今月
2015年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
       
アーカイブ
2021年04月
2021年03月
2021年02月
2021年01月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年09月
2020年08月
2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   表示:2015年11月11日(1件)
<< [1] >>

2015年11月11日(水) |  2週連続で興奮した週末でした
 
堀 啓知(よしとも)

11月1日(日)J2第39節の千葉戦(札幌ドーム)。

「10年に1度」と言っても大袈裟ではない劇的な逆転勝利でした。

ラストのプレーが頭の中にしっかりと刻み込まれています。

 

-2の状況でロスタイムも残りわずか。

最後のワンプレーと思われたコーナーキックの場面で、GKのク・ソンユン選手が千葉ゴール前へ攻め上がる。

一旦、福森選手のコーナーキックのボールが跳ねかえされ、こぼれ球を中原選手が拾う。

再び右サイドの福森選手にパス、ワントラップしてゴール前へクロスボール。

上原選手のヘディングシュート・・・。

決勝点を決めた上原選手が輪の中心になり、ベンチ前で控え選手も含めて喜びを分かち合う。

歓喜の興奮状態でホイッスルが鳴っていたことに自分は気が付かず、そのまま試合終了。

 

その瞬間に、その場にいることが出来て本当に幸せでした。

写真は、試合終了直後にわれに返って撮った1枚です。

 

11月7日(土)第40節の徳島戦(札幌ドーム)も宮澤選手と都倉選手のゴールで2対0の勝利。

写真は、都倉選手が17試合ぶりに11点目を決めた直後の場面です。

ウォーリーをさがせ!並みに分かりづらいですが、遠くで札幌の選手が固まっています。


ユース出身の3年目、DF永坂選手のリーグ戦初スタメン初出場を勝利で飾りました。

彼がボール際で体を張ったプレーを見せると自然と拍手が広がり、ゴール裏から「永坂コール」も起きました。

「デビュー戦を勝利で」

選手たちだけでなく、サポーターも同じ気持ちで後押ししていた一体感がありました。

親世代のサポーターは、きっと我が子を見守る気持ちだったのかもしれません。

 

今季もラスト2試合。

得失点差を考えると正直厳しいですが、J1昇格プレーオフ進出に望みがある幸せをかみしめながら応援したいと思います。


<< [1] >>

TOP(全件表示)