今月
2018年10月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
       
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   
<< [1] >>

2018年07月21日(土) |  札幌ディープ 102 ワルンジャワ
 
鎌田 強
 二年前だったと思う。雑誌じゃらんのキャンペーンを悪用した詐欺事件がありそのニュースが流れて、はじめてじゃらんのアクセントの下がり目はのところにあると知った。それまでわたしは、じゃらんのアクセントの下がり目はにあり専門用語でいうと頭高アクセントだと思っていた。最近のCMを聞くと、わたしがかつて勘違いしていた頭高になっていて「はて?」と疑問に思われてならない。思い切ってじゃらんに聞くのが手っ取り早いのだが、こういう問題は周辺から固めていったほうが長く楽しめるのでネーミングのもととなっていると聞いているインドネシア語から攻めてみたいと思った。
 インドネシア語のネイティブといえばハラールフードレストランのウィデイアさん。テレビ番組にも登場していたのでご存じの方も多いかもしれない。しかもその店はディープ感漂うビルの地下一階。
 開店からもう17年もたったそうだ。ハラールフードとはイスラム法上合法な食べ物。近頃インバウンドの期待もあってハラールフードが注目を浴びている。17年も前から活躍しているウィディアさんはエライとしかいいようがない。しかし、今回はタイミングが悪かった。ランチはミーゴレンしかないという。ランチを休むこともあるということで行く前には必ず電話をして出かけたほうがいい。
 肝心のじゃらんだが、雑誌の語源になったといわれる「ジャランジャラン(散歩)」のアクセントは最初のジャランがラ、後ろがジャにアクセントの下がり目があるそうだ。単独で発音する場合(道の意)はジャの後ろにアクセントの下がり目があるという。いわゆる頭高。東京で活躍する江戸っ子フリーアナの先輩に聞いてみたら頭高で発音するそうだ。またまた疑問が深まった。しかし解決は先延ばししよう。そのほうが楽しめそうだから。
ハラールフードレストラン ワルンジャワ
札幌市北区北14条西3丁目 ゼウスビルB1
電話 011-708-6880

<< [1] >>

一覧を表示

TOP(全件表示)