今月
2018年10月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
       
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   
<< [1] >>

2018年08月12日(日) |  札幌ディープ 103 すし処 多加良
 
鎌田 強
 わたしは行動半径が狭い。車を手放してからますます狭くなった。それを見かねたのかグルメおじさんのSさんが車で月寒まで鮨を食べに連れて行ってくれた。なんでも通い出してから十数年。大将やお女将さんとも馴染み。そんなSさんと食事をすると楽しい。わたしよりちょいと年上だけれど、朗らかだし、小難しいを言わない。だからSさんはほとんどの店の人に愛されている。わたしも愛されたい。
 さて、すしだが札幌には名店が数々ある。ネタで勝負というところもあるだろうけれど、それだけはよしてほしい。ネタで勝負ならおさしみ定食でいいんじゃない。すし屋は職人だからね。ネタに施すさりげない仕事と調和のとれた酢飯の具合。そしてかっこいい握りの動作なんだと思う。月寒のすし処多加良(たから)の大将は愛しそうに握る。お女将さんは品良く優しい佇まい。だから30年以上も愛され続けているのだろう。キャッチフレーズもいい。「心に優しい、体に美味しい」。何組か家族連れもいた。そういえば今日はランチだった。
突出しが出るんだね。やや甘口の熱燗で一杯行きたいけれど・・・
 ソイのすましは白が鮮やかだ。写真だと結構脂が目立つけど嫌味はみじんもない。
 ますには辛口のぬる燗か・・・
 デザートは多加良のオリジナル。とまとのまんま。和風のコンポートといった感じで爽やかな甘さだ。これには甘口の冷でもいいなあ。
 帰りにSさんの家庭菜園に立ち寄った。なんと桃がたわわに実をつけていた。熟したら高級ブランデーをかけて食べてみたい。
すし処 多加良(たから)
札幌市豊平区月寒東1条2丁目10−19
電話 011-855-0330

<< [1] >>

一覧を表示

TOP(全件表示)