今月
2018年11月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
       
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   
<< [1] >>

2018年09月17日(月) |  みなさん
 
近藤 肇
みなさん、大丈夫ですか。 今月立て続けに北海道を襲った台風と地震によって被害に遭われた方、不自由な生活を強いられた方、怖い思いをされた方、そして、いまも、ご苦労されている方、心からお見舞い申し上げます。
私にとっては、非常時に正確な情報を伝えるということの難しさに悩んだ数日間でもありました。 正しくないことを伝えてしまった人に正しいことを伝える難しさがあることも知りました。
地震から1週間はたった後で、仲間とたき火を囲んで話しました。

参加した一人、札幌の中心部に住む友人は、その日の夜、真っ暗な道路に自宅からテーブルを出して通りすがりの人に声をかけて、知らない者同士で飲み明かしたそうです。また、山沿いの地域で民生委員をしている友人は、流れてきたデマを信じて、一人暮らしのお年寄りの家を一軒一軒訪ねて、断水になるから水を貯めて!と走り回ったそうです。

でも、その夜は、札幌上空で、天の川が見られたそうなのです。なんで見なかったのさ!と怒られました。私も逆の立場なら怒ったでしょう。街明かりがなかったので奇跡の星空だったはずです。でも、私はその晩、大好きな星空さえ見る余裕がなくて疲れて帰宅するなり寝てしまいました。
炎の前にいると、いままで動いていた時間が止まり、火が”しばらくここにいなさい”と言ってくれているような妙に落ち着いた感覚になりました。
この国において何が日常なのかわからなくなるようなことが頻繁に起きていますが、元気な人が元気でいられるうちは元気に行動することなのだと思います。そう思うしか前に進めません。

これからも、与えられた場所で、使命を果たしていければと思っています。思いは祈りはいずれ行動に。とりいそぎ、天気予報がんばります!

<< [1] >>

一覧を表示

TOP(全件表示)