今月
2018年09月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   
<< [1] >>

2018年09月15日(土) |  思いを馳せる
 
佐藤 彩

9月6日、最大震度7を観測した北海道胆振東部地震が起きました。
この地震で、大変残念ながら亡くなられた方々には、心からお悔やみ申し上げます。
そして被害に遭われた方々、今も避難所で不便な生活を強いられている方々も多くいらしゃいます。心からお見舞い申し上げます。
まだ余震も続いていて不安な日々をお過ごしだとは思いますが、一日も早い復旧とともに、笑顔が戻ることを祈るばかりです。

震度7を観測した厚真町。
私は、3年前に吉田類さんとロケで訪れていて、美味しいもの、厚真の温かい人たちにふれ、心がほっこりした思い出があります。
睡蓮も綺麗でしたし、あづまジンギスカンの方の情熱、そしてお肉の美味しさ・・・この公園で交流できた厚真の方々の笑顔、忘れられません。
作付面積が国内1位の厚真町の特産、ハスカップ。
絶妙な甘酸っぱさに魅了され、類さんと私はハスカップ狩りに夢中・・・ディレクターから「もういいですよ」と言われても食べ続けていたぐらい美味しかった記憶があります。
ハスカップ畑は山に囲まれた場所で、畑には無残にも土砂がなだれ込み、多くのハスカップの木が土砂に覆われてしまったそうです。
復旧へは大変な道のりになりそうだということで、心が痛みます。
私の家で地震の影響というと、停電になったことくらい。
今回、日頃いかに電気に頼って過ごしていたのか、改めて気付かされました。
真っ暗な家の中はとても怖い・・・
ガスのスイッチを入れるにも電気を使っていて、水は大丈夫なのにお湯は出ない・・・。
あの木曜日のシャワーの水の冷たさは、一生忘れることはないでしょう。
電気のありがたみを感じ、いつもの、何気ない日常がいかに幸せか、ということを改めて実感することになりました。
今、この一瞬一瞬も大切に過ごしていきたいものです。
あの真っ暗だった夜とは違う、いつかの月の煌めきや明かりの灯された街・・・。
キラキラ輝く太陽とは違うけれど、このような輝きも力になるはず・・・。
少しでも微力ながらも何かを照らせるような温もりを感じるような心を持って、大変な思いをされている方々に思いを馳せつつ、明日も元気な声をお届けします。
一日も早く平穏な日々が戻り、北海道が元気になりますように・・・。

<< [1] >>

一覧を表示

TOP(全件表示)