今月
2018年09月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   
<< [1] >>

2018年09月04日(火) |  札幌ディープ 104 旬の味処 どらちゃん
 
鎌田 強
 たった一度だけでは良さがわらないという店がある。しかし、気になり早く再訪を果たしたいとせつに願う。そんな店に半年ぶりにようやく行くことができた。 
 どらちゃんは西区役所のとなりにある。こんな通りにお店があるのかと思ってしまうほどがらんとしている通りだ。しかし、赤ちょうちんに灯がともるころになれば店内はすぐに活気に満ちる。地元客が次々に訪れ話に花が咲く。
 さりげなく、しかし手を惜しみなくかける肴。たとえばこの秋刀魚。内臓を丁寧に取り除き、お湯で皮をぴんと張ってから味付けし煮込む。臭みはなく、秋刀魚特有の油の味がストレートに感じられる。
 鱈のブリュレは、かしらの身をこそぎチーズと合わせ焼かれる。
 鱈肝の煮付けはフォアグラより上品だ。
 型は小さいが驚くほど美味しい寿都のサバを含めた道内産のお刺身。
 日本酒が嬉しい。しかもわたしの故郷秋田の新政が、まだ一升瓶を販売していた頃の2014年物を寝かせていた自家貯蔵古酒の口開け。
 店主の大友さんは大手スーパーの鮮魚担当から独立し店を始めたという。なるほど魚には詳しいはずだ。どらちゃんは奥さんの愛称。そんなご夫婦で29年
 琴似に住み、どらちゃん愛が深い友人がいう「どんどんこの店が好きになるんですよ」。一目ぼれの恋愛もいいけれど、初めはただすれ違っただけの恋愛も素敵じゃないかと秋の戸口に立ち思う。
旬の味処 どらちゃん
札幌市西区琴似二条六丁目1−30
電話 011-614-1999 

<< [1] >>

一覧を表示

TOP(全件表示)