今月
2016年12月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   表示:2016年12月18日(1件)
<< [1] >>

2016年12月18日(日) |  おとうさんとお父様
 
管野暢昭
先日、30歳になる息子が結婚しました。(※写真は5歳の頃)つまり私は舅(しゅうと)となった訳で、以来なんとなく落ち着かない毎日を過ごしています。 お嫁さんとはこれまで何度かあった食事の席では「娘が増えて嬉しいよ」などと面と向かっては強気な発言をしておりますが、実際には動揺しています。その原因は「おとうさん」と呼ばれること。息子からは「親父」と呼ばれ、妻や娘からは「パパ」と長年声を掛けられていた私が、「おとうさん」という真新しい呼称に照れがあるからでしょう。ほかに呼び方がないのは承知していますし、慣れれば大丈夫なのも分かっています。でも、まだ緊張します。 さらにはお嫁さんの母親と話しをした時も緊張の連続。何と「お父様」と切り出されて心臓がバクバクしました。札幌ドームのスタンドが4万人の大観衆で埋まる中、ヒーローインタビューをしていても緊張を感じない私がカチカチに固まりました。結婚は両家が結びつくこと、というのは昔の話。息子とお嫁さん2人に任せておけば家庭は円満に運び、両家の親は関わらない方が良いと思います。が、そうもいかないだろうと考えたりもします。失礼があってはいけません。年明けには札幌にやって来るであろう息子とお嫁さん。私は「おとうさん」と呼ばれても動じない「お義父さん」になっているでしょうか?

<< [1] >>

TOP(全件表示)