、熱烈応援実況でファイターズ戦をお送りしている5人のHBCスポーツアナを代表して、「絶対に負けられない戦い」に挑んできます!

明後日、7月1日(月)東京ドームのホークス戦。
福岡RKBラジオとの
応援実況バトル!
基本的にオモテのFの攻撃時は私が実況を、
ウラのホークスの攻撃時はRKBの茅野アナが実況する予定です。
解説は中立の立場(?)の「天才ホームランアーチスト」田淵幸一さん。

果たしてどんな中継になるのやら・・・
ナイター中継前後の応援番組も含めて、
徹底的に北海道と福岡でバトルを展開します。

ファイターズファンの皆さん、応援、よろしくお願いします!


2013年06月05日(水) |  そうだ、京都に行こう!
 
川畑恒一

関西には毎年、出張しているのに一度も訪れたことがなかった京都。
今回は甲子園とマツダスタジアムの間に一日、中継のない日があったので足を伸ばしてみました。

初めての京都となると、やはり行きたくなるのは子どもの頃から教科書で見ていた金閣寺と銀閣寺。

足利義満と義政は、それぞれどんな思いで建立したのだろう?当時の人はどう見ていたのかなぁ・・・などと考えながら一人、散策するのは楽しいですね。
さらに諺にもなっている清水寺。
あの「舞台」とはこれだったのかと実感し、感慨もひとしお。

広島への移動や翌日の中継準備もあり、半日足らずの駆け足観光でしたが、古都の歴史に触れることができ大満足でした!

2013年05月13日(月) |  列島縦断旅行
 
川畑恒一

ファイターズがロードに出たGW後半、ちょっとまとまった休みが取れたので、クルマでの東京帰省を試みました。

苫小牧から八戸までフェリーを利用し、最初に立ち寄ったのは岩手の「北上展勝地」。

青森の弘前や秋田の角館と並んで、「みちのく三大桜の名所」と言われるだけあり、見事な桜並木でした。
福島の郡山で一泊し、翌日は栃木の那須高原へ。
季節がもっと進めばレンゲやツツジの大群落を見られたそうですが、ロープウェー山頂駅では雪が降るほどの寒さ・・・関東でも標高2000メートルの地点には、まだ春は到達していませんでした。
麓にあったのが「那須クラシックカー博物館」。
憧れの名車「ポルシェ356」。
他にも「BMWイセッタ」など、普段はなかなか実物を見られない名車・珍車が多数あり、クルマ好きには大満足の施設でした。

それから東京の実家に行き、帰りはまたまた八戸まで列島北上。往復で2000キロ近いドライブに、さすがにクタクタになりました(笑)

<< [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] >>

TOP(全件表示)