今月
2019年06月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   
<< [1] >>

2015年09月22日(火) |  雪秩父へ行ってみた、けれど。
 
佐藤 彩

ニセコエリアの名湯、雪秩父。
19日(土)に、約1年半の休業期間を経て、リニューアルオープンしましたね。
いよいよ今月オープンだという情報を耳にし、温泉好きとしてはうずうずしていられません。
2週間ほど前から「よしっ!早めに行ってみて番組で紹介しよう!」と意気込んでいました。
そこで「山ガール&温泉ガール」コンビの堰八アナに声をかけて、休みが合った20日(日)にニセコに行くことにしたのです。

そして、温泉は決まっているものの、山はどこにしようかと話し合った結果、私たちが登ったのは、シャクナゲ岳。
水鏡に映る山々が美しい神秘的な沼めぐりをしながら登山を楽しめるということで選びました。
この日は、札幌を出発してしばらくは快晴で、ラッキーと思っていたものの、チセヌプリのあたりから雲行きが…。

結局、登山口ではあいにくの小雨がぱらつくお天気に。
それでもせっかく来たからということで登り始めたものの、雨の中、登山道に小川が流れる場所もあるようなコンディションに四苦八苦です。
さらに、大きな岩が続く斜面を登るのはかなり大変でした。
ただ、この辺りを登っているときに頭の中で流れるBGMが、なぜがよくCMで耳にする「はな〜はな〜はな〜はな〜」というあの曲。
その話をしたら、なんと、堰八アナも同じ曲が頭に浮かんでいたんですって!
奇遇ですよね。笑
そんなこともあり、会話を楽しみながら登っていました。
とはいえ、途中で何回も滑り、泥のなかに尻餅をつきそうになりながらもギリギリセーフで耐えて登った山道。
大変でしたが、こういったなかでも登れる、という自信になりましたね。
シャクナゲ岳は、紅葉も徐々に始まっていて、これからピークの時期はかなり美しい彩りの中を歩けると思います。
神仙沼への道は舗装もされていて、紅葉のトンネルを通りながら行くので、ちょっとしたトレッキングやお散歩気分でも行けますし、沼めぐりもオススメですよ。
お天気が良ければ、もっと美しい景色を楽しめるんだろうなぁ、と思いを馳せてしまいました。
これからの紅葉シーズンも楽しみな山です。
アクシデントはいろいろとありましたが、山に詳しい会社の先輩もいてくれて、無事に楽しく登り切ることができましたよ!
感謝感謝です。
そして、頂上では、雲の切れ間からまわりの山々や街並みが見え、洞爺湖まで望むことができたのも嬉しかったですね。
苦労した分、登って良かった〜と心から思えた瞬間でした。
そして、肝心の雪秩父ですが・・・。
なんと、入るまでに1時間半待ちだったのです!!
温泉に入るのに入場制限だなんて、初めてでしたよ。
この日はその後の予定もあり、結局、雪秩父に行くのが最初の目的だったのに入浴できず、別の温泉を楽しんで帰ってきました。

楽しい一日だったからいいけれど・・・また近いうちに、リベンジしなくては!

帰り道では、こんなにきれいなダブルレインボーを見ることができたので・・・
そのうち、いいことがありそうな予感・・・!


<< [1] >>

一覧を表示

TOP(全件表示)